武器/雷銃槍エクスラギア

Last-modified: 2020-09-28 (月) 00:06:31

MH3G、MH4G、MHX(X)に登場するラギアクルスのガンランス。
この記事ではその強化版の冥銃槍エングルムについても扱う。

目次

概要・性能

  • 渦巻くような形状が特徴的なラギアクルス素材から作られたガンランス。
    その砲身から放たれる爆雷は螺旋を描きながら万物を穿つという。
    槍身には複数本の赤い棘、先端には同じく赤い刃が取り付けられている。
    これは海竜の爪や角、そして背電殻を加工したもので、突き立てると同時に獲物に電流を流し込む。

MH3G

  • 外見は赤い棘の付いた青い皮を銃身に巻きつけた感じ。銃剣は先端の赤い棘。
    人によってかなり好みが分かれるようで、一部ではその外見からソフトクリームと呼ばれている。
  • ラギアバースト→改→雷銃槍エクスラギアと強化。ラギアバーストは下位で唯一の雷ガンランスで、
    リオス夫妻やナバルデウスの攻略に役立つだろう。海竜の角を使用しないので、作成も比較的容易。
    ただ、下位ではボルボロス素材のボルボローダーや、リオレウス素材のレッドルークの攻撃力がずば抜けており、
    そちらを作成してしまえばあまり担がれることがないのが現状である。
  • エクスラギアの性能は攻撃力414 雷210 放射Lv2 スロ無し。
    この段階は通過点に過ぎず、ここからはラギア亜種の素材も使って刀身も白くなる。
    また、ディオスガンランス系列へ派生が可能。

白雷銃槍ライオルド

  • 白海竜ラギアクルス亜種の素材で強化されたガンランス。
    とぐろを巻くような白蒼の銃身は白海竜の力の一端とされ、致命の爆雷を放つという。
  • エクスラギアより、ネオラギアバースト→白雷銃槍ライオルド→改へと強化。
    同じ系列で二度も"改"がつく武器はかなり珍しい。
  • ライオルド改の性能は、攻撃力552 雷360 放射Lv4 スロ無し。
    この段階もまた通過点であり、ラギア亜種武器最終強化への派生が無い。
    匠をつけるとちょっぴり紫ゲージが現れる。
  • ラギア亜種の素材を使ったため、当然色は白くなり、
    ますますソフトクリームぶりに磨きがかかった。

冥銃槍エングルム

  • 手にした者は大海の支配者たる力を得られるという伝説的な武器。
    冥海竜ラギアクルス希少種の素材を導入する事で完成した、ラギアクルス系ガンランスの究極形。
  • 攻撃力598 雷420 放射Lv5 スロ無し。
    ライオルド改から冥雷の銃槍を経てようやく最終強化。
    作成には強化で作った場合は剛角を4本、生産から作った場合は5本要求される。
    他にも雷電殻を10個要求されたり、お決まりのジンオウガ亜種の天玉、ラギア希少種の雷魂も。
    HR70以降じゃないと作れないので、その間はオウガ武器の「真・王牙銃槍【震天】」で凌ごう。
    サンダーアーク?…ああ、そんな武器もあったね
    • イベントクエストという手もあるが、モンスターが強くなっているので精神衛生上オススメしない。
      3DSに竜撃砲をかましては元も子もない。
  • 外見はまんまラギア希少種カラー。
    雷電殻のように青く輝く部分が所々あり、今までのソフトクリームよりかっこよくなっている。
  • 性能は先述したように攻撃力、属性値、砲撃どれをとっても非常に優秀。
    斬れ味も匠で紫40と申し分ない。雷属性が効く相手は多いので活躍の場は広い。
    • 最大のライバルはボルティックワークスだろう。
      物理性能で若干劣る代わりに属性値がやや高く、何と言っても拡散5が魅力。
      どちらを選ぶかは自分のプレイスタイルに依るだろう。
      お互いの最大の欠点は性能ではなく、製作難易度の高さにある。

