編集差分ログ

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
2022-05-24(火) 22:48:002QCvh89a1NC54Hzfedit
新たにロビー(MHWorldで言う集会エリア)のオン・オフラインの切り替える役割も担うようになった。 新たにロビー(MHWorldで言う集会エリア)のオン・オフラインを切り替える役割も担うようになった。
2022-05-24(火) 22:40:062hPZKdsnz7OhJSqedit
---Type 2230/2242/2260/2280/22110の何れかのサイズであること ---Type 2230/2242/2260/2280/22110の何れかのサイズ((端子部分の幅が22mm、長さは30mm/42mm/60mm/80mm/110mmのいずれか))であること ---ヒートシンク込みのサイズが幅25mm、高さ11.25mm以内に収まっていること ---ヒートシンク込みのサイズが幅25mm、高さ11.25mm以内(基板上方8mm以内、基板下方2.45mm以内)に収まっていること ただ、推奨スペックを満たす製品となるとかなり高額であり、 推奨スペックを満たす製品となるとかなり高額であり、 なお、横置きの場合は''正しい横置き状態(スタンドを用いている状態)''で、 ちゃんと光ディスクの表裏がすぐ分かる位置にUltra HD Blu-rayドライブが存在する格好となる。((具体的には上向きになる。)) なお、横置きの場合は''正しい横置き状態(スタンドを用いている状態)''で普通に光ディスクの表裏がわかる形(上向き)になっている。 ディスクの表裏込で挿入方法の指示が出てくるため、わかりやすい。 ディスクの表裏込で挿入方法の指示が出てくるためわかりやすい。 縦置き時にUltra HD Blu-rayドライブが左向きな点に違和感を感じるかもしれないが、 ''横置き時の左側が縦置き時の底面になることによる影響''なのである。((PS2~PS4では縦置き時の底面は横置き時の右側であった))
2022-05-24(火) 22:15:211sJrq7Vx2n0BANhVedit
:陸海竜の鱗|ラギアクルス陸征種の鱗。 :陸海竜の骨|ラギアクルス陸征種の骨。 :陸海竜の爪|ラギアクルス陸征種の爪。 :陸海竜の土崩玉|ラギアクルス陸征種が持つ玉石。
2022-05-24(火) 21:52:23sEgQPmf36Qz2TQWedit
火山で鉱石を採掘し、あとはランポスの皮やゲネポスの鱗を手に入れればパラディンランス改までは強化可能。だがこの段階では攻撃力も高くなく、斬れ味も短い緑と微妙な性能。 火山で鉱石を採掘し、あとはランポスの皮やゲネポスの鱗を手に入れればパラディンランス改までは強化可能。 だがこの段階では攻撃力も高くなく、斬れ味も短い緑と微妙な性能。 だが要求素材は鉄鉱石120個にマカライト鉱石42個、大地の結晶30個を要求される。とても片手間で作れるようなシロモノではない。 おまけにバベルからの撃竜槍系、ランパートからの鋼殻鉄騎槍系に派生強化できるのだが、そのどちらにもさらに鉱石が要求される。 だが要求素材は鉄鉱石120個にマカライト鉱石42個、大地の結晶30個を要求される。 とても片手間で作れるようなシロモノではない。 おまけにバベルからの撃竜槍系、ランパートからの鋼殻鉄騎槍系に派生強化できるのだが、 そのどちらにもさらに鉱石が要求される。
2022-05-24(火) 21:44:01GTtlT2c23MLJSzledit
火山で鉱石を採掘し、あとはランポスやゲネポスの鱗を手に入れればなんと最初から作成可能。 攻撃力414、長めの緑ゲージと完全にバランスが崩壊してしまう強さを誇る。 ただし要求素材は尋常ではない数の鉄鉱石とマカライト鉱石を要求される上に、 強化途中の武器が斬れ味に難を抱えたものが多いために妥協もしにくいという難点がある。 火山で鉱石を採掘し、あとはランポスの皮やゲネポスの鱗を手に入れればパラディンランス改までは強化可能。だがこの段階では攻撃力も高くなく、斬れ味も短い緑と微妙な性能。 -バベルまで強化すれば攻撃力は414まで伸び、緑ゲージも長くなる。 だが要求素材は鉄鉱石120個にマカライト鉱石42個、大地の結晶30個を要求される。とても片手間で作れるようなシロモノではない。 おまけにバベルからの撃竜槍系、ランパートからの鋼殻鉄騎槍系に派生強化できるのだが、そのどちらにもさらに鉱石が要求される。
2022-05-24(火) 20:43:35sEgQPmf36Qz2TQWedit
もっとも、[[棍棒>武器/金獣棍]]で斬り落としたりするので今更だが… MH3~MH3Gまでは盾で殴ると無属性の打撃、剣で斬ると属性効果を有する斬撃と分けられた。 もっとも、[[棍棒>武器/金獣棍]]で斬り落としたりするので今更だが…。 MH3~MH3Gまでは盾で殴ると無属性の打撃、剣で斬ると属性効果を有する斬撃と分けられた。
