武器/アイアンアックス の変更点


鉄製で鉄色一色のシンプルなスラッシュアックス。
MHXで初登場した。

*概要 [#z39519dd]
-鉱石系統のベース武器として最初期から生産が可能。
これだけ聞くとなんて事のないただの鉄製スラッシュアックスだが、
この武器が初登場したのはMHXであり、これまでのスラッシュアックスは骨武器の対となる武器には
何故かドスファンゴの[[ワイルドアックス>武器/ワイルドアックス]]が割り当てられていた。
--MH4からは[[ボーンアックス>武器/ボーンアックス]]の派生系として鉱石主体武器の[[精鋭討伐隊剣斧>武器/精鋭討伐隊剣斧]]が登場している。

-他の武器に派生させずに強化を進めるとLV8で最終強化を迎え、銘が''アラクシス''へと変化する。

-見た目は前述の通り鉄色一色で斧刃の軸部分には[[ハンターナイフ>武器/ハンターナイフ]]やアイアンランスの盾のデザインが当てられており、
新規武器にも関わらずモンハン初期から存在する武器のように思わせる。
--斧刃の先端に突起があり、剣モードになると刃の中心に突起が出るようになっている。
このデザインは精鋭討伐隊剣斧と共通しており、直接の派生であることを強く感じさせる。
*性能 [#q684de4b]
**MHX [#ge062fe0]
-ベース武器なだけあって性能は控えめ。
斬れ味はベルダーアックスとボーンアックスよりは黄色が長く、一段階強化するだけで緑が現れる。
実際に起こるまで知らない人も多いが、剣モードの弾かれ無効は斬れ味が黄色以上でのみ機能するので、
最序盤では弾かれ無効が維持しやすい武器として有用。
--さらに強化していくとどんどん緑が長くなっていくが、匠が無ければ青は出てこない。

-ビンは残念ビンとされる麻痺ビンだが、序盤であればそこまで悪くはない。
尤も、麻痺武器として運用するならLV2で派生できる[[甲刃スクーレ>武器/甲刃ダーカーソニック]]や、[[グリムキャット>武器/グリムキャット]]に乗り換えた方が良い。

-弾かれ無効と長い緑で同じくMHXで登場した[[鈍器>スキル/鈍器]]と相性がいいように思えるが、
最終強化して攻撃力が高くなっても麻痺ビンは所詮麻痺ビンなので、他の武器の方が良いだろう。

-派生先にはMH4、MH4Gでは骨武器派生だった鉱石武器、精鋭討伐隊剣斧が存在し、
それ以外はいずれもMHXの新武器となっている。
--LV2でダイミョウザザミ武器・[[シザーアクス>武器/シザーアクス]]と虫武器・甲刃スクーレに、
LV3で機械鋸型の武器・[[ボルシュレッド>武器/ボルシュレッド]]とホロロホルル武器・[[ガラカレイド>武器/ガラカレイド]]に、
LV4で[[精鋭討伐隊剣斧>武器/精鋭討伐隊剣斧]]に派生する。
**MHXX [#x80583c2]
-究極強化でアルターアラクシスとなる。
-究極強化で''アルターアラクシス''となる。
--麻痺武器としては異例の&color(Red){攻撃力''340''};
--同ビン内3位の&color(Olive){麻痺ビン''25''};
--素では&color(Blue){青60};、斬れ味+2で&color(Gray){白40};
--スロットなし
-今作では斧運用及び状態異常ビンにテコ入れが為されており、ブレイヴスタイルの変形コンボであれば
物理性能と麻痺蓄積両面に優れた優秀な一振りとなる。
-同等の運用でライバルとなるのは[[パラクラックアックス>武器/フリックアックス#k04aec61]]。
あちらは物理性能と引き換えにさらなる属性値を得ている。物理と麻痺のどちらを優先するかで使い分けよう。
*余談 [#t33dd1e9]
-余談になるが鉱石系の初期武器のこれを強化するにあたって鉱石素材だけでなく、
カワズの油系、[[モンスターの体液>アイテム/モンスターの体液]]系、[[アルビノエキス>アイテム/アルビノエキス]]、果ては[[獰猛化エキス>アイテム/獰猛化エキス]]まで、
毎回のように液体系の素材が要求される。
変形機構に油でも注しているのだろうか。%%地味に集めるのが面倒%%
*関連項目 [#hef0602e]
[[武器/鉱石武器]]
[[武器/ボーンアックス]] - 対となる骨武器。
[[武器/精鋭討伐隊剣斧]] - MH4から登場していたもう一つの鉱石スラアク。MHXからは直接の派生先に。
[[武器/鉄製試作剣斧]] - MHWorldで追加された後輩の鉱石剣斧。