アケチ・ジョウゴ

Last-modified: 2020-03-17 (火) 20:03:11

◆忍◆ ニンジャ名鑑#0276 【アケチ・ジョウゴ】 ◆殺◆
アケチ・ニンジャの子(実子か養子かは不明)、ジョウゴ親王。カナダ東部の支配を任された暴君であり、彼もまたニンジャである。髭をのばし、目は光っている。父へのコンプレックスを抱えて育った彼は、短気で猜疑心が強く、残虐である。

登場エピソード Edit

 

「ワシがアケチ・ジョウゴ。偉大なるタイクーンの唯一の子じゃ」
「滾るわ……オオケモノめ……!」


人物 Edit

  • タイクーンが支配する国「ネザーキョウ」のニンジャであり、城塞都市カメヤマの城主。漢字表記は「明智常醐」
  • 表向きにはタイクーンの実子とされており、親王としてネザーキョウ東部サスカチュワンを支配している。
    • ニンジャは子を成せないため、フィルギアをはじめ二人の血の繋がりを疑う者も存在する。タイクーンがニンジャ化する前の実子がニンジャ化したのか、あるいはニンジャを養子としたのか、その真相は実際謎めいている。
  • 父であるタイクーンに対して、冷遇されているという鬱屈と、認められたいという憧れの両方を抱いている。
  • 身辺にコショウを置いている。忍殺に猥褻は一切ないので直接的な描写こそ見られないが、コショウは四つん這いになって肘置にされたり、叩かれて顔を赤らめたり、達したりしており、そういった目的で侍らせていることは間違いないと思われる。

外見 Edit

  • 痩せて青褪めた顔に鋭く燃える三白眼を持ち、荒々しい黒い顎髭を蓄えている。また、エボシを着用している。
  • その顔は「実父」のアケチ・ニンジャには似ておらず、出所不明の噂によれば、若き日のオダ・ニンジャと非常によく似ているという。

元ネタ・考察 Edit

  • 実在の明智氏族に「常醐」「ジョウゴ」等の名前を持つ人物は存在せず、全くの創作である。
  • ただし、近い名前として明智光秀の長男の明智光慶(通称十五郎)が挙げられる(ジュウゴロウ→ジョウゴ)。
    • 光秀の実子ということで、ここからもじっているのかもしれない。

ワザ・ジツ Edit

カゲムシャ・ジツ Edit

  • 物体にかりそめの命を与えて意のままに操るジツ。
  • かつてオダ・ニンジャが用いていたジツでもあり、アケチ・ニンジャの実子が何故このジツを使えるのかは現時点では不明である。

コヒバリ Edit

  • ジョウゴ親王が扱うカゲムシャ。ジツによって動作する青銅製の巨大ロボである。
    • 痩せた黒いフレームを青銅の甲冑で覆っている。30メートル超の高さで、ケイビインのブッダ像と比べても桁違いに大きい。
    • 逆関節の脚部に嘴を備え、全体的に鳥のような印象を与える。戯れに死体を啄む描写もあり、実際鳥めいている。
  • 内部に超自然の紫の炎を燃やす炉を内蔵しており、嘴の付け根や腹部から炎を溢れさせている。
    • この炎は嘴から吹き付けることが可能であり、威力を高めてビームのように射出することも出来る。ただし、炎の充填には時間がかかる。
  • 交信珠を呑み込みカゲムシャ・ジツのコネクトを強めることで、より強力なカラテを振るうことが出来る。この際、翼のあるべき場所から異形の腕が生える。
  • 名前の元ネタは、織田信長が蒲生氏郷に下賜した駿馬の小雲雀(こひばり)であろう。

ストーリー中での活躍 Edit

「ネタバレをも惰弱にカモフラージュし、妨げておるか」

  • 「ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン」にて初登場。城塞都市カメヤマにてクセツ及び彼が連れてきたクローザーと接見した。この際、一目でクローザーの腹黒さを見抜き、彼の胡散臭さを指して「汚らわしい」「クネクネがましい陰謀のニオイ」と直球の罵倒を投げかけ、これまでクローザーの謀略を目にしてきたヘッズから喝采を浴びた。
  • さらには矢を射掛けるも、その矢を掴み取ってカラテを示したクローザーにそれ以上の追及はせず、クセツの「ギンカク」に纏わる献策を聞き入れた。
  • その後、テツバ・ドラグーンの要請を受け、彼らのWi-Fi狩りに協力する形でコヒバリ二体と手勢のウォーマスター、ゲニンらの騎兵部隊を派遣。テツバのセンシとジョウゴ軍の混成軍をもって、オオケモノ「ドリームキャッチャー」が棲むと目される谷に攻め込む。
  • ウォーマスターをはじめとする手勢の相当数を失うが、各種防衛設備を破壊したことによりついにコヒバリを突入させ、迎え撃つドリームキャッチャーと激突する。一体を倒され不利と見るや、ゲニンを犠牲にしてコヒバリとの交信珠経由のコネクトを強めることにより、自らコヒバリを操ってドリームキャッチャーを追い詰めるが、彼もまたコトダマ空間を経由しニンジャスレイヤーの力を借りて対抗する。激しい戦いの末、二体目のコヒバリも相打ちの形で破壊された。
  • 自身が直接操作していたコヒバリが倒れたことでダメージのフィードバックがあったのか、一時は血泡を吹いて痙攣していたが、程なくして息を吹き返し、オヒガンの暗黒空間で一瞬相対したニンジャスレイヤーを憤怒と共に敵として見定めた。

