システム/マイトレ の変更点

MHFにて実装されている設備。
ここでは、付属施設であるアイルー広場・プーギー牧場についても述べる。

#shadowheader(1,目次);
#contents



*概要 [#n8c5b031]
-シーズン2.0から実装された設備。HR4(旧HR51)から使用可能となる。
--ちなみに実装当初は開放にはHR100を要した。
//HR17からは間違い。キャラバンと混同?

-開放直後は竜人族の女性が一人いるのみ。
彼女から受けたアンケートの内容によって、派遣されてくる管理人が決定する。
管理人は3人おり、全員が姉妹関係となっている。
なお、3人には名前を付ける事が出来る(といっても、複数の候補の中から選ぶ方式だが)。
--開放直後の1日は、このアンケートだけで終了となる。
管理人は、現実時間での午前0時を回らないとやってこない。
--なお、選ばなかったほうの姉妹も後にやってくるようになり、
話しかけることで交代することも可能なので、最初のアンケートは神経質になる必要はない。
ただし''名前だけは二度と変えられない''ので要注意。

**管理人 [#n2a14c7e]
-マイトレ管理人に話しかけることによって、マイトレの機能を利用したり、
管理人と親睦を深めたりすることが可能。
:説明を聞く|
マイトレの機能を管理人が、分かりやすく説明してくれる項目。
まずは、ココに目を通しておこう。
:話す|
マイトレ管理人と会話を行う。
管理人の問いかけに答える際に、管理人が喜ぶ選択肢を選べば、
管理人の好感度を上げることができる(好感度が上がる際には、調合成功のSEが流れるので参考にしよう)。
意外と重要であり、乙女シリーズを入手するには、
管理人の好感度が最高の状態でなければならないので、小まめに話かけておこう。
また、マイトレから出ようとした際に花を植える選択肢が出ることがあり、
最高まで植えるとそれらを会話の中で花のエキスにするか決めることが出来る。
花のエキスはアイルー調合屋の調合数を増やせる効果があるので、小まめに植えておこう。
:服をプレゼント|
マイトレポイント(後述)を使用して、管理人に服をプレゼントする事が出来る。
なお、プレゼントした服は任意では着せ替えられず、日付が変わった際に、着てくれることがある程度。
また季節感は考慮してくれない点も注意しよう。
--任意に着替えさせられないとは書いたが、
特定のモンスター素材をプレゼント(後述)すると確定で着替えてくれる。
ただし、服の種類は選べない。
--ちなみに服を着替えても見た目以外は変わらないので、
基本的にこの項目を選ぶのは一通り施設の拡張が終わった後になる。
:アイテムをプレゼント|
ポーチ内のアイテムを一つ、任意でプレゼントする。好感度が上昇。
一応何回でも渡せるが、3回以上渡すと逆に好感度が下がるので注意。
また、2回目のプレゼントの際には、お返しで特別なアイテム(後述)もしくは、
被弾時に特殊効果が発生する乙女シリーズを貰うことが出来る。
実は、プレゼントのお返しには法則がある。
乙女シリーズを貰うには3人とも共通でレア度5以上のアイテム(友好度が最高である必要がある)だが、
それ以外は各管理人が喜ぶモンスター素材をプレゼントする必要がある。
--長女
着替え:上位レイア・レウス素材 
特別アイテム:金銀レイア・レウス素材
--次女
着替え:上位ババコンガ・ドドブランゴ素材
特別アイテム:ラージャン素材
--三女
着替え:上位イャンクック素材
特別アイテム:イャンガルルガ素材
---なお、実装当時はランポスの上皮等、全く別の素材が設定されていた。
---乙女シリーズに関しては、当初は3人とも条件が異なった。
レア度5以上は共通だが、長女は飛竜種、次女は牙獣種、三女は鳥竜種の素材が必要だった。
現在はレア度5以上なら何でも良い。店売り品の[[剣晶>スキル/○○剣]]でも構わない。
---また、プレゼントの法則が不明だったときは、老山龍の紅玉をプレゼントした猛者も存在した。
法則的には全くの無駄だったのだが……。
---なお、後述のギルド特別依頼の一部のアイテムは、
ここで管理人からお返しを受けないと、受注できないものが存在する。
:プーギー|
プーギー牧場関連の指示を出せる。
詳しい内容は後述するが、施設の拡張はこのメニューから行える。
:ポイントを貰う|
1日1回(午前0時に更新)マイトレポイントを1Pか2P受け取れる。
1Pと2P貰える日は交互になっており、例えば今日1Pだった場合は次の日は2Pになる。
大半の設備拡張には30Pのマイトレポイントが必要となるので、
ログインしたら忘れずに貰っておこう。
--以前は仕様上連続2P取る事も可能だったが修正された。
--ハンターランクが100上がるごとに「話す」ことでマイトレポイントを10Pずつもらえる。
上がるたびに話しかけなくても、後からまとめて受け取ることが可能である。
