Top > システム > 凶暴個体
HTML convert time to 0.005 sec.


システム/凶暴個体

Last-modified: 2018-06-23 (土) 21:35:11

モンスターハンター エクスプロアに存在する、モンスターの強化形態のひとつ。

概要 Edit

  • その名の通り、凶暴化したモンスターを指す。無論、単に凶暴となった訳ではない。
    特殊な状態による強化形態という点では、狂竜化獰猛化に近いか。
  • 凶暴個体のモンスターは「裂界変異モンスター」と呼ばれることもある*1
    MHXRの舞台である断裂群島を取り巻く「裂界域」の過酷な環境下で変異したと推測されている。
  • 凶暴個体の装備収集クエストに参加可能となるのはHR70から。
    この関係上、ボルボロスなどの(MHXRでは)俗に言う「G級行動」を有していなかったモンスターも
    G級行動を行うようになっている。
    • かつてはHR120からであったが、ver5.0より難易度が緩和され今に至る。
      なお、以前はHR80から参加可能な弱体化個体のクエストもあったが、
      ver5.0での難易度緩和に伴いそちらは廃止となった。
  • 凶暴個体のモンスターは怒り状態に段階が存在する
    • 通常状態から一定時間が経過すると「凶暴状態」となる。
      足元に赤黒いオーラを纏うようになり、
      攻撃力も上昇し行動速度も強化、肉質も硬化する。
    • 凶暴状態から更に一定時間が経過すると「超凶暴状態」となる。
      足元の赤黒いオーラがより強まり、赤いスパークを放つようになる。
      この段階ではほぼ全ての攻撃が即死級ダメージとなり、行動速度も更に上昇、
      肉質も更に硬化する。
      • ver5.0で緩和されるまでの肉質硬化具合は凄まじく、
        ほぼダメージを1しか与えられなくなるほど硬化していた。
        現在では(かなり軽減はされるものの)適切な装備ならば普通にダメージは与えられる。
    なお、これは厳密に言えば「怒り状態」ではなく、
    「凶暴状態」「超凶暴状態」という形態変化のようなシステムとなっている。
    最も分かりやすいのがギギネブラで、怒り状態では全身が黒く染まることでおなじみであるが、
    凶暴個体の場合は超凶暴状態となっても体色は白いままである。
  • ここまで見るとかの極限状態もびっくりな強化要素に思える(特に緩和前)が、
    もちろん対抗手段は存在する。
    凶暴個体には共通して、スタンを起こすと凶暴状態・超凶暴状態が解除されるという弱点がある。
    つまり凶暴個体の狩猟には、スタンを誘発させることができるハンマーや狩猟笛の存在が不可欠である。
    また、片手剣のシールドバッシュでもスタンは狙える。
    スタン値の蓄積効率はハンマーや狩猟笛に劣るものの、
    アイテムによるサポートという片手剣にしかない強みがある。
    • 一応、スタンを誘発可能な武器種を誰一人担いで無くても討伐可能な武器種構成は存在するが、
      それは数ある武器の中でも特に有力な一部の強武器を用いたものなので、
      組み合わせとしてはほんの一握りしかない。
      また、凶暴個体に関しては超凶暴化しないように迅速に討伐する事が推奨されているため、
      野良で受け入れられる武器は打撃武器(特にハンマー)orそれ以外の一部の強武器と、相当限られている。
      したがって、「好きな武器で討伐できないどころかマルチで連れて行ってすらもらえない」
      「武器構成が限られてくるため、単調な狩猟を強いられがちで、作業感が増してしまっている」
      といった批判の声が見受けられる。
    • なお、スタンにより通常状態へ戻しても、再度時間経過により凶暴化する。
    • もちろん通常状態でもスタンをとることはできる。
      しかし凶暴状態へと移行するまでの時間がリセットされる訳でもないので、
      通常状態では相手の体力を削っていき、スタンをとるのは凶暴状態への移行後にとどめた方がよい。
  • 獰猛化個体とは異なり、狩猟におけるハンター側への有利な点は残念ながら一切存在しない。
    また凶暴個体の襲来・強襲クエストは、
    メインシリーズ等で見られる強化クエストのような腕試しを目的として配信されているわけではない。
    装備及び強化素材の収集を目的としたクエストにも関わらず、
    ハンター側を一方的に不利にしただけだという点でも評判は悪い。
    せめて武技Pが通常の個体と比べて蓄積しやすいといった有利な要素があれば良かったのだが。
  • 上記のような不満点を踏まえてか、ver.5.0アップデートでは凶暴個体の難易度調整が行われることとなった。
    また、同アップデートからは鋼膜個体という、凶暴個体と似た方向性の新システムが実装された。
  • 見事凶暴個体を征すると、「」の名を冠する装備が入手できることがある。
    見た目は元となった武具と変わらないがレア度は★5となっており、そのレア度相応の性能を持つ。
    ハッキリ言って使いまわしただけである。
    • こちらもHR80から参加可能なクエストで入手可能な★4の「荒」装備があるが、
      そのクエストが廃止されることで再入手は不可となっている。

関連項目 Edit

シリーズ/モンスターハンター エクスプロア
システム/鋼膜個体
システム/炸裂個体






*1 ゲーム中では「凶暴個体」表記だが、公式サイトでは後者の呼称も用いられている。