Top > 武器 > 破滅と災厄の紅蓮弓


武器/破滅と災厄の紅蓮弓

Last-modified: 2019-04-03 (水) 15:57:56

目次

破滅と災厄の紅蓮弓 Edit

積憤の炎矢を放つ紅龍の弓。
禍々しいその口から吐出される叫怒の呪詛が獲物を灼き尽す。

概要 Edit

  • MH4Gにて初登場したミララースこと憤怒に燃える紅きミラボレアスの弓。
    紅龍の顔を再現した禍々しい弓身から必殺の一撃を見舞う恐ろしい弓である。
    ちなみにこれは殲滅と破壊の剛弓、並びに勝利と栄光の勇弓と同じデザインである。
  • これは先のミラボレアス弓からの派生ではなく、G級素材で一発生産となる。強化先も無い。

性能 Edit

  • 基本性能は以下の通りになる。
    • やや低めの攻撃力324、それを会心率30%が補う
    • 紅龍にふさわしい爆破属性210
    • これまた紅龍らしい爆裂型曲射
    • 残念ながらスロット0
    と、攻撃力がやや低いことに目を瞑れば非常に高い性能。
  • 溜め段階は、
     
    溜め1溜め2溜め3溜め4
    貫通Lv2連射Lv5貫通Lv4(拡散Lv5)
     
    となっている。
    基本的に貫通矢として、大柄な相手の体内で爆破していく運用方法がベストになるだろう。
    グラビモスの胸や飛竜種の翼破壊など、このようなエグい戦い方が有効な相手は意外に多い。
  • 一応溜め2で連射矢を放つことが出来るため、
    弱点をピンポイントで爆破する戦い方も可能といえば可能。
    貫通矢で爆破属性を蓄積しておき、ある程度溜まったら連射矢で破壊部位を狙うと言うもの。
    ガンナーで無ければ不可能なほど高い部位を持つ相手や、他に爆破属性持ちがいない場合は有効である。
  • しかしながら強撃ビン装填不可という大きすぎるデメリットが存在し、
    会心率30%を考慮しても物理火力部分は完全に他の強撃ビン持ちに遅れをとってしまう。
    強撃ビンを追加しようにも、武器スロットが無いのでなかなか思うようにいかない。
    かと言って属性値も210と別段高いというワケでもないため、
    MH4からの爆破属性弱体化の影響もあって爆破だけをメインに据えるのもかなりキツい。
    他の爆破弓以上に使い所が限られてしまうのは否めないだろう。
    そしてトドメとなるのがMH4Gにおける貫通矢のモーション値の低さ。
    フルヒットしても同レベル連射より弱いという絶望的なまでのモーション値の低さが災いし、
    物理攻撃力には全く期待ができない。
    それでいて前述のとおり爆破属性値が高いわけでもないため、与ダメージ性能はかなり低い。
    貫通矢の射程の長さを活かした立ち回りも無いこともないので一概に比べられるものでもないが、
    同時期の連射・拡散弓の溜め2と同じくらいの威力しか無いと思っていいだろう。
    • 連射弓の勇気と希望の凄弓、貫通弓の破滅と災厄の紅蓮弓、
      拡散弓の砕光の閃矢、玄人向けのナゲルマデュラ
      そしてやたら器用なパチンコと爆破弓は見事なまでに住み分けが出来ている。
      そのため、結局は相手によって使い分けていくことが重要。
      しかしながらただ図体がデカいだけの相手だと拡散弓でも容易に全矢を当てることが可能になるため、
      強撃ビンが使え、高い爆発力を有する砕光の閃矢が一歩抜きん出る。
      弱点が非常に高い位置にあったり、背中などを破壊したい場合は全矢を当て切るのが難しい閃矢より、
      背中を貫くように撃てるならこちらがベストかもしれない。そこ、曲射とか乗ればいいとか言わない。
  • 作成難易度はお察しの通りである。
    悪名高き古龍の大宝玉を始め、例の如く大量のラース素材を要求される。
    特に基本報酬で出にくく、ほぼ部位破壊頼みとなる魔神眼が難関となるだろう。
  • カタログスペックのみ見れば決して弱いわけではないが、
    不遇な環境などが災いし、今一つ目立てていない。
    その作製難度に見合った価値があるとは言い難いだろう。

余談 Edit

  • 紅蓮弓と聞いて否が応でもアレが思い浮かぶ人が多いかもしれないが、
    よりによってコラボ装備はMH4Gには未登場
    この作品に登場していたら素晴らしいコラボが組めたであろうに…。
  • MH4では紅龍系統の弓は出ておらず、テスカト武器である勇気と希望の凄弓は存在していた。
    黒龍武器である殲滅と破壊の剛弓に非常にネーミングが似ていると言うことで、
    MHP2G以前を知らないハンターがまだミラバルカンが解禁されていない時期に、
    テオ弓を担いだハンターを改造でミラバルカンの弓を不正に手に入れた者だと勘違いする事件もあった。
    属性やカラーリングまで一致しているので仕方のないことではあるが、
    あちらはこのような邪龍の素材は一切使用していないので決して混同しないように。

憤怒と惨禍の爆弓 Edit

紅龍の力を宿す血塗られた弓。
弦を引く者の心は憤怒に囚われ世界に惨禍をもたらす。

概要 Edit

  • MHXXで登場した、通常の紅龍の素材*1から作られる弓。
  • やはり見た目は殲滅と破壊の剛弓の色違いだが、
    角の長さが左右で違っており、構えたときに左側になる方の角がやや長い。

性能 Edit

  • 生産時点では憤怒と惨禍の爆弓、赫怒と災禍の爆弓を経て、究極強化で震怒と大禍の爆烈弓となる。
  • 紅蓮弓と同じく爆破属性の貫通弓であり、曲射は名前通り爆裂型。
  • 究極強化での性能は
    • 攻撃力300
    • 会心率30%
    • 爆破属性21
    • 爆裂型曲射
    • スロット0
  • 溜め段階は、
    溜め1溜め2溜め3溜め4
    貫通Lv2連射Lv5貫通Lv4(拡散Lv5)
    となっている。
  • 概ねMH4Gの紅蓮弓を踏襲した性能だが、武器倍率が30も上がっているためかなり強化されている。
    このおかげで、スキルを抜きにした物理期待値が爆破弓でトップとなっている。
    装填数UP無しで貫通弓として扱える爆破弓はこれだけなので、競合の心配もない。
  • しかしながら、強撃ビン装填不可というデメリットまで紅蓮弓から受け継いでしまったのが難点。
    スロットを持たないのでビン追加スキルを発動させるのも負担が大きい。
    MHXよりは改善されているものの、今作の貫通弓はモーション値が過去作より抑えめなのも辛いところ。

関連項目 Edit

モンスター/ミラボレアス【紅龍】
モンスター/ミラボレアス【紅龍】特殊個体
武器/ミラ系武器
武器/殲滅と破壊の剛弓 - 元デザイン
武器/勝利と栄光の勇弓 - 祖龍武器
武器/勇気と希望の凄弓 - 同じ属性とネーミングのテスカト武器






*1 素材名は特殊個体のもの。