Top > スキル > ネコの火薬術


スキル/ネコの火薬術

Last-modified: 2018-06-24 (日) 01:24:23

ネコスキルの一つ。
スキルボマー」とは別のアプローチで爆弾を強化する。





概要 Edit

  • 数あるネコスキルの中でも、特に需要が高いと思われるものの一つ。
    その効果は「G」の銘の付いていない各種タル爆弾が、「G」の付いたものと同じものになるというもの。
    間違えやすいが、「G」の付いた爆弾に対しては一切効果はない。
  • 例えば、大タル爆弾は設置すると大タル爆弾Gのサイズになり、威力も上がる。
    打上げタル爆弾の場合は、打ち上がる軌道もGと同じ斜め方向になる。
  • 支給用大タル爆弾は、名前がGでないだけでものは大タル爆弾Gと全く同じであるため、効果は無い。
  • このような効果になっているのは、アイルーの爆弾には「G」という概念がないかららしい。
    ……あれ? 大タル爆弾Gの技は?
  • 主な利用法としては、睡眠爆殺スタイリッシュボマーなどで、
    爆弾の調合に用いるアイテムの枠を空けて余裕を持たせたり、調合時間を節約するといったところ。
    ポーチが圧迫されやすく、戦闘中に調合する機会が多いこれらの戦法では非常に有用だが、
    決して爆弾の威力を上げてダメージ効率を高めるためのスキルではない。
    爆弾の実質的な火力を上げるにはスキル「ボマー」が必要となる。
    • 例外として、レンキンバズーカのみ威力を高めることができる。
      その補正はなんと1.5倍である。
      尤も、このスキル発動時の大タル爆弾は実質1.875倍の補正を受けているようなものなので、
      ダメージでさらに差をつけられてしまうのが痛いところか。
  • 最高にこのスキルが輝くのはイベントクエストのミラバルカンミラルーツ戦だろう。
    ソロの場合、大タル爆弾Gは持ち込み分の2個と調合分の10個の12個しか使用できないが、
    火薬術と錬金スキルを組み合わせることで25個もの大タル爆弾Gを使用することができる。
  • 効果が少し特殊なため、効果を正確に把握していないプレイヤーも少なくない。
    火薬術が発動していながら、いそいそと大タル爆弾Gを調合している仲間がいたら、そっと諭してあげよう。
  • 3Gからは爆破属性の属性値が1.1倍に上昇する効果も与えられ、さらに人気となった。
    なお上昇値は端数切り捨てとなるが、ボマーと重複した場合は、
    先にボマーの1.2倍効果を処理した後にこちらの1.1倍効果が適用される。例:350→420→460
    • MH4からこの計算式は変更されたらしく、ボマーと重複させた場合は属性値が1.25倍の値になる。
    • 爆破属性の武器を使う場合、肉による攻撃力アップもあるので食事がこれ一択というハンターも少なくない。
      しかし、肉と酒ばかりというのはとても健康に悪そうである。

関連項目 Edit

アイテム/爆弾
スキル/爆弾強化