防具/ズワロシリーズ の変更点

#shadowheader(1,目次);
#shadowheader(1,目次)
#contents

*概要 [#xf3d8dc4]
-MHP3rdで初登場した防具シリーズ。同じく3rdが初出の垂皮竜ズワロポスの素材を使う。
フードのような頭装備と、マントのような胴装備の二つのみで、腕・腰・脚のズワロ装備は無い。
目深に被ったフードが、どこぞの[[潜入アクションゲーム>http://www.ubisoft.co.jp/assassinscreed/top/top.html]]の主人公に見えるとか見えないとか。
残念ながら着彩で変わるのは裏地のみなため、黄緑色の派手なフードにしかならないが。
*性能 [#yecd40ca]
**MHP3 [#m3133124]
-発動スキルは剣士・ガンナー共に体力+20と[[水耐性【小】>スキル/○耐性]]。
上位版のズワロSでも変化しない。

-モンハン慣れしていない初心者向けの装備。
[[泉質>システム/温泉]]が不十分な間は、力尽きても失われない体力+20がなかなかありがたい。
水耐性も、序盤は[[ロアルドロス>モンスター/ロアルドロス]]との交戦時期と被るため、無駄になりにくい。
防具数の少なさゆえに、要求される素材の数も種類も多くないのもポイント。
何度か[[猪>モンスター/ブルファンゴ]][[狩り>モンスター/ドスファンゴ]]をした後、ぶらりと[[水没林>フィールド/水没林]][[素材ツアー>クエスト/素材ツアー]]に赴けば作成できる。
また、腕・腰・足に他の防具を装備することで追加でスキルを発動できることも。

-……とはいえ、泉質が上がれば体力をスキルで補う必要もなくなってくる。
上位に上がる頃には、上限に達しているのも珍しくなくなっているだろう。
水耐性が欲しい場合でも、[[ドリンク>システム/ネコスキル]]という手がある。
よって出番があるのは最序盤の、しかもプレイヤースキルが低い頃に限定されがち。
上位版のズワロSもまったく代わり映えのしないスキルとなっているので、
尚更脚光を浴びる機会に恵まれない。

**MH3G [#q7f49ddb]
-ズワロポスとは上位以降でしか遭遇できないため、下位防具はない。
上位防具がズワロとなっており、新たにG級防具にズワロXが追加。
ズワロは[[水属性攻撃強化>スキル/属性攻撃]]と水耐性、ズワロXは[[調合成功率>スキル/調合成功率]]と、スキル編成が大きく変化している。

-ズワロは[[ヘリオス・セレネシリーズ>防具/ヘリオス・セレネシリーズ]]と組み合わせるとなかなかいい仕事をしてくれる。
水属性攻撃強化が+2になり、装飾品で破壊王を発動でき、
[[悪霊の加護>スキル/加護]]の発動を抑えつつ、さらにお守りでもう1個ぐらいならスキルを付けられる。
ただしこの場合、[[聴覚保護>スキル/聴覚保護]]は5ポイントしか得られないので
悪霊の加護のことを考えると耳栓の発動は難しくなってしまう。
基本は劣化ヘリオスだが、頭と胴を作らなくてよいので、
需要が高い上に入手難な「湾曲した龍角」と「深淵の龍玉」を使わずに済むのがメリット。
**MH4 [#y1360dba]
-再び下位装備が登場。上位装備もズワロSになる。
スキルは体力と[[回復速度>スキル/回復速度]]となった。ただし下位装備は一式揃えても体力+20しか発動しない。
また、頭にはスロットが2つ空いている。
ガンナー用はスロットが1つ増えて3つになっている他は剣士用と同様。上位ではスロットが1つ減ってしまう。
やはりモンハン初心者向けの装備の域をでず、脚光を浴びることは少ない。
--今回の[[マギュルシリーズ>防具/マギュルシリーズ]]は上位になるまで頭部と脚部が作成できず[[集中>スキル/溜め短縮]]を発動できないため、
下位で集中装備を作るためには頭部、脚部、護石で4スロット必要となる。
ガンナー用のズワロ装備ならばスロットが3つある上、
マギュル胴、腕、腰と組み合わせただけで回復速度が発動するので相性は悪くない。
---胴までズワロにすれば、脚と護石でスロットが2つ必要になる代わりに体力+20も発動できる。
下位で集中を発動させつつ他のスキルを併用できる数少ない組み合わせなので、
一考の余地はあるだろう。

