クエスト/四色影陣 の変更点


MH3Gに登場するクエスト。
ナルガクルガと、MH3時代にその[[継承者>モンハン用語/継承者]]と目されたベリオロスが初めて同じ場に登場するクエストである。
#br
|~作品|~クエストレベル|~クエスト種別|~目的地|~報酬金|~[[契約金>システム/契約金]]|~獲得PT|~条件|h
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER: |CENTER: |CENTER:|CENTER:|c
|MH3G|港★8(G★3)|[[大連続狩猟クエスト>システム/大連続狩猟クエスト]]|[[闘技場>フィールド/闘技場]]|44720z|3920z|6180HRP|受注HR80~&br;参加HR6~|
#br
*概要 [#ze057632]
-プレイヤーの[[ハンターランク>システム/ハンターランク]]が80以上になって初めて解禁されるクエスト。
解禁条件からして厳しく、さらにこのクエストの難易度もとっても高い。
解禁条件からして厳しく、さらにこのクエストの難易度もかなり高い。

-内容は''&color(Navy){ナルガクルガ};&&color(Silver){ベリオロス};''→''&color(Green){ナルガクルガ亜種};&&color(Orange){ベリオロス亜種};''の2頭×2の形式。
クエスト名はその体色と性質から来たものであろう。

-スピードに優れるナルガクルガ種、スピードや搦め手や奇襲やパワーで勝るベリオロス種と、
-スピードが持ち味のナルガクルガ、パワーや搦め手で攻めるベリオロスと、
2頭同時に相手にする場合は面倒この上ない組み合わせとなっている。
[[けむり玉>アイテム/けむり玉]]などで分断していかなければ、
''時間差のダブル飛び掛かり''に''雪だるま状態での行動制限''及び''解除時のガッツポーズ狙い撃ち''、
[[''ビターン''>アクション/ビターン]]からの''竜巻による起き攻めで乙る''など、とにかく事故ることになる。
--なお、ナルガクルガのいる同時狩猟の全てに言える話だが、
相方の怒り咆哮に反応してナルガも怒り状態になり、
2頭の波状攻撃が飛んでくることもあり得るので注意。

-具体的に言うならば、
--''目の前で攻撃の構えを取るナルガと&br;その後ろで急降下体当たりをかますべく飛行するベリオの黄金コンビ''
-
--ベリオ原種のブレスで雪だるまになり、攻撃はかわし切れたけど
''解除時のガッツポーズを狙い打ちされる''
-
--''ナルガの[[尻尾ビターン>アクション/ビターン]]で弾き飛ばされ瀕死になったあと、&br;起き上がりにベリオの竜巻を重ねられてどうしようもなくなり乙''
-
そういった事態が''割と普通に起こる''。
とにかく同時に相手しないことが肝要であるため、[[けむり玉>アイテム/けむり玉]]をありったけ持って行きたい。
-武器を選ぶ時は、[[''&color(Green){爆破属性};''>システム/爆破属性]]・[[''&color(Fuchsia){毒属性};''>システム/毒]]は勿論、
ナルガ2種の弱点でありベリオ2種にも通る''&color(orange){雷属性};''がおすすめ。
ただし、雷属性の場合は通る部位をきっちり狙う必要がある。
また、両者とも回避しやすい行動が多く咆哮の判定時間が短めなので、[[回避性能>スキル/回避性能]]があると格段に楽になる。

-共に回避しやすい行動が多いので[[回避性能>スキル/回避性能]]があると格段に楽になる。
両者とも咆哮の判定時間が短めなので、フレーム回避に慣れたハンターであれば
耳栓を外して火力に回すのも悪くないだろう。
なお、ナルガクルガは原種亜種ともに非怒り時には音爆弾で怯み、その後確定でキレるという性質がある。
そのため、ベリオロスがプッツンして咆哮→ナルガがそれに反応して2匹同時にプッツン、
スピードアップした2体が闘技場を激しく飛び交う…という事態もこれまた割と普通に起こる。

-ナルガ原種・亜種共通の弱点属性の''&color(orange){雷属性};''がベリオ原種・亜種共にそこそこ効くので
おすすめ。ただ部位ごとの耐性値が随分違う(5%から25%まである)ためしっかり狙うべし。
複数クエストゆえの体力の低さから、[[''&color(Green){爆破属性};''>システム/爆破属性]]・[[''&color(Fuchsia){毒属性};''>システム/毒]]も大きな力を発揮する。

-また「[[迅竜の天鱗>アイテム/天鱗]]」「[[大竜玉>アイテム/竜玉]]」の出現率が各スロット3%と高い。
-報酬面では「[[迅竜の天鱗>アイテム/天鱗]]」「[[大竜玉>アイテム/竜玉]]」の出現率が各スロット3%と高い。
最低でも基本報酬枠数は上下段各2枠の合計4枠あり、''その全てで上記のアイテムが出現する可能性がある''。
仮に最低枠数だった場合でも、上記のアイテムが出現する可能性はそれぞれ''約11.5%''。かなり高いといえる。
//1-(0.97^4)=0.1147... ちなみに確定報酬枠が上段4・下段1あり最低枠数は6+3で9枠。
しかし、後者は他にも稼ぐ手段があるし、前者も[[三頭連続>クエスト/○○の隠密部隊]]に通った方が簡単に手に入ることが多く、
素材目当てでこのクエストでマラソンする人は殆どいない。
&color(Grey){と、言うか前者は''[[&color(Grey){例の};>クエスト/不可視の迅竜]][[&color(Grey){欠片};>クエスト/星天月地]]''を求めてたら集まってるだろう。};
&color(Grey){前者は''[[&color(Grey){例の};>クエスト/不可視の迅竜]][[&color(Grey){欠片};>クエスト/星天月地]]''を求めてたら集まってるだろう。};
*余談 [#mb8c4cf5]
-冒頭のとおり、初めてナルガクルガ種とベリオロス種の直接対面が実現したクエストである。
同時に2種類とも原種と亜種が両方出現するという要素も実現したクエストでもある。
同一クエストへの登場は亜種がMHP3の「亜種達の楽園」によって実現しているが、
同時登場としてはこのクエストが初となっている。

-報酬金・HRPともになぜかこのクエストより後に登場する[[巨重攻伐>クエスト/巨重攻伐]]より高くなっている。
[[このクエスト>クエスト/氷牙竜乱舞]]から考えても、ベリオロスのHRPが如何に高く設定されているかが伺える。
因みにナルガクルガは希少種含めてもベリオロス種の方が生態的地位は格上である。
出てくる面子も体力が比較的低く、分断すれば他の闘技場同時クエストと比べると戦い易いため、
4人PTではハンターランク上げに利用されることも多い。
*関連項目 [#s57b4ffe]
[[モンスター/ナルガクルガ]]
[[モンスター/ナルガクルガ亜種]]
[[モンスター/ベリオロス]]
[[モンスター/ベリオロス亜種]]