--前日までのポイントを受け取らなかった場合、「話す」コマンドから一部を回収できる場合がある。
:ポイントの交換|
マイトレポイントの上限は99Pであり、これは今も変更されていない。
以前は、上限を超えたポイントは全て無駄になったいたが、
30Pをギルド貢献度ポイント3000に変換することが可能となった。
これにより[[ラスタ>オトモ/ラスタ]]を強化したり、[[特別な調合>システム/調合屋]]を行うことができる。
もう拡張する設備がないなら、上限に達する前に交換してしまおう。
また、G3から実装された[[パートナー>オトモ/パートナー]]は、育成に膨大な量のギルド貢献度ポイントを必要とする為、
場合によっては施設拡充よりポイント交換を優先させるのもありであろう。
いずれにせよ、貢献度ポイントからマイトレポイントへの交換は不可能なので、
交換するなら良く考えて行うこと。
:ギルド特別依頼|
マイトレ管理人を通して受注可能な追加依頼。
この依頼自体はクエストではなく、この依頼を受注した状態で
指定されたモンスターを他のクエストで討伐した場合に達成とされる。
達成報酬はマイトレ管理人で再度この項目を選択時に受け取れる。
なお、最初は「銀のゆでたまご」「温冷ドリンク」「漢方薬G」の3種類しか受注できないが、
上記のアイテムプレゼントのお返しに特別アイテムを受け取ると、受け取ったアイテムがリストに追加される。
--中々便利なアイテムが揃っているが、数を貯めるにはちょっと面倒である。
また、高速砥石や使い捨て耳栓はアイルー調合屋で、
温冷ドリンクは猟団部屋の毎日プレゼントで、
怯まずの実に至っては、峡谷で採取可能なので、
利用可能ならこちらを利用したほうがいいであろう。
:アイルー広場|
アイルー広場関連の内、売上金確認と施設拡張を行う。
アイルー広場自体の説明は後述する。
:その他|
--こちらから話しかけなくても、広場の設備に近づいた際などに会話イベントが発生したりする。
好感度の上昇もあるので、積極的に答えよう。
--時々、ベンチで転寝をしている時もある。管理人業務も大変なのだろう。
%%なお、何をしても起きないので[[色々な悪戯>システム/アクション]]をしても良い%%
--2日以上放置してから話しかけると、こちらの安否を気遣ってくれる。
%%毎日ログインしてね!という運営からのメッセージだろうか%%
--時々、マイトレに入ると同時に走り寄り、秘薬をプレゼントしてくれることがある。
ありがたく頂いておこう。
--また、時々クエストのベースキャンプにまでついて来ることがある
(台詞内容によると、ギルドに無理を言ってついて来たようだ)。
話かけると、支給品専用秘薬が貰えることがあるので、話掛けておこう。
--時々、管理人三姉妹が一堂に会する時がある。
その際に、交代したい管理人にのみ話しかけた状態で、マイトレの出口に行くと
その話しかけた管理人と交代するか決められる。
何度でも交代可能だが、好感度はその度にリセットされるので注意しよう。
*アイルー広場 [#od375262]
-シーズン2.5から、マイトレに実装された設備。
アイルー達が集う広場に施設を設置し、お客としてきているアイルーをスカウトして店員として雇うことが可能。
設備は実際にハンターも利用することが出来、ここでしか入手できないアイテムも多数ある。
--利用できるのは自分のマイトレのみ。
他のハンターは飲み屋のおもてなし機能のみを利用可能。
-広場を起動させるのが意外と面倒であり、
・まずはマイトレポイントで施設を建てる。
・次にマイトレポイントでアイルーの雇用枠を作る。
・最後に、お客として来ているアイルーをスカウトし、配置する(これにはマイトレポイントは必要ない)。
……という手順が必要となる。
また、施設は3段階まで強化可能。
-施設が起動すると、マイトレ管理人から1日1回売上金を受け取ることが可能。
この売上金は、お客として来たアイルーから施設の評判を聞き取り、
その要望に答えることで、上下する。
%%正直、ここでセコセコアイルーのご機嫌を取る位なら、クエストに出たほうが稼げる%%
-設備の拡張と売り上げ高の受け取りはマイトレ管理人から行うが、
雇用したアイルーの設置は、アイルー広場の管理施設から行う。
働かせる施設によりアイルーのバラメータが上昇または減少するので、定期的にローテーションを組んであげよう。
-お客として来るアイルーだが、[[オトモアイルー>オトモ/オトモアイルー]]並の毛並みのバリエーションがある。
また、服装も個性的なものが多い。
また、性格というステータスも存在し、服屋で買い与えた服のスキル発動に影響する。
この服のスキルは、冒険に出した際の持ち帰り素材に影響するので、
スカウトの際には良く吟味しよう。
-施設の数だけアイルー雇用枠が必要……と考えてしまいそうだがそうではなく、
配置転換を使えば最低1匹いれば全ての施設を利用できる。
ただし探検中は他の施設を使えなくなるので2匹は欲しいところである。