2022-05-24(火) 20:42:44sEgQPmf36Qz2TQWedit
-使用後は回避、回転斬り、水平斬り(MH3~)、旋刈り(MHRise)に繋げることができる。 -使用後は回避、回転斬り、水平斬り(MH3~)、旋刈り(MHRise)に繋げることができる。 MH4からは盾攻撃にも属性が乗るようになったが、盾が打撃であるためにP2Gの方がマシである。(肉質が斬>打のモンスターが非常に多いため) MHFでは当初はMHP2Gまでと同じ仕様だったが、シーズン10アップデートより盾が打撃属性になった。 MH4同様、属性は盾にも乗る。 MH4からは盾攻撃にも属性が乗るようになったが、盾が打撃であるためにP2Gの方がマシである (肉質が斬>打のモンスターが非常に多いため)。 MHFでは当初はMHP2Gまでと同じ仕様だったが、 シーズン10アップデートより盾が打撃属性になった。MH4同様、属性は盾にも乗る。 &color(Silver){そしてビジュアル面でもとてもかっこ悪い}; MH3からは斬り降ろし・横斬りからAで水平斬り→斬り返し→回転斬りへと繋がるようにもなった((モーション値も斬り返し側の方が高い。))。 MH3からは斬り降ろし・横斬りからAで水平斬り→斬り返し→回転斬りへと繋がるようにもなった((モーション値も斬り返し側の方が高い))。 モーション値が時間に対して非常に低い事から弾かれ無効という利点を差し引いても片手剣を使い慣れた人はほぼ使わない、いらない子扱いな技であった。 モーション値が時間に対して非常に低い事から、弾かれ無効という利点を差し引いても 片手剣を使い慣れた人はほぼ使わないいらない子扱いな技であった。 -これ以降、剣盾コンボについては(それまで以上に)厳しい目線が注がれるようになった。 - これ以降、剣盾コンボについては(それまで以上に)厳しい目線が注がれるようになった。 一段目の盾殴りの次で回転斬りになりバックナックルを出せないようになっている((ちなみに水平斬りでも斬り返しにならずに回転斬りになる。))など、 一段目の盾殴りの次で回転斬りになりバックナックルを出せないよう...
2022-05-24(火) 20:39:101c7sdfxp46Y9DaJmedit
[[武器/ブレイズライフル]] - 同じく徹甲ライトの後輩。こちらは低い会心率が物理性能の足を引っ張っているため、より爆殺特化。
2022-05-24(火) 20:20:411LRia3AMxec14qyedit
--ベクトルこそ違えど、上述の「いい機会だから全スタイルから盾コンをオミットすべきだ」という意見が まさか実現するとは夢にも思ってなかっただろう。
2022-05-24(火) 20:06:494Qy8SRxuZMp8wqkedit
-アーキテクチャはPS4シリーズと同様、PCと同じモノが採用されているが、 -アーキテクチャはPS4シリーズと同様、PCと同じ「x64アーキテクチャ」が採用されているが、 SSDにはカスタマイズされたM.2 NVMe SSD PCI Express4.0 4レーンが採用されており、 --プロセッサはPS4時代と同様、CPUとGPUを1チップ化したプロセッサ「APU」((AMDが開発したプロセッサの呼称で、命名者はAMDである。))を採用しており、 内、CPUとしてAMD Zen2 マイクロアーキテクチャをベースとしたカスタム品を搭載、 仮想マルチスレッド技術にも対応しており、8高性能コア、16スレッド((スレッドを簡単に例えると、作業スペースの数である))を有している。 PS4のCPUと比較すると、1チップで8個の高性能コアを搭載し、 更に仮想マルチスレッド技術によってスレッド数が倍になったと言った感じであるが、 クロック周波数も向上、2GHz前後が限界であったPS4のCPUと異なり、 可変クロック方式で最大3.5GHzで駆動可能という、大幅な性能向上を達成している。 一方、GPUはAMDが汎用的な処理が出来る従来路線から転換、 ゲームに特化した設計として、新たに開発された「RDNAアーキテクチャ」をベースとした、 最大36基、可変クロック方式のカスタムGPUを搭載、最大2.23GHzで駆動する仕組みとなっている。 これによって、プログラム面では、PS4以上にパワフルな処理を実行することが可能になり、 グラフィック面ではPS4の約1.8TFLOPSから大幅に向上した、 約10TFLOPSによる強力な描画パワーによって、後述する解像度、描画フレームの需要に応えている。 --メモリとして、16GB GDDR6規格のメモリを採用している。 この容量は前世代機であるPlayStation4のメインメモリ8GBの2倍に相当するモノで、 このメモリも、4K解像度の映像出力を可能とするパワーを提供している。 なお、PlayStation4時代と...
