Top > モンハン用語 > ハイガノ~


モンハン用語/ハイガノ~

Last-modified: 2016-11-24 (木) 09:46:11




概要 Edit

  • 片手剣ハイガノススパイク(またはハイガノススパイクG)の睡眠蓄積値の高さを利用した戦術。
    一般的にはハイガノボマーが有名だが、マイナーとしてハイガノおろしがある。
    なら睡眠弾を撃てるボウガンでも出来るのでは?と思うハンターもいるだろう。
    しかしそっちは睡眠爆殺と呼ばれるのが一般である。
    ハイガノを使用する睡眠爆殺戦法なのでハイガノ○○と呼ばれるのである。
ハイガノボマー
ハイガノで蓄積値が一定になるまで斬り付ける。
後は睡眠爆殺と同じなので説明を省く。
ハイガノおろし
基本的にはハイガノボマー同様だが、ここでは+αとして攻撃力の高い大剣に
抜刀術をつけたもの(例として角王剣アーティラートに攻撃力UP【大】、斬れ味レベル+1)を使用する。
そして弱点に抜刀溜め斬3をかます。できれば爆風の当たらない場所が望ましい。
爆風は後でダメージが発生するので必ず大剣が先に当たり、
爆弾によるダメージ+大剣のモーション110
そして抜刀クリティカルによるダメージを与える。すべてのモンスターに効くがキリン以外は
罠等で拘束しておくことを推奨。
亜流として、ダメージ三倍タメ3によるキリンのダウンとそれに伴う吹っ飛びを見越して、
キリンが吹っ飛ぶ先に爆弾を固めておくという高等技術が存在する。
勿論一朝一夕にできる技では無いが、ぜひともチャレンジしていただきたい。
ちなみにこの亜流を使用する場合、起爆役は間違いなくハイガノを持っている片手使いになるので、
テンション高い片手使いを探すか、相方を説得する必要がある。

関連項目 Edit

武器/ハイガノススパイク
モンハン用語/睡眠爆殺
モンハン用語/スタイリッシュボマー