Top > 赤羽葉子 > 詳しく知りたい


赤羽葉子/詳しく知りたい

Last-modified: 2019-09-15 (日) 10:56:19

エピソード Edit

  • 相方のとは仲が良く、始動前からPUBG等を一緒にプレイしていた。通話してる時にはいつも「だめだぞぉ」みたいなことを言って落ちていたらしい。ただのいわながFamやんけ!ちなみに叶がそれを真似て「だめだぞぉ」落ちした際には「うわきも」と辛辣な反応を見せたとか。
    • なおデビュー前のPUBGプレイには当のいわなが氏も参加していたのだが、自キャラと離れたところで突然あの絶叫を上げた赤羽に事情が分からないいわなが氏は狼狽していたらしい。
  • 相方が初配信を行う裏でTwitterで早速百合芸を披露。見事にリリちゃんとむぎむぎの二人を絡めとった。
    • そして初配信にも関わらず、ドン勝するまで寝れませんを決行した相方に付き合い、いつまで経ってもドン勝できない相方に対してハッシュタグのみのツイートをしてにじさんじの狂気っぷりを見せつけていく。むぎむぎ逃げて。そしてリリちゃんは傍観してないで助けてあげて…
  • SCPに対して造詣があるらしく、そうした理由から、プレイしたいゲームとしてロボトミーコーポレーションを上げた。
  • ドキドキ文芸部はCGコンプEDを回収するほどやりこんでいる。推しはナツキ。(参照ツイート)
  • その身長から、外出時にヒールを穿く時は注目を集めてしまうとのこと。夕陽リリは羨ましいと言いながら、「じゃあわたしがヒール履くので、そのときは葉子先輩ヒール履いちゃだめですよ!せめて同じ目線でいさせてください!!」と言っている。
    • ちなみにではあるが、夕陽リリが162cmで家長むぎが154cm。参考にされたし。
  • のサプライズでゲーマーズの3人が登場した際、嬉しさとあまりの可愛さにガチ泣きしてしまった。
  • 夏休みの宿題は燃やした
  • 叶とThe Forest(森)の配信を行った2018年6月11日から最高難度でのラスボス討伐の配信を行った7月29日までずっと森に籠もり続けていたのだが、その間ゲーム中に取れる実績はほぼ全て制覇していた。*1
    • 当人も森の生活にかなり馴染んでいたため、森を卒業した後も「森に帰りたい」「森での移動速度に比べると(自キャラのスピードが)遅い」など度々森に言及する。
    • TOKYOMXで放送されたアニメ「バーチャルさんはみている」の第7話の次回予告(という名のフリートーク)でも、The Forestのネタが用いられていた。
初配信(2018/05/25)
第2回配信(2018/06/11)
  • Don’t Knock Twiceのプレイ配信では、The Forestとは打って変わって怪異に怯える赤羽という珍しい姿を披露した。原住民とオカルトでは勝手が違うらしい。
  • 一人称は「アタシ」、あだ名はようちゃん、というのが太古の記憶らしい。当然本人はすっかり忘れていた。
    • 消えた設定としてまさかの「百合好きの同人漫画家」なるものがあったとか。えぇ……
  • Twitterで月ノ美兎の名言付きファンアートがまわってきて本人の配信を見たことがきっかけでにじさんじのオーディションに応募し、その時にゲーマーズを作ろうとしていたCOOいわながからお誘いを受けてゲーマーズとしてライバーデビューを果たした。
    • ちなみにオーディションに応募する際、「特技:デスボ」と書いていわながにツッコまれた。
  • 2018年冬のコミックマーケット2日目にサークル参加していた(事前にいちからの許可あり)。本人の発言から、少なくとも売子や会計等の声を出す機会のあるような役割はやっていない模様。
  • 1度だけだが、叫び声でマイクを壊してしまったことがあるらしい。
  • 中身はおっさんとのことだが、「MIX UP!!」#7では共演した更なるやべーやつに押され気味だった。
  • 配信頻度の関係から仲が良いといえるVtuberの友達がいなかった。しかし、、皆守ひいろ、ふくやマスターとの4人で結成される「くれいじー戦隊」配信を経て皆守ひいろという友達を作ることに成功。Twitterでも互いによくリプを送り合うようになった。
  • 2019年のセンター試験を高校3年なのに忘却していた
  • 2019/05/12のにじさんじ格付けチェックに置いてチーム叶え葉で出場したが、全問不正解。まさかの逆パーフェクトを達成し映す価値なしになってしまった。
  • 爪を剥ぐ拷問かわいい女の子のゲス顔腹パンが性癖。
  • Project Winterコラボでは、拠点に近い場所で殺しを行ってバレる、誤ってチェストにトランシーバーを入れる、トランシーバーと間違えて全体トークで話をしてしまう、などのポンコツぶりを発揮した。
  • 毎週叶え葉をするらしいしかもホラーゲーム果たして本当にするのだろうか。

名言 Edit

主な関連人物 Edit

  • 叶
    一緒にデビューした同期。コラボ詳細は叶え葉を参照。
    • 実は表で絡んだ回数はそこまで多くないが、強い信頼関係で結ばれている。というか全体的に思考が近い。
      • 具体的に言うとゲームの日新衣装の際に何も示し合わせていないのにコンセプトが軍服でかぶったり、前述したいちごの七夕企画でも叶は案の一つに「世界征服」を考えていたという。
    • 配信が少なくどうしても他の絡みが少ない葉子にとっては当然欠かせない存在で、正反対にコラボや交流の多い叶も定期的に彼女の大切さを語っている。
    • あまりに仲が良すぎて大型コラボ「にじさんじ格付けチェック」に参加した際は二人仲良く一度も正解することなく、最速で「写す価値なし」へ転落していった。
  • 緑仙緑仙
    基本的に他人に敬称をつける葉子が呼び捨てする珍しい存在かつ、貴重なソロコラボ相手。コラボ詳細はしかばねぱんだを参照。
    • 緑仙側も葉子を「赤羽」と呼び捨てていて、気心が知れていることがうかがえる。後に笹木咲椎名唯華を加えバンドを結成した。
    • 2019年7月・8月の配信は緑仙とのコラボばかりで、一緒にカラオケやホラーゲームなどをした。





*1 一種類だけ発見できないキノコがあったため「全種類のキノコを食べる」という実績のみ取れなかった。