武器/峻厳なるポルトアッシ

Last-modified: 2021-10-25 (月) 10:45:44

妃蜘蛛の盾斧は門を開く鍵
花嫁の待つ館への門を開く鍵
門を開けば、後へは引けぬ…
(峻厳なるポルトアッシI~II)

強き力を得た鍵は門を開く
しかし我々はまだ知らない
その先で待つ妖の正体を…
(ポルト・ド・ネフィラ)

概要

  • ヤツカダキの素材から作られるチャージアックス。
    解説文の通り剣は鍵、盾は金属製のフェンス式の門を模している。
    盾の見た目はスッカスカだがちゃんと攻撃は防げる。
    合体変形のギミックで鍵を解かれ門が開くさまを表現している秀逸な意匠である。
  • 公式HPや体験版などでいち早く存在が確認されていた武器のひとつで発売前から話題になっていたとか。
  • 一発生産が可能な他、騎士団隊証盾斧IIからの強化で入手できる。

性能

MHRise

  • Ver.1.x時点での最終強化だった峻厳なるポルトアッシIIの性能は
    • かなり低めの攻撃力160
    • 斬れ味は素で白が現れ匠で延長可能
    • まずまずの火属性31
    • 低い攻撃力を補う会心率25%
    • スロットはレベル2一つとレベル1二つ
    • 強属性ビン
    とヤツカダキ武器のテンプレに沿った性能。
  • 百竜強化は、攻撃力アップIII、属性強化【火】II、鉄蟲糸技強化。
    まともな属性値の強属性ビンなので余程の事がない限り属性強化【火】を選択しておくのが無難だろう。
  • 素で白が出ているのは素晴らしいがそのゲージがとても短く、続く青もかなり短いため
    何の補助もないとあっという間に斬れ味が落ちてしまう。
    業物なり砥石使用高速化なりで補っておくといいだろう。
    幸いスロットが潤沢なため何らかの斬れ味ケアスキルを積む余裕はある。
  • 本作にはゴシャハギオロミドロなどの新モンスターを筆頭に、
    火属性がよく効くモンスターが多いので活躍の機会にも恵まれている。
    折角の新顔の武器なので存分に振り回してやろう。
  • この時点でライバルとなるのは雌火竜盾斧のディア=ルテミア。会心率とスロット、火属性値は劣るものの攻撃力で勝り
    ポルトアッシの白~緑より長大な斬れ味緑を有しており継戦能力では勝る性能と言える。
    雌火竜の紅玉さえあればポルトアッシよりも早いタイミングで完成するところもポイント。
    • ただ、攻撃力170、火属性30とあまり差がないので後述の強化が済むまでは
      個人の好みで選んでも良いかもしれない。

Ver.2.0

  • Ver.2.0アップデートにより、更なる強化先にして完成型、ポルト・ド・ネフィラが追加。
    他の強豪モンスターの盾斧を押しのけて唯一のレア度7の盾斧である。
    炎王龍の素材を必要とするため、解禁される時期はかなり遅い。
  • その性能は…
    • 上昇した攻撃力170
    • こちらも上昇した会心率30%
    • 素白も少し延長
    • 僅かに上がった火属性34
    • 百竜強化は攻撃のみIVに格上げ
    このようにしっかりグレードアップを果たした。
  • 特に物理面の強化が大きく、物理火力も悪くなくなったのは大きい。
    会心率が上がったので一緒に装飾品が追加された達人芸で素白をカバーできるなど非常にありがたい。
    • 物理面の強化により斧強化の適正が高くなった。
      斧強化の多段部分は斬れ味消費が無いため、
      見た目ほど斬れ味消費が激しくないことからも相性が良い。
    • この物理面の強化により冥冥裏との差が縮まったため、火が効く相手なら彼方より火力が出せる場面が増えてきた。
      スロットが上位互換で素白も20と冥冥裏と同じになったのもあり、装備を使い回すことも可能。
      余ったスロットに火属性強化の装飾品を入れればそれだけで十分である。
    • 新しく装備を作るならカイザーシリーズとの相性は抜群。
      見切り、超会心、達人芸に加えて専用スキルでさらに火属性を強くすることが出来る。
      猛毒無効が必要なオオナズチを相手取るなら3部位、それ以外を相手取るなら2部位身に着けていくと無駄がない。
  • 属性値も3だが上がったので百竜強化込みで40に達するようになり、
    ディヴァルキューレドラグルヒールといった強属性最高峰の武器と肩を並べるようになった。
    水や氷もこれくらい頑張って欲しいものである
  • 百竜強化の攻撃IVを採用するかは悩みどころ。
    攻撃力が10上がるのはなかなか大きく、斧強化運用を視野に入れているなら捨てがたい。
    かといって強属性ビンでありながら属性値の上昇を捨てるのも痛い。
    元々強属性としては合格ラインの属性値を持っているからと割り切り、攻撃に割いてもいいかもしれない。
    この辺りは好みが分かれるだろう。

余談

  • ルトアッシではなくルトアッシである。前者だと思っていた人もかなり多いのでは。
    • これは由来を考えればわかりやすく、フランス語のporte(扉)から来ているものと思われる。
      アッシの方はhache、フランス語で「斧」という意味になる。
      最終強化銘のネフィラ(nephila)は「ジョロウグモ」なので、直訳すると「ジョロウグモの扉」となる。
  • 峻厳とは非常に厳しいこと。門の堅牢さを示しているということか。
    ヤツカダキ自身も硬く分厚い爪を正面に構えており、弱点の頭部を守っている。
    まあ爪がなかったとしても頭が高くてなかなか攻撃は届かないだろうが

関連項目

モンスター/ヤツカダキ
武器/ヤツカダキ武器
武器/アラクネスケイル - 素材元が鋏角種の武器。