MH4G

  • MH4では未登場だったが、MH4Gにて復活。
    ラギアバースト→白雷銃槍ライオルド→冥銃槍エングルムへと強化。
    インペリアルガーダーから派生し、ラギアバーストは一発生産も可能。
  • 最終性能は攻撃力621 雷属性値480 放射Lv5と全体的に高水準。
    そして何より斬れ味は素で白50、匠で紫40と凄まじく優秀。
    惜しむらくはスロットが空いていないことだろうか。
    • 長い紫ゲージを活かすためぜひ匠を発動させ突きを中心にした運用を心掛けたい。
      もちろん放射5での竜撃砲もすさまじい破壊力を持つ。
    • ライバルは雷ガンランス中最高攻撃力と拡散Lv5で暴れ回る鬼神銃槍ドラギガン
      性能・製作難度ともにかなり拮抗しており、比較の詳細は同項目を参照。
  • 最大の問題点はその尋常では無い製作難易度。
    二段階目のライオルドにてラギアクルス亜種素材に加えてモノブロス亜種素材も要求され、
    最終強化にギルドクエスト限定のG級キリン素材の白銀のたてがみx4剛蒼角x2が必要。
    更なる問題は特殊個体のブラキディオスの素材との交換となるラギアクルス希少種素材で、
    交換そのものに覇王の証Gx4、部位破壊報酬限定かつ確定ではない砕竜の撃滅拳x3
    固有レア素材不滅の炉心殻x1とガンランス全体を見ても頭一つ抜けた作成難度である。
    • ブラキディオスガンランスの最終強化たる砕光の銃槍にも不滅の炉心殻は要求され、
      こちらはこちらで汎用爆破ガンランスとして優秀な一振りであることも素材不足に拍車をかける。
      余談だが、攻撃力数値、砲撃タイプ・レベル、斬れ味の長さが砕光と一致している。
    • 海滅槍アビスとの混同にも注意。微妙に名前が似通っているうえ、途中で要求される素材が
      方や堅牢な白銀の角、方や白銀のたてがみと余計に混同しやすい。

MHX・MHXX

  • MHX系統にも無事続投。雷ガンランスの中では物理重視の性能となっている。
    どの段階においても一発生産は不可で、討伐隊正式銃槍LV2からラギアバーストに派生させる必要がある。
  • 上位での最終強化は「雷銃槍エクスラギア」。
    • 攻撃力220
    • 放射LV3
    • 雷属性21
    • 斬れ味は素で青10、斬れ味レベル+2で白30
    • スロット無し
    素の状態では非常に短い斬れ味青しかなく、匠で白を出すか、下にある長い緑を鈍器で活かすかの2択となる。
  • G級究極強化で「豪雷銃槍エクスラギア」となる。
    • 攻撃力330
    • 放射LV5
    • 雷属性25
    • 斬れ味は素で白40、斬れ味レベル+2で紫30
    • スロット無し
    今作は紫ゲージの補正が下がったため、白ゲージ武器の地位が向上。素白のこの武器も高い火力を誇る。
    匠でしっかり紫ゲージが出るため、雷銃槍の中で匠の有り無しどちらでもトップタイの物理期待値を持つこととなった。
    • ライバルは同じく物理重視で放射型の「電銃槍フルフルボルト」。
      攻撃力330と同等、雷属性22、放射LV4のスロット1。斬れ味は白30、匠+2で紫50。
      素の状態では斬れ味の長さと属性値、砲撃レベルの差でエクスラギア有利、
      匠を付けられるならフルフルボルト有利か。
      こちらには無いスロットを1つだけだが持っているのも装備によっては響くかもしれない。
    • この2つに二つ名ライゼクス武器「ジル=アーナヒスモス」を加えた3つが今作の雷放射ガンランスとなる。
      こちらはフルフルボルトよりもさらに属性値が低く、攻撃力も280しかないが、
      圧巻の会心率40%と、匠で延長可能な紫20という優れた斬れ味、
      二つ名補正を持ちこちらも強力なライバルとなる。

余談

  • MH3Gのパッケージでブラキディオスと対峙しているラギアシリーズのハンターが
    手にしていた武器はこれである。
    • しかし、ブラキに雷属性、というのは正直あまり良い選択ではない(火や龍よりマシ、レベル)。
      武器をしまうのが遅い上に回転回避ができないガンランスなので、実際挑むなら細菌学は欲しいところ。
      さらに、当然この武器には最初から属性がついている上に
      ガンランスなので覚醒と集中が死にスキルに…
      と、再現するのはなかなかキツイ装備である。
      この組み合わせでオンラインにいけばほぼ確実に地雷認定されるだろう。
  • また、MH3Gの体験版でガンランスを選択するとこの装備で出撃する。
    ちなみに、製品版では砲撃が放射型だが、体験版では通常型になっている。

関連項目

モンスター/ラギアクルス
モンスター/ラギアクルス亜種
モンスター/ラギアクルス希少種
武器/ラギア武器