武器/チュクチュク の変更点

MH3以降の作品に登場する片手剣。
MH3、MH3Gでは[[交易>システム/交易船]]で謎の武器の秘伝書を手に入れないと生産することが出来ない。
それ以外の作品では、謎の武器の秘伝書を素材アイテムとして利用し、生産する。

#shadowheader(1,目次);
#contents

*概要 [#cfa18022]
-異国にて作られた武器で、剣、盾共に特異な形状と青色の装飾が特徴。
二重になった輪を中心に先端に刃の付いた薄い板が三本飛び出した形をしており、
三枚羽のブーメランのような様相である。
柄が存在しないのでその板の一枚を掴んで構える形になる。
盾は三角形の板に三枚ずつ装飾の青い羽根が三カ所から生えている。
計九枚のその羽根が盾攻撃を繰り出す際に千切れそうで実に心配である。
設定によると剣と盾を組み合わせて使う事も出来るらしいがゲーム中はそのように使うことは出来ない。

-強化していくとチュクチュク改を経てウォガウォガとなる。
相変わらず変な名前のままである。ちなみに外見は一切変化が無い。
*性能 [#i68717b8]
**MH3 [#l6f0950a]
-ウォガウォガはMH3の片手剣の中では[[攻撃力>システム/攻撃力]]が高く[[会心率>システム/会心率]]もそこそこあるのだが、それだけの武器である。
[[覚醒>スキル/属性解放]]スキルを発動させれば[[雷属性>システム/雷属性]]を帯びるが、普段はちょっと攻撃力が高いだけの[[無属性武器>モンハン用語/無属性武器]]なのだ。
しかもその雷属性の数値も、下位から作れる最初の雷属性片手剣の[[ラギアソード>武器/ラギアソード]]よりも低いという体たらく。
属性値が[[尻尾>アイテム/尻尾]]の切断に影響しないのと、高い攻撃力のお陰で片手剣の中では尻尾を斬りやすいが、
尻尾を斬るのならば他の武器を使った方が確実だし、無属性なので片手剣としての旨味があまり無い。
結果として&color(Pink){ネタっぽい名前};に外見が浮いているだけの妙な片手剣という烙印のもと、
能力が地味でネタにすらされないという不遇の扱いを受けながら、
次回作での強化を夢見つつMH3での(始まってすらいない)活躍は終了する。
**MHP3 [#c03ff668]
-ウォガウォガの強化に[[雷狼竜>モンスター/ジンオウガ]]の碧玉が必要な為、積極的に作る人は少ないと思われる。
そしてMHP3ではMH3の頃より強力な片手剣も増えており、微妙な立場は変わっていない。
ついでに覚醒も存在しないが故、片手剣の「属性重視」という運用ができなくなっている。
余談だが、「謎の武器の秘伝書」が生産素材となり、またストーリーイベントで1つだけ貰える
アイテムとなったため、[[1つのデータにつき1個しか入手できない>ゲーム用語/一品物]]%%無駄に%%貴重な装備と化している。
**MH3G [#w7d5c334]
-ウォガウォガの作成も楽になり、G級強化された戦輪刀ジャロジャロもG級のレア素材を使用しない。
ただし、強化の際にまた雷狼竜の碧玉が1つ要求される。
戦輪刀ジャロジャロは攻撃力322、[[斬れ味>システム/斬れ味]]が匠でそこそこの長さの&color(Fuchsia){紫};、覚醒で雷250、
会心率15%、スロット3と、''他シリーズであれば''使えないこともない性能だったが、
ただでさえ[[雷属性片手剣は>武器/王牙剣【折雷】]][[強豪>武器/雷剣コロドライト]][[揃い>武器/ラギアソード]]、[[爆破武器>武器/破岩剣デストルクジオ]]の台頭、
そして覚醒まで必要なので、MH3Gでこの武器が話題になることは少ない。
[[ライデンペッコ>武器/ライデンペッコ]]と性能がどっこいである。
--一応港★6で作れる武器としてはかなり強力な物理性能を持ち、覚醒抜きでも繋ぎとしてはまあまあ。
ただその用途でも[[邪閃エペ=ギルタナス>武器/シャドウサーベル]]の壁が高い。

