Top > 武器 > チャージアックス(派生作品)


武器/チャージアックス(派生作品)

Last-modified: 2018-09-20 (木) 09:36:58

目次





始めに Edit

MHXR Edit

  • 2015年10月28日の大型アップデートで追加された。
    本家シリーズとの大きな違いは、高出力属性解放斬りで「与ダメージアップ状態」へ陥らせ、
    モンスターへの与ダメージを増加させられること。
    先に通常攻撃で「エネルギーゲージ」を溜め、
    それを消費する剣モード時の溜め二連斬りを当てて
    「与ダメージアップ準備状態」にしておく必要があり面倒だが、
    成功させればダメージが通りやすくなるだけでなく、
    その際に発生する爆発で追加ダメージを与えることができる。
    モンスターの動きを見て溜め二連斬りと高出力属性解放斬りを決めつつ、
    (間接的な)火力アップを狙うというのが本作におけるチャージアックスの戦い方となる。
    • 溜め二連斬りは仮想パッド長押しで発動する固有アクションであり、
      溜め中には頭上にゲージが表示され、
      それに合わせてパッドを離すことで高威力の斬撃+衝撃波を飛ばせるシステムとなっている。
      タイミングを外すと貧弱な斬り上げになってしまうため、
      モンスターとの戦闘中でも冷静にゲージを見て、
      溜め二連斬りを的確に繰り出していくことが求められる。
    • 与ダメージアップ状態を発生させると、その部位から「体力玉」が放出され、
      一定時間フィールド上に残留する。
      これに触れるとひとつにつき20程度だが体力が回復し、
      微弱ながらもPTメンバーへのサポートも同時に行える。
  • 今でこそ、高出力属性解放斬りを交えたチャージアックスとして基本的な戦法が実用的となっているが、
    ver5.3にてリファインされてなおこの戦法は全くと言っていいほど用いられていない
    なぜなら、最もダメージを稼げるコンボが「斧叩きつけ→属性解放斬りII」を繰り返すというものだからである。
    上述したように準備状態にする剣攻撃でゲージを消費するのだが、
    高出力属性解放斬りを出すには「属性解放斬りII」→「高出力属性解放斬り」というコンボを強いられる。
    これは相当な隙が無ければまず当てられず、またこの動作はゲージ消費も重い。
    そのためダメージアップを狙うにはほぼ限界までゲージを蓄積し、ダメージアップ準備状態を迅速に複数部位に当て、
    さらにその効果が切れるまでに先程の長ったらしいコンボを当てなければならない。
    しかし、ゲージが足りない状態で高出力属性解放斬りを出そうとすると、属性解放斬りIIで動作が止まってしまう。
    止まってしまうのだが、このコンボは高火力な上に武技Pも溜まり易く、
    さらにゲージを全く溜める必要が無い故に連発できるとても強力なものであるため、
    わざわざダメージアップを狙うぐらいならずっとこれを連打していた方が遥かに強いのだ。
    なお、解放IIを出すには僅かなゲージが必要だが(ゲージ無しでは属性解放斬りは出せない)、
    通常の斧攻撃でもその必要分は回収出来る。
    それが上述した叩きつけ→解放IIコンボだが、それがわざわざ剣モードにするだけ無駄という風潮にもなっている。
    マルチで剣モードを使っているハンターは情弱かオートとまで言われる始末。
    本家のスラアクとは真逆である。
    • ちなみに溜め二連斬りと高出力属性解放斬りで発生させられる効果の名称は今とは異なり、
      それぞれ「防御力ダウン準備状態」「防御力ダウン状態」というものであった。
  • 与ダメージアップ状態は、防御力ダウン状態からは打って変わって狙う価値が十分あるものとなった。
    しかし、それでも高出力属性解放斬りの大きな隙という根本的な難点はそのままで、
    以前よりはマシとはいえまだまだ高出力属性解放斬りは積極的に用いられてはいないようである。
    そんな中でver7.4にて実装された覇玉武器チャージアックスは、
    この状況を打破すべく設計された。されたのだが…
  • 覇玉武器で追加された新アクションは「属性解放連撃」と「超高出力属性解放斬り」。
    • 属性解放連撃は、溜め二連斬りから完全に置き換わる形で追加されるもので、
      仮想パッドを長押ししている間は剣を振るって衝撃波を飛ばし続け
      頭上のゲージが満タンになると特段威力の高いフィニッシュ攻撃を行う。
      これにより飛ばされる衝撃波はひとつひとつが与ダメージアップ準備状態付与効果があり、
      フィニッシュ攻撃を当てると全部位を準備状態にさせられる
      溜め二連斬りのようなゲージでタイミングを測る要素は無い
      また、フィニッシュ攻撃は与ダメージアップ部位への特効効果がある。
    • 超高出力属性解放斬りは、メインシリーズにおけるそれよりもモーションが高速化されている。
      それどころか通常の高出力属性解放斬りよりも速く
      積極的に与ダメージアップ状態を狙っていけるようになっている。
    総じて、与ダメージアップ状態が非常に発動させやすいものとなり、
    かつ与ダメージアップ部位へのフィニッシュ攻撃が非常に有効であるため、
    ここへ来てようやく剣と斧を的確に切り替えて戦うことで真価を発揮できる設計になったと言える。
    体力玉のシステムも覇玉武器と同時に(これは覇玉武器に限らず)実装されたもので、
    (超)高出力属性解放斬りのメリットを増やす試みが見て取れる。
    • しかし、かつて主力攻撃であった解放IIが超高出力に入れ替わり連発出来ず、
      また属性解放連撃もゲージ消費、フィニッシュまでの時間の両方が大きく気軽には出せない事、
      チャージアックス自体の火力も解放II依存だった事などが重なり、
      残念ながら、火力では覇玉でないチャージアックスには勝てない場合が多いという悲しい結果に。
      確かに与ダメージアップ状態は発動させやすいが、そこに持って行くまでの時間も解放IIを連打した方が強いのだ。
      これに関しては調整不足もあるが、解放IIの火力、武技P効率が全武器種で見ても異様なほど突き抜けていたことも原因だろう。
      それでも、ゲージシステムをスポイルして属性解放斬りIIを連発するだけという単調な狩りになりがちな通常のチャージアックスとは違い、
      覇玉チャージアックスは属性解放連撃と超高出力属性解放斬りの2つの攻撃手段を使い分ける
      必要があるため、覇玉の方を好む人もいる。

関連項目 Edit

武器/チャージアックス
武器/チャージアックス一覧
武器/チャージアックス(MHX・MHXX)
アクション/属性解放斬り
アクション/変形斬り
アクション/盾突き - MH4Gで追加された新モーション
武器/スラッシュアックス
武器/操虫棍 - チャージアックスと同じくMH4で新登場した武器
システム/ビン