-冒険屋に配属したアイルーはロマン力が上がり、カッチリ力が下がる。
店舗系の施設に配属したアイルーは、逆にカッチリ力が上がりロマン力が下がる。
両者をバランス良く高めることでアイルーのレベルが上がり、冒険の行き先が増える。

-以下に施設を紹介する。
:調合屋|
広場の調合屋とほぼ同じシステム。
ただし、品揃えは施設のレベルを上げると増えていく仕組みであり、
こちらの調合リストには関係しない。
また、要求される調合素材は、ハンターの持つリストとはかなり異なる。
ここでしか調合できないアイテムも多数存在するので、設置優先順位は高い。
[[GR600>システム/Gランク]]になると、調合可能アイテムが増える。
--調合品ピックアップ
---高速砥石: スキル枠を一つ削れる有用なアイテム。施設Lv2で調合可能。
---爆撃ビン: かつて、弓の嵐の型で猛威をふるったビン。最初から調合可能。
---保温オイル、冷却オイル: 排熱噴射のゲージを操作する。最初から調合可能。
---乙女の全て: 管理人から貰える乙女の願いを調合し続けると最終的にこれになる。
リルスシリーズの一部に要求される。施設Lv3で調合可能。
---[[古代のツボ>アイテム/古代のツボ]]: MH2の調合リストミス疑惑のアイテムが、遂に入手可能に!
長らく売却専用アイテムだったが、今はリルスシリーズの一部に用いる。施設Lv3で調合可能。
---怯まずの実: 1分間味方からの攻撃で怯まなくなる。GR600以降でレシピが解禁される。
基本的にG級コモン素材を使う割に1個しか入手できないが、
このアイテム自体入手手段が限られており、常時店で入手できる唯一の手段と言える。
---状態異常タル爆弾: GR600から調合可能。
従来は課金アイテムの付録か、猟団特別依頼以外の入手法がなかった。
ちなみに非G級の素材でも調合ができる。

:雑貨屋|
アイテムを売ってくれる。
ここ独自のアイテムとして「健康飲料の素」がある。
食事効果をアイテムにしたという、一瞬画期的なものに聞こえるが、
「素」から使える状態にするのに上記の調合屋が、しかも食事や狩人弁当を使用すると使用不可能となり、
効果も低い為、ラヴィエンテなどの特殊な例を除きほぼ使われていない。
設置優先順位は低いが、プーギーを広場に放置している場合「病気」の治療に使う素材が買えるので
ポイントが余ったら設置してもよいだろう。

