武器/アスファアルダナブ

Last-modified: 2022-08-17 (水) 04:16:50

目次

概要

  • 千刃竜セルレギオスの素材で作られたガンランス。
    外見としては、刃鱗に覆われた砲身の先端に伐刀角を刃としてあしらった比較的スタンダードなものだが、
    竜撃砲使用後の放熱時には根本の甲殻が怒り時のセルレギオスの如く展開する。
  • 例のごとくステップすることで斬れ味が回復するが、
    流石に自動装填まではできなかった。

性能

MH4G

  • セルレギオスおよびティガレックス希少種の素材を用いて
    アスファアルダナブ→アスファアルダナブ改→叛逆の銃槍→叛逆銃槍ロドレギオン
    と強化していく。
  • 最終形態の叛逆銃槍ロドレギオンの性能は
    • ティガレックスラージャン武器と同じ攻撃力644
    • それをサポートする会心率15%
    • 最高威力の竜撃砲を放つ放射Lv5の砲撃
    • おまけのスロット1つ
    と、無属性武器として十分以上の性能を持つ。
  • 砲撃での斬れ味消費が大きく、ランスのような連続ステップのないガンランスと
    レギオス武器の特性である斬れ味修復能力は合わないと思うかもしれないが、
    この武器の斬れ味は素で紫30である。(業物を付ければ実質紫60相当)
    ほとんどのレギオス武器が素で紫10しかないことを考えれば、破格の数値であると言える。
    斬れ味管理の難しいガンランスで匠を切れると言うだけでもスキルの幅が広がる強力な強みとなり、
    回避による斬れ味回復に頼らずも十分に使うことが出来る。
    • 特殊能力を活用するため回避性能回避距離を盛り、
      回避主体で立ちまわる回避ガンサーとしての運用してしまうのも一理ある。
      普段と違うスタイルのガンランスで狩りをするのもまた乙なものだろう。
    • ちなみにこの斬れ味の優遇は生産段階のアスファアルダナブで既に備わっている。
      他のレギオス武器生産段階は最大斬れ味が白10なのに対し、アスファアルダナブだけは白20ある。
  • しかしライバルも多い。
    放射ガンランスは激戦区で砲銃槍ゲネルタフネスベナムデパルファンアイン・ヴァルハイト冥銃槍エングルムなど、
    此方に匹敵する攻撃力を持ちながら十分な属性値を両立させたものが揃っている。
    それでもロドレギオンの強みである匠要らずの高い斬れ味と回避修復機能のアドバンテージは大きく、
    スキル自由度・持続力では彼等を凌駕している。
    総じて、全部コイツでOKという事は無く、相手によってしっかり使い分けるのが一番だろう。

MHX

  • アスファアルダナブ→叛逆の銃槍までは同じ。
    途中で叛銃槍アルダナブと叛逆銃槍ロドレギオンのどちらに派生するかを選択する。
 
武器名砲撃攻撃力会心率斬れ味匠発動時スロット
叛銃槍アルダナブ放射319010%白20白70○--
叛逆銃槍ロドレギオン放射418015%白40変化なし○○-
 
  • 単純な火力こそアルダナブが上手だが、扱い易さを含めた総合性能ではロドレギオンがやや上回る。
    今作のガンランスは属性持ちでも攻撃力200前後の物が多く単純な数値では見劣りするが、
    それらの武器は大体砲撃レベル3・スロット1・匠なしでは斬れ味だったりする。
    それに対してロドレギオンはこれらの点では上を行っており、
    物足りない火力を補って余りあるほどの取り回し易さを誇る。
    特に斬れ味のアドバンテージは大きく、素で持つ白ゲージが長い上に修復機能付き。
    武器を納める頻度が減る分、火力向上に繋がるのだ。
    また、砲撃に関しても他に放射LV4持ちがパシカムルバスしかないのでこれもアピールポイントの一つになる。
    • 本作で追加されたエリアルスタイルのエアステップで、必要回数が5から4に下がるという点も地味に追い風。
  • 匠なしで白ゲージとなるガンランスでは
    ティガ武器轟銃槍【虎砲】ナルガ武器夜銃槍
    加えてそれらの二つ名持ちモンスター版、そして白は短いが爆破属性持ちの燼滅銃槍ブルーアが比較対象となる。
    基礎攻撃力のティガ系統に長い白ゲージと会心率のナルガ系統、
    爆破持ち爆焔・斬れ味修復と砲撃レベルのレギオス系統と見事に住み分けされている。