一言コメント

「コメントが乱れておるぞ。仕置きされたいのか」

  • この親にしてこの子あり。ということなのか、なんかもうめんどくさい人だな。 -- 2020-02-08 (土) 22:19:43
  • 漢字で書くと、常醐親王。漢字の意味は「常にバター・最上の食物」? 実在の人物でも、醍醐天皇とかいるし、まともな部類の名前か。 -- 2020-02-08 (土) 22:47:20
  • ゲイのサディストだがブッダではない -- 2020-02-09 (日) 09:14:03
  • ↑バイなだけかもしれないだろ! -- 2020-02-09 (日) 09:18:31
  • 記事作成お疲れ様な。瀕死の時に必死で助けようとしてたコショウを意味もなく八つ当たりで殺すのはやっぱ邪悪だよな。コショウは満足して死んだようだが、またどうせ新しいコショウを連れて来てはなんかのはずみに殺すんだろうと思うと・・・ -- 2020-02-09 (日) 09:19:04
  • コヒバリがヒケシゲニンを取り込んで再起動した時にかなりパワーアップしてたのはサクリファイス・ジツやオファリング・ジツと同じ原理かな。コヒバリだけじゃなくヒケシゲニンも操ってたし、その気になればゼゲン・ジツやサクリファイス・ジツも使えるってことかな。 -- 2020-02-09 (日) 09:29:28
  • やはり夜は、ドMのコショウとアケチ・ジョウゲ親王してるのだろうか? -- 2020-02-09 (日) 21:00:54
  • 親父は美女侍らせてたが、ムスコはゲイ寄りなのか?ヤンナルネ・・・ -- 2020-02-09 (日) 21:49:47
  • 説明を勘違いして、ジョウゴ=サンがコショウに叩かれて赤くなったり、達っしたりすると勘違いしてしまったwナムアミダブツ! -- 2020-02-10 (月) 05:54:29
  • 殉職したコショウに変わり、新たにギャラクシー胎内美男子コショウが隣に控えるんだ、俺は詳しいんだ -- 2020-02-10 (月) 07:43:45
  • 規模だけならケイビイン=サン以上のカゲムシャ使いなのにコメ欄の大半がコショウの話題でヤンナルネ!ここまでされる謂われはない! -- 2020-02-10 (月) 12:54:36
  • オダ・ニンジャと似ているのは…実はオダ・ニンジャの子だったりするんかな -- 2020-02-10 (月) 14:00:34
  • (あ…殿と同じ顔した息子が今日も儂に敵わぬ劣等感と尊敬の眼差しを向けてる…アーイイ…たまらない…)というアケチのプレイのために用意された存在なのかもしれない。 -- 2020-02-10 (月) 14:21:42
  • オオケモノは斃れたが、コヒバリ二体が大破、本人重傷、子飼いのニンジャ五人は死亡。イサオシといっていいんだろうか? -- 2020-02-10 (月) 19:20:18
  • ↑2 ヤンデレキャラ創作にひじょうに参考になることですね? -- 2020-02-10 (月) 19:41:19
  • よくある偉大なボスや首領の息子で、本人自体それを誇りに思ってるけど、親父が立派過ぎてこじらせてる系では? -- 2020-02-10 (月) 19:49:21
  • 超(スーパー)モーターヤブ -- 2020-02-11 (火) 00:20:45
  • ケイビイン=サンのカゲムシャはマッシヴな青銅の塊で関節などは無い感じだったけれど、コヒバリは可動部分が最初から存在していた。ジツの炎を攻撃に回すためにカゲムシャを動かすリソースを割いていたのだろうか。ムクの金属ではなく骨組みを装甲で覆う構造だったのも、動かせる質量には制限があるからか。そう考えると運用法は違えどジツ自体は同レベルだったと思える -- 2020-02-11 (火) 13:54:06
  • アイサツもできるカゲムシャ・ジツみたいに通常の人形サイズまで凝縮したらもっと強くなったりな。 -- 2020-02-11 (火) 16:41:17
  • ↑巨大ロボ並みの質量で、人間サイズの人形がニンジャの速さで動く! 空想サイエンス読本的に考えると、ものすごく強そうですね! -- 2020-02-11 (火) 16:58:35
  • 親王の配下は忠誠心が重点のようだけれど、今のところ彼はカラテは確かとはいえ正直さほどの大人物には見えない。加えて親王を讃える表現が地の文にも及んでいるようにも思えて、ネザーキョウだけにテンカンホーめいたジツの存在を疑ってしまう -- 2020-02-11 (火) 17:29:16
  • コショウとのなんやかんやからは今のところオモシロしか感じなかったけど、もしアケチにそうされてたせいで無抵抗な若い男子を痛めつけてしかそういうの発散できないとかだったら一気にグロいな。現時点で分かってる部分の親子関係が既にかなり暗黒だからいらん想像ばっかり働く -- 2020-02-16 (日) 01:08:03
  • アケチニンジャがどっちかというと織田信長のミームを強く受けているっぽいし、やはり地球側の明智光秀よろしくムーホンに走るんだろうか -- 2020-03-03 (火) 17:32:17
  • 親玉のムスコの敵幹部ポジは大抵親父とイクサする前に主人公サイド倒されるのがテンプレだが、先に親父倒されたりムーホン起こして首領名乗るパターンか? -- 2020-03-04 (水) 07:39:46
  • 実は記憶を失ったオダ・ニンジャでアケチが爆発四散したら真のカラテを取り戻す…とか思いついたが、ワンソーという大敵を控えた現在オダ・ニンジャに降臨されても扱いきれるのかという -- 2020-03-16 (月) 17:36:32
  • オダの物理肉体を改造したのがジョウゴ、とか思いついたけど、その場合どくろの杯になった頭はどうしたのか問題がある。腕?オダは4本腕だったのかもしれない -- 2020-03-17 (火) 20:03:11

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White