武器/ガオレン武器

Last-modified: 2018-09-22 (土) 05:16:40

圧倒的巨体を誇る甲殻種、砦蟹ことシェンガオレンの素材で作られた一連の武器。

概要

  • 古代の祭器を模したかのような非常に重厚なデザインが特徴。
    色はガオレンの甲殻の色そのままなので、見た目は地味だがデザイン面での人気は高い。
  • その性能の特色は圧倒的防御力。これに尽きる。
    同じ種族のザザミ武器も堅いことで知られるが、それよりも堅い。
    また、斬れ味、攻撃力もかなり優秀であり総合性能は高め。
    基本的には無属性だが、ヘビィボウガンは滅龍弾の扱いに長ける。
  • 名前には一応法則があり(種類が少なすぎるが)、
    下位ではブロンズ○○、上位ではガオレン○○、G級ではガオレン△△になる。
  • 性能自体は他のモンスターの武器に比べても引けを取らないのに、話題になる事が少ない。
    理由としてはそもそもメインシリーズでの出番がからっきしというのもあるだろうが、
    やはり何と言っても作れる武器が少なすぎるのが最大の要因だろう。
    初登場のMH2ではなんと狩猟笛とヘビィボウガンしか作れなかった。
    ドス系鳥竜種やガレオスなどの中型モンスターなら少ないのも納得できるが、
    相手は街すら滅ぼしかねない超大型モンスターである。
    苦難の末剥ぎ取った素材を加工屋に持ち込んで、呆然としたハンターの悲しみやいかに。
    • MHP2でも大剣が追加されたのみで、MHP2Gでも改善されず。
      その代わりザザミ武器やギザミ武器の強化に素材が要求されるケースが増えたが…
      この場合あくまでザザミやギザミがであり、シェンガオレンはである。
      世界観的にも実力的にもどう考えても逆ではなかろうか…?
    そしてMHXにてドスガレオス素材の新武器が登場したことにより、ついにシェンガオレンは
    メインシリーズにおいて最も武器の種類が少ない大型モンスター*1となってしまった。
    それだけでなく、最近ではガウシカやリノプロスなどの小型の草食種モンスターにすら追いつかれてきている
    それどころか、既にムーファには抜き去られている
    気付いたら全モンスター中最少なんて事態にならないか、そろそろ本気で心配してもいいかもしれない。
  • いちおう派生作品のMHFに登場する剛種武器を含めれば少なすぎることはない。
    オディバ武器の踏み台にされるが為に生まれてきたような微妙性能のせいで殆ど使われなかったが。
  • もう一つ、イマイチ人気がない理由としてシェンガオレン戦自体が面倒くさいということがある。
    能動的にハンターを狙ってくるわけでもなく、ダメージを与えられるようになるまでも長い。
    その割に体力だけは馬鹿高いので、一戦一戦が時間がかかる。
    こんな仕様では、戦おうというハンターも少なくなろうというものである。
    • しかも甲殻種の癖に天殻持ち。一応入手確率は天殻としては高めだが、ますますやる気が削がれる。
  • MH4ではとある鬼畜クエストをクリアすることによって、
    シェンガオレンの素材を竜人問屋で交換して入手することができるのだが、
    どういう訳か今まであったガオレン武器が片っ端から全てリストラされてしまった。
    もちろん新登場の武器も1つもないため、MH4にはガオレン武器は全く存在しないのである(防具は一応ある)。
    元々種類が少ないとはいえ、どの武器もなかなか優秀な性能を誇っていたため、
    素材が登場するのに武器が使えないというのは残念な話である。
    まあ、シェンガオレンの素材交換に要求される素材が各種激昂ラージャン素材+希望の証Gという、
    はっきり言って鬼畜もいいところと言っていいレベルのため、
    武器が存在しないということはある意味メリットであると言えなくもないが…。
    • 続くMH4Gでもガオレン武器は復活できず。
      ……それどころか、G級ガオレン素材すら交換させてもらえなかった
      シェンガオレンと縁が深いドンドルマの街が登場してるのに…。

関連項目

モンスター/シェンガオレン
武器/ガオレンズトゥーカ
武器/ガオレンスフィア
武器/ガオレンズベル
武器/殻王刀【硬】
武器/ギザミ武器
武器/ザザミ武器


*1 それもいわゆる「中型」や「超大型」も含めた広義的な意味での「大型モンスター」