ブラックメイル

Last-modified: 2019-12-16 (月) 02:06:16

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【ブラックメイル】 ◆殺◆

登場エピソード Edit

 

「クズめ、聞こえなかったか」


人物 Edit

  • アマクダリのニンジャ。作中では主に伝令や企業への脅迫に関わっている。
  • ゴルフボールを握って砕くなど力を見せつけて脅迫し、恐怖を植え付けるために特に理由のない暴力をふるうなど、典型的なニンジャ暴虐性を見せる。
  • サンシタではないが手際が良いともいえず、ミッション失敗は即組織内での立場を危うくすると恐れていることから、アマクダリ・ニンジャの中では比較的下位と思われる。

外見 Edit

  • 頭部もすっかり覆った黒いニンジャ装束を纏う。
  • 虹彩の無い細く黒い瞳を持ち、低く押し殺したデスヴォイスが特徴的。
  • 後頭部に生体LANを設けている。
ブラックメイルは頭巾を脱いだ。

元ネタ・考察 Edit

  • ブラックメイル(blackmail)は英語で「脅迫する」という意味である。エピソードのタイトルそのまま。
    • mailは元来「袋」を指し、中世には主に財布の意味で、郵便制度が発達した近代以降は封筒や郵便物の意味で使われている。blackmailの本来の語源は「財布を脅し取る」意味だが、近代以降はネイティブでも語源俗解的に「脅迫状を送る」という意味合いで使っている人が多い。
    • mailには異語源で「鎖帷子」という意味もあり、作中にて「黒い鎧」という形でそちらの意味とかけた言及もある。
    • maleではない。いいね?ニンジャ暴力性=男性的と捉えれば、そこに端を発する#1でのアサノの驚きへ繋がるミスリード案件のミーミーも含まれている可能性もあるか。
    • 作中で連絡手段として黒いマキモノを用いており、単なる「黒い手紙」という意味も掛かっているか。
  • ニンジャスレイヤープラスインタビュー・ウィズ・ニンジャ PLUS版(2)によると、ゴルフボールを握って砕くシーンの元ネタはショー・コスギの忍者シリーズ3作目「Ninja 3: Domination」であるとのこと。なお、この作品以前にも小説・映画「007 ゴールドフィンガー」で脇役オッドジョブによる同様の暴力デモンストレーションがある。

ワザ・ジツ Edit

ムテキ・アティチュード Edit

  • おなじみ全身を鋼鉄化するジツ。拳銃やマシンガンはおろかリムジンへのRPG攻撃にも耐えきっており、非ニンジャ相手なら実際強力な一手となっている。

ストーリー中での活躍 Edit

「お前にはネタバレする権利もない」

一言コメント

「ヘッズ=サン、私の名前はブラックメイルです。私はより大きなコメントを投稿しに来た」