スキル/泳ぎ の変更点

MH3、MH3Gに登場するスキル。
スキルポイントが10で&color(Blue){''スイマー''};が、-10で&color(Red){''カナヅチ''};が発動する。
*概要 [#e5b9dcb2]
-&color(Blue){スイマー};は水中でのダッシュ時の[[移動速度>システム/移動速度]]が上がるという効果。
シンプルながら大剣等の納刀状態で立ち回る武器種ではその恩恵はなかなかに大きく、
元でも機動力が落ちる水中戦では案外重宝する。5スロスキルであるため、つけやすいのもありがたい。
--泳ぎの腕前は達者になる(水中での挙動が安定する)が[[息継ぎまで上手くなる訳では無い>スキル/酸素]]ので、
酸素ゲージは通常通り管理しなければならない点は、地味に注意。
なお、これらを含めて水中戦に特化した[[複合スキル>スキル/水の心]]も存在する

-SPが-10に達した場合には、マイナススキルの&color(Red){カナヅチ};が発動。
さすがに[[水に入ると強制的に沈むとかそもそも水に入れなくなる>武器/ギガントピストル]]とかいう効果ではないが、
水中でのダッシュ速度が落ちてしまうため、水中戦に挑むに際して発動したまま放置するのは''危険''。
この状態で水属性やられなど発症しようものなら、最早まともに動く事すらままならなくなる。
水中戦の可能性が考えられる孤島や水没林では特に厄介なスキルとなるだろう。
水中戦が主体となる海底遺跡や厄海、水中闘技場などでの運用は最早''&color(Red){論外};''である。

-防具シリーズの場合、スイマーは[[ラギアシリーズ(MH3)>防具/ラギアシリーズ]]や[[ガブルシリーズ(3G)>防具/ガブルシリーズ]]など、
やはりというか、水棲のモンスターの素材で作られた防具での発動が多い。
一方、カナヅチは[[チェーンシリーズ(MH3)>防具/チェーンシリーズ]]などの「重い」装備で発動する傾向がある。
まぁ、「''重くて泳ぎにくい''」からであろう。
3Gでは[[ウラガンキンの素材をベースに作られた防具>防具/ガンキンシリーズ]]は''例外無く''カナヅチが発動する。
MH3Gでは[[ウラガンキンの素材をベースに作られた防具>防具/ガンキンシリーズ]]は''例外無く''カナヅチが発動する。
見るからにごついし、納得である。
--泳ぎこそ下手になるが、息継ぎまで下手になる訳では無いため、酸素ゲージの管理は通常通りである。
そもそも、これを装備して泳ぐことなど余程の事情でも無い限り普通は有り得ないため、
こちらについては余談ではあるが。

-ちなみに、このスキルのような''ハンターの移動速度に直接的に作用する''というスキルは実は非常に珍しかったりする。
これ以外にハンターの移動速度に作用するスキルと言えば「とんずら」「[[纏雷>スキル/纏雷]]」「移動速度UP」くらいしか存在せず、
更にこれらは全てMHFでしか発動出来ないかなり貴重なスキルである。
-ちなみに、このスキルのような''ハンターの移動速度に直接的に作用する''というスキルは実は非常に珍しく、
MNWorldで[[しゃがみ移動速度UP>スキル/しゃがみ移動速度UP]]が登場するまで、コンシューマーシリーズではこのスキルのみだった。
なお、MHFには「とんずら」「[[纏雷>スキル/纏雷]]」「移動速度UP」といったスキルも存在する。
*関連項目 [#ob05d74f]
[[スキル/水の心]] - ''水神の加護''という複合スキルが発動する。