Top > スキル > 納刀


スキル/納刀

Last-modified: 2019-06-24 (月) 11:58:12

剣士・ガンナー共通スキルの1つ。SP10以上で「納刀術」が発動する。
術ではあるが、勿論太刀だけでなく全ての武器種に対応している。
ここでは類似スキルの「武器捌き」、及び納刀術を内包した「居合術【力】」についても述べる。

概要 Edit

  • 納刀速度を上げてくれるスキル。
    抜刀→納刀という立ち回りが中心の大剣は勿論、
    ランス、ガンランス、スラッシュアックス、チャージアックス、へビィボウガンといった納刀に時間の掛かる武器と相性が良い。
    それ以外でも、片手剣以外の武器は納刀してからでないとアイテムを使えないため、
    大ダメージを食らってしまった時に素早く回復するのに役立つ。
    • 回避行動でその場からまず離脱してから回復する方が良い場合が多いが、
      一緒に毒を食らってしまった時など、なにがなんでもその場でアイテムを使わないといけないこともある。
  • その性質上、納刀に時間がかかる武器向けのスキルであるが、
    このスキルのポイントを持つ防具が併せ持つスキルは、大剣向けのものである場合が多い。
    大剣は重量武器ではあるがその場納刀はかなり速い方で、納刀スキルが無いと
    立ち回りに支障が出るという程の事はない。
    • ただし大剣でも全くの無駄と言う事もなく、元々速い納刀がさらに速くなるので
      抜刀溜め3を叩き込んで素早く離脱し次の抜刀溜め3に繋げるというような行動、つまり一連の動作の中で
      素早く納刀を行わなければならない場合、時間的猶予が目に見えて違ってくるので役に立つ。
      また、納刀を行う回数がほとんど攻撃回数と等しくなるほど多いので、単純に納刀作業にかける時間は
      全武器種の中でも群を抜いて長いため優先してつける価値は十分ある。
  • 水中戦でも役に立つ。
    もっさりした納刀をしつつ遠泳しなければならない不利な状況が僅かながら改善できるのはありがたい。
  • 装飾品は研ぎ師のマイナスポイントを持っている点に注意。
    お守りを駆使しなければ両立させるのは難しい。
    特にMH4の大剣使いの場合、防具の関係上お守りを駆使しても両立は難しいだろう。
  • MH4Gで登場したGXハンターカスクを使えば一部位だけでこのスキルを発動可能。
    剣士は勿論、ガンナーでも装備可能な上に防御力も高いのでより手軽かつメリットのあるスキルになったといえるだろう。
  • MHXXでは時間がかかるブレイヴスタイルでの納刀の隙を軽減する他、
    納刀キャンセル攻撃の出を早くする効果もあるため、ブレイヴゲージの蓄積に一役買う。
    太刀やライトボウガンなど一部武器種はブレイヴ状態時でも納刀キャンセル攻撃にお世話になるケースがあるため、
    そのような場合は積極的に採用していこう。
    • また、お守りに最大で10ポイントのものが出るようになっているため、
      手に入れることができればお守りのみでの発動も簡単になっている。
  • MHWorldではスキルレベル制により、Lv1~3のスキルとなった。
    ゲーム内表記ではLv1でわずか、Lv3でかなり上昇と、パッと見ではどれだけ速くなるか分かりづらく、
    実際に使ってもレベル差が体感しづらいのがネック。
    • また、本作の抜刀大剣は溜め斬りのモーション値低下と、更に火力のある真・溜め斬りの追加等で
      納刀を重要視する機会が減ったため、本スキルを組まないケースも多々見受けられるようになった。

武器捌き Edit

  • MHFに存在するスキル。武器捌きのSP+10で発動する。
    こちらは納刀だけでなく、抜刀(武器出し攻撃等を除く)も速くする効果がある。
    抜刀も納刀も遅く、武器出し攻撃も存在しないヘビィボウガンは特に有用。
    また親方印武器も同じ効果を持つ。
    • また、要塞抜納術という、
      「武器捌き+α」の複合スキルも存在する(後者はMHF-Zで武器捌きが追加された)。
  • ちなみに「武器の出し入れが速くなる」という効果は、
    シリーズ通してMHFにおける剛種武器の弓が最初である。

居合 Edit

  • MH4で登場した複合スキル。SP+10で居合術【力】が発動する。
    効果は納刀術と抜刀術【力】を合わせたもので、
    太刀に似合いそうな名前とは裏腹にほぼチャージアックスおよび大剣専用のスキルである。
    • MH4からは抜刀術【力】に武器倍率+5という効果も追加されたため、
      一応どの武器で発動させても意味があるようにはなった。
      MH4Gでは後述のカイザーXシリーズにSPが存在する関係から大剣テンプレ装備に組み込まれており、
      利用される機会そのものはかなり多くなっている。
  • このSPを持った防具や生産装飾品は存在せず、
    発掘装備に元から嵌め込まれている装飾品のみがこのSPを持つ。
  • MHXXでも登場。SPがついているのはブラックX一式のみであるが、
    この装備の発動スキルが抜刀術【技】・集中・属性やられ無効ということもあり、大剣使いに重宝されている。
    更にどう見ても太刀にしか見えない強力なコラボ武器も登場している。匠必須なので会心強化との併用は諦めよう
  • ちなみに【力】とあるが、居合術【技】は存在しない。

関連項目 Edit

アクション/納刀
武器/親方印武器
スキル/要塞 - ガード性能スタミナ武器捌きの複合スキル
スキル/抜納術 - 抜刀時と納刀時で異なるスキルが発動する複合スキルで、MHF-Zより状態を問わず武器捌きが追加された。
スキル/納刀研磨 - MHXXで登場した納刀に関わるスキル