ディスカバリー の変更点


>◆忍◆ ニンジャ名鑑#291 【ディスカバリー】 ◆殺◆
サブジュゲイターを研究する過程で作られた、プロトタイプ的不完全個体。
ヨロシDNAやバイオインゴットを広域感知するが、テレパス干渉・洗脳能力を持たない。
フォレスト・サワタリが彼を拾い上げ、ディスカバリーと命名する。

**登場エピソード [#b0b9400a]
-[[「オペレイション・レスキュー」]]
-[[「サヴァイヴァーズ・デスパレート・エクスペディション」]]
-[[「キョート・ヘル・オン・アース」]]
-[[「アンタッチド・ベイビー・アンド・シーワー・モンスターズ」]]
-[[「ソイ・ディヴィジョン」]]
-[[「デス・トラップ、スーサイド・ラップ」]]
-[[「ロンゲスト・デイ・オブ・アマクダリ」]]
--[[「ニチョーム・ウォー」]]
-[[「ニンジャスレイヤー:ネヴァーダイズ」]]

#br
''「だがまァ、寝る・死ぬ以外に、俺にやる事があるとはな!その発想は無かった。発見(ディスカバリー)だ」''
----
**人物 [#ufbad997]
-[[ヨロシサン製薬]]が開発した[[バイオニンジャ>ニンジャについて#u4a7a7c8]]。
-[[キョート>キョート・リパブリック]]・双子山麓の研究施設にて[[サブジュゲイター]]のプロトタイプとして生み出されたが、[[ボタニック]]の暴走により施設ごと放棄される。以後、何をするでもなく同施設の地下実験室内に設置された檻の中で寝て過ごしていた。
--どうやって生存していたのかは実際謎だったが、[[ザ・ヴァーティゴ]]=サンによると、ごはんとか食べる必要のない休眠状態で過ごしていたらしい。
-元からなのか、始末さえされずに放置されていたせいでヒネたのか、皮肉屋を通り越して白けた性格の持ち主であり、その物言いは誰に対しても無遠慮。空気も読まないため、体育会系的なノリが基本の[[サヴァイヴァー・ドージョー]]内では少々浮いている。特に先輩風を吹かせたい[[ハイドラ]]とはソリが合わない様子。

#region(ヨロシサン機密)
-前述のボタニック暴走事故によって、本来施されるはずだったニューロンへの反逆防止プロテクションが行われていない。
--サブジュゲイターはそこに目をつけ、彼のデータを解析して己のプロテクションを外そうと目論んでいる。
#endregion
***外見 [#o5940a77]
-石灰色の地に黒い渦巻模様のニンジャ装束を纏う。
--色合いこそ異なるが、サブジュゲイターの装束と似ていなくもないらしい。
-[[ニンジャスレイヤープラス]]の[[身長一覧表>https://diehardtales.com/n/n8fc30b8e737b]]によると身長180cm。
***元ネタ・考察 [#ji98ugfr]
-ディスカバリー(discovery)は「発見」の意味。上記の通りフォレスト・サワタリに命名された。
----
**ワザ・ジツ [#f59be1e5]
-完成体であるサブジュゲイターはバイオ筋肉由来の優れたカラテを誇るが、彼はプロトタイプであるためか、はたまた檻での生活が長くカラテを磨く事が出来なかったためか、カラテの腕はドージョーメンバーの中で最も心許ない。イクサにおいては仲間のアシストが欠かせない。
-完成体であるサブジュゲイターはバイオ筋肉由来の優れたカラテを誇るが、彼はプロトタイプであるためか、はたまた檻での生活が長くカラテを磨く機会がなかったためか、カラテのワザマエはドージョーメンバーの中で最も心許ない。イクサにおいては仲間のアシストが欠かせない。
***プロトタイプ・ヨロシ・ジツ(仮) [#d125b167]
-ニンジャ名鑑の記述の通り、感知能力に優れる。行き当たりばったりで略奪行為を繰り返していたサヴァイヴァー・ドージョーにとっては実際重要な能力である。
-また、洗脳能力はないが、条件次第でヨロシ・ジツによる洗脳を「引き剥がす」ことが可能。ただし目から血を流すほどの集中が必要。
-余談ながら、[[ウィルキンソン氏>ジェリー・タグチ・ウィルキンソン]]曰く、[[サブジュゲイターの完成版ヨロシ・ジツは彼の身体に施された最先端のバイオ改造によってはじめて実現されているものであるため、ディスカバリーがいかにジツを磨いたとしてもサブジュゲイターと同等のヨロシ・ジツを行使することは不可能である>https://twitter.com/diehardtales/status/330200603420672000]]……とのこと。
----
**ストーリー中での活躍 [#r5107e8a]
#region(「そりゃ、ネタバレの項目なんてものを確認するってンだから、理由なんて一つだろ……開くんだろ、リージョンを」)
-偶然実験室に潜入した[[フォレスト・サワタリ]]の強引な説得に応じて檻を脱出、ディスカバリーを名乗って[[サヴァイヴァー・ドージョー]]の一員となる。
--元からなのか、始末さえされずに放置されていた事でヒネたのか、皮肉屋を通り越して白けた性格の持ち主であり、その物言いは誰に対しても無遠慮。空気も読まない為、体育会系的なノリが基本のドージョー内では少々浮いている。特に先輩風を吹かせたい[[ハイドラ]]とはソリが合わない様子。
-偶然実験室に潜入した[[フォレスト・サワタリ]]の強引な説得に応じて檻を脱出、「ディスカバリー」を名乗ってドージョーに加わる。
#br
-第3部の[[「ニチョーム・ウォー」]]では上記の点からサブジュゲイターに拉致されるも、[[スーサイド]]らによって救出され、再び参戦。[[シルバーキー]]との協力により、サブジュゲイターを撤退させることに成功する。
-その後も激化する戦闘を潜り抜け、何とか生還することが出来た。
-その後も激化する戦闘を潜り抜け、何とか生還することができた。
#br
-[[「ニンジャスレイヤー:ネヴァーダイズ」]]ではヨロシサン製薬を完全に滅ぼすべく、己の死をも覚悟して本社を襲撃するも、サワタリが直前になって実行を思いとどまったため計画は頓挫。その後はサブジュゲイターを気絶させ、仲間達と共に本社を去っていった。
-[[「ニンジャスレイヤー:ネヴァーダイズ」]]ではヨロシサン製薬を完全に滅ぼすべく、己の死をも覚悟して本社を襲撃するも、サワタリが直前になって実行を思いとどまったため計画は頓挫。その後はサブジュゲイターを気絶させ、仲間たちと共に本社を去っていった。
#endregion
----
*第4部以降 [#w4fcf541]
>◆忍◆ ニンジャ名鑑#0153 【ディスカバリー】 ◆殺◆
サワタリ・カンパニー古参社員で、雑用係を自称。バイオニンジャを知覚する生体レーダー能力を持ち、戦闘時にはコマンダーとして重要な役割を果たす。平時は必要とされるタスクを何でもする。サワタリ・カンパニーは人手不足だ。