2022-05-24(火) 19:51:473zu3BMpmFu1MX9gedit
//&color(Silver){一部ではMH4Gでギルドクエストのやり取りをしていたせいなのか、何故か彼の復帰そのものが}; //&color(Silver){ギルクエや極限化の復活の伏線ではないかと戦々恐々しているハンターもちらほらと...}; --因みにMHRiseでは登場したNPC全てに固有の名前が付けられている。 もちろん先述した「郵便屋のセンリ」もその一人なのだが、 こちらの郵便屋さんにもそうした固有名が付けられる、もしくは判明する可能性もあり、 郵便屋さんを含めた旧キャラのファンから注目されている。
2022-05-24(火) 19:47:034Qy8SRxuZMp8wqkedit
CPUとしてAMD Zen2マイクロアーキテクチャベース((PCに変換すると、AMD Ryzen 3000及び4000シリーズが該当する。))の、 8個の高性能コアを搭載したモノが搭載、仮想マルチスレッディング技術によって16個のスレッド((スレッドを簡単に例えると、作業スペースの数である。))を有し、 クロック周波数は可変で最大3.5GHzで稼働する仕組みとなっている。 CPUとしてAMD Zen2マイクロアーキテクチャ((PCに変換すると、AMD Ryzen 3000及び4000シリーズが該当する。))をベースとし、 そこに独自カスタムを施した、8個の高性能コアを搭載したモノが採用されている。 これだけ見ると、PS4のCPUとコア数が同じ故に「性能が向上しただけ」に見えるが、 このCPUは仮想マルチスレッディング技術にも対応、16個のスレッド((スレッドを簡単に例えると、作業スペースの数である。))を有し、 PS4のCPUの2倍に相当するスレッド数を確保、より強力な処理演算が期待できるモノとなっている。 クロック周波数も大幅に向上し、可変式で最大3.5GHzで稼働する仕組みである。 カスタマイズGPUが搭載、合計36個の処理演算ユニットを備え、最大2.23GHzで稼働する。 これによって、処理面では強力なCPUによる処理演算が期待でき、 グラフィック面では、PS4の約1.8TFLOPSから大幅に向上した、 カスタマイズGPUが搭載、合計36基の処理演算ユニットを備え、 こちらもクロック周波数は可変で、最大2.23GHzによる稼働が可能となっている。 これによって、グラフィック面ではPS4の約1.8TFLOPSから大幅に向上した、
2022-05-24(火) 19:44:293N6MkroO4kmKGo6Sedit
とはいえその手のモノはキッチリ絞られているうえ、そう簡単にはいかない。 たまに投入した装飾品がそのまま帰ってくる%%嫌がらせに遭う%%こともある。 とはいえその手のモノはキッチリ確率が絞られているので連続100回ほど回して1~2個出るかどうかのレベル。 たまに投入した装飾品がそのまま帰ってきたり殆どが毒珠に変換される%%露骨な嫌がらせに遭う%%こともある。
2022-05-24(火) 19:23:421zNjPVUX1hrs9gO5edit
残念ながら火力ランキングでは全武器中最下位。以下にその要因を述べる。 残念ながら火力ランキングでは全武器中最下位だといわれている。以下にその要因を述べる。
2022-05-24(火) 19:18:473DUvRn5e4y0Y5O6Tedit
-ちなみにサンブレイクの拠点であるエルガドには[[郵便屋さん>登場人物/郵便屋さん]]の存在が確認されているため、 相変わらず''飾りだけは''出演が確定している。 -ちなみに[[郵便屋のセンリ>登場人物/カムラの里の住人#zf253715]]の挟み箱にクルペッコの飾りが付いていたり、 サンブレイクの拠点であるエルガドに[[郵便屋さん>登場人物/郵便屋さん]]が登場したりと、 相変わらず''ミニチュアだけは''出演している。
2022-05-24(火) 19:08:5825imVqV93VBXJwfAedit
ガンランスは高い部類に位置しており、中には''弓とライトボウガンに次ぐ3位''だったという報告さえある。 ガンランスは高い部類に位置しており、中には''弓とライトボウガンに次ぐ3位''だったという報告さえある((海外有志による350狩猟、計測者自身は含めていない野良1000人分(うちガンサーは50人)の集計。))。
2022-05-24(火) 18:31:29sEgQPmf36Qz2TQWedit
-今作では初期武器がカムラノ~シリーズであり、入手には購入または生産が必要になる。 -今作では初期武器がカムラノ○○シリーズであり、入手には購入または生産が必要になる。
2022-05-24(火) 18:28:36sEgQPmf36Qz2TQWedit
