Top > モービッド
HTML convert time to 0.002 sec.


モービッド の変更点


 >◆忍◆	ニンジャ名鑑#120 【モービッド】 ◆殺◆
 シックスゲイツのアンデッド・ニンジャ。
 死後まもない脳と脊椎をバイオボディと接続する事に成功した極めて特殊なケースで、ニンジャソウルの移し替えも無く、生前の記憶がある程度保たれている。
 ニンジャスレイヤーに邪悪な精神攻撃をかける。
 
 **登場エピソード [#b0cc861d]
 -[[「ネオサイタマ・イン・フレイム」]]
 
 #br
 ''「私は誰だ……お前のせいで……」''
 
 ----
 **人物 [#of8022a6]
 -[[ソウカイヤ]]末期シックスゲイツの6人の最後の一人。
 -他のシックスゲイツがトコロザワ・ピラー天守閣へ至る上層の各フロアを守護していたのに対し、彼は天守閣エントランスにて鎖で幾重にも縛り付けられ、実際死体めいて天井から吊り下げられるという異様な仕打ちを受けていた。
 -天守閣に居ながらにして、ピラーを駆け上がる[[ニンジャスレイヤー]]に度々精神攻撃を加える。ニンジャスレイヤーに強い恨みを抱いているようだが……。
 -名鑑にある通り、アンデッド・ニンジャとなる以前の記憶をある程度有している模様。しかし、かつて自分が何者であったのかだけは覚えていないらしい。
 #br
 -[[アニメイシヨン>ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン]]での担当声優は[[緑川光=サン>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E5%B7%9D%E5%85%89]]。
 --ちなみにスタッフロールでは「モービッ''ト''」表記になってしまっている。
 ***外見 [#vbdd7d05]
 -装束から覗く肌は枯れ木のように乾燥し、ミイラめいている。
 -前述の通り四方から伸びる鎖によって天井に吊り下げられており、周囲の天井には魔方陣めいたザゼン数式が描かれている。
 
 ***元ネタ・考察 [#k6741a15]
 -モービッド(Morbid)は「病的」の意。
 --実際彼の仕掛ける精神攻撃は病的で恐ろしいものであった。
 
 ----
 **ワザ・ジツ [#k7c768af]
 -標的のニューロンに働きかけ、幻覚によってその精神を苛むジツを使う。
 --ニンジャスレイヤーが受けた攻撃は、フユコやトチノキをはじめとした死者を含む近しい人々や、これまで殺してきた敵ニンジャ達、あるいは彼が善意で最期を看取った人達の幻覚を見せつけ口々に怨言をぶつけられるという、人間性を重んじる彼にとってあまりにも辛く惨たらしいものだった。
 --物理書籍版の登場人物名鑑によると、相手の深層心理に潜む恐れや疑念、後悔といった感情に働きかけるジツであるらしい。深みに嵌まれば、最終的には自我を破壊されるに至るとのこと。
 
 ----
 
 **ストーリー中での活躍 [#ab39faea]
 #region(ナムアミダブツ!フジキドは実際このネタバレを知らぬ!)
 -ヒレツな精神攻撃はニンジャスレイヤーを実際苦しめ、その精神を追い詰めたが、最後は[[ドラゴン=センセイ>ドラゴン・ゲンドーソー]]のインストラクションを思い返し、己を取り戻したニンジャスレイヤーに幻覚を破られる。
 --その瞬間、ニンジャスレイヤーが幻視したのは、幻覚の中で自身に恨みをぶつけていたマヤカシとは異なる、穏やかに微笑む妻子の姿だった。その刹那、「グワーッ!」という断末魔が微かに聞こえていた。
 -暫く後、ニンジャスレイヤーが天守閣に辿り着き、その姿を見た時には、モービッドは既に息絶えていた。
 --フジキド視点ではよく分からないままに怨まれ、ジツを受け、そして撃破していた形であった……[[と思われたのだが……>フージ・クゥーチ]]。
 
 #br
 -彼のニンジャ名鑑の記述と[[ウォーロック]]の死亡時の描写が合致すること、ウォーロックと似通った分野のジツを扱うこと、また幻覚の中にニンジャスレイヤーと面識のないはずのウォーロックが現れたことなどから、明言はされていないが、彼の正体はウォーロックの成れの果てだと思われる。
 --この事は[[アニメイシヨン>ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン]]でのキャスティングからもうかがい知れる。
 -ちなみに、ザ・ヴァーティゴ=サンによると、彼を作り出したのは[[リー先生>リー・アラキ]]らしい。この時彼に寄せられた質問は[[別な姿>フージ・クゥーチ]]についての事であり、彼の登場からも大分経っていた頃であったが、ザ・ヴァーティゴ=サンをして[[「ああいう事をしてはいけない」と言わしめる>http://ask.fm/THEVERTIGOTHENINJA/answer/118804204265]]程のおぞましい存在であった事が窺える。
 
