武器/マグダ・ゲミトゥス

Last-modified: 2022-05-19 (木) 13:27:53

モンスターハンター:ワールドで初登場した、ゾラ・マグダラオスの素材を使って作られるヘビィボウガン。

目次

概要

  • 外見は長銃身タイプの龍骨の重砲にゾラ・マグダラオス素材のパーツを取り付けた、いわゆる汎用デザインとなっている。
    無骨な骨のストックにゾラ・マグダラオスの岩殻の暗褐色が映え、差し色に溶岩の赤がアクセントを添える無骨ながらもスタイリッシュな一丁。
    ベースが往年の名砲、老山龍砲妃竜砲に近い形状を持つ事もあって、汎用デザインながら他の固有デザインにも引けを取らない見た目性能を誇る。
    • 本作ではパワーバレルの廃止により、過去作でよく見られた長銃身のヘビィボウガンが激減。
      過去作パワーバレル装備のヘビィボウガンを始めとするアンチマテリアルライフル形状のヘビィボウガンが
      生産・強化画面に並ぶのは本武器が最初となる。
      短銃身のヘビィボウガンばかりで肩を落としていたパワーバレル愛好家達は、
      懐かしのフォルムに歓喜したという。

性能

MHW

  • 生産武器の龍骨砲Iからマグダ・ゲミトゥスIに派生可能。
    さらに上位古龍の素材を使うことでマグダ・ゲミトゥスIIに強化可能。
    その性能は、老山龍砲を彷彿とさせる武器攻撃力&高レベル弾重視のヘビィボウガンである。
    • 武器攻撃力は最終強化のマグダ・ゲミトゥスIIでアンフィニグラカーディアーカに次ぐ
      全ヘビィボウガン中3位の315
    • 低めの会心率-20%
    • 防御力の低いガンナーに嬉しいバルキンキャノンと同率1位の防御力+20
    • ブレ大
    • 特殊弾は狙撃竜弾
    • スロットはLv2のスロットが一つ
    • 通常弾は全レベル装填可能だが貫通弾、散弾はLv3のみ、
      徹甲榴弾、拡散弾、各種状態異常弾についてもLv1は装填することができない
    とかなり癖が強い。
  • そして弾詳細情報を開くと圧巻のリロードやや遅いやや遅い遅いやや遅い遅い遅い遅い…
    この武器、通常Lv1以外の弾全てのリロードが「やや遅い」か「遅い」なのである。
    反動も高めになっており強化パーツの取捨選択が求められる。
  • マグダ・ゲミトゥスIへの強化には他マグダラオス武器と同じくいきなり宝玉を要求されるため、
    上位序盤での作成難度はやや高め。
  • 運用方法としては爆発系の弾による肉質無視ダメージをメインとした運用が主となる。
    今作では拡散弾や徹甲榴弾の爆発にも武器の攻撃力が反映されるため攻撃力が高く、
    爆発系の弾を多種装填できる本武器と相性が良い。
    しかも爆発ダメージでは会心は発生しないため、低い会心率も問題ない。
    MHWに存在するヘビィボウガンの中で最高威力の拡散弾Lv2、Lv3が撃てるため、
    装填拡張スキルを発動させて拡散祭りに使用されることが多い。
    またMHWにおけるシリーズスキルの一つ業物/弾丸節約の仕様がその強さに拍車を掛けている。
    • 弾丸節約スキルはXシリーズでは「発動時アイテムポーチ内の弾を消費しない」といった効果であったが、
      MHWでは「発動時装填された弾を消費しない」というMHFの仕様とほぼ同じ効果になっている。
      つまり発動するたび追加で拡散弾を1発リロードなしでぶち込むことが可能になり、
      運が良ければ何発でも連続で、しかも弾消費なしで撃つことが可能。
      装填拡張で拡散弾の装填数を2発にすれば1回のリロードで弾丸節約が発動する確率も2倍。
      その強さと中毒性から一部のプレイヤーにはガチャ呼ばわりされることも。
  • 状態異常ガンとしても最高峰の性能を持つ。
    毒、麻痺、睡眠、各属性全てのLv2弾を装填することができ装填数も多い。
    空気気味だが減気弾Lv1・Lv2も装填可能。徹甲榴弾と合わせてスタンも狙えるためサポガンとしての素質十分。
    ただしPTで拘束役で入る場合拡散弾を使うと味方を吹っ飛ばしてしまうことに注意しよう。
  • ブレだが、今作からブレの仕様変更によりブレ大でも弾が魔球になることはなく、
    射撃後の照準の位置がズレるだけであり弾道にはなんの問題もない。
    本武器で撃つことになる弾は低反動で連射するようなものは少なく、
    特殊弾も狙撃竜弾であることからほぼ問題なく運用することが可能である。
  • 初見では装填可能な弾、リロードの遅さや反動の大きさ、ブレの大きさから扱いにくいものであると思われるが、
    間違いなく強武器といっても過言ではない性能を誇る。
    また拡散や状態異常以外に通常弾や散弾での運用も、それ専用に作った武器には劣るものの運用可能なレベルのため、
    とりあえずワールドでへビィを1本作りたいときにもオススメである。
    何より見た目がカッコいいし。
    • 貫通弾は流石に厳しいので貫通弾をメインに据えると決めているなら大人しくレイ=ロゼッテスを作ろう。

MHW:IB

  • マスターランクにゾラ・マグダラオスは登場しないため、
    導きの地の素材を用いることで「熔山大砲マグダゲミド」に強化される。
  • 上位同様状態異常弾や爆発系の弾による肉質無視ダメージをメインとした運用が主となる。
    特に徹甲榴弾はLv3の威力が強化されたこと、「砲術・極意」があることにより火力がかなり高い。
    拡散弾は調合素材の持ち込み数が減ってしまったのが痛いが、それでも火力は健在であり、
    「動きを止める状態異常弾」「火力を出す拡散弾」「その両方をこなす徹甲榴弾」の3点セットで活躍が期待できるだろう。

関連項目

モンスター/ゾラ・マグダラオス
武器/マグダ武器