武器/宝装の合一なる金属器

Last-modified: 2019-11-09 (土) 21:55:28

「魂ノ宿ラヌ衣を纏イシ夜」
金色煌めく宝装に記された、
失われし文明の記憶の欠片。
(宝装の合一なる金属器)

宝装の合一なる金属器最終形。
死を与え、今再び世に現ず。
其身夜を司る神が具す盾斧也。
(碑文の盾斧ネフティス)

概要

  • MHXXのラスボスであるアトラル・カの素材から作られるチャージアックス。
  • 凝ったギミックと、その武器種とは分かり辛い奇怪な形状が特徴のアトラル武器だが、
    チャージアックスは元々変形ギミックがあるからか、
    金ぴかなカラーリング以外はデザインはディオスアームズに近いまともなデザインの正統派チャージアックスである。
    剣の装飾も美しく、鋭利さすら感じるデザインであり、見た目にも斬れ味が良さそうである。
    そうそう、こういうのでいいんだよこういうので。
  • 「魂ノ宿ラヌ衣を纏イシ夜」という、失われた古代文明の記憶の欠片が記されているらしい。
    しかし、衣と思われる物と、夜の要素は一切見当たらない。

性能

  • 生産時は宝装の合一なる金属器であり、最終強化の碑文の盾斧ネフティスを経て、
    究極強化で真名ネベトヘウトと名を変える。
    その気になる性能だが、
    • 攻撃力330
    • 榴弾ビン
    • あって嬉しいスロット3防御+60
    • 会心率0%
    • 素で紫20、匠スキルで紫が延長
    他のアトラル・カの近接武器の例に漏れず優秀な性能を誇っている。
    チャージアックスを使うなら、アトラル・カを倒してまず作るべきと言っても良いくらい。
    業物と臨戦だけ付けて紫ゲージを維持可能な上に、砲術など様々なスキルも盛りやすいスロ3は非常に有り難い。
    期待値はMHXXチャージアックスの中で2位。榴弾チャージアックスとして申し分のない物理威力である。
  • ただ、問題の期待値が1位であるジオブロスはこちらを喰いかねない大敵である。
    榴弾ビンの威力を爆発的に上げる攻撃力370に、素白ゲージから紫に延長できるという大業物。
    マイナス会心もやや痛い程度であり、見切りや挑戦者などで容易にカバーできてしまうので隙がない。
  • しかし、超会心を含んだスキル構成では大抵はこちらが斬撃ダメージで優位に立つ。
    また高会心率にしやすいこちらは会心不発の外れを引くことも少なく、攻撃のめどを立てやすい。
    純粋に高出力をバンバン入れるならジオブロスが有利だが、
    その他の攻撃も多く交えるならば拡張性に優れたネベトヘウトで火力を盛りまくるのが選択のカギだろうか。
  • 紫ゲージ超会心構成を目指すとなると今度はアステピオが立ちふさがる。
    むしろ本命のライバルはこちらかもしれない。
    匠不要のアステピオの斬れ味からくる継戦能力は非常に優秀で、会心率も最初からそこそこある25%。
    何より他の武器と差をつけるスロット3紫ゲージという特性が丸かぶり。
    ネベトヘウトの匠未搭載で斬れ味紫20の長さというのは、業物を搭載し、
    溜まった端から臨戦を使わねば維持できないギリギリさ。
    それがアステピオにはない。紫30で同じことをするのは安定感が違うのだ。
    常時超会心構成に到達しやすい25%の会心率も持つため、こちらよりもスキル選択には猶予がある。
    更になにか火力スキルを搭載することが可能という点で最終的には互角か、逆転もありうる。
    侮りがたし、星座盤と望遠鏡
    ネベトヘウトはこのアステピオとジオブロスの間を取った性能ということになる。
  • なお、アカムト武器の究極強化であるイクセエンカムは榴弾ダメージと斬撃ダメージの両方で高性能で、
    これも壊れ武器の領域に達しかねない武器である。
    しかし緑ゲージ運用が前提であり、
    手早くビンを溜めたい場合でさえ正確に弾かれない場所を狙う必要がある。
    プレイスタイルやモンスターを選ぶ上級者向け武器で、考え無しに使える代物ではないことに注意したい。

余談

  • 最終強化の銘の元になった「ネフティス」は夜を司る神と呼ばれ、他のアトラル武器と同様にエジプトの神が由来である。
    天の女神ヌト、大地の神ゲブから生まれた、五人兄弟のいちばん末っ子であり、
    オシリスやイシスとの妹で、セトの姉と同時に妻。
    セトと子供を作ろうとするが拒まれ、その代わりにオシリスを酒で酔いつぶして、
    彼との不倫によって身篭もっており、夫婦関係は相当冷めていた模様。その子供がアヌビスである。
    セトにそむいてオシリスの復活のためにイシスに協力し、死者の守護神となる。
    先に記述された「魂ノ宿ラヌ衣を纏イシ夜」とは、死を守護する夜の神・ネフティスそのものを指している。
    究極強化の銘「ネベトヘウト」はネベト・ヘウトとも呼ばれるネフティスの別名である。

関連項目

モンスター/アトラル・カ
武器/アトラル武器