ラッチ外乗換駅での途中下車 の変更点

*問題 [#r6c0246a]
[[ラッチ外乗換駅>ラッチ外乗換駅での乗換]]において、乗換る際に、その駅までの運賃が取られず、乗換時間に制限が掛らない駅が存在する。この駅において、乗換以外の用途を足すことは可能であるか。

**問題が発生する駅 [#pfe34c67]
-[[浜川崎]]
-京葉線[[東京]]・[[有楽町]]

*関連項目 [#q1f3a4b2]
-[[大回り中の別途乗車]]:乗換のために上記の駅で下車した後、他の乗車券の利用を開始することの是非

*参考 [#b38e5016]
東京メトロや都営地下鉄の[[ラッチ外乗換駅>ラッチ外乗換駅での乗換]]では、その駅までの運賃が必要な上、乗換時間が30分までと定められている。ただし、都営地下鉄およびメトロ・都営間の乗り継ぎで磁気乗車券を使用する場合はその駅までの運賃が必要であるが、時間制限がない。
東京メトロや都営地下鉄の[[ラッチ外乗換駅>ラッチ外乗換駅での乗換]]では、その駅までの運賃が必要な上、乗換時間が60分までと定められている。ただし、都営地下鉄およびメトロ・都営間の乗り継ぎで磁気乗車券を使用する場合はその駅までの運賃が必要であるが、時間制限がない。
「浜川崎は特例で大回り中の途中下車が認められている」という意見もあるが、浜川崎(および東京・有楽町)は駅の設備上の制約で、乗換のために電車を降りても「途中下車」と見做さないだけであり、途中下車が特例で認められているというわけではない。しかし、いわゆる「特別下車」と同等であることから賛否が分かれる問題となっている。