フィールド/地脈の収束地

Last-modified: 2020-09-21 (月) 09:40:13
  • MHWorldで初登場したフィールド。所謂決戦場型、闘技場型のフィールドである。
    尚、この記事にはMHWorldの物語の核心に関わる記述が含まれる為、閲覧の際には留意されたし。

目次

概要

  • 幾多もの強大なモンスター、そして古龍の集いし地「龍結晶の地」の奥に位置する、
    無数の龍結晶に囲まれたフィールド。そして、新大陸を流れる地脈エネルギーが集中する場所でもある。
    古龍渡りの元凶とでも呼ぶべき超大型古龍「ゼノ・ジーヴァ」との決戦の舞台となる。
  • フィールドはベースキャンプと翼竜の止まり木が存在するエリア1、
    そしてゼノ・ジーヴァとの決戦の舞台となるエリア2,3の3つのエリアから構成される。

各エリア解説

エリア1・ベースキャンプ

  • 壁や地面に龍結晶が生えており、河が流れている、薄暗くも所々青白く光るエリア。
    そこにはベースキャンプと食事スペース、そして翼竜の止まり木が存在するので、
    ゼノ・ジーヴァとの死闘の用意をしっかりと整えておこう。
    又、石ころの採取ポイントもあるので、後述の落石を発生させるのに活用すると良い。
  • 任務クエストの初回受注時のみ、竜人族のハンター及び大団長の案内で、
    舟に乗ってエリア2へと向かうことになる。
    舟で狩場へと向かうのも中々趣が有るので、もう一度見たければムービーで見直してみよう。
    • それ以降は新たに設置された翼竜の止まり木を使ってエリア2に移動する。

エリア2

  • 無数の龍結晶が生え揃い、辺り一面を覆い尽くしているエリア。
    そして、ムービーでゼノ・ジーヴァが生れ落ちた龍結晶の塊が青白く輝き、
    この世のものとは思えぬ幻想的な雰囲気を醸し出している。
    圧巻の光景ではあるが、ゼノ・ジーヴァとの死闘の最中にゆっくりと眺める暇はないか。
  • このエリアには、石ころの採取ポイントと4箇所の落石ポイントが存在する。
    ゼノ・ジーヴァへ大ダメージを与えられ、また巨大ゆえに近接武器には叩きづらい翼もかなり破壊しやすくなるため、
    全て確実にお見舞いしたい所*1
  • 体力をある程度削ると、ゼノ・ジーヴァは上層のエリア3へと移動する。
    ハンターも強制的に翼竜でエリア3に向かい、2度と戻ってこられなくなるので、
    落とし物を拾うのならばお早めに。

エリア3

  • エリア2の上層に位置するエリア。
    表層に出たからか、赤い空に巨大な龍結晶が林立する、龍結晶の地と似た光景が広がる。
  • 天井がないため、当然落石は存在しない。ギミックといえば、登ってジャンプ攻撃が出来る
    スロープ状の龍結晶があるのみである。
  • 又、ゼノ・ジーヴァを地面の無いところで討伐して叩き落すと、池ポチャが起こってしまう。
    剥ぎ取りが出来なくなるので、大丈夫かもしれないが、討伐する位置には気を配りたい。
  • 尚、このエリアに移行した後は、エリア1から出直すと直接ここに戻ってくる。
    エリア2には前述の通り戻ることは出来ない。
    • 尻尾はエリア2でどれだけダメージを与えてもこのエリア3に来るまでは切れないようになっている。
      落し物はエリア3に来てからでも結構頻繁に落とすので、
      エリア2に置きっぱなしにすると取り返しの付かないものは殆ど無いといえる。

発見の経緯

  • 新大陸古龍調査団による、3頭の強大な古龍達の調査の最中、
    その裏で大団長は竜人族のハンターから「地脈のエネルギーが異常に高まっている」
    「今からその原因を探しに行く」との連絡を受け、地脈エネルギーの活性化の原因を探る調査へと旅立った。
  • しばらく時が経ち、先の調査が一段落した後、
    大団長は5期団ハンターに地脈エネルギーが異常に高まった原因を発見したと、
    彼と彼の相棒の受付嬢に報告する。
    そして、アステラの面々の様々な思いをよそに、5期団ハンターとそのオトモ、そして受付嬢達は、
    大団長の旧友が待つ、古龍達のざわめきの原因の眠る地に調査へと赴いた。
  • やがて、一行は一面が龍結晶に覆われている、薄暗くも仄かに光の灯る、
    不気味なほど静かな地へと辿り着く。
    竜人族のハンターの話では、その地の河の奥に地脈エネルギーの集中する場所があり、
    件の地はゾラ・マグダラオスの起こした地形変動に因り発見されたという。
    その話を聞き終えた5期団のハンターとオトモは、いざ河の先へ行かんと、
    大団長、そして竜人族のハンターと共に、舟へと乗り込んだのであった。
    そして、舟の上で話を続け、古龍は瘴気の谷にて命を落とした後、
    遺体は分解されて地脈を通って結晶化するが、ここ数年では地脈エネルギーの流れが強くなるのを感じ、
    由々しき事態と睨み今回の調査に赴いたという。
  • 一同が河の先の陸地に辿り着くと、
    そこには青白い光が差し込み、無数の龍結晶が立ち並ぶ広間が有った。
    大規模な龍結晶群に対し、竜人族のハンターは、
    それらが長年かけて結晶化した古龍の生体エネルギーである、と結論付けた。
    その後、後に「ゼノ・ジーヴァ」と名付けられるモンスターの出現により、
    一時は調査の続行が危ぶまれたものの、モンスターが5期団のハンターの手で討伐された後、
    そのモンスターの調査結果と共にギルドへと土地の存在が知らされた。

その後

  • エンディング後は、各クエストを終えた後、2回クエストを終えるまでの間、
    ゼノ・ジーヴァのフリークエストが一定確率で発生するので、そこで再び赴くことができる。
  • 又、地脈の収束地を舞台としたクエストは、現時点ではゼノ・ジーヴァ関連のクエストのみである。

登場モンスター

超大型モンスター
ゼノ・ジーヴァ(歴戦王)

余談

  • 任務クエストでの任務達成後には、エリア3の地面が跡形もなく崩落してしまうが、
    再び「???」ことゼノ・ジーヴァと戦う時には地面は再び元に戻っている。
    …まあ、モンハンでは壊れた地形が次のクエストでは元通りなのは、お決まりではあるのだが。
  • MHWorldにおいて、本フィールドは各種闘技場を除けば、
    数少ない従来の「決戦場型」に近しいフィールドであると言えよう。
    理由は、MHWorldにおける通常フィールド以外の特殊なフィールドは、
    大峡谷と地脈回廊はゾラ・マグダラオスとの戦闘場所故に戦い方が根本的に違う、
    地脈の黄金郷は4エリアに分割され、かつ道中は入り組み、採取ポイントが存在しているのに対し、
    本フィールドは途中で一度だけエリア移動こそ有れど、
    ゼノ・ジーヴァとは基本的に平坦な土地でのキャンプに戻れない一騎打ちと成る為である。

関連項目

モンスター/ゼノ・ジーヴァ
フィールド/龍結晶の地 - 本フィールドは龍結晶の地の深奥に存在する。
フィールド/淵源の孤島 - 続編における、決戦の地。
世界観/新大陸古龍調査団
世界観/古龍渡り


*1 一応、斜めに傾いた龍結晶がスロープとなってジャンプ攻撃は出来るがそれで翼を破壊するのは困難を極める。