MHXX

  • G級追加に伴い、両者共に更なる強化が行われた。
    究極強化後のスペックはそれぞれ以下の通りで、全体的に性能の底上げが為されている。
 
武器名砲撃攻撃力会心率斬れ味匠発動時スロット
乱叛銃槍アルダナブ放射431010%白60紫40○--
叛断ノ覇銃槍レギオン放射528015%紫20変化なし○○-
 
  • アルダナブは攻撃力が大きく上がり、紫斬れ味の補正低下もあって匠無しの時点でレギオンよりも高い期待値となる。
    X時代と同様に砲撃レベルでは一歩劣るため、突き主体の戦法を取る方がよりスペックを含めしやすいだろう。
    また、絶対回避【臨戦】と武器特有のギミックを活用することで、
    業物を盛らなくても簡単に斬れ味を維持することが可能となる。
  • 対してレギオンは砲撃レベルが5に到達した事で、逆に砲撃をメインとする戦い方が主となる。
    特に今作で追加されたブレイヴスタイルはステップへのルートが増えており斬れ味回復する機会も多く相性は抜群、
    スキルがどうしても重くなりがちなガンランスの弱点も素紫の斬れ味や2スロットで補えるので非常に汎用性が高い。
    ただし、過去作での特徴であった攻撃力が低い代わりに素の斬れ味が長いという利点が失われている。
    上記の通り紫斬れ味が弱体化したとはいえ、以前より維持が困難になった点は少々痛い。
    • 砲撃が同じ放射5で長い白ゲージと高い毒属性を持つ隻眼三尖刀【災】が最大のライバル。
      斬れ味修復能力の差があるとはいえ白80は大きく、二つ名補正による臨戦の効果も大きい。
  • 今作で砲撃に特化したスペックを持つガンランスとしては極星絶砲槍ゲーガロアが挙げられるが、
    通常型のあちらに対して本武器は放射型の同じ位置付けと言えるかもしれない。
    同スロット数かつ匠不要の斬れ味と性能も瓜二つで防具の使い回しも効く為、2本1セットで使い分けるのもアリ。

MHR:S

  • 今作でセルレギオスが復活したため、本武器も復活を果たした。
    本武器の最終強化は叛逆槍アルタナブ(XXにおける獰猛化狩猟の証を使わない方)が最終強化となっているため、
    残念ながらロドレギオンを拝むことはできない。
    • 攻撃力320
    • 斬れ味は素で紫、延長可能
    • 会心率20%
    • 武器スロットはLv1が1個
    • 百竜スロットLv2
    • 通常型レベル7
  • 今作のレギオス武器共通の仕様として、斬れ味回復機能がオミットされたため普通の無属性武器としてみる必要がある。
    ガンランス特有の変更点としては、砲撃型が放射型から通常型へと変更されている。
    今作のガンランスは砲撃型が変更されているものがちょくちょく存在しており、
    この武器含め3つがまさかのMH4(G)出身の武器である。
  • 性能は良くも悪くも平均的な感じだが、よりにもよって
    ゴア・マガラ武器であるアームofアロガンが上位互換として立ちふさがる。
    攻撃力、会心率、砲撃関連に加え百竜スロットが共通でありながら、あちらは龍属性と武器スロットLv2を備えている。
    前述したとおり固有ギミックがオミットされてしまい、
    砲撃型が通常型へと変更されたため、差別しようにもできないのである。
    そもそも砲撃Lv7の時点でどちらも見向きもされないという事実に触れてはいけない

余談

叛逆銃槍ロドレギオンの「ロド」はアラビア語で反逆を意味するタマロッド(تـمـرد)の短縮形だと思われる。

関連記事

モンスター/セルレギオス
武器/レギオス武器