「ニンジャ・サルベイション」

Last-modified: 2021-04-20 (火) 18:25:51

Togetterまとめ

◆まとめ◆#1#2#3#4#5
◆実況付◆:#1()/#2()/#3()/#4()/#5(
◆note版(要ニンジャスレイヤープラス購読)版◆全セクション

登場人物


あらすじ

ブンブンブブーンブンズーブンズー、ブンブンブブーンブンズーブンズー。
強烈なベース音の鳴り響くバーで泥酔する一人のサラリマン。彼の名はユダカ・コナタニ。

 

仕事とガールフレンドを放り出し、酒に溺れるユダカは男女の修羅場に巻き込まれてしまう。
そこへ突如正体不明の謎の男が乱入し、容赦なき喧嘩でユダカを救い出す。
その男は、ユダカのかつての親友であった。

 

「じゃあ、いいよ。久しぶりだよユダカ」
「場所変えて飲み直そうぜ。兄弟(ブロ)」

 

思いもかけぬ親友カシイとの偶然の再会。喜ぶユダカだが、カシイは更に言葉を続けた。

 

「そうか。……俺の事はキャリバーと呼んでくれ」
「キャリバー?」
「願掛けみたいなもんだよ。強そうな名前にすれば、うまくいく」

 

新たな名前を名乗り、体躯も変わったカシイを疑問に思うユダカ。その先に待ち受けるものとは……?


解説

同時連載の狂気的エピソードとは対照的な、いわゆる本作の"右"を体現した一編。
不穏な影をまといつつ、なおも儚く鮮烈に。青春を卒業しきれない無職となった未来ある若者達のノーフューチャーな旅が始まる。はたして彼らにとって「ニンジャは救い」なのか?ボンド=サン*1の冴えわたる筆致の新境地、青春・ピカレスク・国道ロードムービー!
2015年度エピソード人気投票では第9位にランクイン。

 

原作者とのIRCセッションより、元は「キング・オブ・ノーウェア」というタイトルの話だったが現在の話に変更になったという。確かに見てみるとよく似たアトモスフィアであることがわかる。

 

