イベント・メディア展開/ハンター大全 の変更点


 *概要 [#oa20b572]
 -モンスターハンターシリーズの様々なイラストや資料が載っている本の事。
 モンスターハンターの世界観やモンスターの生態、装備の詳細などが網羅されている。
 ハンター大全にしか記述されていない内容、イラスト、設定なども多く、
 イラストを描く時や考察を加えるときに結構重宝する。
 当然公式の発行物なので第一級の資料と言え、また最も世界観に準じた書物でもある。
 //噛み合わない~という点は「後述の矛盾している記載もある」で触れられている。
 //あれだとモンスター関連の情報は矛盾もある。他はないって取れるんだが。
 //例えば他にどういった矛盾があるんでしょうか?
 
 -著者は「[[王立古生物書士隊>世界観/王立古生物書士隊]]」。
 特典映像などを除けば作中世界の視点で情報がまとめられているのが特徴である。
 中には矛盾している記載もあるが、モンスターの研究は未だ途上であるため、
 新しい情報によって常に学説が更新されているのだろう。
 現実世界においても、新発見などによって定説が覆ったり、
 論文が用をなさなくなったりすることは日常茶飯事である。
 
 -没モンスターや設定途中のモンスターの設定資料が「''未知のモンスター''」や、
 「''架空のモンスター''」、「''太古のモンスター''」として登場することがある。
 また、没になった武器や防具案が「''工房の設定資料''」として登場することもある。
 これらの没要素は後の作品で「再発見」されることもあり、
 [[リオレウスのハンマー>武器/火竜砕フラカン]]なども実はお目見えしたのはハンター大全であったりする。
 
 -このようにちらちらネタバレが出てきたりするが、
 中には''現在登場しているモンスターの設定中の姿''であったり
 ''本気で没になったモンスターも多数登場''しているので油断は禁物。
 ただ、そんなモンスター達と戦ってみたいと思うあなたはハンターとして間違っていない。
 --実例を挙げると、ババコンガの設定中と思われる「''尻尾が花になった&color(Fuchsia){ピンクのカバ};''」
 「''&color(Blue){ギザミ};と&color(Red){ザザミ};のハイブリッド''」などが登場している。
 *既刊情報 [#b820d4b0]
 -現在、6冊が発売されている。
 --Gと3、そして復刻版は電子書籍版もリリースされている。
 復刻版でもGと3の内容は賄えるうえに、電子版では別個に買うよりも価格は安くなっている。
 ただし元々が大きい書籍であるために、端末次第では読みにくいという声もある。
 さらに(ハンター大全Gの)付録DVDの内容は含まれていない。
 
 :ハンター大全|ハンター大全の1冊目。内容は無印。
 まだモンハンの世界観や細かな設定が無かった時の資料も載っている為、薄本ながらも内容はかなり濃い。
 上記のような未知の、架空のモンスターや、採用されなかった武具も記載されており、
 モンハンの世界を知りたい人としては一見の価値有り。
 次回作で登場するチャチャブー(当時は「ゴブリン」と呼ばれていた)の初出も本書である。
 また、[[狩猟笛>武器/狩猟笛]]や[[操虫棍>武器/操虫棍]]といった武器の元となったと思われるイラストも掲載されている。 
  
 :ハンター大全2|ハンター大全の2冊目。内容は無印、MHG(PS2)、MH2、MHP。
 主にMH2の内容を記載。新登場のモンスターや武具は勿論、
 ドンドルマや古龍観測隊の成り立ち、村やそこに住む人物の詳細も書かれている。
 試作・没モンスターや未製作の武具の記載は一冊目と比べかなり少ないが、
 付録のDVDにはMH2の製作段階の映像や製作者のコメントも収録されている。
 --このDVDで、ハンターに関する意外とも当然とも言える事実が語られている。詳細は[[こちら>世界観/ハンター#s413aaf1]]を参照。
 
 :ハンター大全G|ハンター大全の3冊目にして総集編。内容は過去の2冊+MHP2、MHP2G。
 世界やモンスターに関する資料は前冊のハンター大全、ハンター大全2からの記事も再録。
 新たに収録されたのはポッケ村や、ティガレックス等の新モンスターと、新武具に関するもの。
 全体的にはページ数の5割程度が再録記事である。特別にラギアクルスの詳細も記載されている。
 また、黒い甲殻に紅い眼と[[UNKNOWN>モンスター/UNKNOWN]]に似た(?)黒色のリオレイアの挿絵や、
 [[ケチャワチャ>モンスター/ケチャワチャ]]を連想させる奇妙なモンスターのスケッチ、
 [[オディバトラス>モンスター/オディバトラス]]の近縁種の可能性がある「砂岳竜」に関する記事が載せられている。
 付録として、[[ハンター日誌>イベント・メディア展開/ハンター日誌]](全話)のDVDが付いている。
 大全(無印)付録DVDの内容も含むが、大全2の特典映像は含まれない。
 
 :ハンター大全3|ハンター大全の4冊目。
 内容はMH3(tri)のもので、そこに住む海の民やロックラック、新モンスターが主だが、
 原点帰還なだけあって試作モンスターの資料が多い。反面、未製作の武具は少なめ。
 また、[[クアルセプス>モンスター/クアルセプス]]に酷似したアグナコトルの没絵も載っている。
 ちなみに今回はDVDは付属していない。
 
 :復刻 ハンター大全|しばらく音沙汰のなかったハンター大全だが、ファミ通の公式サイトにて''久々に復刊する''ことが判明した。
 ハンター大全Gとハンター大全3を1冊にまとめたタイトル通り既刊の復刻版で、
 復刻に際して藤岡Dをはじめとする10名のクリエイターが10周年記念に開発秘話を語る座談会や、
 ハンター大全3発売後に変更された最新版の[[生態樹形図>世界観/生態樹形図]]が追加掲載されていると報じられた。
 なお、残念ながら既刊に付録されていたDVDに関しては復刻されない模様。
 また、何故かハンター大全Gにあったアイテムの設定資料が記載されていない。
 --なお狙ったのか[[ノベル版「暁の誓い」>イベント・メディア展開/ノベル版]]は、この1日前発売である
 (ノベル版はファミ通文庫なので十分にありえる)。
 
 :ハンター大全4|ハンター大全の5冊目。MH3G、MH4(G)の内容を収録。
 ただ、3Gの世界観の基盤である3についてはハンター大全3で深く掘り下げられている為か、
 3Gに関する内容については追加されたモンスターと新フィールドの厄海の紹介、一部の新武具程度である。
 4、4Gからはモンスター、新武具、各拠点の紹介など。
 また、ブラキディオスや4からの新規モンスターの没絵が未確認生物群のスケッチとして掲載されている。
 武具については、ゲーム内では分かりにくかったチャージアックスの変形機構の解説図や、
 その独特過ぎるネーミングセンスで話題を呼んだ[[マガラ系武器>武器/マガラ武器]]の名前の意味についても解説されている。
 なおMHP3初登場のモンスターや亜種については記載されていない。
 
 :新大陸生態白書『DIVE TO MONSTER HUNTER: WORLD』|名目上は公式設定資料集である為、実質ハンター大全の6冊目。MH:Wの内容を収録
 :新大陸生態白書『DIVE TO MONSTER HUNTER: WORLD』|名目上は公式設定資料集である為、実質ハンター大全の6冊目。MHWの内容を収録している。
 因みにMHP3やMHX,MHXXの内容は収録されていない。
 *関連項目 [#x68d83c2]
 [[イベント・メディア展開/モンスターハンター イラストレーションズ]]
 [[イベント・メディア展開/モンスター生態図鑑]]