Top > スキル > 一匹狼


スキル/一匹狼

Last-modified: 2018-10-18 (木) 00:32:07

MHF-Gで追加されたG級スキル。





概要 Edit

  • 効果は、「同一エリア内に自分以外のハンターが居ない場合攻撃力を大幅に増加させる」というもの。
    ラスタパートナーなども含め、自分以外のハンターが同一エリアに居ると発動しないという厳しい条件だが、
    ホルクは居てもいい。
  • 攻撃力増加効果はなんと武器倍率+100
    攻撃力UPどころか剛撃+4すら上回る上昇っぷりである。
    しかも通常の攻撃スキルと同じであるため火事場や狩猟笛の旋律(後述)、秘伝スキル等の効果も全て乗る。
    凄まじい火力増強が期待できるスキルと言えるだろう。

特徴 Edit

  • 発動防具は主に爆狼ミドガロンの御神楽/里神楽シリーズ。
    伴侶を失い1匹で行動する爆狼を体言したスキルと言えよう。
    また、同じく一対一という要素が強いG級モノブロスの防具からも発動が可能。
    スキルポイント10から発動するので発動自体はかなり容易いが、
    逆に言えばパーティプレイで運用する装備で発動しても何の意味もないのでスキル値には注意したい。
    スキルカフに+5ポイントのものがあるので、着脱は比較的容易になっている。
  • 一見するとバランスブレイカーのように感じられるが、
    MHFでは他シリーズとは違いモンスター体力がパーティプレイ前提の調整となっており、
    そもそも1人プレイには適していない。
    近年ではソロプレイヤーへの配慮も充実しているが、それも前述のNPCがあってのことである。
    そのため、これほど強力な効果ながらゲームバランスは崩れていないのである。
  • ソロプレイに関しては、ラスタ関連が充実している関係で従来よりはかなりやりやすくなっているが、
    上述したとおりラスタが居ると効果が発動しない。
    そのため、NPC達と狩りを行うソロ(シングルとも呼ばれる)プレイヤーの救済用スキル、という訳ではない。
    一方で、NPC等を含めず完全に1人で剛種や覇種を倒すツワモノハンター達が複数確認されており、
    彼らのような豪の者にとっては喉から手がでるほど欲しいスキルである。
    つまり、更なる高みを目指す孤高のソロハンター向けのスキル、と言っても過言ではない。
    実際にソロにおけるタイムアタック動画では登場以降ほぼこのスキルが採用されている。
  • もちろん、通常プレイにおいてもこのスキルが役に立つ状況も存在する。
    まずはモノブロスやナナ・テスカトリのように、そもそもソロ専用のモンスターである。
    このスキルが実装された時点ではG級にソロ専用モンスターは存在しなかったが、
    モノブロスはG5.2で、ナナ・テスカトリはG6でG級に進出している。
    これらは必然的にソロ環境になるため、10Pで手軽に火力強化ができる一匹狼スキルの効果を活かし易い。
  • もう一つは、レジェンドラスタ以外のNPCを同行させられないクエストである。
    具体的には装備やアイテムが制限されるクエストには通常NPCは連れ出せない。
    そのようなクエストはいくつかのイベントクエストなどで見られるが、
    代表的なものは武器綬を獲得できる武器種別のデイリークエストや狩煉道であろう。
    無論PTを組んだ方が効率的だが、回数や時間帯によってはそれが望めない場合もある。
  • G級をやり込んで「剛撃+5、一閃+3」等といったスキルを組んだ装備に、
    更に一匹狼スキルを搭載するのが困難(スキル枠をオーバーするため)という問題点がある。
    通常プレイにおいてはある程度のG級防具でも、簡単に劇的に火力を引き上げられるスキルと見たほうが良いだろう
    (ソロプレイを前提とした装備を組む場合、話は別となるが)。
  • ちなみに、「同一エリア」という条件から察せる通り、
    他のエリアにハンターが待機していても一匹狼は発動する。
    とは言え他のエリアで待機するということ自体、
    効果を発動させているハンターにとっては狩猟笛の旋律やアイテムの補充ぐらいしか恩恵はないのだが。
    • ただし、俗に言う「睡眠溜め4戦法」を行なう場合は話が別である。
      PT特有の攻撃力上乗せを目一杯した後、大剣以外を退散させれば…
    • 他にも、別のエリアに2頭のモンスター同時出現するクエストでは分担が効果的である。
      通常のG級クエストではそのような機会はほとんど無いのだが、
      パローネ大航祭ではメインターゲット以外のモンスターが徘徊している事も多い。
  • ラスタなどのサポート狩人は必ずハンターに追従するが、力尽きて一時撤退している間はエリアから外れる。
    死神の抱擁で即死リスクを敢えて増やし、撤退中でも有効な激励を利用するという運用も一応可能。
    あわよくば撤退前に麻痺などの属性値を蓄積させることもできる。
    とはいえ狙うのは難しいので、一匹狼とラスタの併用はあくまでもネタの域に留まる。
    • ちなみに、パートニャーは撤退中も同エリア内の地中にいるという設定なので、
      同行させている限り一匹狼の効果は発動しない。

余談 Edit

  • ホルクの「学びの書」の中に、当スキルと似たような効果を持つ「孤独で攻撃的に」というものがある。
    これはクエストメンバーが自分の主人だけだった場合、ホルク自身の攻撃力と防御力が上昇するというものである。

関連項目 Edit

モンスター/ミドガロン - モチーフ元で、G級防具全部位にスキルポイントが付与されている。