-男性装備限定だが先輩装備とでも言った風体の[[&color(Gray){白フード};と&color(Red){赤フード};>防具/フルフルシリーズ]]との共演が実現している。
%%目深フードが集会所の一角でテーブルを囲む姿は、創作物で見かける[[ヤバい品物>アイテム/強走薬]]を取引する売人の様。%%

**MH4G [#y1360dba]
-ズワロXシリーズが復活、スロットは上位と同じく頭に2スロのみ。
スキルは順当に強化され回復速度+2と体力+20となった。
--…とはいえ、もはやここまで来るとどちらも有り難みがあるスキルとは言い難い。
G級序盤の壁となるモンスターが多用する水属性に対する耐性はどちらも+4とかなり高いのが救いか。

**MHX [#c8828b49]
-今回もズワロポスとは上位以降でしか遭遇できないため、下位防具はない。
スキルは[[水属性攻撃強化>スキル/属性攻撃]]と[[回復速度>スキル/回復速度]]。
胴部位の水属性攻撃のポイントが多いので、使うならこれくらいだろうか。

**MHXX [#ld577a10]
-G級のズワロXシリーズが順当に続投。
スキルは上位と同じく[[水属性攻撃強化>スキル/属性攻撃]]と[[回復速度>スキル/回復速度]]。
スキルポイントが増えて発動させやすくなっている。
今回は回復速度の需要が増しており、頭部位最高の+6(+スロット1)ポイントを持つズワロXフードが
混合装備用にお呼びがかかる事もある。

**ズワロネコシリーズ [#rfde2bc5]
-ズワロポスやハンター用のズワロシリーズと共に、MHP3にて初登場となったオトモ用武具の一つ。
デザインも可愛らしい仕上がりとなっている。

-カエルをモチーフとした頭巾「ズワロネコフード」と緑色が映える「ズワロネコマント」、
そして武器としてはズワロポスの端材を贅沢に使って蓮の葉を模した「ズワロネコリーフ」。
一式纏めて装備すると、まるでカエルをイメージした合羽を着込んだかのような姿となる。
元々ズワロポスの皮などは防水性に長けており、雨具としても利用されているらしいが、
その設定が大いに活かされた装備であると言えよう。
説明文によれば「雨の日も安心。」、そして「雨天決行!」のキャッチコピーで大人気を博したという。
&color(Silver){4で現れた[[&color(Silver){カエルっぽいヤツ};>モンスター/テツカブラ]]とは大違いである。};
--その防水性のおかげで水属性に対しては強い。しかし元々の防御力が低いので過信は禁物。
-
--MHXでは上位からの登場。防御力がアシラと同等にまで強化された。
武器はブーメラン特化と時代ニーズにあった方向性だが、残念ながら[[某Sネコ銃槌>防具/ハプルシリーズ#ga56ecb6]]の完全下位互換。

-どんぐりシリーズと同じく、ハンターもズワロシリーズを着込むことでペアルックになれる。
ギルドカードのネタには良いかもしれないが、流石にそのまま狩猟に出向くのはオススメしない。
プーギーも入れるとすれば、「カエルのマーチ」を着せる事で、装備のデザイン的にもお揃いにする事ができる。

-防具の着彩設定にも対応している。
カエルのフードの眼に当たる部分と、
コートの下に着ているシャツがカラー変更に対応。
もちろんハンター用と同じように防具全体を変更したかった、というあなたも''決して間違ってはいない。''
*関連項目 [#h4c16c29]
[[モンスター/ズワロポス]]

[[登場人物/ハッハッハッハー!の人]] - にた様な装備を身に着けた同作でデビューした人物。