武器/モンテベルデ

Last-modified: 2021-04-09 (金) 22:57:21

MHXで登場したドボルベルク素材のヘビィボウガン。

目次

概要

  • 無骨で巨大な銃身に尾槌竜の甲殻をそのまま付けたような形。
    装備すると分かるが異様にデカい
    モンハン史上最も巨大なヘビィボウガンは間違いなくこれだろう。
  • パワーバレルをつけると、元から大きい銃身が更に巨大になる。
  • シールドをつけると銃身の上側に2つのコブがつく。
    ストック部はドボルベルクの尻尾を模した形をしており、
    シールド(コブ)と合わさると小さいドボルベルクのようで中々可愛らしい。

性能

MHX

  • 荒縄鼓砲LV2から派生してモンテベルデLV1を作成できる。
    尾槌竜の仙骨や獰猛化尾槌竜殻といったお決まりの強化素材をつぎ込むことで、
    最終強化の「山穿ジガンラケーテ」が完成する。
  • まず目を引くのが非常に高い攻撃力と反動【大】、そして装填数が2/3/2の通常弾
    ここで、ある程度場数を踏んだヘビィガンナー達には1つの予感が浮かぶ。
    期待や不安と共にしゃがみ対応弾を確認すると、そこには燦然と輝く全LV通常弾しゃがみ撃ち対応の文字が。
    新たなしゃがめよの誕生である。
  • 強力な通常弾しゃがみに加え、全LVの貫通弾、散弾、徹甲弾、拡散弾を大量に装填できるという特徴をもつ。
    スロットが無く、反動【大】を反動軽減で補うのは困難だが、
    狩技「アクセルシャワー」を使用すれば一定時間あらゆる物理弾を高速で装填できるようになるため、
    「しゃがみ撃ちで狩技ゲージを溜め、アクセルシャワーで高LV物理弾を立ち撃ちする」
    という緩急の激しい戦法に向いたヘビィと言える。
    更に睡眠弾も撃てる。この戦法なら睡眠爆破との併用も可能。
    狩猟スタイルと狩技の組み合わせによって真価を発揮する、MHXらしい武器と言える。
  • アクセルシャワーを使わなければ、純粋な通常弾しゃがみヘビィとなる。
    他の通常弾しゃがみヘビィと比較すると、「全LV通常弾をしゃがみ撃ち可能」という点で差別化されている。
  • 反動に関しては矛砕シリーズ一式を使う運用法もある。
    反動軽減+2、泡沫と死中の攻撃力上昇によって、
    「貫通弾立ち撃ちを主軸に立ち回り、モンスターの隙には通常弾しゃがみ撃ちを行う」
    という、MHP3のネロディアーカの如き高火力の運用を可能とする。
    装填速度は【普通】で、この手のヘビィにしては速い部類であるため、
    こちらのフォローはさほど必要ないだろう。
    また、防御ボーナスが大きく、シールドを用いたいわゆる戦車運用も選択肢に入る。
  • 注意点はストライカースタイルではしゃがみ撃ちができなくなること。
    狩技の回転率を上げるためにストライカースタイルでクエストに出発しようものなら、
    アクセルシャワーどころではなくなってしまう。

MHXX

  • 究極強化は嶺穿ジガンラキエータ
    攻撃力が350にまで伸びる以外はほとんど上位と変わらないままという尖りきった強化をたどる。
    貫通弾の装填数も全く変わらないため、貫通銃としては相対的にワンランク落ちた。
    しゃがめよ傾向はますます強まったと言える。
  • 多くの新武器が登場したMHXXでも全種の通常弾をしゃがめるのはドボル砲のみのロマンとなっている。
    だが、通常2、3でしゃがめる枠にはG級ユプカム鏖砲イヴァンが加わっている。
    • どちらも反動中、そして貫通2のしゃがみに対応している代わりに、ブレがあることが特徴。
      ユプカムは、超会心運用と各種榴弾によるスタン狙いがしやすく、
      イヴァンは、裏会心運用と貫通3でもしゃがめる他、狩技ゲージが溜まりやすいなど、どちらもなかなかの強豪。
      こちらはブレ無し、スロット1、そして睡眠弾、麻痺弾にも対応していることを生かしたい。
  • MHXXで登場した新スタイルとの相性は悪くはないが、残念ながら手放しに喜べるものではない。
    ブレイヴスタイルは超絶的な火力と革新的な立ち回りを可能にするが、
    まず基本状態での立ち撃ち性能が壊滅的なこの銃はしゃがむまでが遠い上に、
    ゲージの維持すらもしゃがむ以外の選択肢は無いという状態。
    これは貫通弾や散弾といった立ち撃ちとゲージ回収にうってつけの弾がまともに扱えないからである。
    この銃でブレイヴスタイル運用をするならば、まさしく不退転の覚悟が必要となる。
    どうしてもブレイヴで挑みたい場合は、反動軽減+1を発動しLv1貫通弾とLv1散弾を運用できる状態にしておくと
    ブレイヴゲージを素早く回収できるようになり便利である。
    • レンキンスタイルはそもそもしゃがめないため、もはやハンデ以外の何物でもない。
      どう考えてもこの組み合わせはナシだろう。
    • となればこの銃はその気になればいつでもしゃがめるブシドースタイルとの相性は最高と言える、何でもブレイヴで担げばいいというわけではないという好例だろう。

余談

  • 因みに「モンテベルデ」という銘は、
    中央アメリカのコスタリカにある熱帯雨林地域に由来している。
    これはスペイン語で「緑の山」を意味する。苔むした巨体が特徴のドボルベルクに合った銘と言える。
  • 「ラケーテ」と「ラキエータ」はどちらも「ロケット」を意味し、それぞれドイツ語とロシア語である。
    「ジガン」はイタリア語で「巨大な」という意味になる。
  • このような異なる言語を繋げて作られた名前はモンハンに限らず、
    日本のフィクション作品には多い命名方法である。

関連項目

モンスター/ドボルベルク
武器/ドボル武器