防具/アストラシリーズ

Last-modified: 2020-02-11 (火) 16:32:13

MHW:Iにて開催されたMHWorld発売二周年を記念するセリエナ祭の第二弾
【大感謝の宴】の目玉の1つとなる実装された、宇宙そのものを纏ったかのような祭装備。
作成には期間中ログインボーナスや配信バウンティ報酬にて入手できる「大感謝チケット」を使用する。

外見 Edit

  • 見た目は、目元を隠し横から後方へ棚引く巨大な布ヴェールの頭部位、腹部までの胴部位、
    両腕にスカーフを掛けた腕部位、腰は胸下からの透け透けロングスカート、脚部位はタイツとなっている。
    また、アストラの名の通りに、全身を包む布地が紺色地に幾多の星が煌めくような生地で出来ている。
    特に裾や上腕に大きな星も見え、一式を着込むと、まるで天の川をその身に纏ったような見た目になる。
    腰部の虫かごは空色の球体で、中に白く煌めく点がいくつも見え、これも一つの小さな銀河を表しているのだろう。
    なお、星々は装備ではなく位置に固定されており、キャラクターを回転させても動かない。
    • 同時実装されたオトモの装備や受付嬢の衣装から察するにイメージは宇宙人のように思える。
      オトモや受付嬢の衣装は私たちがイメージしやすい所謂オカルトな宇宙人スタイルだが、
      アストラ装備はその幻想的な見た目も相まって「星の海を往く旅人」とでもいうような
      ファンタジックな雰囲気を醸し出している。
    • 腕にスリンガー機構はないが、装着動作を行うと星の輪が浮かんだ後、
      淡い紫のこれまた星の輪が手首で回転する。
      左腕のスカーフは赤く色付き上へ棚引く。クラッチクローは光で構成したものを射出する。
    • 色変更は布地全体のため面積自体は非常に大きいのだが、
      宇宙のような色合いの下地の上にそのまま着彩の色の光を上乗せしたような感じで、
      多少雰囲気は変わるものの紺や青ベースの色合いからほとんど動かない。
      しかもキラキラした布地は通常の装備と合わせると激しく浮いてしまう。
      このため、通常は一式の見た目が推奨されるような防具だが、
      腰は透けている布で女性装備のビキニアーマー系が透けて見える他、
      脚は腰からのタイツスタイルで、一部紳士に好まれるかもしれない。
      • 虹色に着彩すると、宇宙のような布地が様々な色に発色し、
        時折写真などで見かける、真っ黒だけじゃない美しく輝く宇宙のような雰囲気となる。
        基本的にはネタ色が強くなりがちな虹色着彩だが、
        この装備に限っては装備の幻想的な雰囲気作りに一役買ってくれるだろう。

性能 Edit

  • レア度9、スキル構成は以下の通り。

    部位α
    スキルスロット
    広域化+3Lv4×1
    超会心+2Lv1×1
    精霊の加護+2Lv4×1
    Lv1×2
    ひるみ軽減+2Lv4×1

    Lv1×1

    弱点特効+2Lv1×1
    一式広域化Lv3Lv4×3
    Lv1×5
    超会心Lv2
    精霊の加護Lv2
    ひるみ軽減Lv2
    弱点特効Lv2
    シリーズ
    スキル
    3部位:大感謝の贈り物
    5部位:大感謝の恵み
     
