防具/ウツシ表・裏/依巫・神凪シリーズ

Last-modified: 2022-02-17 (木) 14:11:23

MHRiseに登場する防具の一つ。
カムラチケットを使用して生産する、ウツシ・ヒノエ・ミノトそれぞれの装備を模した防具。
彼らのポジション的に、過去作のクロオビシリーズに相当すると言える。

目次

概要

  • 里クエスト★5緊急「悪逆無道」をクリアし、マガイマガドを倒すと里長フゲンから依頼される
    サイドクエスト「里のおたすけ請負人」のクリア報酬として製作可能になる防具。
    男性用は「ウツシ表」「ウツシ裏」、女性用が「依巫」「神凪」と4種類の名前があるが、
    前者はその名の通りウツシ教官を、後者は依巫がヒノエで神凪がミノトの装備を模している。
    性能としてはウツシ表=依巫・ウツシ裏=神凪で、男女ともに2種類ずつ用意されている形。
    • 里の住人からの依頼を8個クリアする事がクリア条件だが内訳は不問なので、
      キャンプ設営や納品等の簡単なものでも問題なくクリアできる。
      サイドクエストをきちんと埋めながら進める人であれば、
      依頼を受けた瞬間に既にクリア条件を満たしている場合もあるだろう。
    • 生産には下位・上位共にカムラチケットが各部位2つ、計10枚が必要。
      ストーリーの最初の方で数枚貰えるが、あとは里のクエストか
      里か集会所の百竜夜行をクリアしないともらえない為、集会所に通っていると不足しがち。

ウツシ表・依巫

  • 男性用は普段集会所にいるウツシ教官の姿で、口元を隠した頭部が印象的。
    女性用はヒノエの姿。神凪と比較すると片方しかない髪飾りと、袖・腰当ての一部が無いのが特徴。
     
    部位下位上位
    スキルスロットスキルスロット
    早食い+1-早食い+1Lv1×1
    満足感+1満足感+1
    幸運+1
    広域化+1広域化+1Lv1×2
    幸運+1
    広域化+1広域化+1Lv3×1
    早食い+1早食い+1Lv2×1
    満足感+1
    広域化+1広域化+1Lv1×1
    満足感+1
    幸運+1
    一式早食いLv2早食いLv2Lv3×1
    Lv2×1
    Lv1×4
    満足感Lv1満足感Lv3
    広域化Lv3広域化Lv3
    幸運Lv3
  • 食事関連のスキルに後方支援という内容から、おそらくヒノエをイメージしたスキル構成だろう。
    ウツシ教官の方もよくうさ団子を食べていたりするためイメージは損なっていない。
    早食いと広域化の存在からサポート役の適性のある構成ではあるものの、
    下位ではスロットがなく、護石以外では攻撃面を一切フォローできないのが悩みどころ。
  • 上位になると幸運Lv3が発動し、満足感もLv3に上がるので、
    まだ下位クエストを攻略中の後輩ハンターをマルチプレイで広域化を活かして手伝いつつ、
    ついでに自身の報酬を増やしたりするのにちょうどいい装備と言えるかもしれない。
    そう考えると、ウツシ教官の立ち位置を再現しているようにも思えるか。

ウツシ裏・神凪

  • 男性用はウツシ教官の「裏の顔」、女性用はミノトの姿になる防具。
    ヒノエとミノトの二人は非常に似た装備をしているが、
    頭の両側に付いた髪飾りや袖で隠れている前腕、腰当が前面にもついているなど
    依巫と比べると若干布面積が多い。
    • 一方ウツシ裏の方は、頭部がジンオウガを象った面になっている。
      里の中にいるときは面は腰の後ろに括ってあるのだが、
      集会場の外にいる時に屋根に立っているウツシ教官はこの仮面を付けていることから、
      裏の顔、つまり哨戒任務中等はこの仮面をかぶっているという事なのだろう。
      ときどき外で面を上げて団子を食べている姿も見るのであまり裏な感じはしないが…
      ちなみに集会所に入った時に奥にいる教官をよく見ると、このジンオウガ面を外す仕草をしている。
     
