武器/銀翼の双刃

Last-modified: 2021-09-16 (木) 01:13:35

白銀に煌く天彗龍の双剣。
瞬きの隙も与えず、流星群の如く間断ない斬撃を繰り出す。
(銀翼の双刃)

古文書は記す。
恐れ見よ。降り注ぐ、星雨に勝る双刃を
銀翼の双刃、最終強化形態。
(龍星刃ヘスト)

目次

概要

  • MHXX初登場のバルファルクの素材によって作成される双剣。
    銀色と黒色をベースとするシンプル目なデザインである。

MHXX

  • 作成は一発生産のみ。
    素材に関しては、剥ぎ取り入手ができない背尖甲2つや獄炎石5つが多少面倒だが、
    前者は基本報酬でもそこそこ出るし、後者は適度に火山で掘っていれば普通に手に入るので
    特に作成が難しいというわけではない。
  • そんなこの武器の生産時の性能は、
    • 低めの攻撃力160
    • バルク武器特有の龍属性25
    • 会心率は0%
    • スロットは一つ
    • 斬れ味は赤200白50
    バルク武器らしい運動会斬れ味を備えた逸品に仕上がっている。
    ただ、双剣は斬れ味がとにかく消耗しやすい難点がある為、いくら白50あろうとすぐに赤に変色してしまう。
    火力の減少やはじかれのリスクは他の武器の比ではないため注意が必要。
    匠や業物も欲しいところだが、スキルを揃えるのに難儀しやすい上位の時点でのフォローは難しい。
  • 1度強化するだけで一旦最終強化の龍星刃ヘストが完成する。
    白70の斬れ味に攻撃力180・龍属性26と、この時点では充分な性能だが、
    当然赤色の龍氣玉を求められるため、
    スムーズに強化できるかどうかは例のセンサー次第。
    ついでにこっそり古龍の浄血も求められる為、集会所を進めて他の古龍とも戦っておく必要がある。
  • さらに強化を進める事により、赫醒刃リクヘストが完成する。
    気になるその性能は、
    • 控えめな攻撃力300
    • 高めの龍属性30
    • 相変わらずの会心率0%
    • 生産時からもう1つ増えたスロット2
    • 赤200白250のトンデモ斬れ味。匠は無効。
    特筆すべきはその斬れ味。
    前述の通り双剣は斬れ味を消費しやすい為、これ程の長い白ゲージは継戦能力にも繋がる為嬉しいところ。
    モンスターのエリアチェンジの度に研げばスキルなどの補助がなくとも白ゲージの維持ができるほど。
    匠、業物、砥石使用高速化等、かつて双剣に必須とされたスキルを外せる利点は何物にも代えがたい。
    • とはいえ、やはり双剣なので決戦場型フィールドなどでは白を使い切ることもある。
      対策としては、シンプルに砥石高速化の他、元の長い斬れ味を実質的に延長する業物でフォローしても良いし、
      モドリ玉を調合分まで持ち込んでBCで砥石を使うのも良いだろう。まあ砥石1回くらいは何とかなるものだが。
  • ライバルはイビルジョー素材から作成できる咎双刃アビルブリングだろう。
    あちらは同じ攻撃力300に会心率10%、匠で延長可能な素の紫20、龍属性32なので、
    武器として単純な性能比較では勝てない。
    MHX時代に比べて匠の発動がかなり楽になっており、斬れ味の不安が薄れているのも大きい。
    ただしアビルブリングは従来の双剣同様斬れ味ケアの手段をいくつか導入しなければならないため、
    スキル構成次第では逆転もありうる圏内に居る相手。
    白紫間の斬れ味に修正が入り、攻撃中ほどの差しか生まれなくなったのも追い風で、
    匠業物を捨てた穴をどのようなスキル、どのような狩技で埋めるかで結果は変わってくる。
    こちらは250もの白ゲージと2スロを生かした快適さと拡張性、そして継戦能力が武器なので、
    その辺りを意識すれば差別化も十分にできるだろう。
  • 古龍の武器と言う事で、やはり作成難易度は高め…
    と言いたいところだが、MHXXではG級ドス古龍が揃って村クエストに追加される
    数さえこなせば古龍の大宝玉程度ならあまり問題ではなかったりする。
    むしろバルファルクのG級レア素材である赫色の龍氣玉と、
    何故か早いタイミングで求められる獰猛化濃縮エキスが悩み。