**登場エピソード [#tea29847]
-[[「バトル・オブ・フォート・ダイナソー」]](回想)
-[[「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」]]

#br
''「ジゴクを見るぞ……お前らはウチの社長を知らねえ……何も知らねえんだ」''
----
**人物 [#k0292364]
-[[サワタリ・カンパニー]]の社員の一人であるニンジャ。
-他のバイオニンジャたちが頭脳労働に向かないためか、社長であるフォレスト・サワタリの右腕めいた立場にあるようだ。
-他のバイオニンジャたちが頭脳労働に向かないためか、社長であるサワタリの右腕めいた立場にあるようだ。
***外見 [#h6f2b4d3]
-白シャツの袖を捲り上げ、渦巻き模様の軍パンツを履いたスタイル。
----
**ワザ・ジツ [#s570df01]
-プロトタイプ・ヨロシ・ジツに加えて、カポエイラ・カラテを習得。手練というほどではないものの、以前と比べて単独での戦闘もこなせるようになっている。
-プロトタイプ・ヨロシ・ジツに加えて、カポエイラ・カラテを習得。手練と呼べるほどではないものの、以前と比べて単独での戦闘もこなせるようになっている。
***カポエイラ・カラテ [#nb90898e]
''「パリャナウェー!パリャナウェー!パリャナ!」''
-カイシャの昼休みには、モニカの発案によるカポエイラの演舞を[[K2>K2/K3]]、[[K3>K2/K3]]や社員らと嗜んでいる。
-カイシャの昼休みには、モニカの発案によるカポエイラの演舞を[[K2/K3]]や社員らと嗜んでいる。
-実戦においてもメイアルーア・ジ・コンパッソやサマーソルトキックを繰り出している。
----
**ストーリー中での活躍 [#p94bcec8]
#region(「ネタバレなどまっぴらだが、モニカ=サンは俺より優しい」)
-定期的な買い出しとビジネスのために訪れたマナウス・シティで麻薬組織「エル・キケン」の[[ファッショニスタ]]の襲撃を受け、応戦むなしく彼らの拠点「セメントリオ」へと拉致されてしまう。
-余興と称して円形ピットで[[ハチコ]]と戦わされ、窮地に追い詰められたその時、サワタリ・カンパニーの救援部隊が到着。ハチコの恐るべき実力を前になおも苦戦が続いたものの、K2とK3との連携でヨロシ・ジツをハチコに発動し勝利を掴む。
-続けて因縁のファッショニスタとの再戦に挑む。K2とK3の歌と演奏の音楽の力でカポエイラ・カラテを高めて善戦しサマーソルトキックを食らわせたところでK3と交代、その戦いを見届けた。
-余興と称して円形ピットで[[ハチコ]]と戦わされ、窮地に追い詰められたその時、サワタリ・カンパニーの救援部隊が到着。ハチコの恐るべき実力を前になおも苦戦が続いたものの、K2・K3との連携でプロトタイプ・ヨロシ・ジツをハチコに喰らわせ勝利、続けて因縁のファッショニスタとの再戦に挑む。
-ファッショニスタ戦ではK2のビリンバウとK3の歌でカポエイラ・カラテを高めて善戦し、サマーソルトキックを食らわせたところでK3と交代。その戦いを見届けた。
#endregion
----
''一言コメント''
#region(「お前は……コメントできると言ったな」「できる」)
#pcomment(コメント/ディスカバリー,noname)
#endregion