Top > 結叶野新交通


結叶野新交通

Last-modified: 2018-12-13 (木) 12:14:33

はじめに Edit

本シリーズは、既に大筋を完成させたシナリオに沿って進行します。
回が進むにつれ、かなり際どい展開が予想されますが、
本シリーズ内での一連の出来事は、現実及び本シリーズ以外のニコ鉄を含む全ての非現実とは、
一切の関係を持ちません。
上記をご理解・ご協力いただいたうえで、ご視聴をお願い申し上げます。

地域周辺の位置関係など Edit

ストーリーのメインになるマップが、結叶野と昭島を包括する矢本。その西に東瀛エリア最大の都市、汀良が位置します。
矢本の北に雪泉、東に真宮寺。それぞれマップが隣接し、更に汀良の北(雪泉の西)には白鳥、汀良の南にもまた別のマップ。
そしてそこから更に西側にも東瀛の地が続きます。
とはいえ、動画でマップとして登場するのは矢本、汀良、雪泉と、チョイ役で真宮寺や白鳥が出るぐらいなので、
今後実体として登場してくる他社や人物もそう多くはならないです。

主な登場人物 Edit

  • 北杜(結叶野新交通社長)
    かつて海軍に属した軍人で、後に空軍職員を経て結叶野新交通社長に就任。
  • Commandant Teste(結叶野新交通鉄道開発部)
    艦娘として現役だった頃は北杜の秘書艦を務めた。
    新交通では路線開発の総括を一任され、再び秘書業務にも就く。
  • Richelieu(結叶野新交通鉄道開発部)
    北杜が率いた艦隊の主要メンバーとして、戦争の終結に大きく貢献した。
    新交通では車両のやり繰りを担当する。
  • Ark Royal(結叶野新交通鉄道運行管理部)
    戦後、母国イギリスでヴィクトリア十字章を授けられた。
    一国の最高位に位置する勲章を授与された、唯一の艦娘。
  • ???
    陸軍参謀長の孫。
    実家が結叶野の東、真宮寺にあるため、昔から祖父に連れられて昭島基地を来訪してきた。
  • ???
  • ???
    ある人物の命を受け、隠密に行動する謎の少女。外見は至って普通の人間だが…。
  • ???

会社情報 Edit

タイトル位置づけうp主開発都市名(マップ種類)マイリスト最初回最新回
結叶野新交通物語ライバルHOKT矢本市(A9マップコンストラクション)
社名
結叶野新交通
資本金
X00億0000万0000円
代表者
代表取締役社長 HOKT
業種
陸運業
事業内容
自社保有の鉄道及びバスによる運送事業、不動産の売買、公共施設の費用負担
設立
1999年(ゲーム内時間)

事業方針と経営手法 Edit

  • (ゲーム内ではマップコンストラクションモードを使用)

サテライト Edit

  • 最初期
    0-開始時.png
  • Phase02
    2-終了時.png
  • Phase05
    5-終了時.png

路線図 Edit

  • 全体図
    結叶野新交通路線図
  • 結叶野新交通本線
    本線普通準急急行快速急行準特急特急
    結叶野
    新結叶野
    谷町
    二山
    平端
    矢本
    島田
    高城
    登戸
    実藤
    丘珠
    清澄
    鯵鰆
    海浜公園
    真駒内
    苔縄
    大開
    信貴
    山王
    作草部
  • 結叶野新交通本線(昭島空港方面支線)
    本線普通準急急行準特急特急
    昭島空港
    昭島口
    国分
    新結叶野
  • 結叶野新交通小平線
    小平線普通快速急行
    海浜公園
    戸越
    北小平
    小平
  • 結叶野新交通本宿線(上松川~苔縄)
    本宿線普通
    上松川
    松川台
    苔縄
  • 結叶野新交通本宿線(苔縄~汀良本宿)
    本宿線準備中急行快速急行特急
    苔縄
    中原
    石坂
    山田辺
    新百合
    豊栄
    四宮
    汀良本宿
  • 結叶野新交通朝利方面線
    朝利方面線普通準急急行
    矢本
    北矢本
    総合運動公園
    朝利

車両 Edit

7000系(IGRいわて銀河鉄道/IGR7000系) Edit

  • 結叶野新交通の開業に際し、瀛州旅客鉄道(ER)から譲渡された701系を改番・改造し、塗色を変更した通勤型車両。
  • 主な改造項目は直流化、保安装置のATC換装、運賃表示器とトイレの撤去など。ドアボタンと耐寒設備は残されている。
  • 本線の作草部延伸、小平線及び本宿線の開業、明萌電鉄との直通運転開始による大規模なダイヤ改正により、現在は結叶野~矢本の普通、朝利方面線、小平線と本宿線(上松川~苔縄)の線内運用となった。
    [添付]

20000系(西武鉄道/20000系) Edit

  • 昭島空港の将来的な需要増加を見込んで、新交通製作所が製造した最初の車両。
    8両固定編成とし、輸送力の大幅な増強を行った。
  • 本線の作草部延伸開業に合わせて、8両編成の増備と共に、新たに10両編成が新製投入される。
    [添付]

207系(JR西日本/207系) Edit

  • 本宿線開業・明萌電鉄との相互直通運転に合わせて製造。新百合~汀良本宿~象潟の地下区間を走行できるよう、先頭車前面に貫通扉を設置し、明萌電鉄ATSを標準搭載した。
    [添付]

721系(JR北海道/721系) Edit

50000系(南海電気鉄道/50000系) Edit

60000系(小田急電鉄/60000形) Edit

  • 新交通初の特急『ブルーライナー』用に製造された特急車両。地下区間対応の貫通扉と、明萌電鉄ATSを装備した。6両の基本編成と4両の増結編成からなり、昭島空港~汀良本宿では10両編成として運行される。
  • 明萌電鉄の特急型車両10000系に性能を近づけるため、営業時最高速度は100km/hに抑えられた。
    [添付]

E351系(JR東日本/E351系) Edit

M250系(JR貨物/M250系) Edit

303系(JR九州/303系) Edit

  • 明萌電鉄では唯一の4ドア通勤車両、かつ結叶野新交通直通対応車。また新交通製作所としては最初の、他社受注生産となった。
  • 基本性能は新交通の207系にほぼ近似している。
    [添付]

子会社 Edit

新交通製作所 Edit

  • 本線丘珠駅に隣接する鉄道車両製造企業。狭軌(線路幅1067mm)車両の新造・改造を請け負う。
    親会社である結叶野新交通のほか、直通先である明萌電鉄の車両も製造している。