登場人物/マリィ の変更点


MHRに登場する、16歳の少女のライダー。
同作のストーリーのメインヒロインともいえる存在である。
ストーリー設定としてのオトモンは[[リオレウス>モンスター/リオレウス(派生作品)]]。
CVはLynn女史が担当している。

#shadowheader(1,目次);
#shadowheader(1,目次)
#contents

*概要 [#da0d925b]
-中立都市ラクアに所属する新人ライダーで、
プレーヤーの任務に同行するパートナー。
幼少期に両親を亡くし、前ラクア首長に引き取られ、ヒルダとは姉妹として育てられる。
若くして首長となりライダーとしても超一流の実力者であるヒルダを尊敬しており、
自らもライダーとなる道を選んだ。
ヒルダの信頼に応えたいという強い気持ちから、
プレーヤーを説得し強引に旅に同行することになる。
**キャラクターとしての解説 [#qffcdf53]
-武器は太刀を装備しており、おそらく飛竜刀系列だと思われる。
-武器は飛竜刀系の太刀(後のシーズンクエストにて&color(Maroon){''飛竜刀【玄】''};である事が判明)で、
父親であるリュウガの形見。
自分でアレンジしたレウスシリーズを装備しており、
脚と腰装備はそこまで大差ないのだが、
胴装備は装甲がほとんど取り除かれて、
心臓を守る左胸部分に弓道の胸当てのような装甲のみが存在する。
頭装備はレウス素材で作ったゴーグルといえばだいたい伝わるだろうか。
本人によると、動きやすさを重視しつつオシャレも意識してたどり着いたデザインだということ。
--しかし防具面積が元に比べかなり小さいのは本人もわかっていて、
ヒルダにそのことを指摘された経験があるようだ。
プレーヤーに同じことを指摘されるとご機嫌ナナメになってしまう。
&color(Silver){でもかわいいから何度も話しちゃう};
//ソースは信頼度6で解放される会話

-ストーリーでは絆原石の祠に案内したとたん意識を失い一時的に記憶が曖昧になったプレーヤーにあわてふためく一幕もあった。
-ストーリーでは絆原石の祠に案内したとたん意識を失い、
一時的に記憶が曖昧になったプレーヤーにあわてふためく一幕もあった。
前日に絆あわせの儀式をしたばかりの新人ライダーなのだが、
黒いライダーの襲来に早速駆り出されることにもなっている。

-またどういうわけか、プレーヤーの夢という形で観測された記憶石の中の記憶にも存在している。
しかしプロローグではプレーヤーの指揮で戦ったくらいで、
いったいどういうことなのかは現時点でははっきりしない。
瘴気に侵されたモンスターの存在というどう考えてもストーリーの核心に関わりそうな要素を含んでいるので、
仮に未来の出来事の記憶だとすれば
ストーリー終盤でもまだまだ出番があるということなのだろうか。

-プレーヤーの護衛という設定からか、序盤ではゲーム的に言うとプレイガイドも務めている。
基本的な戦闘の仕方や属性システムの説明はもちろんのこと、
記憶石の火力1.5倍の効果説明などかなり重要なことも解説してくれるので、
かわいさに気を取られずにしっかり聞いておこう。
**ライダー性能 [#ae6dc735]
//レア度ごとの差もありますが、ライダーを全項目MAXまで強化するのがかなり難しい
//(lv60まであげて技を解放するのが一般的らしい)です。
//初期性能で使うこともないので、表などは見送りました。
//もし上手く表で纏められるかたがいましたら追記お願いします。
-端的に言うと高火力+デバフ使いといったステータスになっている。
高めの攻撃値に加えて、
複数の攻撃強化系の特性を持ち合わせている。
さらにSP消費60で使える威力135×3の連撃タイプの技が最強クラスの火力を誇る。
敵全体の防御を下げる技はマリィ自身の与ダメージ増加につながる他、
他のタッグの与ダメージにも効果がある。

-上記のとおり直接ダメージに関わることはなんでもこなせてしまう。
レウスやブラキなどの火属性攻撃を強化できる特性のオトモンとタッグを組めば
リオレウスやブラキディオスなどの火属性攻撃を強化できる特性のオトモンとタッグを組めば
申し分ない超火力を2ターンに1度出せるアタッカーとなり、
ラギアやオウガなどの防御バフや状態異常持ちのオトモンとタッグを組めば、
ラギアクルスやジンオウガなどの防御バフや状態異常持ちのオトモンとタッグを組めば、
デバフメインで立ち回って他の攻撃特化タッグへのサポートキャラとしても活躍できる。
自分で強力な技を使えるので、オトモンの種類に関係なく火力を出せるのも魅力。

-火属性の高火力ライダーは他にフレデリカとダライアスがいる。
どちらもかなりの強キャラではあるのだが、
フェス限なので入手できるかは運しだい。
その反面マリィは初回の引き直しガチャで入手することができ、
基本的にどのガチャでも排出対象になっているので入手チャンスに恵まれている。
また、システムの各チュートリアルで強制的にマリィ関連を強化させられるので、
素材の無駄が少ないのもメリット。
加えて現在のシーズンクエストの素材交換で星5マリィ宝珠を入手できる。
イベント限定ライダーの宝珠とマリィの宝珠のみ交換可能なので、
育成にも他のライダーにはない容易さがある。
--しかもマリィの宝珠だけ、オススメ!と書かれている。
イベント限定ライダーの宝珠には書かれていない。
もしかして実はマリィを強化するためのイベントだった…!?

-弱点もなくはない。
火属性攻撃をメインウェポンとしている反面、無属性技は習得できない。
火属性を大幅強化できるレウスやブラキとのタッグではオトモン技でもその弱点はフォローできず、
火属性を大幅強化できるリオレウスやブラキディオスではオトモン技でもその弱点はフォローできず、
火属性耐性が高い相手では、デバフが使えるとはいえお荷物状態になりがち。
火属性耐性が50%や100%の相手には、
レイアやナルガのような無属性攻撃メインのオトモンの他、
リオレイアやナルガクルガのような無属性攻撃メインのオトモンの他、
弱点属性で攻撃できるオトモンとのタッグを考えるなどの工夫が必要である。

**マリィ[恐龍刀] [#l4455c02]
-期間限定ガチャにて配信された特殊仕様のマリィ。
シーズンクエスト中のストーリーでとある事案に巻き込まれた(というか''引き起こした''というか)マリィが
一時的に愛刀を失い、代わりにオズマから手渡された[[クルーエルペイン>武器/カラミティペイン]]を装備した姿。
武器が変わったことで龍属性の技が使用できるようになり、通常とは異なる戦法が取れるようになった。

-通常のマリィとは別枠のキャラクターとして扱われ、レベルも1から強化する必要がある。
また、オトモンも個別に選択する必要があり、相性の良いオトモンも通常のマリィと異なる。
なお、キャラクターとしては別枠でも同一人物であるためか、信頼度は通常のマリィと共有されるため、
信頼度による強化は通常のマリィと同様に適用される(一方で新たな信頼度会話などの要素は無い)。

*関連項目 [#x471a862]
[[シリーズ/モンスターハンター ライダーズ>シリーズ/モンスターハンター ライダーズ]]

[[登場人物/ヒルダ]] - 義姉