本エピソードは短編集「ネオサイタマ・アウトロウズ」の一編であり、ニンジャスレイヤープラスに加筆修正版が掲載されている。



「だから私、もう次はリージョンの中って言ったよね?もう許さないよ?って」

  • 爆発四散したと明言されていないならば50%の確率で生きていて残りの50%の確率で死んでいる。これが俗に言うシュレディンガーのキャリバーである。 -- 2015-04-13 (月) 02:39:01
  • この物語が救いだったか、破滅だったかは、すべてタイトルが示してくれる -- 2015-04-13 (月) 02:56:34
  • 最終セクションでこれまで読んでいた話の見方が引っ繰り返る構成のワザマエ。語る所、語らない所の絶妙なバランス感がもたらすラストがなんとも… -- 2015-04-13 (月) 03:18:58
  • ニンジャ・サルベイション、ブッダ・イーヴル -- 2015-04-13 (月) 03:40:01
  • ミカリ=サンはどんな明日を選ぶのだろうなぁ… -- 2015-04-13 (月) 05:26:18
  • 登場人物欄にも名を連ねる本編に一度も顔出ししていない癖して話題を掻っ攫っていったズルイ奴。 -- 2015-04-13 (月) 05:28:21
  • 敢えて忍殺語って言った方がいいかもしれないけど、コトダマの少ない回だった。3部アトモスフィアな -- 2015-04-13 (月) 07:21:17
  • だから私、ニンジャスレイヤー・イズ・シリアスって言ったよね?アイエエエばっかりじゃないよ?って。でも、ほんやくチームはそういう時ズルいじゃん? -- 2015-04-13 (月) 10:20:42
  • ほんやくチームはズルい奴だよな! -- 2015-04-13 (月) 12:09:50
  • ↑×6 ニンジャは救い!ブッダが悪い! -- 2015-04-13 (月) 14:44:57
  • ユダカはスゴイ奴だった。 -- 2015-04-13 (月) 14:47:50
  • ユダカはスゴイ奴だった。 -- 2015-04-13 (月) 14:54:34
  • ユダカはスゴイ!ユウタロズルい! -- 2015-04-13 (月) 14:59:38
  • 神聖ユダカ帝国な……?このエピソードーもロンゲストに接続されたりするんだろうか。とりあえずユダカ=サンはN案件に関わったしスガモ送りだろうが、デッカーコンビの身の振り方の考えとか、伏線も残して行った感じだなあ -- 2015-04-13 (月) 15:21:53
  • ムミ=サンが登場人物一覧にないのに、ユウタロ=サンが入っている。ずるいと思いませんか?あなた。 -- 2015-04-13 (月) 18:21:00
  • 画面外で爆発四散したピーコックのこともたまには思い出してあげてください… -- 2015-04-13 (月) 19:17:46
  • ピーコック=サンの散りざまを見るにレイザーエッジ=サンやデビルフィッシュ=サンは実際相当な実力者だったのでは? -- 2015-04-13 (月) 19:29:45
  • 実際クジャク・ニンジャクランのニンジャってどのくらいの実力のニンジャなのだろうか。キャリバー=サンとの戦いはさながら能力者バトルめいていたからな…ツルギ・ニンジャクランのことも気になってニューロン焼けそう。 -- 2015-04-13 (月) 20:12:10
  • ナラクはツルギ・ニンジャをキンボシって言ってたけど剣作るだけならそこまで強そうでもないよな。ソードモンガーとか多分ジツ関係ないアレだし -- 2015-04-13 (月) 20:20:08
  • ↑キャリバー=サンはニュービーだったけど、ジツが練れてきたら敵の武器を使えなくする方向になったのかも。掴み取った複数のスリケンから武器生成とか、ツラナイテタオスを何振りかの剣に分解しちまうとか、敵のブレーザーを短剣に変えて奪ってしまうとか。それこそロボニンジャ相手なら即死技になるし。地味だけど強力。 -- 2015-04-13 (月) 21:01:44
  • 個人的にはフジキド視点のパートは無かった方がよりショッギョ・ムッジョ感が増して良かった気がする。まあそれだとこの話から読み始めた人にはフジキドが突然現れて大暴れして去って行く災害的存在にしか見えなさそうだが -- 2015-04-13 (月) 21:33:34
  • ↑×3 かつてのツルギ・ニンジャは剣を108kmまで伸ばせたとかそんな妄想をしました -- 2015-04-13 (月) 21:40:34
  • ピーコック=サンも意外とカラテのあるプロフェッショナルで魅力的であった -- 2015-04-13 (月) 21:51:55
  • 掴んだものを武器にできるあたり、木の枝すら武器に・・・というところで↑4の発想はなかった。敵の無力化&自己強化とはこれぞアブハチトラズ -- 2015-04-14 (火) 00:52:49
  • あれだけヘッズのずのうを刺激したムミ=サンが居ないのはおかしいとは思いますので付け加えました -- 2015-04-14 (火) 01:04:18
  • 当初は巻き込まれ型キャラと思われていたユダカ=サンのモータルとしての屈指のスペックが徐々に紐解かれていくのが小気味よかった -- 2015-04-14 (火) 04:21:48
  • ツルギ・ニンジャはカラテ特化のニンジャだったのかも、生成した剣一本であらゆる敵を切り伏せたとか。 -- 2015-04-14 (火) 07:39:26
  • 死んだ相手の骨の中の金属をいじって剣を創りだすとか -- 2015-04-14 (火) 10:34:30