  • スキルを2種以上同時に持つ部位が存在せず、第一弾のウーロンシリーズに比べ生存寄り、かつスロットが控えめ。
    火力面ではそれぞれLv2弱点特効と超会心を発動する胴と脚(ただしスロット1のためLv3にはならない)が挙がるが、
    広域化Lv3の頭、精霊の加護Lv2の腕、ひるみ軽減Lv2の腰はスロットにも恵まれ最大Lvまで発動可能と、
    補助としてパーツ使用も視野に入る。
  • レア度なりの防御力だったウーロンシリーズと異なり、初期値こそ140だが強化によって伸びに伸び、
    カスタム強化を経た最終値で178に達する。
    これはEXガルルガシリーズのカスタム強化込みの最終値と同値で、これを超え得るのはラスボス防具と、
    ガルルガ防具同様ストーリークリア後にMR帯で初めて邂逅でき戦うことができる一部の強力なモンスター防具に限られる。*1
    また、耐性面も全属性+2で隙が無く、防具全体で見てもかなり堅牢。
    どれだけ凄い技術が詰まった布なのか……まさかオーパーツ?
  • スロットはLv4が3つにLv1が5つ。
    Lv4スロットが5つ未満とはいえ備えているのでαとβの中間の拡張性、と取ることもできるが、
    Lv4のスロットにLv3やLv2の装飾品を入れなければならないことを考えると
    防具のスキル以外を発動させるのはやや窮屈かもしれない。
  • 必要素材は各部位に大感謝チケットと強竜骨を1つずつの他、グラシスメタルとピュアクリスタルを用いる。
    大感謝チケットはバウンティをクリアできなくてもログインボーナスで1枚ずつ手に入れられるので、
    ピュアクリスタルがややレア度が高いくらいでマスターランク入りたてでも一式揃えるのは容易。
    重ね着はそうもいかんが……
  • シリーズスキルは「大感謝の贈り物」という見覚えのないスキルであるが、
    これは【大感謝の宴】イベント期間中、下位・上位お助け報酬やMR帯クエストクリア報酬にて特別に排出される
    大感謝チケットSPの入手確率を増加させるという代物。
    5部位装備時はさらに確率が上昇する。
    • 大感謝チケットSPはイベント特典家具やチャーム、そして本装備の重ね着装備の素材として使用するが、
      全6種の色違いのチャームに各2枚ずつ、重ね着に5枚、そして5種類の家具入手の納品依頼に各1枚
      すべての特典を得ようとすると合計22枚もの大感謝チケットSPが必要となる。
      それでいて入手確率が低いため、本来は何度もクエストを回さなければならないのだが、
      大感謝の贈り物」によって入手確率を増加させることで周回回数を抑えることができる。
      完全にイベント期間中のみの効果ではあるものの、特典を入手したい人は積極的に作成した方が良い。
      作成さえしてしまえば後は採取クエストの類の周回でもかなり入手しやすくなるので
      期間内の特典コンプリートを目指して頑張ろう。
      • 採取クエストで周回するなら今回の大感謝の宴で一緒に追加された「その艶姿、凍傷に注意」の周回が良い。
        北東のキャンプを出てすぐのエリア15に採取対象となる氷瑞花が採取できる凍った草花が3つあり、
        スキルで採取回数を増やしていればおさるペンギンを乱獲していた新年の祭より
        かなり早く周回できるだろう。北東キャンプの設営が可能になるまでストーリーを進める必要はあるが。
    • また、大感謝チケット、大感謝チケットSPはマカ錬金のアイテム交換により金の錬金チケット銀の錬金チケットに変換できる。
      この錬金チケット(と鋼の錬金チケット)は更に「調査団の錬金術」のマカ錬金により、
      チケット1枚で未鑑定の装飾品1個と引き換えられる。そして、鋼<銀<金の順で良い装飾品が出やすくなる。
      • 金の錬金チケットはバウンティや蒸気機関管理所の限界突破ボーナスなど他の入手手段はあるものの、
        大量に集めるならマカ錬金による交換は必須だろう。
        ちなみに銀の錬金チケットは100Ptで1枚交換、大感謝チケットが10Pt、SPが30Ptになる。
        金の錬金チケットは交換も大変で大感謝チケットSPが10枚も必要である。
  • シリーズスキルの影響もあり、限定期間だけ着るような印象をしがちだが、
    ウーロン装備でネックだった防御力が伸びたことである程度の実戦にも堪えうる性能となり、
    耐性が良心的なのと併せて、発動スキルが必要なハンターには祭期間が終わっても
    十分使用防具の選択肢に入り得る装備だといえる。

余談 Edit

  • アストラの語源は恐らくラテン語で「星」を意味する「Astrum」の複数形「Astra」であろう。
    意味的には複数形なので「星々」、或いは星々が集まったものというニュアンスから「星座」という意味を含む。
    無数の星が散りばめられた装備に相応しい名前となっている。
    なお、若干発音に違いはあるが調査団の拠点であるアステラも語源は同じか、
    多言語に輸入された同じ単語を語源にしていると思われる。
  • 最近の祭装備の恒例として重ね着が実装されているが、それに使用されるのは大感謝チケットSPである。
    5枚使用で全部位纏めて作成できる。オリジナルより対価が貴重……
  • シリーズスキルが完全に特定の期間のみ働く装備は、メインシリーズでは二例目となる。

関連項目 Edit

シリーズ/モンスターハンターワールド:アイスボーン
防具/ウーロンシリーズ - アステラ祭第一弾装備、重ね着。


*1 イベントクエストを除く。また、ナナ・テスカトリは上位までで戦う機会は当然あるが、MR帯に限ればストーリークリア後導きの地で出会うまではイベントクエスト以外のクエストが出てこないためこれに含む。