*概要 [#j1d1ce04] -MH2の「討伐隊正式銃槍」を初代とする由緒正しき武器群。 MH2の「討伐隊正式銃槍」を初代とする由緒正しき武器群。 *概要 [#j1d1ce04] 一定の強化を重ねると黒塗りの素地に金色の装飾が施されるようになる。(ヘビィボウガン除く) 一定の強化を重ねると黒塗りの素地に金色の装飾が施されるようになる(ヘビィボウガン除く)。 -MHWorldでは舞台が違うためか登場を逃し、MHRiseで復活したのだが、 このMHRiseでの復活に当たってヘビィボウガン以外はデザインが変更されている。 -MHW(:I)では舞台が違うためか登場を逃した。 次作MHRiseで復活したのだが、この際にヘビィボウガン以外はデザインが変更されている。 [[武器/鉱石武器]] - ここから派生することが多い。 [[武器/鉱石武器]] - ここから派生することが多い
2022-05-24(火) 16:55:382sjqdZj2LKF6rRnedit
- ターゲットの1頭目については調査レポート入手段階である程度目星が立てられるが、 -ターゲットの1頭目については調査レポート入手段階である程度目星が立てられるが、 追加登場するモンスターにしても、場合によっては[[予想外>モンスター/バゼルギウス]][[の奴>モンスター/イビルジョー]]が設定されることも。 追加登場するモンスターにしても、場合によっては[[予想>モンスター/バゼルギウス]][[外の>モンスター/イビルジョー]][[奴>モンスター/怒り喰らうイビルジョー]][[等>モンスター/ラージャン/MHW:I以降]]が設定されることも。 -現在はイベントクエスト「納品、ついでに痕跡」で危険度2の痕跡が、 -現在は上位のイベントクエスト「納品、ついでに痕跡」で危険度2の痕跡が、 ただし、例によってイベントクエストは週代わりなので、集めるなら一気に集める必要がある。 %%ただし、例によってイベントクエストは週代わりなので、集めるなら一気に集める必要がある。%% 2022/5現在、これらのイベントクエストも常時配信状態となっており、時期の制限はない。 -それにしても調査レポートを「発見しました」というのは一体どういうことであろうか。 痕跡やモンスターとの交戦によって発見する以上、フィールドかモンスターに残されていたということになり、 誰が何の目的でそんなところに置いたのか不可解である。 事故で落としたと考えても部位破壊したモンスターから「発見」される状況は相当に考えづらい。 あるいは事後に主人公又は編纂者が記載しているのを「発見」と呼んでいるのかも知れない。 (そうだとすれば非常におかしい表現ではあるが…)
2022-05-24(火) 16:54:49lyPmyEE1NC54Hzfedit
-流転突きの2回目(80)やその後の飛び込み突き(90)、突進のフィニッシュに段突き(35+60)よりは -流転突きの2回目(80)やその後の飛び込み突き(90)、突進のフィニッシュ二段突き(35+60)よりは
2022-05-24(火) 16:29:58w8kMx682Fxum0Znedit
-RISEより追加された溜め攻撃。正式名称は『溜めなぎ払い』 -MHRiseより追加された溜め攻撃。正式名称は『溜めなぎ払い』
2022-05-24(火) 16:29:524MOtC2gN2Ie9q3svedit
ただし溜め段階が1以上にねっていると30%しか軽減できなくなる。 ただし溜め段階が1以上になっていると30%しか軽減できなくなる。
2022-05-24(火) 16:22:29sEgQPmf36Qz2TQWedit
-[[ババコンガ>モンスター/ババコンガ]]がバインドボイスを発するのは、怒った時ではなく腹が減った時である。 --[[ババコンガ>モンスター/ババコンガ]]がバインドボイスを発するのは、怒った時ではなく腹が減った時である。 前者は咆哮後にダメージ判定ありの顎を叩きつけ(MHP3~MHXXはダメージ判定無し)、 前者は咆哮後にダメージ判定ありの顎を叩きつけ(MHP3~MHXXはダメージ判定無し)、 -ちなみに「[[咆哮>BGM/森丘戦闘BGM]]」というタイトルのBGMも存在し、リオレウスのテーマ曲となっている。 //%%そもそも攻撃判定が無いのに吹っ飛ぶこと自体おかしな気もするが…%% //P2Gのラージャンがいる以上攻撃判定ない=吹っ飛ばないはずというのはツッコミとしておかしい デルクスなどの音爆弾に反応がある小型モンスターも同様なのでモンスターの咆哮時に音爆弾と同様の判定が発生しているのだろう。 デルクスなどの音爆弾に反応がある小型モンスターも同様なので、 モンスターの咆哮時に音爆弾と同様の判定が発生しているのだろう。 -ちなみに「[[咆哮>BGM/森丘戦闘BGM]]」というタイトルのBGMも存在し、リオレウスのテーマ曲となっている。 --また耳栓5を付ける場合、強咆哮に伴うSwitchのバイブレーションが起きなくなり、通常の咆哮と挙動が同じになる。 --また耳栓5を付けた場合、強咆哮に伴うSwitchのバイブレーションが起きなくなり、通常の咆哮と挙動が同じになる。 MH4シリーズにおける風圧【大】の仕様((龍風圧を「風圧【大】相当にランクダウンさせる能力があった」))のように 「「強咆哮」を低レベル相当の咆哮に置き換える」効果なのかもしれない。 MH4シリーズにおける風圧【大】の仕様((龍風圧を「風圧【大】相当にランクダウンさせる」能力があった))のように ''「強咆哮」を低レベル相当の咆哮に置き換える''効果なのかもしれない。 --防御動作は防音の無効より優先されるため 回避上手を付けると防音の恩恵が薄...
