ゲーム用語/スキルシミュレータ

Last-modified: 2021-05-15 (土) 20:38:33

ゲーム攻略のためのツールの一つ。
ゲーム内に登場する発動スキルに対応した防具の組み合わせを検索することができる。
有志によって作成され、ネット上で無料配布されており、誰でもダウンロードして利用することができる。
近年ではスマートフォン用アプリや、WEBブラウザ上で動作するものも登場してきている。

概要

  • モンハンには数多くの防具が存在し、それに付随して多くのスキルが存在する。
    防具を一式で運用するのも悪くはないが、装飾品お守りスキルカフ
    そして他の防具と組み合わせることで、より強力なスキル構成を持った防具構成を実現することも可能。
    とはいえ、防具の数、そしてそれらに付属されているスキルポイントというものは膨大で、
    全ての防具の情報を完璧に把握するのは極めて難しい。
    そこで、このスキルシミュレータの出番となるのである。
    古くはスキルポイントが初導入されたMHGの頃から存在している。
  • このシミュレータには、ゲーム中に登場するすべての防具とそこに振り分けられたSP、
    そして登場するスキルに関する情報が登録されており、自分がこれから発動させたいスキルや
    ゲームの進行度などを入力して検索にかければ、防具の組み合わせを瞬時に表示してくれる。
    • MH3以降はお守りも登場し、スキルシミュレータそのものも、
      検索条件に合致する装備のために必要なお守りを表示してくれるようになっている。
      その機能自体は大変に便利なのだが、素材があれば済む防具ならともかく、
      欲しいお守りが入手できるかどうかは完全に運次第。
      時には1/65362』というとんでもない低確率で入手できるお守り
      さらっと要求されることも多々ある。
      その上、MH3Gには例のバグがある為、
      必要なお守りが現在のテーブルでは絶対に入手できないことも…
  • 特に欠点らしい欠点は存在しない便利なツールだが
    強いて上げるとすれば、組み合わせた際の見た目までは考慮してくれないことだろうか。
    シミュレータの検索で見つけた防具の組み合わせを実際に作ってみたら
    凄まじい見た目になってしまった…という経験をされた方も多いことと思う。
    別に気にしない人や、見た目の難儀を色変更で見事にごまかせる器用な人には関係のない話だろう…
    また、特定のモンスターへの対策スキルを積んだ装備を作ろうとして検索をかけたら、
    これから戦おうとするそのモンスターの防具を使わないと構築不可能だった…
    などということもたまにあったりする。
  • MHFにおいては特に重要視されており、
    特に「MHF猟団FreeDomの小部屋」のサイト内にあるシミュレータと、
    「MHSX2G」というツール(有志が作成した「MHSX2」を引き継いだもの)の2つが人気であった。
    そもそも10年以上アップデートを続けてきたオンラインゲームであるが故に、
    防具・装飾品の総数が他のシリーズなど比較の対象にもならず
    (MHF-Z改題時点で、公式曰く10000セット以上の防具が存在し、しかも増え続ける)、
    更に本作では各々が必要とするスキルの組み合わせパターン自体も無数に存在し、
    武器種別レベルまで落とし込んでも明確な「テンプレ」が存在しないため、
    自分好みのスキル構成を作るのに、スキルシミュレータは大変重宝するものとなっている。
    • 小部屋のシミュレータはWEB上のツールなので、
      一応スマートフォン等でも操作できる(動作保証対象外だが)事が利点。
      なお同サイトの方針より、アップデートで追加はされたが作成できない装備は除外されており、
      今後実装される装備を見据えたシミュレートには向かない傾向にある。
      また、他シリーズのシミュレータのように自動で構築する機能はなく、
      個別に防具や装飾品を選び手動でスキルを構築する、通称「手動構築」を行う必要がある。
    • MHSX2は自動構築も可能だが、
      上記の通りあまりにも防具・装飾品の数が多すぎるため、
      全データを用いた無差別検索はPCスペックがいくら高くても膨大にもほどがある時間を要してしまう。
      一応、ある程度データを絞り込んでの自動構築
      (例えば、GX防具と辿異防具に限定するなど)も可能だが、
      それでもやはり時間はかかる。
      また、一部の防具は追加課金が必要だったり、イベント入手のため現在は入手できないものもある。
    • 小部屋が界隈において屈指の知名度を持つサイトであることや、
      自動構築には膨大な時間を要することから、
      MHFのスキルシミュレータは手動構築が基本、という考えを持つ人も少なくない。

余談

  • モンハン以外のゲーム用のスキルシミュレータも当然ながら存在するが、
    昨今ではネットで「スキルシミュレータ」と入力して検索をかけるとモンハン関連の記事が数多くヒットする
    それほどにモンハンプレイヤーからの重要が高いという事なのだろう。
  • モンハン関連のスキルシミュレータは数多いが、
    一番の有名どころは「頑張って作ったスキルシミュレータ」、通称「頑シミュ」と呼ばれるものだろう。
    掲示板などで、「頑シミュで組み合わせを探してみました」という書き込みを見た方は多いと思われる。
    このwikiをご覧になっている皆さんの中にもお世話になっている方は多いのではあるまいか。
    また逆に知名度の高さが災いして「スマホの頑シミュをダウンロードした」など、
    (モンハンの)スキルシミュレータそのものと誤用されている例も見られる。
    • この頑シミュはYahoo!ジオシティーズにおいて配布が行われていたのだが、
      現在Yahoo!ジオシティーズのサービス終了により配布元が閉鎖されてしまっており、
      頑シミュ製作者からのこれといったアナウンスもないので新規入手は難しい。
      幸いにして頑シミュ以外のシミュレータは探せば健在のものも多く見つかるので、
      頑シミュ製作者からの再配布がない限りは他のものを当たろう。
      (一部ウェブアーカイブサイトには過去の頑シミュダウンロードリンクが保存されていることがあり、
      一応入手自体は可能であるがウイルスが入ったものを掴まされないように細心の注意を払うように。)
  • よく「スキルシュミレータ」と誤記されるが、正しくは「スキルシミュレータ」である。
    これは特に日本人に独特な誤読である(詳細はこちら)。
    • ただし「スキル趣味」などと書かれている場合はこれは誤記ではない。
      誤記をそのまま名称として採用しているシミュレータ「MHスキル趣味」のことである。
  • この手のツールでありがちなのが、
    「シミュを利用して最適解の装備を手っ取り早く探したい」という層と、
    「自分でスキル構成を考えてこそ楽しい」という層による論争である。
    どちらが正しいとは一概に言い切れない分、レッテルの貼り合いなど不毛な論争になってしまう事も多い。
    自分と異なる考えのプレイヤーを尊重する事も忘れないようにしよう。
  • 忘れてはいけないことは、これらシミュレータは有志が善意で制作してくれているということ。
    とてもとても根気のいる作業を経てリリースしてくれてるので、感謝の気持ちを忘れないように。

関連項目

モンハン用語/混合防具