アイテム/いにしえの秘薬 の変更点


シリーズ通して登場する消耗品。
最上級の回復系アイテムという扱いを受けている。

*概要 [#w2b2e6ba]
-いわゆる[[秘薬>アイテム/秘薬]]の強化版。
秘薬の場合、体力が満タンになると同時に最大値(150)まで上がるというものだったが、
いにしえの秘薬は体力に加えなんとスタミナまで最大値になるという素晴らしいアイテムである。
そのため秘薬以上に力尽きた時やネコ飯で悪運が発動した時は重宝される
…のだが、残念ながらクエストには1個しか持って行けないため、
これまた秘薬以上に調合素材ごと持っていくハンターは多い。      
--しかし調合確率がとても低いため、
調合素材ごと持っていく場合は調合書1~5を一緒に持っていくことをお勧めする。
なぜならそのまま調合すると、''45%の確率で失敗''するからである。

-調合成功率さえ確保できれば、素材持ち込みで使用できる回数が秘薬より多いのもポイント。
秘薬の素材になる[[栄養剤グレート>アイテム/栄養剤]]は上限が5個。
対して、いにしえの秘薬の素材になる[[活力剤>アイテム/活力剤]]は上限が''10個''。栄養剤グレートの2倍である。
--調合抜きだとしても3個目の秘薬として持ち込むのは悪くない。
MHXではゲームを進めてもネコ飯で必ずHP150になるとは限らず、
また、1回だけ力尽きたことをなかったことにする[[報酬金保険>スキル/ネコの報酬金保険]]も存在する。
そのため、3個目の秘薬としての価値は上昇。
そうでなくとも、純粋な回復アイテムとして優秀なのでポーチにあきがあったらぜひとも持ち込みたいところ。
そうでなくとも、純粋な回復アイテムとして優秀なのでポーチに空きがあったらぜひとも持ち込みたいところ。

-疲労状態でも使用可能。疲労状態を回復しつつ最低値まで下がったスタミナも最大になるので非常に有用。

-MHWorldではこれも含めた全てのアイテムが確実に調合されるようになった上、
従来の「活力剤+ケルビの角」の他に「滋養エキス+ケルビの角」という新たな組み合わせが登場。
ケルビの角が99個持てるのは変わらず、更に滋養エキスも最大20個持ち込めるため、
活力剤も合わせると一発調合分だけでなんといにしえの秘薬''30個分''もの素材を持って行ける。
ベースキャンプでの補給なしでも最大31個も使えるとなると、大盤振る舞いと言う他は無い。
活力剤の調合素材も持って行くともう10個分程増え、実質40個も持てるという駄目押しとなる。
さすがにそこまで必要な相手もそういないだろうが、人によっては[[例>モンスター/ベヒーモス]][[外>モンスター/エンシェント・レーシェン]]も有るかも知れない。

-MHFでは支給品版の「支給用古の秘薬」も存在する。
アシストコースを利用する人は[[レジェンドプーギー>登場人物/プーギー]]が落としていく同アイテムにお世話になることが多い。
かなり強力なアイテムだが、高い頻度で落していく。
「いにしえ」が漢字で「古」になっているのは、文字数の都合だろうか。

-MHSTにも登場するが、ゲームジャンルの違い故かこれまで以上に大幅な強化がなされた。
HPを全快させるのは秘薬と同じだが、それに加えてなんと&color(Red){''ライフポイントまで1つ回復''};し、
おまけに&color(Olive){''数ターンの間自然回復効果まで付加される''};という、神性能の回復アイテムとなったのである。
早い話が、「''秘薬 + [[気合のカタマリ>アイテム/気合のカタマリ]] + [[活力剤>アイテム/活力剤]]''」の効果を、いっぺんに得られるということ。
強力なモンスターとの戦闘の際には是非ともバトルポーチの中に持ち込みたい。
--ただし、戦闘中は1つしか使えないことには注意。
また、その強力さゆえに調合することができるのは上位モンスターと戦えるようになってから。
調合素材も例によって貴重品ばかりであるため、使う時はよく考えてから使うように。
--やはり強すぎるためか、通信対戦ではどのバトルポーチを選んでも使用することはできない。

*余談 [#qcf141fd]
-MHPでは、MH2と連動させた直後に行商人から調合素材を買って、
調合して完成したいにしえの秘薬を売り差額を儲ける、という[[金策法>ゲーム用語/金策]]が使えた。
ただし、調合書の準備が必要だったり1つずつしかできなかったりと言った欠点もある。
--MHP限定の金策法であり、後発作品ではいにしえの秘薬を利用して稼ぐことはできない。
しかし、この手の調合を利用した手法はのちの作品でも[[手を変え>アイテム/シビレ罠]][[品を変え>アイテム/解毒笛]]、続々登場している。

-名前に「いにしえ」が付いていようが無印だろうが同じ秘薬なのに、現在と大昔では性能や材料そのものが違う。
いにしえの技術を取り入れたのはいいが、完全な再現には至らなかったのだろうか。
もしくは再現はできるが素材や効能を簡略化し量産しやすくしたのが今の「秘薬」かも知れない。
--調合プロセスにおける大きな違いは現代版は全て農場・交易で手に入るアイテムのみで調合可能に対し
いにしえはそうそう手に入らないケルビの角が必要となる。
更にケルビの角は今でこそ剥ぎ取り技術の向上や「殺すと劣化する」という性質が判明しているが、
後者については現代版秘薬開発当時までは知られていなかった可能性もある。((あるいは一時的に忘却されて、後にケルビの角の性質=正しい製法が知れ渡ったか。))
あるいは、一度にポーチに収められる数が違う点もいにしえと現代版との違いかもしれない。

*関連項目 [#w6983beb]
[[アイテム/秘薬]] - 効果だけなら下位互換だが、こちらは調合が楽でそれ自体の持ち込み数も多い。
[[システム/疲労]] - 回復させることが可能。