2022-05-24(火) 16:21:291vpMQLTMuh1a4MOedit
%%巧みな講義で[[&color(black){説得するのかも知れない};>オトモ/オトモダチ]]。%% %%巧みな講義で[[&color(black){%%説得するのかも知れない%%};>オトモ/オトモダチ]]。%%
2022-05-24(火) 16:20:351vpMQLTMuh1a4MOedit
%%巧みな講義で[[説得するのかも知れない>オトモ/オトモダチ]]。%% %%巧みな講義で[[&color(black){説得するのかも知れない};>オトモ/オトモダチ]]。%%
2022-05-24(火) 16:17:343cnJnzW9F3ZBGJeedit
また、カウンターという名前の通りガード後は攻撃動作にしか派生できず、 いずれもそれなりにモーションが長い。 とりあえずで攻撃を防ぐ為に使うと反撃を受けてしまう事もある。 ガード後は攻撃動作にしか派生できず、いずれもそれなりにモーションが長い。回避動作には移行できない。 用心すべきは多段攻撃で、1発目は防げるが2発目は確定でダメージを食らってしまう。 しかしこの排気は、ガード成功時には何故か行われない。 しかしこの排気は、ガード成功時には何故か行われない。%%かっこ良さ重視の演出なら結構結構。%%
2022-05-24(火) 15:56:15sEgQPmf36Qz2TQWedit
ウォーハンマーのフォルムはそのまま黒地に金縁のカラーリングに龍の紋章など、 ウォーハンマーのフォルムはそのまま黒地に金縁のカラーリングと龍の紋章など、
2022-05-24(火) 15:51:52sEgQPmf36Qz2TQWedit
-見た目は[[アイアンハンマー>武器/アイアンハンマー]]の色違いで、 金色に輝く麻痺属性のハンマー。 -見た目は[[アイアンハンマー>武器/アイアンハンマー]]の色違いで、金色に輝く麻痺属性のハンマー。 - ちなみに、[[きんねこハンマー>武器/きんねこハンマー]]のG級強化先である[[きんねこクラッシャー>武器/きんねこハンマー]]は --ちなみに、[[きんねこハンマー>武器/きんねこハンマー]]のG級強化先である[[きんねこクラッシャー>武器/きんねこハンマー]]は また、&color(silver){同じ金色だからか};[[金火竜>モンスター/リオレイア希少種]]の堅殻と古龍の浄血を要求されるため、 また&color(silver){同じ金色だからか};[[金火竜>モンスター/リオレイア希少種]]の堅殻と古龍の浄血を要求されるため、 オマケに制作時期は前段階のクロガネⅡと並んでおり、ここでは勝ち目がない。 オマケに制作時期は前段階のクロガネIIと並んでおり、ここでは勝ち目がない。 時期もイヴァルカーナ後の紅蓮滾るバゼルギウスでたったの1~2クエスト分しか差がない。 時期もイヴァルカーナ後の紅蓮滾るバゼルギウスでたったの1~2クエスト分しか差がない。 --しかしこれも前段階……の更に前段階であるクロガネⅠが強力で、 --しかしこれも前段階……の更に前段階であるクロガネIが強力で、 大鬼鉄IIは古龍の血2つ、クロガネⅢは古龍の浄血をなんと6つも要求され、 製作には必然的に古龍との連戦が求められ、その結果他の強力なハンマーを作る素材が揃いかねない… という点も不利を後押しする。 大鬼鉄IIは古龍の血2つ、クロガネIIIは古龍の浄血をなんと6つも要求され、 製作には必然的に古龍との連戦が求められ、 その結果他の強力なハンマーを作る素材が揃いかねない…という点も不利を後押しする。 &color(Silver){…[[&color(Silver){防衛隊武器};>武器/防衛隊武器]]に目を瞑れば、の話だが。}; &color(...
