Top > モンハン用語 > 漢起爆
HTML convert time to 0.011 sec.


モンハン用語/漢起爆

Last-modified: 2018-10-23 (火) 20:16:36

大タル爆弾(G)を起爆する際に、誰も小タル爆弾や投げる物を持っていない場合、
ハンターたちは苦渋の決断を迫られる。
爆弾の使用を断念するか、それとも無理にでも起爆させるか。
しかし、狩人たるもの、何としても引けない勝負どころというものが存在する。
その正念場において切羽詰った狩人たちにより実行される究極の爆弾起爆術、それが「漢起爆」である。





概要 Edit

  • 端的に言うと、ランスの突進やハンマーの振り下ろし、
    あるいは大剣の抜刀などの近接武器攻撃を爆弾に当て、
    己を犠牲にして爆弾を起爆するという最終手段ともいえる技。
    更に過激な方法としては、シャドウ(挑発)やキックで起爆する方法もあり、
    此方はガードや回避といった小細工が通用しない、正真正銘の漢起爆である。
  • 定義がやや曖昧な部分があるが、基本的には近接攻撃で爆弾を起爆させる行為そのものを指し、
    必ずしも起爆の後に爆風を食らう必要はない。
    フレーム回避に成功しても、それが爆風の中であれば立派な漢起爆である。
  • 女性ハンターの起爆は「乙女起爆」と称されることもある。むしろ「漢女(おとめ)起爆」か?
  • 納刀状態から素早く遂行でき、抜刀攻撃より高いダメージを与えられる場合が多いため、
    足を引きずって逃走を図るモンスターを追いかけて追撃を与える時には意外と有効な手段である。
    PTならば先頭に立つハンターがこれで怯みや転倒を誘発させれば、
    追いついた残りのメンバーがモンスターを袋叩きにし、フィニッシュを決められることも多い。
    うまく決まった場合は間違いなく賞賛の嵐が巻き起こるだろう。
    …失敗した場合は睡眠爆破ができなくなるわけだが。
  • まさに漢の中の漢という言葉を体現する技だが、これで3乙してしまっては元も子もない。
    特にPT(しかも他の人のクエストに参加する場合)では下手に1乙してもらっちゃ迷惑この上ない
    実行する際はくれぐれも残り体力を計算に入れた上で起爆に移るように。
  • 当然だが、安全な起爆法があるにもかかわらず身をもって起爆する場合は
    ただの馬鹿、もしくは自爆狂扱いされる。
    1乙の原因になってPTの顰蹙を買わないためにも、漢起爆を行うタイミングと空気は慎重に見極めよう。
  • 漢を上げるべく訓練所で漢起爆を実行すると、防御力の関係で一発御陀仏となる場合がある。
    普段の感覚で起爆すると訓練自体がパーになりかねないということは留意しておくこと。
    • MH2においては、訓練場のゲリョス戦で選択可能な弓装備の防御が低く、
      且つその装備には爆弾が用意されているので、爆弾を蹴って自爆、速攻でクエストを失敗させることで
      街に帰還する待機時間さえない、「爆死ゲリョ」と呼ばれる最速のクエ回しが存在する。
      当時は目的のクエストが出現するかはランダムであり、
      目的のクエストがPTメンバー全員受注できなかった場合、クエストを何でもいいので回す必要があった。
    一方、G級作品やMH4、MHXなど高防御を実現可能な作品では、
    最高クラスの防具で固めておけば大タル爆弾Gの爆風をマトモに浴びても大したダメージは食らわない。
    そのため、武器出し攻撃が億劫な、あるいは飛び道具を持ち込むのが面倒なプレイヤーは、
    とりあえず漢起爆をかます選択肢もないわけではない。
    逃げるモンスターに意外と有効なのは上述の通りだが、モンスターがダウンした後の復帰間際など、
    とにかく速さを優先したいときにもキック(武器出し攻撃)起爆が最適解となりうる場合もある。
    ただ、爆風でモンスターが更にダウンした場合は追撃が遅れ、
    ダウンしなかった場合は体勢を立て直した後にモンスターにイニシアチブを握られやすい
    (ついでに起き攻めにも遭いやすい)など、デメリットも多い。
  • 片手剣のガード斬りで起爆、狩猟笛の叩きつけの衝撃波を爆風圏外から当てる、
    操虫棍の猟虫もしくは印弾を放つと言った手段でも安全に起爆できる。
    漢たちからは「チキン起爆」と揶揄されることもあるらしいが、
    文字通りをかけているのだから、投げる物がないときは極力安全な方法を探すべきだろう。
    PTプレイでは尚更である。
  • 回避性能を付けた状態でも安全に起爆できる。こらそこの漢たち、チキン起爆かよとか言わない
    一応、タルGでも判定は短く回避性能無しでもフレーム回避が可能。
    タイミングこそシビアだが、できるとかっこいい。
    それをダメージソースとして取り入れた戦法スタイリッシュボマーである。
    ちなみに、MHFの公式狩猟大会では起爆→爆風をフレーム回避という手法が取られることが多い。
  • MHXでは、新たなアクションによる漢起爆が編み出された。
    また、従来の漢起爆すら戦慄する凄まじい起爆法が発明された。その名も金剛身ボマーである。
    詳しくはこちらを参照いただきたい。
  • MHWorldでは、武器種やスキルに縛られない共通装備「スリンガー」が登場。
    対象に向けて素早くお手軽に石ころや木の実を射出できるという画期的な機能を持ったスリンガーの実装により、
    全国のハンターたちは遂に「武器による至近距離での起爆」というリスクから解放されることとなった
    新大陸に生きるハンターにとって、身一つで行う漢起爆はもはや過去のもの。
    体のみならず頭を使う、正に「あるものは全て使え!」の狩猟精神こそ狩人の証なのである。
  • スリンガーに利用できるアイテムを採取できるポイントは数多用意されており、
    起爆に使うための石ころ一つ拾うのも七面倒一苦労だった旧作から一転、
    かなりお手軽に投擲物の入手が可能になっている。更に、ハンターの標準装備である
    捕獲用ネットを使えば最悪手持ち無沙汰でも爆弾を起爆させる事が可能。
    アクション周りの大幅改修によってアイテムを拾う時間が大幅に短縮されており、
    発射装置たるスリンガーも走りながらの発射が可能というステキ仕様であるため、
    爆弾の起爆に悩まされることは皆無に近いだろう。
    フィールドを駆けながら華麗な石ころショットで爆弾を起爆するプレイヤーハンターは、
    見ようによってはスタイリッシュボマーよりスタイリッシュかもしれない。

