武器/黒滅龍剣 の変更点


 >黒きを滅ぼすという名の龍剣。
 龍の唸りに呼応して振動し、
 その威力を数倍に増すという。
 <
 
 #shadowheader(1,目次);
 #contents
 
 *概要 [#oc009f15]
 -[[&color(Red){紅龍};>モンスター/ミラボレアス【紅龍】]]の素材を使用した片手剣。
 **MHP2G [#od0f9e75]
 -ブラックソードからの派生で作成できる龍属性片手剣。
 作成時期は集会所上位の後半も後半だが、条件さえ満たせばラスボス前にでも作れる。
 しかしバルカンを狩れる時点では、既に独龍剣系などの龍片手剣を所持している事と思われるが……。
 独龍剣【蒼鬼】と比べると、マイナス会心付きではあるが、物理に寄った性能。斬れ味+1で白ゲージまで出現する。
 強化で何故か鋼龍の宝玉を2個要求される。
 
 -G級バルカン素材で真・黒滅龍剣に強化できる。
 総合的に非常に優秀な龍属性片手剣だが、ミラ系武器定番の大宝玉2つに強化を阻まれる。
 **MH4 [#h990870c]
 -ミラバルカンの復活に伴い黒滅龍剣も登場。今作のミラバル武器の例に漏れず、爆破属性を持つ。
 攻撃力は[[爆砕の裂剣>武器/破岩剣デストルクジオ]]と同じ238であるが、
 脅威の爆破属性300に匠で白10紫20(爆砕の裂剣の白ゲージと同等)、
 さらにスロット3つと、裂剣の完全上位互換という代物となった。
 作成にクシャルダオラとイビルジョーの宝玉を必要とするが、
 [[イベントクエストで>クエスト/マガジン・鋼龍飛翔!]][[比較的容易に入手可能>クエスト/凍土に満ちる狂気#x4e83171]]なのでそれほど苦労する事はない。
 
 -難点は黒龍剣と同じく青ゲージも含めて持久力に難があるところ。
 斬れ味対策スキルは必須となるだろう。
 --この武器と同時に作成可能になるミラバルクロウは刀匠+1斬れ味+2に1スロットを持つ為、
 リベリオンメイルと組み合わせることで比較的容易に真打+業物装備を組むことができる。
 これによりこの武器の低攻撃力・低戦闘維持能力の欠点を補うことが可能。
 この武器を作って素材が余っているようならぜひとも作成したい。
 勿論黒龍剣とも相性が良く、スロットも変わらないため装飾品を入れ替えるだけで運用できる。
 
 -先述の通り、黒龍剣の方は発掘を加味しても非常に高い性能なのだが、
 残念ながら黒滅龍剣に関してはそこまでではないかもしれない。
 確かに紫ゲージは魅力だが、
 それを加味しても物理期待値は攻撃力252の白ゲージより少し高い程度に収まる点、
 そして肝心のその紫ゲージも短めであるという点。
 これらのことから、黒龍剣よりは簡単に総合的に超える発掘を入手しやすいと言えるだろう。
 --とはいえ''スロット3の汎用性''や''発掘では到底届かない爆破属性値300''が魅力的であるのもまた事実で、
 こちらを超える発掘爆破片手を手に入れるのもやはり一筋縄ではいかない。
 
 **MH4G [#jc9fcf1e]
 -MH4Gでも続投し強化先を得た。
 
 -性能は攻撃力392に爆破340。斬れ味は真・黒龍剣と同等である。
 スロットも3つあり、相変わらず非常に強力な性能ではあるのだが、
 青と白ゲージがあまりに短いためやはり使いづらい。
 運用する上で業物や砥石使用高速化の併用は必須と言えるだろう。
 
