リンボ

Last-modified: 2019-12-22 (日) 13:00:07

◆忍◆ ニンジャ名鑑#479 【リンボ】 ◆殺◆
四次元的に遠く離れた正体不明の空間から、赤熱する鎧を召喚して身にまとい戦闘するニンジャ。鎧は彼自身の体を離れればすぐに衰滅するが、何度破壊されても繰り返し召喚し直すことが可能。ダークドメインのようなゲート支配能力は持たない。

登場エピソード Edit

 

「この世はジゴクとさして変わらんと思わんかね」
「ウフフ……ジゴクなんだよ」


人物 Edit

  • カブキ・フォースのカブキコム部隊所属のニンジャであり「マジックモンキー」の一人。
  • 重度の死にたがりであり、ことあるごとに「殺してくれ」「この世はジゴクだ」と嘯いている。
  • 死にたがり思考の根底にあるのは「死による自身の解放」であるが、そんな彼の思考はニンジャから見ても狂人の類のようで、同僚からも「お前、アタマおかしいのか?」と尋ねられている。
    • ネガティブ思考を隠そうともせず、積極的に死のうとするそのキャラの強烈さから、一躍人気を博した。
       
  • 本人曰く漁村の生まれらしいが、いかなる経緯を経て今の境遇となったかは不明。
  • ソナエ・ニンジャクランのソウルを宿したザルニーツァが彼と同じく赤熱の鎧を身に纏っていることから、彼の憑依ソウルもソナエ・ニンジャクランではないかという意見があるが、現在まで彼のソウルについての詳しい説明はされていない。

外見 Edit

  • マジックモンキーに共通するサイバネ首輪は嵌めているが、後述するジツによる鎧を纏っていること以外特に外見描写は行われていない。

元ネタ・考察 Edit

  • リンボ(Limbo)とは、おそらくカトリック教会において「原罪のうちに(すなわち洗礼の恵みを受けないまま)死んだが、永遠の地獄に定められてはいない人間が、死後に行き着く」と伝統的に考えられてきた場所「辺獄」のことであろう。

ワザ・ジツ Edit

  • 自身の死を望みながらも、反面後述のユニーク・ジツの助けもあり生存能力は高い。
  • また、あえて敵の攻撃の矢面に立ち、自殺しようとする場面も見受けられる。

赤熱の鎧 Edit

  • 黒く脈打つ金属を召喚し、煮えたぎる超自然の鎧に変えて全身を覆うジツ。
    • この鎧は「灼熱の外殻」と形容される程の高熱を帯びているようだが、術者は鎧が発する高熱の影響を受けない模様。
  • アイアンクラッドの砲丸投げ攻撃の直撃やロングシップのリニア・イアイドはおろか、デスドレインの暴走したアンコクトン・ジツを受けても殆どダメージを受けている様子がない。ムテキ・アティチュードに依らないにも関わらず、作中トップクラスの高耐久力を誇る。
    • 更に名鑑にもある通り、例え破壊されても瞬時に再装備できる(というか本人の意思にかかわらず再装備される)ため、生存力もすこぶる高い。が、自らの死を望むリンボにとってはそれが苦であるようだ。
    • ニンジャスレイヤープラスインタビュー・ウィズ・ニンジャ PLUS版(9)によると、鎧が周囲のエテルを取り込んでリンボの栄養に変えているため、食事も排泄も必要ないらしい。さながら霞を食って生きる仙人めいている。
  • ただし鎧を剥がすこと自体は可能で、作中でも何度か剥がされている。また、接続部を狙った超精密の攻撃でも内部にダメージを与えられる。

ストーリー中での活躍 Edit

「死ねなかった」彼は呟いた。「ネタバレだ」

一言コメント

「ヘッズのコメントでも死ねぬ呪いと!無念!」