クエスト/二色の双角・闘技場 の変更点


 *二色の双角・闘技場【にしょくのそうかく・とうぎじょう】 [#xfc74d1d]
 MHG・MHP・MHP2Gでイベントクエストとしてでた
 ディアブロスの&color(Olive){''通常種''};と&color(Black){''亜種''};を大闘技場で狩る&color(Red){''地獄のようなクエスト''};。
 MHP2Gでは黒のファランクスよりやや強いステータスの2頭が大闘技場で暴れまわる。
 #br
 |~作品|~クエストレベル|~クエスト種別|~目的地|~報酬金|~[[契約金>システム/契約金]]|~条件|~配信日|h
 ||CENTER:|CENTER:|CENTER:|RIGHT:|RIGHT:|CENTER:|CENTER:|c
 |~MHG|街G級★8|討伐クエスト|大闘技場|9000z|1400z|受注HR21~&br;参加HR21~|?|
 |~MHP|集会所G級★8|~|~|~|~|受注HR3~&br;参加HR3~|2006年2月10日|
 |~MHP2G|集会所G★3|狩猟クエスト|~|33000z|2750z|受注HR7~&br;参加HR7~|2008年8月15日|
 &br;
 *概要 [#k5932a80]
 -元々ディアブロス自体閃光が効きにくく潜っていることが多いため
 ''[[竜王の系譜>クエスト/竜王の系譜]]より難易度は高い''と思われる。おまけにこのクエストはサイズ倍率が高い。
 しかし難易度は高いがこれといって報酬は良くなくあくまで実力試しのクエストである。
 
 -…が、もっと恐ろしいのはMHGとMHPである。
 一見地中奇襲のフェイントと突き上げをしないから弱いと思うかもしれないが、
 この時代はHPと攻撃力は比例していて、以降のシリーズのように
 二頭のクエストではHPだけ下げる、というような補正はない。
 そしてこのクエストのディアブロスたちは攻撃力が単体クエストに出現するそれと同等である。
 つまり''&color(Red){二頭同時でありながら一頭の体力が単体と同等};''の仕様。
 ただでさえ一頭でも簡単には狩れないというのに…。
 しかし悪夢はこれで''終わらない''。
 当時はMHP2Gに比べて持ち込みアイテム数が4枠少なく(ただしWii版MHGはMHP2Gと同じ)、
 大闘技場がやや狭い。
 そして''捕獲ができない''のでこちらのが圧倒的に難易度が高い。
 
 -MH3では似たようなクエストである「狩猟戦線からの招待」がある。
 旧作と比べてアイテム持込数が増え、落とし穴にも引っかかるようになり、
 撃龍槍も使用でき、ダメージ効率も上がった為、
 難易度が二色の双角・闘技場より低いと思ったら・・・
 難易度が二色の双角・闘技場より低いと思ったら…
 肝心のディアブロスが強化されてかなり暴れまわるため難易度がそれ並、
 またはそれ以上の地獄を見るクエストとなっている。
 しかも面倒なことに2頭とも&color(Red){捕獲};しなければいけない。
 故に3死に加えて討伐、間接的に捕獲道具無しもクエスト失敗となるので本当に地獄である。
 撃龍槍を使ったら運悪く絶命してしまった…なんてことも。
 幸いなことは、3では罠の下を潜行されても破壊されないことか。
 --P3でもDLクエストで「狩猟戦線からの招待」を受注出来る。
 こちらは討伐でも良く、P3の難易度も相俟って他のディアブロス2頭クエよりはかなり楽。
 但し2頭のディアブロスが暴れまわる事に変わりはないので、お手軽という訳にはいかない。
 
 -また、通常種と亜種の両方を同時に狩猟するというクエストは、
 他にMHP3上位およびMH3GのG級クエスト「暴君の時代」や、MH4GのG級クエスト「激突する対双角」、
 MHFの猟団クエスト「ロングホーン?」などがある。
 
 -ちなみに、よく似た名前のクエストに、「[[二色の双にゃふ・小闘技場>クエスト/二色の双にゃふ・小闘技場]]」というものがあるが…
 *関連項目 [#yfa1d9c5]
 [[モンスター/ディアブロス]]
 [[モンスター/ディアブロス亜種]]
 [[クエスト/黒のファランクス]]
 [[クエスト/4本の角]]