 -前作では爆破片手剣は黒滅龍剣一強だったが、
 今作では強力な爆破片手剣が多数登場した。
 --まずは風化した片手剣を研磨する事で完成するテオ・テスカトルの片手剣「[[&color(orange){''テオ=エンブレム''};>武器/テオ=エンブレム]]」。
 匠で発現する紫ゲージが長く、驚異の属性値&color(Orange){''500''};を併せ持つ。
 ボマーに火薬術も付ければ戦場は爆発の嵐である。
 しかし攻撃力が350と低くスロットは空いていない。
 --前作から登場していたティガレックス希少種の片手剣「[[&color(maroon){''絶衝剣【虎王】''};>武器/轟剣【虎眼】]]」。
 紫ゲージは短いが圧倒的な物理攻撃力と非常に長大な白ゲージが自慢。
 斬れ味関係のスキルを捨てて他のスキルを盛る事ができるのが強み。
 しかし爆破属性を得るのに覚醒が必須で、属性値も低い。
 -
 これら2振りは武器としての方向性が異なるため差別化は問題ないだろう。
 問題は前作で見下していたブラキディオスの片手剣「[[&color(navy){''砕光の恒剣''};>武器/破岩剣デストルクジオ]]」である。
 --攻撃力378・属性値390と若干属性寄りだがどちらも微妙な差なので数値火力はほぼ同等。
 しかし彼方は''白ゲージと青ゲージが長く''、持続力は此方の約2倍となっている。
 一方此方は上述したように斬れ味の問題を抱えており、紫ゲージやスロットで勝っていようが
 扱い易さではどう足掻いても勝てないだろう。
 物理攻撃・瞬発力重視というのが片手剣のニーズに今一つ噛み合ってないのが大きい。
 