赫翼の双刃

MHRise

  • ver3.0アップデートで追加された奇しき赫耀のバルファルクの武器として類似武器が登場。
    最終強化は龍天刃ヘスタカミン。
    攻撃力はかなり低めの170だが、圧倒的な龍属性35とそこそこ長い白ゲージを持つ。
    百竜強化は攻撃力強化III、竜種特効、天彗龍の魂。
    このうち天彗龍の魂はほぼバルク一式専用の強化だが、龍気発動中の属性値が1.2倍になる強力なもの。
    • 弱点は攻撃力の低さと斬れ味のリスク。
      素の状態の攻撃力は一般的な属性双剣と比べてもかなり低いため、
      龍属性が効かない相手には全くの無力なのは見てのとおり。
      また上位武器であるためか斬れ味も白90とケア不要と言えるほどの
      長さでは無いため、何らかの手段で補う必要がある。
      ver3.0で同時に追加された神淵ノ風閃キが攻撃力210で長大な青ゲージ120を持つことを考えると、
      ヘスタカミンはMHXXのリクヘスト以上にピーキーな属性偏重武器であるといえるだろう。
      例えるなら、物理が補強されて扱いやすくなった超絶一門のような感じか。
      とは言え、白ゲージのため攻撃力を上げるスキルやアイテムの恩恵を受けやすく物理もある程度フォローが利く。
      これを踏まえると、瞬間火力では(龍が通れば)風閃キを大幅に上回っている。
      やはり最大のデメリットは白の次が赤ということであり、このリスクをどうマネジメントするかが鍵。
      • 砥石を使用後、最大90秒間斬れ味が消耗しなくなる剛刃研磨の他、
        業物Lv.2で実質120、Lv.3なら180という長大な白ゲージを得られるため、
        これらを発動させておけば通常のフィールドで斬れ味を心配する必要はなくなるだろう。
        余談だが、業物Lv.1でも実質白100となり匠1相当。
        発動難度も踏まえると、本武器においては業物と匠の立場が逆転していたりする。
        幸い、今作ではガルクに搭乗することで移動しながら砥石を使えたり、
        水没林のベースキャンプや砂原のサブキャンプで安全に釣りまくれる
        ドスキレアジを常備しておいたりすると、
        スキル無しでの運用も一応可能である。
        釣りのついでにクシャルダオラやオオナズチなどを狩るのもいいかもしれない。
      • シチュエーションが限られる上にPS依存になるが、
        百竜ノ淵源に挑む際、それなりにスムーズに狩りを進めていれば、
        2頭が上空で食い食われ踊っている間と2度の吸引柱グルグル攻撃中の計3回、
        このタイミングで研げば業物無しでも白をキープし続けられ、攻撃出来ない暇も潰れるのでおすすめ。*1
        砥石使用高速化を付けない場合、吸引されながらの研ぎになるため多少不安は残るが、
        直前のバリスタを強制解除されるよりちょっと早めに降りて、速翔け等でフィールド端に向かい、
        すぐ研ぎ始めれば吸われながらもほぼ確実に柱に接触する前に研ぎ終える事が出来る。*2
    • 天彗龍の魂前提だと赫耀一式前提になるが、前述の物理フォローの影響が大きく意外と相性はいい。
      • 属性値20%と言うと一見凶悪なように見えて
        実は属性強化【龍】IVより低い。
        と言うのも龍属性強化5を付けても属性値は46と
        小数点以下切り捨てで9止まり。
        素の属性値からだと7止まりで属性強化【龍】IIIより低い。
        そもそも赫耀一式だとスロットの都合上、龍属性強化5を付けることもまれかと思われ
        そうなると条件付きの属性強化【龍】III相当になる。
        また、高レベルの龍気活性による攻撃力強化は割合強化であり
        会心回りのスキルをスロットや護石で付けるであろうこと
        そして本武器は白ゲージ運用しかできないこともあり*3
        赫耀一式運用でも攻撃力強化IIIを選ぶ余地もなくはない。
        本武器を使う主なモンスターが百竜ノ淵源ナルハタタヒメ*4だということも
        天彗龍の魂に対する向かい風となる。
        前座のイブシマキヒコの攻撃力が低く、発動させるのがおあずけ状態になりがちなのもあるのだが。*5
        また、この武器は片手剣を超える属性の代償で攻撃力はバルク武器にしても若干低いため
        やはり攻撃力強化の恩恵がより馬鹿にならない点にも注目したい。
        では、他のモンスターはと言うと第二弱点だったり竜種特効が通用したりとこちらも向かい風がある。
        第二弱点まで見た場合、竜種ではなく柔らかい部位を狙いにくく体力調整が楽なモンスターが存在…する。
        そのモンスターはオオナズチであり、毒を逆手に取って体力調整し(更に逆恨みも活かせる。)
        長い白ゲージで快適に戦うと言ったところか。
        第一弱点の火属性双剣は斬れ味がイマイチなのもあり付け入る隙にはなる。
  • 素の属性値が半端ではないので龍属性強化の恩恵も必然的に高いが
    赫耀運用だとレベル1スロット不足になりがちなのと白ゲージによる物理強化の恩恵の大きさもあり、
    無理にレベル5まで上げることは無い。
    • 同様に会心撃【属性】も無理に発動させることはない。
      それくらいなら素直に超会心や攻撃、回避距離UPなどを選ぼう。
      ただこちらはプレイスタイルと護石、そして見切りスキル次第で
      胴をロワーガ/ファルメルにする手も十分にあり得る。
      つまり、見切りのおまけとして龍属性強化1と会心撃【属性】1がついてきて
      レベル1でもダメージが大抵1増えるので手数武器としてはお得感はあるか。
      いずれにせよ火力目的なら、他のダメージアップや立ち回り強化スキルを発動させた上でも余裕がある際の
      言わば最後の追い込み用程度くらいの気持ちでいよう。
      属会珠入れる余裕を出せるほどの神おまが出るかはまた別の話。
  • 今作の空中回転乱舞・天は属性の減衰こそなくなった代償にモーション値が低くなったことから
    属性偏重の当武器と非常に相性がいい。
    ただ、かつては当てすぎるとその後の攻撃が短時間ながら弱くなるバグが発生していたが
    豪鬼コラボの裏側で殺意の波動に目覚めたのかバグも修正された。
    上手く使えば、特にイブシマキヒコや百竜ノ淵源ナルハタタヒメに対し火力が目に見えて向上するであろう。
    あと純粋に気持ちいい。
    • 調子に乗りすぎると斬れ味があっという間に無くなる点には注意。
    • 空中回転乱舞・天の件と同じ理屈で鉄蟲斬糸との相性は最悪。
      これに関しては諦めて櫓越えを選択し
      天彗龍の如く、空を征するのも選択肢である。
  • ライバルは前述の通り神淵ノ風閃キ。
    ただ、あちらは攻撃力210青120の代わりに龍属性は僅か10(属性強化【龍】IVでなお20)しかなく、
    その属性強化も、範囲の広い空棲系特効と喰い合ってしまう為実質属性がおまけになりやすい。
    ついでにスロットもない。
    この通り武器傾向そのものが違う為、枠を取り合う事もないだろう。
    一応、こちらと違い匠の意味はなくはないものの
    業物のほうが圧倒的好相性なのは共通点である。
    火力が高いがリスクも高いこちらと火力は低いがリスクも低いあちら。
    (特にソロでの)タイムアタックでこそこちらが勝るが
    パーティだとプレイヤースキルによってはリスクが重くのしかかる。
    ソロ以上に斬れ味が減った時に優越感に酔いしれるあなたは間違っていない。
    また鉄蟲斬糸を使用する際や、じっくり構えながら戦うのとどうしても尻尾を切りたい際もあちらが優るといったところか。
    目的によって使い分けよう。
    • よく動画サイトでこちらが勧められているが
      上記の通りバルク武器特有のクセがあるため
      双剣の扱い方をある程度知っていないと
      斬れ味のリスクに踊らされる恐れがあり、上級者向け
      また、こちらは偏った性能ではあるので汎用性は皆無。
      HR100以上になってから双剣デビューする際は初心者向けとも言える素直な性能であり
      空棲系特効のため汎用性もあるあちらの方がいいかもしれない。
    • 実はこの二対に関してだが
      青白く、刺々しい変則的な形状のあちらに対し
      赤黒く、正統派な片刃の形状のこちらと
      性能だけではなく、見た目も対称的だったりする。