-ただそれでも、シリーズを経る毎に着実に強化されていった武器でもある。
(3、P3において名を馳せた名片手剣は3Gにて属性値が下がっている物も多い。)
3Gでは、歴代チュクチュクの中では最高の性能を誇るので、興味を持たれたら是非手に取ってみて欲しい。
必要なレア素材も上記の通り、せいぜい上位の碧玉くらいの物であり、低い製作難易度の武器ながら、
それなりの活躍を見せてくれるだろう。
[[超強化個体が相手>クエスト/JUMP・獄界の門番]]でもなければ、少なくとも普通のG級クエストをクリア出来る位の実力は持ち合わせている。
片手剣において覚醒で雷属性を纏うのはコレ一本で、一応のアイデンティティは保っている為、
覚醒で各属性の片手剣を揃えてみたい方は是非。
**MH4 [#h658bb4c]
-本作品では謎の武器の秘伝書が手に入らない関係上、工房での作成は不可能。

-しかし、ギルドクエストにおいて発掘装備での入手が可能。
ただ、この装備を入手可能な相手は''&color(orange){ティガレックス};''、''&color(Purple){ゴア・マガラ};''、''&color(skyblue){キリン};''と手強い割りに報酬の質が悪い面々である。
そのため、連戦覚悟で何度も挑むか、ジンオウガ亜種・キリン亜種・ブラキディオス・ラージャンなど
[[質が良いモンスターとの2頭クエ>モンハン用語/右ラー]]で入手を狙う必要がある。

**MHX [#k76fca81]
-交易船の船長からの依頼報酬として謎の武器の秘伝書が復活、再び一品物として登場している。
-最終強化のウォガウォガの性能はMHP3と全く同じで
攻撃力210、会心率15%、斬れ味は青30に匠2で白20、スロット1となっている。
困ったことに最終強化に雷狼竜の碧玉を使う点も同じ。
今作は無属性のライバルもかなり多いため、強化する価値があるかは微妙なところ。
**MHXX [#m596f5dc]
-究極強化で3Gの銘が復活し''戦輪刀ジャロジャロ''となる。その性能は
--無属性武器としては低い攻撃力300
--そこまで高い訳ではない会心率15%
--素で長めの&color(Blue){青};で、匠+2で&color(Fuchsia){紫30};が出る斬れ味
--限界突破後に激増した''スロット3''
-
見ての通り、[[ルペオパス>武器/龍識船武器]]の完全下位互換である。
あちらは同攻撃力&同スロットに、会心25%と素で紫30+白40の斬れ味を持っているためどう足掻いても勝てない。
あちらは同攻撃力&同スロットに、会心率25%と素で紫30+白40の斬れ味を持っているためどう足掻いても勝てない。

-また、[[バング・バングス>武器/ライトバング#yeb41642]]の存在も痛い。
一応、会心率では5%だけ勝るものの、それだけで攻撃力20の差は覆せるはずがない。
ついでに、本作の片手剣で主流の会心率100%超会心構成を組む場合のスキル構成で考えてみると、
90%上昇する刃薬の重ね塗り&連撃or見切り+3のスキル構成であちらはピッタリ会心率100%になり、
こちらは会心率に5%無駄が出てしまうのである…。

-おまけに、製作難度は[[&color(darkturquoise){''雷狼竜の天玉''};>モンスター/ジンオウガ]]を要求されることからお世辞にも低くなく、
さらにラスボスの素材が必要なので完成時期はHR解放後とこちらも散々。
--更に、この時期になるとジンオウガ片手剣である[[&color(darkturquoise){''真・王牙剣【天賦】''};>武器/王牙剣【折雷】#y83f556a]]が作れるようになるため、
天玉を入手したら確実に、というか普通にほとんどのハンターはあちらを強化する事になるだろう。
%%無属性武器のジャロジャロが、雷属性35を持つ天賦に物理性能で負けかけていることは内緒だ。%%
*余談 [#s17213ad]
-チュクチュク強化後のウォガウォガという銘。いずれも特徴的で
聞き慣れない言葉だが、[[オーストラリアに同じ名前の場所:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%82%AC]]がある。
本武器の説明文には「異国にて作られた武器」と書かれているので、
遠く離れた地、という事を表そうとしてこの名にしたのだろうか。
-MH4では[[剣と盾を組み合わせて戦う武器>武器/チャージアックス]]が実装されたが、
変形機構やビン装填といった複雑な設計を持つ武器であるため、
当然ながらチュクチュクとは使い方が全く異なる。
*関連項目 [#i66e17cb]
[[武器/鬼ノ貌]] - 覚醒で雷属性を得る武器
[[武器/ガイアスプ]] - 同上