余談 Edit

  • 武器そのものの特質上、遠くから安全に起爆できるガンナーには無縁の話とも思われがちだが、どっこい。
    ガンナーであっても、銃柄での殴打や矢切り、あるいはキックによって
    自らが起爆剤となり近接自爆を強行する、……と言うケースも多々ある。
    その理由が一発で解かったハンターは、剣士でもガンナーでも立派なである。
    そう、要するに火事場力目的の体力調整のため。
    ただでさえ防御力が総合的に低いガンナーが、さらに自ら体力をジリ貧にまで削るのだから、
    その漢気たるや大した物である。
    身のこなしを習熟し、モンスターの攻撃を一撃も喰らわぬ実力あらばこそ、
    そしてそれに勝るとも劣らぬ胆力と自信あらばこそ為せる所業と言えよう。
    • 言うまでもないが、そうまでして発動した漢力火事場力も活かせぬまま
      何の役にも立たずに乙ってしまったのでは、漢起爆どころかただの爆弾魔である。
      ガンナーで漢気を魅せるのは、それ相応の実力を身に付けてからにしておくべし。
  • なお、火事場力以外の目的での「ガンナーによる近接攻撃自爆」も存在する。
    リタイアマラソンである。
    こちらは漢もチキンも何も無く、さっさと終わらせるために体力の全てを削り切るのだから
    戦闘面とはまったく別の意味で見上げた胆力の持ち主ではある。
    ……が、この理由による自爆は漢起爆とは呼ばないので注意。
  • モガの村の雑貨屋のお姉さんによると、
    ムシャクシャしたときは、大タル爆弾を地面に置いてキックに限るらしい。
    やはりハンターだけでなく一般人も超人のようだ。
  • 前述の爆死ゲリョも含めて、自分への大ダメージを目的とした利用法(主に火事場用)を「自爆」、
    乙まで視野に入れた場合は「爆死」と呼ぶ場合が多い。
    お守りや発掘武器を掘って3乙で帰還するマラソンは「爆死マラソン」と呼ばれている。
  • ちなみにモンスターを殴りつつ漢起爆を決行した場合、
    基本的には爆弾のダメージよりも先にモンスターを殴った時のダメージが入る。
    睡眠中のモンスターに対して決行する場合は注意が必要である。
    • 大剣の場合、睡眠中のモンスターに対しスキル・装備を揃えた溜め斬りを弱点に叩き込んだ方が、
      爆弾でたたき起こすよりダメージを与えられることが多い。
      つまり上記の特性を活かし、睡眠中のモンスターに爆弾を設置し、
      溜め斬りを浴びせて漢起爆…というのはネタでも何でもない立派な戦術と言える。
      この方法に関しては「ハイガノおろし」などと呼ばれることが多い。詳細はこちらを参照。

関連項目 Edit

アイテム/大タル爆弾 - 必須アイテム。
モンハン用語/睡眠爆殺
モンハン用語/スタイリッシュボマー - 漢起爆を織り交ぜたスタイリッシュな立ち回り
アクション/エア回避 - MHXから登場したスタイリッシュ漢起爆。失敗するといつもの漢起爆に。
アクション/ジャストアクション - 上に同じく。こちらも失敗するといつもの漢起爆。
モンスター/アイルー - 稀に自爆特攻を行う。
登場人物/無謀アイルー - 漢起爆を使いこなすアイルー。