武器/蛮骨大鉈

Last-modified: 2020-10-26 (月) 10:43:53

目次

概要

  • MHXでカブラ武器に新規追加されたスラッシュアックス。
    武骨包丁と同じく刀身は独特なデザインとなっている。
    MHXのPV第一弾に登場しており、ガララアジャラに剣鬼形態のトランスラッシュを当てていた。
    和風のデザインと渦巻き模様から、一目でカブラ武器だと分かりやすい。

性能

蛮骨大鉈

MHX

  • 一発生産は不可能でベルダーアックスより派生する。
    最終強化で蛮骨大鉈【蔓切】となる。
  • 攻撃力240に会心率-20%、斬れ味は素で青で匠2でそこそこの白と、
    スラッシュアックス全体から見て高い性能を持つが、
    ビンが減気ビンであるため剣モードでは使えず専用となる。
    ライバルこそ多いものの白斬れ味で最も高い攻撃力を持つため差別化は十分可能。
  • また、カブラ武器ゆえにレア素材も大して要求されず、製作しやすいのも長所。

MHXX

  • 究極強化で「我武者羅大鉈・断ッ」へ強化される。
    読みは「がむしゃらおおなた・だんッ」。ヘビィに負けず劣らずの独特なネーミングである。
  • 攻撃力は360まで伸びたが、会心率とスロット数は据え置き。減気ビンの蓄積値は24。
    MHXでは斧として優秀な武器であったが、
    斬れ味が素で長い青、匠追加分がすべて白と微妙なライン。
    それでいて攻撃力が他を突き放す程高いわけでもないので、斧としても使えなくなってしまった。
  • 本作では変形斬りと属性解放フィニッシュでビン効果が確定蓄積するようになったものの
    蓄積値は24と減気ビン持ちのスラアクの中でもかなり低く
    減気を活かした運用に使うには少々スペック不足である。

渦紋蛮骨鬼鉈

  • 二つ名モンスターである岩穿テツカブラの素材から作れるスラッシュアックス。
    刃を支える柄は濃紫色に変わり、斧刃に描かれている模様は藍と朱の隈取のような意匠になっている。
    ビンは相変わらず減気ビンのまま。

MHX

  • LV1から順当に強化しLV10にて渦紋蛮骨鬼鉈【竹割】となる。
    攻撃力220に会心率5%と通常種武器より攻撃性能は控えめなものの、
    匠+2で出る白ゲージが長めであることや、二つ名補正と臨戦により斬れ味が維持しやすいなど
    通常種武器とは違った長所を持つ。

MHXX

  • G級に上がりLV15で渦紋蛮骨鬼鉈【兜割】と変化する。
    素の白ゲージ40に匠追加分が全て紫と、さらに斬れ味が改良されている。
    また紫ゲージの下方修正により匠なしでも素で紫ゲージを持つ武器と期待値はほぼ一緒で、
    素の斬れ味の長さから匠や業物を切ることも十分可能。
  • ライバルはティガ武器の轟剣斧【斬虎】や鏖魔武器の鏖剣斧シーピオ
    • 前者は素で紫かつ期待値もこちらを上回るが素の紫ゲージが20しかなく、
      何らかのスキル補助が必要であるためこちらが有利か。
    • 後者は普通に使う分には期待値・斬れ味ともに兜割の下位互換であるが、
      今作で登場した痛恨会心を利用することで高い火力を発揮できる。
      ただしエネルギーチャージと相性が悪い点や、
      兜割に火力スキルを盛ればシーピオを超える火力が出るためやはりこちらが有利か。
  • 通常種武器と同様の戦法で減気ビンも使えないこともないが、
    蓄積値が25と微妙すぎるためあまり実用的とは言えない。
    ただしシーピオの12と比べると約2倍の数値なので、
    二つ名武器+減気ビンという組み合わせならばトップではある。
    それでも減気ビンを使うことはないだろうが

関連項目

モンスター/テツカブラ
モンスター/岩穿テツカブラ
武器/カブラ武器