武器/対剣ヴォルトトス の変更点


 *概要 [#e1eee1fb]
 -MHP2GとMHX(MHXX)に登場する、溶岩竜ヴォルガノスと水竜ガノトトスの素材で作られた[[双属性>システム/双属性]]双剣。
 ''&color(Red){ヴォル};''ガノスとガノ''&color(Blue){トトス};''だから''&color(Red){ヴォル};''''&color(Blue){トトス};''。そのままである。
 --強化前はブレイズレイン。''&color(Red){「blaze」は炎};''、''&color(Blue){「rain」は雨};''。やはりそのままである。
 
 -もちろん、片手にガノトトスの剣、片手にヴォルガノスの剣を持つ武器である。
 ヴォルガノスには双剣も片手剣もないので、
 この武器独自のデザインになるが、意外とスラリとした細身の剣である。
 一方ガノトトスの方は、ガノカットラスと同じデザインである。
 
 -なお、魚竜種の双剣だが[[ガノカットラス>武器/ガノカットラス]]派生''ではない''ので注意。
 なぜかまったく関係ない[[トルネードトマホーク>武器/サイクロン]]から派生する。
 --MHXにおいてはきっちりガノカットラスから派生する。
 
 *性能 [#uf37add0]
 **MHP2G [#dca7aea2]
 -属性双剣としては高い攻撃力364と&color(Red){火};、&color(Blue){水};両方の属性350を備える強力な双剣。
 斬れ味も[[斬れ味レベル+1>スキル/匠]]でそこそこの&color(Purple){紫};、と優秀。
 
 -この武器最大の問題は、''火、水両方の属性を活かせる相手がそうそういない''ということだろう。
 MHP2Gの時代では該当するモンスターはほぼ存在せず、この武器の真価を発揮できる機会が無かった。
 
 -MH3ではこの両属性が意味をなす[[珍しい耐性を持つ>モンスター/ボルボロス]][[モンスター達>モンスター/アグナコトル]]が登場。
 本体に通る属性は片方だけなのだが、身にまとう泥や溶岩を引き剥がす際、
 もう片方の属性が有効となるのである。
 しかしMH3では双剣自体が、MHP3・MH3Gでは対剣ヴォルトトスが登場せず、
 対剣ヴォルトトスを担いで彼らに挑むことが適わなかった。
 
 -そのためこの双剣は登場する時期を間違えたとも言われている。
 彼らと共演できれば、ボルボ&アグナキラーとして活躍の場が出来たかもしれないのに、
 両者のすれ違いから、なかなか自分のスペックを活かす相手に巡り会えない。
 つくづく不憫な武器である。
 --MH3Gにて、他ならぬ[[アグナコトル自身の双属性双剣が登場した>武器/サラマンダー#g9f0a2bf]]。
 運命の出逢いが訪れたと思いきや、&color(Red){火};と''&color(Teal){氷};''の双属性…運命はあまりに残酷であった。
 
 -MHP2Gには双属性双剣が6系統あるが、通常属性+状態異常属性の[[3>武器/メルトウォーリア]][[振>武器/グライメデューサ]][[り>武器/祭囃子・晴嵐ノ調]]に比べ、
 通常属性2つというのは非常に扱いにくい。
 どうせガノトトス素材を使うなら、せめて火+睡眠だったら、独自性もあったのに…。
 --[[氷炎剣ヴィルマフレア>武器/氷炎剣ヴィルマフレア]]も同じ悩みを抱えている。
 一方で、属性の組み合わせ上[[あまり悩まずにすむ武器もあるらしい>武器/双龍神【黒天白夜】]]。
 --なお、MH4ではガノカットラス系統が本当にガノトトス素材を使った睡眠との双属性双剣になっている。
 しかし、こちらはガノトトス素材しか使っていないので水プラス睡眠。
 ヴォルガノス素材は交換で手に入るのだが…。
 
 -一応大連続狩猟ならそれなりに役に立つが、毒双剣の方が相手を選ばない傾向が強い。
 どちらかと言えばロマンの傾向の強い双剣である。
 --少し戻ってMH2ならば、フルフルとフルフル亜種の同時狩猟という、
 この双剣が最適解になり得るうってつけのクエストが存在するのだが、
 MHP2Gにはとうとう最後までこの2頭の同時狩猟クエストは実装されなかった。
 ---さらに遡ってMHGならば同じフルフルのクエストであっても、
 通常種か亜種どちらが現れるか分からない仕様だったため、
 仮にその頃に登場していれば有効な双剣だったかもしれない。
 --MH4Gにはフルフルとフルフル亜種の同時狩猟クエストが存在し、
 ガノトトス素材とヴォルガノス素材も入手可能であるが、
 肝心のこの双剣が製作不可能である。
 