    部位下位上位
    スキルスロットスキルスロット
    業物+1-業物+2Lv1×1
    弾丸節約+1弾丸節約+2
    翔蟲使い+1
    業物+1-業物+1Lv1×1
    弾丸節約+1弾丸節約+1
    回避性能+1
    挑戦者+1
    回避性能+1回避性能+1Lv2×1
    翔蟲使い+1翔蟲使い+1
    挑戦者+1挑戦者+2Lv1×1
    翔蟲使い+1
    回避性能+1回避性能+1Lv1×2
    挑戦者+1挑戦者+1
    一式業物Lv2業物Lv3Lv2×1
    Lv1×5
    弾丸節約Lv2弾丸節約Lv3
    回避性能Lv2回避性能Lv3
    翔蟲使いLv1翔蟲使いLv3
    挑戦者Lv2挑戦者Lv4
  • 極めて実用的なラインナップであり、下位装備としては珍しく業物のスキルポイントがLv2まで付いている。
    下位で業物が付いている装備としては他にもオロミドシリーズなどがあり、
    こちらの頭・胴とオロミドの胴・足の3パーツを組み込めば下位のうちに業物Lv3を達成可能である。
  • 上位版ではスキルの追加はないものの、各スキルが順当にレベルアップする形となる。
    相変わらず業物は頭と胴に付いており、更にLv1ではあるがオマケで回避性能、挑戦者、翔蟲使いが付いてくるため
    業物+αの装備構築をする上では役に立つ。
    • ウツシ表・依巫装備も含めて属性耐性のバランスもよく、全パーツ火が+3で他は0。
      これといった弱点属性が無いのは嬉しい所。
  • 依巫と異なり、こちらはウツシ教官をイメージしたスキル構成だろう。
    ウツシ教官愛用の双剣「疾風」「迅雷」は
    軽量化が図られているため鋭い切れ味の代償に強度が低くすぐ切れ味が落ちるとのことだが、
    そんなピーキーな二振りをどのように使いこなしているかの回答がこの装備と思われる。
    翔蟲使いも、百竜夜行の彼の活躍を見れば納得のチョイスだろう。
    また、ミノトは普段から自身が苦手なことや難しいと感じるものに敢えて挑戦するよう心掛けているため、
    挑戦者が付く点はミノトをイメージしているとも考えられる。

余談

  • 上記の通り、ウツシ裏&神凪装備はなりきり枠としては異例と言っていいほどの高性能ぶり。
    しかし制作に必要なカムラチケットがなかなか手に入らず、足止めを食らいやすいのがネック。
  • ver2.0では重ね着も実装。もちろんカムラチケットが必要。
    同アプデでは村最終に相当するクエストも追加されたため里クエを埋める利点も増えたが、
    それでもチケットが足りないとフゲンに詰め寄るハンターが後を絶たないとか。
    • 依巫・神凪シリーズはヒノエとミノトの衣裳なので(若干ではあるが)差異のあるデザインなのだが、
      ウツシ表・裏は面の着脱しか差異がないので頭から下は同じデザインである。
      重ね着装備で二つ作ると無駄な量のカムラノチケットを使うので、コンプリートを目指すのでなければ注意。
      これだったらウツシの裏表ではなく別の人の衣裳とのセットでよかったのでは
    • ウツシ表はジンオウガの面を付けていないが、闘技場の受付をしている時のウツシ教官は
      ジンオウガの面を腰に回しているため、
      よく見る姿の完全な再現は不可能というコスプレ装備としては致命的な特徴がある。
      またヒノエとミノトはプレイヤーと違って竜人族であるため、
      手の指の数や足の関節配置を再現できず、こちらも完全な再現は不可能。
  • 依巫は「よりまし」、神凪は「かんなぎ」と読む。
    どちらも神をその身に宿した人である、いわゆる依り代を意味する言葉。
    作中でもヒノエとミノトの2人は「神」を別名に冠する古龍と共鳴し、
    彼らの思念を代弁すると言うイベントが発生したため、相応しい防具名と言えるだろう。
    尤も、下位で最速の段階で作れる時期にはまだこのイベントは発生していないため、若干のネタバレな気もするが。
  • ウツシ装備にはジンオウガの力が得られるような説明が書かれているが、
    当のジンオウガの素材は一切使わない
    また、雷耐性ではなく火耐性がプラスになっているが、これはヒノエとミノトがよく言う、
    「焔(ほむら)の加護」に由来するものだろう。
  • MHST2では予約・早期購入・初回盤特典としてエナの衣装にヒノエと同じ衣装「カムラの受付嬢」が付いてくる。
    ミニスカートのワンピースばかりのエナの服装において、唯一スカートタイプではない衣装となっている。
    また、エナも竜人族なので人間用の依巫シリーズと違って衣装は完全再現になっている。

関連項目

世界観/カムラの里