余談

  • 他の天彗龍武器が彗星にまつわる銘を持つことから、
    龍星刃ヘストの銘は、20世紀を代表する美しい彗星として知られるウェスト彗星の捩りと思われる。
    この彗星の発見者はリチャード・マーティン・ウェスト(Richard Martin West)という天文学者であり、
    これを"Rich-est"と縮めたものが赫醒刃リクヘストの銘になっているのかもしれない。
    性能的に応えてはいるものの、決してリクエストの訛りでは無い。
    • 赫耀バルファルク武器の「ヘスタカミン」は、
      恐らく通常個体武器のヘストとカーマイン(carmine)*6を合わせた言葉だろう。
      他の赫耀バルク武器と同様、カーマインも赤系統の色の名前で、
      いわゆる一般的に思い浮かべられやすいパーマネントレッド系に比べるとそれよりはだいぶ暗めの赤といったところ。
  • この武器は他の双剣と違い、納刀時に左右逆に納刀される
    (つまり右肩に持ち手があるのに左肩に手を回して抜刀することになる)。
    さらに刃ではなく峰の方を合わせるように納めるため、
    知らない人が見たら両刃の一本の剣に見えてしまうかもしれない。
  • 紫ゲージの弱体化が判明するまでは、その運動会的斬れ味以外の評価は芳しくなかった。
    紫ゲージ弱体化により評価の一転した武器の1つと言えるだろう。
    これはバルク武器の手数型全般に言えたことか。

関連項目

モンスター/バルファルク
モンスター/奇しき赫耀のバルファルク
武器/バルク武器


*1 赫耀一式に超会心Lv.3と龍属性攻撃アップを多少付け、後は体術等のスタミナ系スキルだけ盛った装備のソロでも安定してこの戦法を取れるため、恐らくそこまでシビアではない
*2 速翔けする際は真後ろにLスティックを傾けて壁に向かうのが無難だが、この際スティックを傾け続けていると、手前の壁を登り始めてしまうので速翔けが発動したら入力を止め、着地してすぐ砥石を使えるように準備しておくとよい
*3 高レベル龍気活性も白ゲージも分母である物理攻撃の変動を強く受ける。
*4 肉質の大半が60以上と、弱点特効が通じるどころじゃ済まされないモンスターで、タイムアタック動画においても攻撃力強化IIIが選ばれている。
*5 吹き飛ばされることも含め、発動まで被弾しまくるよりさっさと退場願った方が大体のケースで早い。
*6 カーミンとも読む