2022-05-24(火) 15:46:10sEgQPmf36Qz2TQWedit
別派生であることもあったが近年では鬼鉄がアイアンハンマーの強化系であることが多い。 別派生であることもあったが、近年では鬼鉄がアイアンハンマーの強化系であることが多い。 ウォーハンマーのフォルムはそのまま黒地に金縁のカラーリング、龍の紋章などと ウォーハンマーのフォルムはそのまま黒地に金縁のカラーリングに龍の紋章など、 竜骨の持ち手に殴打部は大きめで太短い円筒状の鎚頭になった。 竜骨の持ち手に、殴打部は大きめで太短い円筒状の鎚頭になった。 **MHX・MHXX [#fd25d5d5] **MHX(X) [#fd25d5d5] まとめて[[真名バアラトゲバル>武器/宝鎚の金属器]]に食われていると言わざるを得ない。 作成難度や時期で差別化しよう。 まとめて[[真名バアラトゲバル>武器/宝鎚の金属器]]に食われていると言わざるを得ない。作成難度や時期で差別化しよう。 ウォースタンプ系よりさらにスロットに秀で、 上位ガムート素材で作成できるLV3時点でスロット3を持つ。 ウォースタンプ系よりさらにスロットに秀で、上位ガムート素材で作成できるLV3時点でスロット3を持つ。 一応斬れ味レベル+2で白ゲージも出現するが、 ゲージの長さ的にその運用はあまり向いていない。 一応斬れ味レベル+2で白ゲージも出現するが、ゲージの長さ的にその運用はあまり向いていない。 [[武器/鬼鉄]] - 鉄鎚仲間。金色のアイアンハンマー。難読武器のひとつ。 [[武器/スパイクハンマー]] - 鉄鎚仲間。ハリの実と金属で作られたトゲトゲ鉄球型。 [[武器/激鎚オンスロート]] - 鉄鎚仲間。アンヴィルハンマーの強化銘。金床型。 [[武器/バインドキューブ]] - 鉄鎚仲間。金属のカゴに雷光虫を潜ませる。 [[武器/工房試作品ガンハンマ]] - 鉄鎚仲間。回転式弾倉モチーフ。 [[武器/工房試作品撃龍鎚]] - 鉄鎚仲間。撃龍槍機構付きの浪漫型。MHF産。 [[武器/ブレス・コア]] - 鉄鎚仲間。さびた塊産。 [[武器/パルセイト・コア]] - 鉄...
2022-05-24(火) 15:38:463Y64tQ513u3anOfBedit
他のゾラ武器と同様会心率と斬れ味がネックなので、攻撃力と属性値は高い。 他のゾラ武器と同様会心率と斬れ味がネックだが、攻撃力と属性値は高い。
2022-05-24(火) 15:37:26sEgQPmf36Qz2TQWedit
ただし、怒り状態にどこまでもハンターを追尾する仕様は隣のエリアくらいまでならやんわりと追ってはくるものの、 サブエリア等を駆使して全力で逃げれば諦める程度には緩くなった。 ただし、怒り状態にどこまでもハンターを追尾する仕様はラージャンなど極一部の例外を除いてオミットされた。 一応隣のエリアくらいまでならやんわりと追ってはくるものの、 サブエリア等を駆使して全力で逃げれば諦める程度には緩い。
2022-05-24(火) 15:34:43sEgQPmf36Qz2TQWedit
-お分かりだろうか……。 何と驚天動地マグラハトは - お分かりだろうか…。何と驚天動地マグラハトは 折角の高威力も、撃つ隙が少なければ……と思うだろうが、この溜め時間は''[[集中>スキル/溜め短縮]]で短縮可能''なのである。 折角の高威力も、撃つ隙が少なければ…と思うだろうが、この溜め時間は''[[集中>スキル/溜め短縮]]で短縮可能''なのである。 ゾラ・マグタラオス捕獲作戦と誘導作戦で素材が集まり、上位昇格のプケプケと戦う前にマグダ・ラハトを作ることができる。 ゾラ・マグタラオス捕獲作戦と誘導作戦で素材が集まり、 上位昇格のプケプケと戦う前にマグダ・ラハトを作ることができる。 -何と、マグラハは本人の素材が一切用いられてないにも関わらず - 何と、マグラハは本人の素材が一切用いられてないにも関わらず 強化前では鈍器使いを発動させた運用方法も考慮された程に劣悪な斬れ味だった彼が匠で''&color(Fuchsia){紫ゲージ};が出るようになったのだ''。 強化前では鈍器使いを発動させた運用方法も考慮された程に劣悪な斬れ味だった彼が、 匠で''&color(Fuchsia){紫ゲージ};を出せるようになったのだ''。 %%そして文字数制限により名前のトは取られた、トだけに%% %%そして文字数制限により名前のトは取られた、トだけに。%%