 #endregion
 
 ----
 ''一言コメント''
 #region(ニンジャスレイヤーはそこから「コメント欄」と書かれた部分を読み取った。)
 - 二部から先に読んでたから、最初にモービッド=サンの出番を見たとき、アラクニッド=サンと勘違いした  --  &new{2013-04-20 (土) 11:35:52};
 - 人を呪わば穴二つ。しかし、殺してきたニンジャの姿が出てくるということは、フジキドも慈悲は無いと言いつつも幾何かの罪悪感はあったということなのだろうか?  --  &new{2013-04-30 (火) 16:41:15};
 - フジキドはニンジャであるが人間性がツヨイからな  --  &new{2013-05-01 (水) 07:41:01};
 - あの最後に出てきたフユコとトチノキが、第二部を読んでからだとさらに泣ける……  --  &new{2013-05-01 (水) 10:08:16};
 - 仮に考察通りだとして、この場合のアンデッドとはどういう意味なのか実際気になる(まぁ名鑑の記述は実際アテにならないが・・・  --  &new{2013-10-15 (火) 19:43:09};
 - 本編中での描写を見るに、アンデッドというよりはブルーブラッド=サンのようなゾンビーニンジャの亜種めいたなんかではないだろうか? --  &new{2014-07-10 (木) 10:29:11};
 - やはりリー先生の技術によって生み出されたものだったのデスネー>[[参照>http://ask.fm/THEVERTIGOTHENINJA/answer/118804204265]] --  &new{2014-10-08 (水) 18:58:08};
 - ↑本当に慈悲が無いヤツは、慈悲は無いなんて言わないと思うんですよ  --  &new{2014-10-08 (水) 22:15:15};
 - 失敬、↑6です --  &new{2014-10-08 (水) 22:20:27};
 - 「私は慈悲深いのだ」なんていうヤツに捕まったら、絶望した方がいいよね… --  &new{2014-10-21 (火) 15:13:40};
 - ゾンビーニンジャ自体には一定冷静な視線を持っているザ・ヴァーティゴ=サンをして「ああいうことをしてはいけないんだ」と言われる恐るべき所業と末路… --  &new{2014-10-21 (火) 16:50:00};
 - モービットはスレイされたニンジャや親しい人の幻影使うより、BIBで巻き添え殺された無辜のサラリマンとかのガチ被害者を使えばよかったと思うんだ。 --  &new{2015-01-04 (日) 13:07:47};
 - それこそニンジャだしその辺の区別ついてなかったんじゃない?ニンジャに殺されたモータルなんて区別なくクズ、だったら親しい人間の方がダメージでかいかなと --  &new{2015-01-04 (日) 17:22:32};
 - ↑2物理書籍版名鑑の記述を見るに何が現れるかはジツを受ける側の心理や記憶に左右されるようなので、暗黒の七日間とかみたいにナラクの支配下にあった時の犠牲者が幻影として現れることは無さそうですかネー --  &new{2015-01-04 (日) 18:00:47};
 - もともと頭を移してからも吊り下げられてたのか移し替えたけど何かあって吊り下げたのか…。あの釘も首筋に多く打たれているのはわらいなく=サンなりの考えだろうか --  &new{2015-01-05 (月) 09:46:50};
 - バイオボディが乾いているのは時間経過か死亡した影響なのかもとのニンジャの影響なのかも謎が多い気がする。 --  &new{2015-01-05 (月) 09:49:17};
 - ↑2どのレベルまで「覚えてない」のかは議論の余地が残るけど、モータル(ヨタモノとか敵対者ではないガチ一般人)犠牲はセンセイの幻影で救えるような類のものではないだろうし、あそこで出てこなくてよかったなあとは思う。 --  &new{2015-01-18 (日) 20:14:04};
 - コンスピーラシィ、オハギとウォーロックのケジメが激しい!このままではアニメから入ったニュービー達は…モービッド「私は誰だ…」ニュービー「お、お前は誰だ?」モービッドやフジキドの困惑を実感できるヤッター!…まさかモービッドも含めて出番ケジメとかないよね? --  &new{2015-07-24 (金) 12:29:14};
 - レベナントのように洗脳されてたのだろうか。 --  &new{2015-08-03 (月) 20:59:47};
 - 確かにレベナントとか見てると洗脳可能性も重点だけど、最近二部読んでて思ったのは、こいつトゥールビヨンに近いんじゃないかってこと。キョート格差社会やラオモト、ダークニンジャといった強者を復讐相手に選ぶのはしんどいし、何より基本的には彼らの仲間で彼らに生かされている側面が多少なりある以上、彼らを敵にすると自分の周りも敵だらけになるしすぐに潰されてしまう。それなら多少 恨みの向きを履き違えていても、社会的弱者や社会敵を復讐の対象にした方が復讐達成可能性も高まるし仲間も増えるし、強者にも生かしてもらえるヤッター!もちろん自分じゃそんな打算で動いているつもりはなく、「純粋な復讐心」で自分を鼓舞しているんだろうが。同じ復讐鬼でもフジキドと比べるとあまりにも小賢しいが、フジキドほど狂っちゃいない、まだ社会性があるという考え方もできるか。 --  &new{2015-09-08 (火) 09:49:36};
 - アニメイシヨンのキャスティングで正体ほぼ確実ですネー --  &new{2015-09-18 (金) 00:08:24};
 - 名前を間違えたトリガー=サンはケジメ案件では? --  &new{2015-09-18 (金) 23:31:57};
 - 出涸らしのイクサを支援する形でジツを行使すればフジキドと言えどオタッシャ重点だったかも知れないのにそれをやらなかったのは、ジツの有効範囲の問題なのか動いている目標には行使しにくいのか --  &new{2015-09-22 (火) 09:40:44};
 - 単にコントロール出来てなかっただけじゃないですかネー。不安定なズンビー・テックの産物ですし指向性だけしっかりさせといて後はほっとくみたいな --  &new{2015-09-22 (火) 09:43:54};
 - カタオキのジツと同じで基本的にはニンジャには効きにくいんじゃなかろうか イクサ直後の気が緩んだ状態だから攻撃が通っていた、みたいな --  &new{2015-09-22 (火) 18:21:16};
 - 「俺は…俺は、死なない!」 --  &new{2015-09-22 (火) 23:44:13};
 - トウホーヘッズの自分としてはゲンソーキョ・クランのコメージ・サトリ=サンの「想起」を思わせるジツ 直接な格闘能力が低いのはこういう精神干渉系の能力者にはお約束ですね --  &new{2018-08-22 (水) 17:48:56};
 
 #comment(noname)
 #endregion