防具/ゼノラージシリーズ

Last-modified: 2020-02-11 (火) 16:32:41

MHWorldから登場した古龍ゼノ・ジーヴァの素材を用いて作られる防具。
見た目はオーソドックスにゼノ・ジーヴァをそのまま鎧にした、といった感じ。

目次

概要 Edit

  • 男性防具はフルフェイスの兜だが、女性防具はゼノ・ジーヴァの羽で作ったヴェールになっている。
    オトモ装備と合わせると女性装備は花嫁衣裳がモチーフと思われる。
    頭以外は普通に甲冑なので花嫁にしてはいささかゴツい。
    男用は胴装備の背中から大きな青白い羽が生えており、女用は頭装備の青白いベールが腰まで垂れているので
    コレを活かした着こなしをしないと混合装備では浮いてしまうかもしれない。
  • 部位ごとの名称が他防具と違い、頭から順にヘッド、ハイド、クロウ、スパイン、フットとなっている。
    どこかで聞いた名称だが…?

性能 Edit

MHWorld Edit

ゼノラージα・βシリーズ Edit

部位αβ
スキルスロットスキルスロット
ひるみ軽減+1Lv1×1ひるみ軽減+1Lv2×1
特殊射撃強化+1
強化持続+2Lv1×1強化持続+2Lv1×2
属性やられ耐性+1
ひるみ軽減+1Lv1×1ひるみ軽減+1Lv3×1
超会心+1
属性やられ耐性+2Lv2×1属性やられ耐性+2Lv2×1
Lv1×1
特殊射撃強化+1
ひるみ軽減+1Lv1×1ひるみ軽減+1Lv1×2
強化持続+1
一式ひるみ軽減Lv3Lv1×4
Lv2×1
ひるみ軽減Lv3Lv1×5
Lv2×2
Lv3×1
強化持続Lv3強化持続Lv2
属性やられ耐性Lv3属性やられ耐性Lv2
特殊射撃強化Lv2
超会心Lv1
シリーズ
スキル
3部位以上・業物/弾丸節約
  • 3ヶ所装備すると発動するシリーズスキルの「冥灯龍の神秘」は、近接は業物、ガンナーは弾丸節約の効果を発動する。
    本作において当該スキルの装飾品と護石は確認されておらず、実質ゼノラージ専用スキルとなっていた。
    発動スキルの攻守のバランスが良く、冥灯龍の神秘も相まって一部で話題になっている。
    特に、超会心を持つ腕部位は発動できる装備が数えるほどしかないため人気となっているようだ。
    • 双剣や操虫棍など、強化状態が存在し手数が多い武器種は、
      胴+脚+任意の1箇所*1を装備すれば強化持続+3と業物を両立できる。
      直接火力に直結するわけではないが、各種強化状態と斬れ味のケアの頻度が下がる分狩りが快適になり、
      モンスターへの攻撃にも集中しやすくなるので相性がいい。
    • また、ひるみ軽減や属性やられ耐性は、SA持ちの攻撃が少なく、
      抜刀中に転がり回避が出来ず、属性やられを消しにくいランスとの相性も悪くない。
      頭、腰、脚をβに変えて胴以外の4箇所を装備すれば胴体がフリーになった状態で、
      ひるみ軽減Lv3、属性やられ耐性Lv2、超会心Lv1、シリーズスキルの業物と多くのスロットを獲得できる*2
      ただ、ランスが優先すべきガード性能は全く発動してないので、
      空いたスロットと護石はこれらに費やされあまり残らないかもしれないが…
    • ガンナーの場合、とにかく弾丸節約が優秀。
      弓には微妙だが、ボウガンでは発動時に弾丸が装填されたまま消費されないという仕様から、
      装填数が少なかったり、持ち込み数が少ない弾丸をメインにする場合では是非とも発動させたい。
      しかし、もともとついてるスキルで相性がいいスキルが特殊射撃強化くらいしかなく、
      特殊射撃をあまり使わない場合はわざわざ着ていくのが難しいのがネック。
    • カスタム強化を含めて全防具中最高の防御力を誇る。
      ただし、カスタム強化後はポイント要求がとんでもなく多く、1部位ごとに200Pを6回分要求される。
  • 後のアップデートにより剣士では達人芸の台頭、
    ボウガンでは手に入れば生産武器を突き放す装填数の鑑定ボウガンの存在、
    業物/弾丸節約がデフォルトで付いているナナゼノ武器の登場により
    選択肢が増えたため、相対的にこの防具の需要は減った*3