2022-05-24(火) 15:14:3849nwQdKY41T0HGIBedit
ただし、怒り状態にどこまでもハンターを追尾する仕様はラージャンなど極一部の例外を除いてオミットされた。 ただし、怒り状態にどこまでもハンターを追尾する仕様は隣のエリアくらいまでならやんわりと追ってはくるものの、 サブエリア等を駆使して全力で逃げれば諦める程度には緩くなった。
2022-05-24(火) 15:13:523Y64tQ513u3anOfBedit
--準最高クラスの攻撃力''644'' --準最高クラスの攻撃力''644''(武器倍率280) -今作のガンランスにおいて特に強いとされる、溜め砲撃をひたすら当て続ける戦法に適した 6本ある放射レベル6のガンランスの内の一つ。 この戦法で最も重要となる斬れ味は、6本の中では普通。 -今作発売当初のガンランスにおいて特に強いとされた、 溜め砲撃をひたすら当て続ける戦法に適した放射レベル6のガンランスの内の一つ。 この戦法で最も重要となる斬れ味は、当初に存在した6本の中では普通。 -対抗馬として厳しいのは、やはり今作の最適解ともされるヴァルスピサだろう。 この戦法において最重要となる斬れ味がこちらより優秀で、なおかつスロットもこちらより一つ多い。 -対抗馬として厳しいのは、やはり今作の放射ガンス最適解ともされるヴァルスピサと[[赤龍ノ破ル槍>武器/赤龍ノ破ル槍]]だろう。 前者この戦法において最重要となる斬れ味がこちらより優秀で、なおかつスロットもこちらより一つ多い。 後者はLv4スロットに加えて覚醒能力により熔山龍の真髄、銀火竜の真髄などを付与できるのが非常に強力。
2022-05-24(火) 15:06:21rJe7MFn2dagBfpledit
実際その手に取るまでは落ち着いていたい。''&color(teal){まぁ座れよ};'' 実際その手に取るまでは落ち着いていたい。''&color(teal){まぁ座れよ};''。
2022-05-24(火) 14:58:15sEgQPmf36Qz2TQWedit
ハンターやモンスターが現在いる[[エリア>システム/エリア]]から別のエリアまで移動すること。 「エリア変え」等とも呼ばれるほか、「エリアチェンジ」略して「エリチェン」とも言われる。 -ハンターやモンスターが現在いる[[エリア>システム/エリア]]から別のエリアまで移動すること。 「エリア変え」等とも呼ばれるほか、「エリアチェンジ」略して「エリチェン」とも言われる。 MHシリーズのフィールドは番号の付いたエリアで区切られており、それを移動する行為を指す。 -MHシリーズのフィールドは番号の付いたエリアで区切られており、それを移動する行為を指す。 -MHWorldにおいては「エリア」の概念自体が大きく変わっているため、 --MHWorldにおいては「エリア」の概念自体が大きく変わっているため、 **MH~MHXX/MHF [#f2876529] この際、直前のハンターのモーション(爆弾で吹っ飛んでいる最中など)はリセットされるため、 リロード動作などをエリア移動でキャンセルする小技である、 「リロードキャンセル」や「エリアチェンジキャンセル(エリチェンキャンセル)」は非常に有名。 この際、直前のハンターのモーション(爆弾で吹っ飛んでいる最中など)はリセットされる。 これを利用し、リロード動作などをエリア移動でキャンセルする小技である 「リロードキャンセル」や「エリアチェンジキャンセル(エリチェンキャンセル)」は非常に有名。 MHP2では「BGロード」(バックグラウンドロード)、 MHP2では「BG(バックグラウンド)ロード」、 渾身の力を込めて地面を殴ることで、 ハンターを打ち上げて強制的にエリア移動させるという大技を持つ。 渾身の力を込めて地面を殴ることでハンターを打ち上げ、強制的にエリア移動させるという大技を持つ。 クエストや探索などで足を踏み入れたエリアが新たに記載されていく……といった仕様になっている。 クエストや探索などで足を踏み入れたエリアが新たに記載されていく…といった仕様になっている。 ...尤も、虫の...