:飲み屋|
ハンターは利用できないが、広場に遊びに来た他のハンターをおもてなしする事が出来る。
これは、おもてなし機能をONにしておくことで、ギルド特別依頼アイテムが入手可能になるというもの。
こちらの懐は痛まないので、ONにしておくといいであろう。
また、自分の飲み屋に話しかけると、常連さんのプレゼントが1日3回まで入手可能。
--常連さんのプレゼント
---根性入れニャおし: 雇用しているアイルーのパラメータをランダムに変更。
---マイトレ得々券: アイルー広場全ての施設の値段が20%オフになる。
---極上レシピ: 管理人の作る料理にハズレがなくなる。
---アタリドリンク: 冒険屋の出発シーンで、どのような出発でも成果が最高となる。
--その他、他のハンターの飲み屋でそのハンターが雇っているアイルーを紹介して貰え、
自分のマイトレに雇うことも可能。%%ル○ーダの酒場ですか?%%
ちなみにこの施設ではロマン度とカッチリ度が両方とも上がる。
とはいえ後述の服屋のほうが使い勝手が良いので設置優先順位は低い。最後で構わないだろう。

:服屋|
雇用したアイルーに服や帽子、靴を買ってあげられる。あげられるのは、一度に1着まで。
服を着せても見た目は変わらないが、個別に専用のスキルがついており、
性格によって発動する種類や数が決まっている。
発動したスキルは、冒険屋の持ち帰り素材や店番の支持内容に影響する。
また、服屋に配属したアイルーはカッチリ度が上がるがロマン度が下がらないという利点も。
冒険屋を開業したら、出来れば設置したい。
服自体の効果はもとより、パラメータ調整上の相性も良い。

:冒険屋|
雇ったアイルーを冒険に出し、素材を持ち帰らせる。
所謂、MHF版[[トレニャー>登場人物/トレニャー]]と言える存在。
冒険に出せる場所を指示し、軍資金を渡すことで冒険に出発してくれる。
冒険に出たアイルーは、1クエスト消費+現実時間20分以上経過で帰ってくる。
レアアイテムを持ち帰ってくれることもあるので、かなり便利な存在。
設置優先順位は高いといえる。
--G2アップデートにより冒険屋もG級に対応した。
G級素材を持ち帰ってくれるようになったが、比較的高額のGzが要求されるので注意。
GGではGR600にすることで更に行き先が増える。
--なお、冒険出発の際には[[空飛ぶタル>クエスト/アイルーパニック!]]に乗って出発して行く。

