武器/ツキサシ の変更点

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 武器/ツキサシ へ行く。
MH2から登場しているショウグンギザミ素材のランス。
//「ようやく」とか書いてあるが、これ2gには存在していたのでは?
//わかる方追記お願いします
//登場時期に関して修正
//2~Xにかけての使用感及び、亜種版に関しても分かる方いましたら追記お願いします

#shadowheader(1,目次)
#contents

*概要 [#t56aad4d]
-ショウグンギザミの鋭利な甲殻を槍身にあてこんだ攻撃的な設計になっている。
複数の刃で構成された槍による''突き刺し''は獲物の甲殻や肉を容易く貫き、複雑かつ無数の傷を残すだろう。
盾側にも甲殻が刃のように配されており、防御をも攻撃とする設計になっている。
--もちろんグラフィックだけの設定でゲーム中では[[ガード時に反射ダメージを与える>スキル/反射]]機能は無い。
*性能 [#r7a87062]

-殆どのシリーズでザザミランスである[[ボーンクロウランス>武器/ボーンクロウランス]]からの派生で作成可能。
同ランクの武器が黄ゲージ止まりのものが多い中、
この武器は作成直後のブレイドスティンガーの時点で長大な緑ゲージを得ることができる。
スキルを圧迫しやすいランスにとっては、斬れ味が良いというだけで大きなアドバンテージと呼べるだろう。
**MHP2G [#cd061d3d]
-ギザミ亜種が登場し、亜種カラーであるカーマインスティングおよび最終形態であるクシザシを作成可能。
及第点の攻撃力に匠不要の紫ゲージを持っており、無属性ランスとして一定の地位を得ていたが、
匠不要のランスにはより作成の簡単な[[ダークネス>武器/ダークネス]]や[[暗夜槍【黒雨】>武器/暗夜槍【黒雨】]]があり、
[[砦蟹>モンスター/シェンガオレン]]素材が必要なこのランスは、それらと比べて作成時期が遅くなるのがネックだった。
また、匠がつけられる場合はかの名ランス[[''零点''>武器/レイジングテンペスト]]にとても敵わない。
決して悪くは無いのだが、ライバルが濃すぎて結果的に影が薄いという不遇のランスだった。
**MHX [#ff700d20]

-MHP2Gを最後にショウグンギザミ自体が3、4系では登場せず、MHXでやっと復活を果たし久々に登場。
一発生産はできず、ボーンクロウランスからの強化でギザミスティンガーを作成し、最終強化でツキサシとなる。
--今回は初期武器のベルダーランスが生産時点でこちらに劣るものの十分な性能があるため、
強敵であるショウグンギザミを倒してまで作る価値はやや薄れてしまっている。

**MHXX [#i8652816]
***ツキサシマクリ [#sa9c9d44]
-通常種武器の究極強化はツキサシマクリとなる。
--攻撃力330
--会心率0%
--斬れ味は素で&color(Gray){白60};、斬れ味レベル+2で&color(Fuchsia){紫20};
--スロット1
-
悪くはない性能だが、スロット1を除いて以下の二つ名武器の下位互換となってしまっている。
しかし、裏を返せば白ゲージ60程度であれば業物や刃鱗磨きが腐らないため、
鎧裂装備一式とも相性が良いのが差別点になるか。
この場合火力を盛る余地が殆ど無いのでドツキサシには火力で劣るものの、
快適なガード性能と斬れ味を両立させたいなら一考の価値はあり。
***鎧裂槍ドツキサシ [#ie649e0e]
-二つ名武器の究極強化は鎧裂槍ドツキサシとなる。
--攻撃力330
--&color(Blue){会心率5%};
--斬れ味は素で&color(Gray){''白120''};、斬れ味レベル+2で&color(Fuchsia){紫30};
--スロットなし
--狩技ゲージ蓄積値1.2倍
-
''凄まじい継戦能力が最大の持ち味。''ランスは無属性武器も使い物になる武器種であり、
なおかつ斬れ味消費も比較的激しいほうなので、白ゲージの長さが大きなアドバンテージとなる。
匠も業物も必要ない分で火力を盛れるため、実質的な火力は無属性ランスの中でもトップクラスであり、
[[真名セルケトヘティト>武器/宝槍の金属器]]にも肉薄する。
ランスの狩技は優秀なものが多く、元から堅牢な防御を誇る武器種でもあるため、
絶対回避【臨戦】を外せるメリットと狩技ゲージボーナスも大きい。
ブレイヴスタイル、ブシドースタイルのような狩技が1つしか積めないスタイルの場合、
間違いなくこの武器が第一候補に上がるだろう。
一方、ストライカースタイルはセルケトや[[全力突>武器/巨獣槍]]に劣りがち。
適材適所はしっかりと見極めよう。

-[[鎧裂防具>防具/ギザミシリーズ#eeb08de4]]は通常ガードを使うスタイルのランス、ガンランス向けの性能となっているが、
業物と刃鱗磨きを完全に持て余すことになるためあまり相性はよろしくない。
「斬れ味の維持」という方向性が無駄にガッチリ噛み合ってしまったが故の悲劇である。
武器から足の先までギザミ系で取りそろえたい場合は、上記にもある通り原種武器の方を持っていこう。
--防具の相性を見ると、神おまさえあれば火力構成を作りやすいネセトと本武器の相性が良く、
短めの紫を業物+絶対回避【臨戦】で維持するセルケトと鎧裂防具の相性が抜群という、あべこべな関係になっている。
&color(Silver){まあ、セルケトの方はネセト一式でも十分に運用可能なのだが。};
*関連項目 [#b64a6920]
[[モンスター/ショウグンギザミ]]
[[モンスター/ショウグンギザミ亜種]]
[[モンスター/鎧裂ショウグンギザミ]]
[[武器/ギザミ武器]]