  • ↑5 能力を発動するとキス魔に? -- 2015-04-14 (火) 12:46:08
  • ヤモッチャンがオリガミ蝶で剣を奪おうとするが、キャリバーの手を離れたそれは、たちまち鉄クズに戻る…とかそんな光景を幻視した。 -- 2015-04-14 (火) 12:51:04
  • ◆重点◆キャリバー=サンの記事が出来ましたドスエ。ツルギ・ニンジャ及びキャリバー=サン単独のコメントはそちらでされるのが望ましいと思われますドスエ◆ノーティスな◆ -- 2015-04-14 (火) 16:23:56
  • ユダカ=サンのマインドセット・ジツ!天狗の狂気を一時的にセルフエンハンス! -- 2015-04-14 (火) 18:38:27
  • ユダカ=サンとカシイもといキャリバー=サン、それにミカリ=サン。三人のユウジョウはまだサヨナラしていないってことですね? -- 2015-04-14 (火) 19:04:35
  • アメリカンニューシネマめいて、刹那的でいてどこかさわやかな作品だった。サツバツ、ゼン、マッポーという要素はサイバーパンクのみならずこういった世界観も描けるのだなあ。 -- 2015-04-14 (火) 20:18:43
  • ムミとユウタロの記事は同じページにした方がいいかもな。もし作るならだけど。 -- 2015-04-14 (火) 20:30:27
  • シュモダ=サンのリンクを押すとピーコック=サンのページに飛ばされるのは非常に奥ゆかしい作りだと思います -- 2015-04-15 (水) 00:37:05
  • ユダカのイメージが最初はキョン(巻き込まれ平凡主人公)から最後は戯言シリーズのいーちゃん(一見まともだが精神は怪物)になった -- 2015-04-15 (水) 01:34:02
  • ユウタロ:ズルい男。で吹いた -- 2015-04-15 (水) 01:51:26
  • でもユウタロズルいじゃん? -- 2015-04-15 (水) 09:35:44
  • だから私、もう次は無いよって言ったよね?もう許さないよ?って。でも、ユウタロはそういう時ズルいじゃん? -- 2015-04-15 (水) 14:43:02
  • 見事なメンドクサイ女アトモスフィアなことだなぁ。 -- 2015-04-15 (水) 18:30:28
  • ユウタロはちょっといい男。そのぶんズルい。 -- 2015-04-15 (水) 19:00:53
  • いや待てよ…そもそもユウタロが男だなんて誰が言ったんだ…? -- 2015-04-15 (水) 19:45:19
  • ↑テンサイ! -- 2015-04-15 (水) 19:51:02
  • つまり、こうだ、電脳麻薬ユウタロ(彼はラリッていた) -- 2015-04-15 (水) 23:39:06
  • 頭から読み直すとすごい印象が違うな、この話。 -- 2015-04-20 (月) 16:42:55
  • 入社したばかりの新社会人も多い時期にこの話を持ってきたほんやくチームはゲイのサディスト。ニンジャだけど何かと危なっかしいキャリバーとモータルだけど話が進むごとに徐々に頼もしく思えてくるユダカとのコンビが最高だった。 -- 2015-04-23 (木) 12:27:29
  • ユダカはスガモに行くとして、キャリバーは多分生きてるよね、ツルギニンジャだし -- 2015-05-03 (日) 12:03:44
  • ヤギ前後の裏でこんな話が…これだからほんやくチームは。個人的にはキャリバー=サンはサヨナラ -- 2015-09-20 (日) 01:22:15
  • ↑途中送信な。タイプ担当ハッカーはケジメしました。ともかくキャリバー=サンが生きてたらユダカ=サンが捕まるの黙って見てるとは思えないんだよなぁ -- 2015-09-20 (日) 01:25:33
  • ↑物陰で生死の境を彷徨ってたりは・・・ないですよねぇ -- 2015-11-10 (火) 05:39:37
  • 最近書いたエピソードということは、4部のエピソードだったりするのかな? -- 2015-12-20 (日) 01:57:05
  • born slippyを爆音でかけながら読みたい -- 2016-02-26 (金) 03:24:00
  • note版は大筋は同じでも相当書き直されてるんだな、文体も書籍版の書き方になってるし書籍版向けに書き直していたのが諸事情で三部書籍に乗せられなくなったんじゃなかろうか… -- 2016-11-18 (金) 21:41:45
  • ↑「プラスに載せられたからと言って書籍に載らない訳ではない」と公式から明言されているのだなあ -- 2016-11-18 (金) 22:34:58
  • 上のほうの掴みとった複数枚のスリケンを武器に生成するという話でロボ・オオキイ地球が静止する日の混世魔王ハンズイ=サンが硬貨を剣にするシーンを幻視した -- 2016-11-18 (金) 23:24:03
  • この話は何故だか見逃して読んでいなかったが、何たるハードボイルド・アトモスフィアか。敢えてカタユデ・アトモスフィアではなくハードボイルドと形容したくなる。 -- 2018-04-04 (水) 22:01:40
  • note版のこの書き方だとキャリバー生存に変更されたように見える -- 2018-05-19 (土) 22:09:09
  • 元々連載の方でもぼかしてたし、noteの方も終盤はほとんど連載版から手直しされてないようなので…相変わらずどっちとも取れるんじゃないですかね -- 2018-05-19 (土) 23:36:28

*1 物理書籍版「キリング・フィールド・サップーケイ」のウキヨエ・コンのコメントより