武器/凶扇【黒風白雨】

Last-modified: 2020-08-08 (土) 13:31:37

天空を舞う神の双衣の具現。
荒れ狂う嵐に飲まれた者は
千の破片へ砕け散る。

概要

  • MHP3で初登場したラスボス武器の双剣。嵐龍アマツマガツチの素材を用いて製作する。
    名前に『扇』とあることから殆どの方は予想が付いているかも知れないが、
    やはりこの武器の形状は剣ではなく扇子である。
    外見は嵐龍の角や鋭爪にて骨組みを作り、扇面に飛膜を貼り付けたもの。
    納刀時には扇がピッタリと閉じているが、抜刀すると扇が開くギミックが搭載されている。

MHP3

  • 本作にて初登場。主な特徴は以下の通りである。
    • 攻撃力240(ブースト込みで255)に会心率-20%(ブースト込みの期待値は242.25)
    • 斬れ味は微量の青と長めの緑、匠で青が延長
    • 水属性値6
    • スロットなし
    基本的な性能は他のアマツ武器と同じであり、高めの攻撃力にやや大きめのマイナス会心率が付属している。
    斬れ味はデフォルトでの青が20と短い為、手数武器である双剣としては業物よりも匠を採用したいところ。
    一応他のアマツ武器と同じく微量の水属性が付属しているのだが、
    これが本当に微量の極みとでも言うべき数値であり、
    双剣が持つ属性値の減算補正もあって、事実上無いも同然の状況と化している。
  • 仮に凶扇を無属性武器であると見たとしても、やはり他の双剣の層が厚く、
    それらの立場を奪えるほどの活躍は見込めそうにない。
    無属性だけでも、匠で最高の物理期待値が得られる撲双剣ボッカボッカや、
    ヒットストップの掛からない緑ゲージ運用を得意とする覇爪アムルカムトルム
    デフォルトで実用的な白ゲを持った旋風連刃【裏黒翼】など、
    強豪の枚挙にいとまがないのである。
    そして斬れ味が白の状態でこれを超える物理期待値を出せる属性武器も少なくない為、
    MHP3に於ける当武器の肩身は狭いと言わざるを得ない。
  • 因みにこの武器が持つ属性値6と言う数値は、MHP3全武器種の中でも単独でワースト1位である。
    元となる数値が低過ぎるお陰で、属性武器の中では唯一、
    スキル水属性攻撃強化+1を発動させても数字が変化しない。
    似たような設計思想を持つウカムル武器でも、近接ならば最低で氷属性値10が付いている*1ことを鑑みると、
    設定ミスなのかも知れない。

MHX

  • アマツマガツチと共に復活。
    さらに上位止まりながら新たな最終強化銘を得ており、天嵐ノ扇【天つ風】へ強化できる。
  • とはいえ性能の方は相変わらず。
    • 非常に高い攻撃力240
    • 会心率-20%
    • 水属性6
    • 素で長い緑と少しの青、匠+2で白が僅かに現れる
    MHXの双剣は属性減算補正がかからないのでMHP3よりはマシといえばマシではある。
    またスキルの仕様変更により、水属性攻撃強化+2を発動すればちゃんと威力は上がるが…やはり頼りなさすぎる。
    今作でも水属性武器としてカウントする双剣使いはほとんどいないだろう。
  • ちなみに匠+2で白ゲージが出るという大幅強化を受けた。
    が、たった10と短い上にスキル自由度がきつめの今作ではかなり装備が制限される。
    というか燼滅刃一式以外ではまともに運用することはできないだろう。
    こまめに研ぎながら白ゲージを維持すれば、最強クラスの物理ダメージをぶつける事はできる。
    なお、流石に覇鋭爪クーネアムカムには僅かに威力で劣るが、弾かれにくいメリットは一応ある。
    誤差レベルの水属性値よりは頼りになる差別点のはず。

MHXX

  • 初のG級アマツマガツチの実装と共に、「太虚ノ扇【昊天】」という新たな名前を得た。
    具体的に性能を見てみると…
    • 水属性双剣でナンバーワンの攻撃力360
    • 変わらない会心率-20%
    • 水属性9
    • 素で白20、匠+2で白ゲージが延長
    G級でも一桁の属性値はもはやギャグの領域。
    物理特化に絞って考えても、素でこちらと同じ斬れ味なのに匠で紫ゲージが出現し、
    なおかつ物理期待値の差は2低いだけのハイガノスマチェーテに完全に喰われている。
    おまけにあちらはG4でアグナコトルを制すればHR解放前に究極強化可能なので、本当に立つ瀬がない。
  • レア素材(天空の龍神玉)を1つしか使わないので、作成難度はとても高い訳ではない。

余談

  • 銘にある【黒風白雨】は「こくふうはくう」と読み、暴風とにわか雨を指す言葉である。
    MHP2Gでは名前の似ている双龍神【黒天白夜】が登場しているが、
    古龍種素材の武器であること以外関連性はない。
    最終強化時の【天つ風】「あまつかぜ」とは、大空を吹く風を指す。
    究極強化時の【昊天】「こうてん」とは夏の空、大空といった意味を持つほか、
    古代中国の“九天”の思想において西の空といった複数の意味を持つ。

関連項目

モンスター/アマツマガツチ
武器/アマツ武器


*1 弓は氷属性値9であり、これと同じく属性武器の中では唯一氷属性攻撃強化+1で数値が変化しない