 -とはいえ、低い持続力をスキルでカバーする事ができれば
 他のカタログスペックは優秀なので、結局は使い分けが重要なのである。
 
 **MHXX [#oe04755b]
 -[[ミラボレアス>モンスター/ミラボレアス]]とともに[[ミラバルカン>モンスター/ミラボレアス【紅龍】]]も復活し、禍々しい銘を携えて黒滅龍剣も帰ってきた。
 大禍は一般的には『''たい-か''』と読み、文字通り大きな禍(=災い)を意味する。
 ただし、公式攻略本によれば『''おお-まが''』と読むようである。&color(silver){何故なのか};
 ただし、公式攻略本によれば『''おお-まが''』と読むようである。
 恐らく大禍時から取っているものと思われる。
 ブラックソード系列とは派生系統が異なり、最初から黒滅龍剣として直接作成することになる。
 当然ミラバルカンの素材を使用するため、G級しか存在しない。
 究極強化の【大禍】の性能は
 --属性武器としては高水準の攻撃力330
 --攻撃力に干渉しない会心率0%
 --十分な数値を誇る&color(Orange){''爆破34''};
 --素では短い&color(Blue){''青''};、斬れ味+2で''&color(Gray){白10};&color(Fuchsia){紫30};''
 --今作の''爆破剣最終形では唯一のスロット3''
 --
 -
 と、%%黒龍剣と違い%%かなりの高性能を誇っている。
 -今作の汎用武器の最終候補としてよく名前が挙がる[[アトラル武器>武器/アトラル武器]]と同じ攻撃力を持つ上に爆破属性が備わっている。
 その[[真名ウンネフェル>武器/宝剣と宝盾の金属器]]と比べると斬れ味と防御+60の代わりに爆破属性を得ている形。
 -しかし&color(Green){''猛り爆ぜるブラキディオス''};の復活、及び強化派生が分かれたことで最終形が3つになった[[ブラキディオス武器>武器/破岩剣デストルクジオ#gc004c23]]、
 古龍武器仲間で属性値ではトップの座を守り続けてきた[[テオ武器>武器/テオ=エンブレム]]、
 二つ名武器で更に相変わらず匠不要のアドバンテージを持つ[[燼滅刃武器>武器/灼炎のプロミナー#n78c3a29]]など他の爆破剣も黙ってはいない。
 #br
 |~武器名|~攻撃力|~爆破属性値|~斬れ味&br;(匠+2)|~スロット|~備考|
 ||CENTER:|CENTER:COLOR(ORANGE):|>|CENTER:||c
 |~真・黒滅龍剣【大禍】|330|34|&color(Blue){青20};&br;(&color(Gray){白10};&color(Fuchsia){紫30};)|''○○○''||
 |~爆剣エクスサーモ|''340''|25|&color(Blue){青60};&br;(&color(Gray){白30};&color(Fuchsia){紫10};)|---||
 |~砕巌剣デストルクジオ|310|38|''&color(Gray){白50};''&br;(''&color(Gray){白60};&color(Fuchsia){紫40};'')|○--||
 |~砕光恒鋭剣チェブラク|300|44|&color(Gray){白30};&br;(&color(Gray){白50};&color(Fuchsia){紫30};)|○○-||
 |~テスカ・デル・メダリ|290|''45''|''&color(Gray){白50};''&br;(''&color(Gray){白60};&color(Fuchsia){紫40};'')|---||
 |~真滅閃カシオヴァ|300&br;会心率5%|30|&color(Gray){白40};''&color(Fuchsia){紫30};''&br;(匠無効)|---|''二つ名武器''|
 #br
 -世紀末の様相である。しかし絶妙なバランスで住み分けはできており、
 【大禍】の場合「攻撃力と属性値を併せた総合的火力の高さ」と「爆破剣唯一のスロット3」が売りになる。
 ただし、「匠が無い場合青止まり」という斬れ味に難がある。
 青ゲージであっても攻撃力300の白ゲージと同等の物理攻撃期待値を誇るとはいえ、
 売りである火力の高さが損なわれる形になり、それはつまり【大禍】の持ち味をほぼ失うに等しい。
 特に最初から斬れ味全開で二つ名補正まで持つカシオヴァに火力面で完全に置いていかれる。
 【大禍】を使うなら匠は必須と言ってもいい。
 スロット3の拡張性と匠必須という部分は相反するファクターではあるが、
 ここを上手く埋めることができればその総合力の高さが輝くだろう。
 -斬れ味のフォローと武器スロによる拡張性が非常に上手く噛み合う装備が存在する。
 [[&color(Blue){''ディノXシリーズ''};、および&color(red){''燼滅刃シリーズ''};>防具/ディノシリーズ]]である。
 どちらも斬れ味+2と剛刃研磨を備え、斬れ味の不安は無くなる。これにより最大限の力を発揮できるようになる。
 特に燼滅刃の方はG級で強化を進め、スキルが真・燼滅刃になると[[&color(Orange){''ボマー''};>スキル/爆弾強化]]が追加され、
 まさに爆破属性の武器を振るえと言わんがばかりの性能になる。
 二つ名防具特有の拡張性の無さも【大渦】のスロ3によってフォローされるため、相性は抜群。
 ディノXの方は燼滅刃と違い、それだけでは斬れ味+2と剛刃研磨(と発動に至らない回避性能4p)のみだが、
 スロットが全部で8個あるため自由度が高い。武器スロとお守りを駆使すれば複数のスキルを加えることも可能。
 特に片手剣は相性の良い[[5スロスキル>モンハン用語/5スロスキル]]が多く、状況に合わせてスキルを付け替えることができるのは大きい。
 -今作の剣士テンプレの一つ、[[&color(Teal){''グギグギグ''};>モンハン用語/テンプレ装備(MHX以降)#n333f0a7]]とも好相性。
 &color(Fuchsia){紫30};+業物となるため片手剣でも十分運用可能。
 ディノXと同様にスキルの拡張性にも富むため、クエストに合わせてスキルを組みかえることも可能。
 --ただし、業物ありでも紫30というのは些か物足りなく、モンスターのエリア移動ごとに研ぐだけでは間に合わないことも多い。
 臨戦をこまめに使ったり混沌の刃薬を発動させる度に心眼の刃薬を塗るなどの工夫が必要になってくるため、
 斬れ味を落とさないようにより意識することが他武器に増して重要になってくる。
 この辺りの事情は同じミラバルカン武器の[[旦明>武器/焔魔滅龍棍]]と似通っている。
 -作製可能時期は黒龍剣と同じ、自発に限ればHR95が必要になるためさらに遅い。
 そして当然あの&color(Crimson){''ミラバルカン''};の討伐が大前提、途中の強化に&color(Green){''猛り爆ぜるブラキディオス''};の素材を要求される、
 究極強化にはかの%%悪名高い%%[[&color(Purple){''古龍の大宝玉''};>アイテム/古龍の大宝玉]]が必要になるなどハードルが非常に高い。
 この作製難度の高さが一番の問題点かもしれない。
 *関連項目 [#o57aa135]
 [[モンスター/ミラボレアス【紅龍】]]
 [[モンスター/ミラボレアス【紅龍】特殊個体>モンスター/ミララース]]
 [[武器/ミラ系武器]]
 [[武器/黒龍剣]] - 黒龍武器
 [[武器/祖龍霊剣]] - 祖龍武器