 -ちなみになぜか2chに''ヴォルトトス専用スレ''が立っていたことがある。
 ヴォルトトスの何について語るのか、余人には窺い知れないことであるが、
 該当スレではラオート、抜刀アーティと並ぶ''最強武器''扱いされている。
 **MHX [#d6394b7f]
 -MHXでは前述の通りガノカットラスから派生。
 同作ではアグナコトルが登場するためこの武器の真価を遂に発揮できる…
 かと思いきや、肝心のアグナコトルが火属性の攻撃をぶつけても軟化しにくくなっていると言われている。
 そのため基本的な立ち位置などは今の所特に変わっていない。
 --''モンスターの特定の部位に特定の順番で攻撃すると爆破属性が蓄積する''だの、
 ''モンスターのブレスが直撃する瞬間に鬼人化すると攻撃力が上がる''だの、
 ''ガセ情報''が流れていたのもこの武器の特徴。
 一応言っておくと、ただの火と水の双属性双剣である以上の特徴は特に確認されていない。
 と言うより''&color(Red){本気にしない様に。};''
 これも、%%兄貴%%ヴォルトトスの魅力に踊らされた一面の喜劇であろうか…。
 --''ヴォルトトス専用テンプレ装備''なんてのも考案されたりと、性能はともかくネタ込みでは比較的愛されている武器である。
 --''ヴォルトトス専用テンプレ装備''なんてのも考案されたりと、
 性能はともかくネタ込みでは比較的愛されている武器である。
 
 **MHXX [#j584d0ed]
 -MHXXではさらなる''強化先を獲得''。
 G級のガノトトスとヴォルガノスの素材をつぎ込んで作られた、その名も''&color(Blue){瀑刃};&color(Red){灼斬};ガノガノス''。
 名前の由来は「''ガノ''」トトス+ヴォル「''ガノス''」だろう。見事にヴォルトトスと逆になった。
 性能は
 --攻撃力''320''
 --&color(Red){火属性38};&&color(Blue){水属性38};
 --白50、斬れ味レベル+2で''&color(Purple){紫50};''
 --スロット1
 -
 ''何やら一見悪くなさそうな性能''に見える。
 特に斬れ味ゲージは圧巻であり、ここまで紫ゲージが長い武器はそうそうない。
 属性値がMHXより多少伸び悩み気味なのが悔やまれる。
 
 -しかし前回のようなアグナコトル対策でも微妙なんて扱いには収まらない。
 MHXXでは「共演していれば……」と何度も思われていた''ボルボロスが復活している''のである。
 &color(Blue){ガノトトスの剣による高圧水流};で泥の鎧をそぎ落とし、
 無防備になったその甲殻に&color(Red){ヴォルガノスの剣による灼熱};を叩きこむ……。
 これぞまさに''&color(pink){夢の競演};''である。
 &color(Silver){なおボルボロス以外のモンスターには……。};
 --一応「[[龍以外の全ての属性がほぼ均等に通るモンスター>モンスター/バルファルク]]」が登場している。
 火属性も水属性も平均以上のこの双剣はかなりのダメージを期待できる…が、やはり需要は微妙なところだろう。
 --また、ホロロホルルは若干水属性の通りが良いものの、火水のどちらもよく効く。
 難敵である[[朧隠>モンスター/朧隠ホロロホルル]]も同様なので、対ホロロホルル専用双剣として見てもいいだろう。
 -双属性であるため、
 [[かの伝説の古龍双剣>武器/双龍神【黒天白夜】]]同様、会心率を上げて属性会心を発動させた方が属性が伸びやすい。
 *関連項目 [#kfae6c36]
 [[モンスター/ヴォルガノス]]
 [[モンスター/ガノトトス]]
 [[武器/ヴォルガノス武器]]
 [[武器/ガノス武器]]
 [[武器/ガノカットラス]] - ガノトトス素材単体双剣
 [[武器/灼鋼双爪]] - かなり時を経てMHFに実装されたヴォルガノス素材単体双剣