システム/生態状況

Last-modified: 2024-06-16 (日) 23:02:30

今のところMH4、MH4Gにのみ登場しているクエストのシステム。
クエストで出現するモンスターに何らかの異変が見られる際に、受注書に特定のアイコンが付けられると言うもの。

概要

  • 一見するとMH3から登場していた狩猟環境とよく似たアイコンではあるが、全くの別物。
    その実態は、狂竜ウイルスに深く関係する事象が起きていることを表す警告表示である。
  • MH4からは紫の文字で「生態未確定」と書かれたアイコンが登場。
    主に古龍種が対象の討伐クエストを除いた、頭に高難度とつくクエストにこのアイコンが付く。
    これは、クエスト中に狂竜ウイルスに感染したモンスターが出現することを示している。
    ただし、途中で発症するか、最初から発症済みかまでは分からない。
    • またMH4Gからはそれに加え、赤い文字で書かれた生態未確定というアイコンも登場。
      こちらの方は、そのクエストで出現するモンスターに
      とんでもない何かが起きている状態であることを示している。
      こちらも最初から発症しているかどうかまでは不明である。
  • 狂竜化といい極限状態といいどちらの場合も、そもそも可能性云々どころかこのアイコンがついていれば、
    必ず対象のモンスターはそれらの状態になる(またはなっている)ことには注意したい。
    この辺が、乱入が確定かどうか分からない環境不安定のアイコンとの大きな違いと言える。
    • 高レベルギルドクエストにおいても狂竜化するモンスターが出る。依頼書にはアイコン表示が無いため、
      狂竜化するかは確認しに行かなければならないが、一定のレベルになると確定で狂竜化する。
  • MH4Gでは、狂竜化モンスターや極限状態のモンスターも乱入で出現するようになった。
    特に異常な強化を果たしている極限状態のモンスターが乱入してきた場合、
    一気に窮地に追い込まれることも少なくない。
    また、意地悪な事にほとんどの大老殿G級クエストには
    極限状態になるモンスターが乱入してくるパターンが用意されている。
    一部の採取クエストでは運が悪い場合、2頭の極限状態と化したラージャンに追い回される目に合うことも。
    しかも、乱入で現れる場合はクエスト受注書内に生態状況の表示はどこにも書かれていない
    • ギルドクエストでも136以上のレベルから極限状態のモンスターが現れる。
      だが、極限個体がいる間は乱入が発生しないので横槍が入る心配はない。
      ただし片方が極限化しないモンスターとの2頭クエストにして、
      極限個体を先に倒してその死体が消えると乱入の抽選が始まる様になっている。
  • 尚、MH4Gのハンターの心得*1によると、「生態未確定」、「生態未確定」は公式にはそれぞれ
    生態状況未確定生態状況未確定・極限状態であるようだ。
    とはいえ、MH4では記載されていなかったことと誰もMH4Gのハンターの心得を見なかったためか
    ほとんど認知されていないようだ。

関連項目

システム/狂竜ウイルス
システム/極限状態
システム/狩猟環境 - 類似したクエストアイコンだが中身は別物。


*1 ゲーム内のメニューから確認可能。