ゼノラージγシリーズ Edit

  • 歴戦王個体のイベントクエスト「それは古龍の王たらん」の報酬の冥灯龍チケットでγシリーズを作成可能。
    デザインはαをベースに、ゼノ・ジーヴァの臨界状態のように所々赤みがかっている。
    ちなみにゼノラージα・βはゼノ・ジーヴァ素材のほかに各フィールドの主のレア素材が要求されたが
    γはゼノ・ジーヴァ素材とチケット以外は要求されない。
    代わりに幽玉が二個要求されるが。
    部位γ
    スキルスロット
    属性やられ耐性+2Lv2×1
    Lv1×2
    強化持続+1
    ひるみ軽減+2Lv1×2
    強化持続+1Lv2×2
    Lv1×1
    特殊射撃強化+1
    超会心+1Lv3×1
    Lv1×1
    超会心+1Lv2×1
    Lv1×2
    一式属性やられ耐性Lv2Lv1×8
    Lv2×4
    Lv3×1
    ひるみ軽減Lv2
    強化持続Lv2
    超会心Lv2
    特殊射撃強化Lv1
    シリーズ
    スキル
    3部位以上・業物/弾丸節約
  • 他のγ装備同様、αスキルとβのスロットを兼ね備えたような性能になっている。
    特にスロット数はβを凌ぎ、装飾品でのスキル追加が狙いやすいため、
    防具自体のスキルに魅力を感じなかったハンターでもシリーズスキル目的で選択しやすくなった。
    • 部位別に見ると頭と腕と脚のスロットが優秀。特に腕のLv2×2、Lv1×1というのはこの腕防具が初である。
      これらはシリーズスキル抜きでもスロット目的でお呼びがかかることもあるだろう。
      強化状態が存在して特殊射撃を行える武器種は存在しないので
      発動スキルが単独でミスマッチなのが何とも言えないところだが…。
      脚に関しても現状本作では唯一となるスロットが3つ空く脚防具であり付属しているスキルも超会心1な為、
      会心特化の装備を組むのに一役買ってくれるはずだ。
  • 胴はスロットこそ平凡だが装飾品で付けるとなると非常に重いひるみ軽減が+2となっている。
    ひるみ軽減3を付けて、リアクションが尻餅の味方の攻撃に対抗するのもやや現実味が増したか。
  • 装備の選択肢が少なかった強化持続が頭と腕に付加されており、特に頭には今まで存在しなかったので
    他のスキルとの兼ね合いが容易になった。
    αと比べると強化持続+2までしか発動しないため、一式で運用するよりは他の防具とあわせたほうが良いだろう。
  • α・β時点でトップタイだった防御力はγでも据え置きの最大92となっている。
    耐性に関しては臨界状態を意識した見た目だが火と龍マイナス他プラスでα・βから変更はない。

ゼノネコシリーズ Edit

  • ゼノ・ジーヴァのオトモ装備。
    デザインとしてはゼノ・ジーヴァの幽幕らしき素材をふんだんに使った、青白い花嫁衣装のようなものとなっている。
    そのヒラヒラをハンターの武器にも少し分けてやれよ…
    ほぼ全身に発光ギミックがあり、夜のフィールドや洞窟内などの薄暗い場所でぼんやり輝く様は幻想的。
    頭をキリンに置き換えたものは非常に可愛らしく、一時期はこの組み合わせにしてギルカ登録をしているハンターが非常に多かった。
    防御力はラスボス素材を用いるだけあってかなり高いが、火耐性と龍耐性がマイナスなためナンニデモ運用するのには向かない。
    • なお、MHW:Iにアップデートされて以降、
      ゼノラージとゼノネコのマスターランク版防具は存在せず一切の音沙汰もなかったが、
      ゼノ・ジーヴァの成体であるムフェト・ジーヴァが実装されたVer12.01によって、
      ムフェト・ジーヴァの素材を用いてゼノネコシリーズのみマスターランク版が作れるようになった
      ムフェト・ジーヴァの素材を用いた装備は専用のものが存在するためか、
      ハンター用のゼノラージ装備は未だに実装の気配を見せていない。
  • 武器は「ゼノネコブーケα」。
    造花で飾りつけたウエディングナイフのようなデザインで、防具と合わせて装備させれば気分はまるでハネムーン。
    性能はラスボス武器らしく高水準に纏まっており、中でも遠隔攻撃力は40と作中最高クラス。
    反面、龍封力は「小」となっているため、そちらが目的ならばオーグネコハンマーαなどのより効果の高いものを持たせた方がいいだろう。

関連項目 Edit

モンスター/ゼノ・ジーヴァ
武器/ゼノ・ジーヴァ武器


*1 特殊射撃強化が死にスキルになるので実質腕
*2 胴の強化持続だけはランスでは活かせないので完全一式装備は無駄になる
*3 拡散祭りや、強化持続+業物の恩恵が大きい操虫棍などではまだまだ使われる