Top > アルマジロ


アルマジロ

Last-modified: 2019-10-13 (日) 10:29:44

◆忍◆ ニンジャ名鑑#89 【アルマジロ】 ◆殺◆
元スモトリのソウカイ・ニンジャ。
体を球状に丸め、転がって攻撃、犠牲者を圧殺する。
ボディ背面はサイバネ改造されており一切の攻撃を受け付けない。

登場エピソード Edit

 

「あの女は我々のもとには既に無い、既にな!ハハハハッ!今頃はラオモト=サンのご子息のもとよ!……悔しいか?悔しんでジゴクへ行くがよい」


人物 Edit

外見 Edit

  • 装甲ニンジャ装束で身を固める。
  • 球状に変形した状態でおおよそニンジャスレイヤーの背丈と同等の体高であり、かなりの巨体と思われる。

元ネタ・考察 Edit

  • アルマジロ(armadillo)は北米南部や南米に生息する、背面が鱗甲板に覆われた哺乳類である。
    • ちなみにスペイン語で「武装したもの」を意味する「armado」に由来する。

ワザ・ジツ Edit

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ!ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ!

  • 戦法は、身体をアルマジロやダンゴムシめいて丸めて球状に変形し、地面をゴロゴロと転がって体当たりを仕掛ける、それだけ。実際デブが笑いながら丸まって転がってただけである。
    • 丸まったままでも一応方向転換は可能。ただし相手が見えているわけではないようで、わざわざ相手の位置を確認するために変形を解く場面も。
  • 背部の強固な装甲と回転の相乗効果で大抵の攻撃は無効化できる、という触れ込みだったが……。

ストーリー中での活躍 Edit

「……しかしつまらんネタバレだったことよ!ハハッハハハ!」

一言コメント

硬質のアルマジロ装甲は無傷でコメントを弾き返してしまう。