2022-05-24(火) 14:58:063Y64tQ513u3anOfBedit
MHWorldで登場した[[熔山龍ゾラ・マグダラオス>モンスター/ゾラ・マグダラオス]]の素材から作られるハンマー。 #shadowheader(1,目次) #contents *概要 [#ue9baa4b] **MHWorld [#d2e0637a] -龍骨大槌から''マグダ・フロガ''へと派生する。皮ペタではなく固有デザイン。 -熔山龍武器の例に漏れず、マグダ・フロガに派生強化させる時点でいきなり''熔山龍の宝玉''を要求される。 更にその後の''活火激発マグフロガ''への強化でも[[冥灯龍>モンスター/ゼノ・ジーヴァ]]の白殻を使用するため、 この武器を最終進化させられるのはエンディング後と遅めの類。 その性能は --''攻撃力1144''(武器倍率220) --会心率&color(Red){''-20%''}; --&color(orange){''爆破属性420''}; --素で&color(green){''緑70''};、匠5で&color(Blue){''青ゲージ40''};が出現 --Lv2のスロットが1つ --防御+20 - という性能。 他のゾラ武器と同様会心率と斬れ味がネックだが、攻撃力と属性値は高い。 -MHW発売当時は爆破ハンマーは他に覚醒した[[鉱石武器>武器/鬼鉄]]だけだったのだが、 後のアップデートで炎妃龍武器や鑑定武器が実装され、 極めつけにアイスボーン発売以降は防衛隊武器が追加され%%てしまっ%%たので、こちらの出番はほぼ無くなった。 **MHW:I [#re9056d4] -マスターランクのゾラ・マグダラオスは登場しないので、代わりに[[導きの地>フィールド/導きの地]]の採取素材を用いて強化される。 最終強化の銘は''真・活火激発マグロガ''。 --''攻撃力1456''(武器倍率280) --会心率&color(Red){''-20%''}; --&color(orange){''爆破属性450''}; --斬れ味は素で&color(Blue){''青60...
2022-05-24(火) 14:44:35sEgQPmf36Qz2TQWedit
下位の無印、上位のSシリーズ、そして念願のUシリーズが復活した事で3パターン登場する。 -下位の無印、上位のSシリーズ、そして念願のUシリーズが復活した事で3パターン登場する。
2022-05-24(火) 14:32:0449nwQdKY41T0HGIBedit
デルクスなどの音爆弾に反応がある小型モンスターも同様なのでモンスターの咆哮時に音爆弾と同様の判定が発生しているのだろう。
2022-05-24(火) 12:55:132oUGXGN82V9OX9L7edit
//-ほとんど完全なロマン運用になるが、[[フルなるかみ>防具/なるかみシリーズ]]+雷神龍の魂運用に対して //適性がある数少ないナルハタタヒメ武器である。 //抜刀術【技】は発動済みなので、あとは護石で属性会心を発動してやれば、 //抜刀攻撃限定で会心率80%と雷属性57(会心時65)と、単発の属性値としてはトップクラスの打点を出せる。 //砲術や高速変形が腐るという難点はあるが、どの道フルなるかみだとどの武器種だろうが腐るスキルは出るため、 //ガード性能や攻めの守勢がまだ使えるだけマシな方だろう。
2022-05-24(火) 12:52:492tCrF1Wr3f8UulwOedit
-ちなみにサンブレイクの拠点であるエルガドには[[郵便屋さん>登場人物/郵便屋さん]]の存在が確認されているため、 相変わらず''飾りだけは''出演が確定している。
2022-05-24(火) 12:50:222oUGXGN82V9OX9L7edit
---また、氷属性のモンスターは高い確率で炎に弱く、氷耐性を守りに、炎を耐性変換で攻めに利用できるため 氷と炎の耐性が高いエスカドラはかなりマッチしている。
2022-05-24(火) 10:53:02jsLi6xx3BzA7YNedit
同様に他モンスターの咆哮によっても怯む。 その後、何故か無関係なハンターに対し怒りを向けてくるのはご愛嬌… 他モンスターの咆哮を受けても同様の反応をする。 その後、何故か無関係なハンターに対し%%理不尽にも%%怒りを向けてくるのはご愛嬌…
2022-05-24(火) 10:00:222HZygFfXSAIcBsbedit
-極小個体ならぬ、極大個体のモンスターが登場するクエストも存在する。
 -極小個体ならぬ、極大個体のモンスターが登場するクエストも存在する。
2022-05-24(火) 09:19:174jPr5NNH3zgeRl1Uedit
--MHRiseでは基本的に走ってエリアを移動する様になった。 その速度はと言うと、案の定非常に''遅い''。 ハンターの納刀ダッシュと同程度であり、当然ながら全モンスター中最遅である。 疾駆けやガルクで簡単に先回りが可能。
2022-05-24(火) 08:57:284jPr5NNH4yJWYZzdedit
サブエリアでのんびり採取していたらいきなり巨体が横切って驚く事もしばしば。
2022-05-24(火) 07:31:383zu3BMpmFu1MX9gedit
|~|[[最小雪主、あらわる!>クエスト/激走!白兎獣と狩人#mpt01k45]]|[[ウルクスス>モンスター/ウルクスス]]|
2022-05-24(火) 05:16:171jSjbMtW3eOXxWp5edit
--この行動の問題点は「普通の技であるため、二連続で繰り出す場合がある」というもの。 --この行動の問題点は「普通の技故に、複数回連続で繰り出す場合がある」というもの。