:その他|
プレイヤーが設置する実用的な施設の他にも、ベンチや滑り台など、見ていて楽しい施設もある。
アイルーがそれらを利用している姿をみるのも結構楽しい。
*プーギー牧場 [#wd959f32]
-シーズン4.0から実装。
MHFのハンターはこの牧場実装により、やっと個人のプーギーを飼育可能になった。
シーズン7.0からは、革新的ともいえる「[[スキルカフ>システム/スキルカフ]]」も実装され、
今のMHFにはなくてはならない施設の一つとなった。
またG2アップデートではプーギーもG級へと昇級出来るようになり、G級スキルカフを装着することが可能になった。
-プーギーは、まず飼育するのにマイトレポイントが必要。
更に、牧場施設を設置するのにもマイトレポイントが必要となる。
-プーギーには1日3回餌を与えることが出来、好みの大きさと色に変化させることが出来る。
また、稀に病気になることもあり、治療するまでマイトレ管理人の項目が使用出来なくなる。
特定のアイテムを管理人に渡せば直るので、サッサと渡してしまおう。
--プーギーは日付が変わると満腹度がリセットされ空腹になるが、
マイトレに入るまではリセットが掛からない仕組みなっている。
-プーギーにはステータスが設定されており、数値が高いほどレベルが上がっていく。
数値は、訓練する施設で上下するので、色々な施設でローテーションを組んでおこう。
--プーギーのステータス
---かしこさ: 持ってくるアイテムの質がよくなり、状況に応じたものを持ってきてくれる。
この数値が低いと剣士なのにボウガンの弾を持ってきたりと、全く役に立たない。
実装当初は「散弾Lv1」という大変不名誉なあだ名も付いていた。
---運動力: 現れてくれるタイミングがよくなる。
---頑張り力: 現れる間隔が短くなる。
-牧場の設備は大きく分けて2つ。
プーギーの能力を伸ばすものと、出発設備が存在する。
--能力を伸ばす設備
様々な種類があるのだが、設備によって上がりやすい能力と下がってしまう能力が存在する。
それ以上の特徴的な事はないので、ここでは割愛させていただく。
--出発設備
プーギーがクエスト内に登場して色々なサポートをしてくれる。
プーギー牧場……いや、マイトレ施設の中でも最優先且つ最重要施設と言っても過言ではない。
出発を選べば即出発し、ハンターをサポートしてくれる。
逆に、帰還させるときは指示選択後、1クエスト消費しなくてはならない。
-以下はクエスト中に行ってくれるサポート。
--アイテム補給
クエスト中に現れ、地面にアイテムを置いていってくれる。
アイテムは、クエスト中の自分の色で光っているので、余裕があれば拾って足しにしよう。
なお、このアイテムは自分のボックス内のアイテムではないので安心して使って良い。
%%何処から持ってきたとか、あまり深く考えてはいけない%%
---以前は一部行動に風圧が設定されており、ハンターが仰け反ってしまっていた。
結構不評だったらしく、今は修正されている。
--スキルカフ
服を着たプーギー(裸不可に)スキルカフという専用装飾品を付けさせ、
出発施設よりクエストに送り込むことで、ハンターがスキルカフに付属するスキルポイントを得られる。
(クエスト内での表現は「プーギーが応援している」)
以降のシリーズにおける[[お守り>システム/お守り]]のようなものであり、
幅広いスキル構成を組むには、なくてはならない存在。
プーギーは出発中でも自由にスキルカフを付け替え可能なので、安心しよう。
---ただし、大きな欠点があり、強力な課金カフは課金服にしか付けられない
(パッケージ付属の服は課金服扱い)。
非課金カフにも強力なものは多数(それも課金カフで代替できないものが多い)存在するが、
自由度の高いスキル構成を考案するためには、課金が不可欠という状態となっている。
--素材の持ち帰り
クエストに出発したプーギーは、ハンターが採取・剥ぎ取りした素材のどれか一つを
牧場に持ち帰ってくれる時がある。
剥ぎ取り素材も含まれるが、5%以下の低確率素材は持ち帰らない。
また、[[HC素材>アイテム/HC素材]]も持ち帰ってくれない(HC素材に変換される前の素材になってしまう)。
上記の仕様から、PTプレイ中に黙って採取などの地雷行為はかえって損と言えよう。
ちなみに6%以上の確率で剥ぎ取れるものについては持ち帰りの可能性があるため、
確定剥ぎが可能なアクラ・ヴァシムの尻尾や、
確率こそ低いが持ち帰り可能性のあるレビディオラの尾などを狙う際は、マイトレに通うことを許容する募集も多い。
--アイテムの使用
[[GR350>システム/Gランク]]から使用可能になる機能。
回復薬などの消耗品をクエスト中にプーギーが使ってくれる。
体力が減ったときなどに使用してくれるので、ピンチ時には役に立つ。
特に、遷悠種に多く見られる高速スリップダメージや多段攻撃への対策としては有効な場合が多い。
また、解毒薬は毒状態になると確実に使用してくれるので、
毒を使った凶悪な攻撃を行ってくるモンスターへの対策になる。
留意点は2つあり、一つはログアウトすると設定が消えるため再設定しないといけない点。
もう一つは、使うアイテムはあくまでハンター自身のアイテムボックスから取り出して使われる
(つまり、アイテムボックス内に予めストックしていないと使ってくれない)点。
使用させるアイテムをいつでも変更できるため、
[[ラスタ>オトモ/ラスタ]]等と違って[[火事場>スキル/底力]]が発動していても体力回復を行う。

*余談 [#d81d3a2c]
-風景なども意外と作りこまれており、マイトレでボーっとしていても結構たのしい。
ただし、15分以上ボーッとしていると、強制ログアウトされるので注意しよう。
なんらかのアクションを起こしていればログアウトの対象外なので管理人やアイルーに話しかけて会話ウィンドウを表示させたり、エクストラ倉庫にアクセスした状態にしておくと放置が可能。

-マイトレPは基本1日1~2Pしか入手できなかったため、施設開放後はしばらくは何もできないのが常であったが、
2014年6月11日のアップデートで[[ハンターナビ>システム/ハンターナビ]]がマイトレにも対応した結果、
プーギーと出発施設は比較的直ぐに用意できるようになった。
ただしその場合、プーギー枠を拡張した後に出発施設を設置しないと連続での解放は不可(マイトレ解禁時とプーギー枠拡張時にマイトレ30P交換券が貰えるため)
また、出発施設は日を跨がないと設置されない為即日利用は不可。
*関連項目 [#p07f92c2]
[[登場人物/プーギー]]
[[システム/スキルカフ]]