スパイスパラダイス の変更点


*スパイスパラダイス(2019/01/21~2019/01/28) [#k920c8f9]
オトメモリ形式のイベント。オトメモリの名称は「ドラムマサラ」。
イベント限定SRは高森藍子、日野茜。

*イベント予告 [#k26f4014]
**予告1(日野茜) [#r4f3ecef]
みなさーーーんっ!元気ですかーーーっ!!
今日も元気だカレーがうまい!!
日野茜です!!!
#br
今回私たちポジティブパッションが歌うのは、
カレーの素晴らしさを讃える新曲「スパイスパラダイス」ッ!!
伝説のスパイスの楽園を求めて、海賊船ポジパ号がいま出航です!
#br
くぅぅっ~!
みなさんにお逢いできるのが、もう待ちきれません!
私ちょっと走ってきまーーーすっ!


**予告2(高森藍子) [#ie374d23]
みなさん、こんにちは♪
高森藍子です。
#br
このたび私、未央ちゃん、茜ちゃんのポジティブパッションで、
新曲『スパイスパラダイス』を歌わせてもらえることになりました♪
#br
しかも今回は、カレーにまつわる
たくさんのプロジェクトにも参加させてもらえるみたいで……
今からとっても楽しみです♪
#br
みなさん、私たちと一緒に、
おいしいカレーをたくさん食べましょうね♪


*ストーリー [#p560c5ba]

**オープニング:超本格☆curry the MOVIE [#vfcdf983]
登場アイドル:本田未央、高森藍子、日野茜

***あらすじ [#x96a825a]
『味はカレー戦国時代…ホンダ帝国とヒノ連邦国が、己の信じるカレーを旗印に覇権争いをしていた!
そして戦争が決着の時を迎えんとしたその時!カレーなる天使、タカモリエルが現れたのだった!』
そんな、全米がカレーを欲する映画が大好評なこともあり、ポジパに新たな企画が舞い込んできた!

***コミュ [#d8391e5b]
#region(コミュ詳細(クリックで展開))
|50||c
|70||c
|ナレーション|『時は乱世……カレー戦国時代』。|
|ナレーション|『チキンカレーを志向と掲げる、ミオ皇帝率いるホンダ皇国!対するは、カツカレーこそ究極と信じる、アカネ大王率いるヒノ連邦国!』。|
|ナレーション|『ふたつの大国が覇を競うカレー百年戦争は……ついに、最終局面を迎えていました!』。|
|>||
|ミオ|やぁやぁ!遠からん者はニオイで我慢、近くば寄ってチキンカレーを食べよ!我こそはホンダ皇国皇帝、ミオ=ホンダなり!|
|アカネ|あいや、待たれよ!究極の美味はカツカレー、ゆえに『勝つ」のは私、ヒノ連邦国元首はアカネ=ヒノですよーっ!|
|ミオ|むむっ!現れたなアカネ=ヒノ大王!今日こそは、永き因縁に決着をつけようぞ~っ!|
|アカネ|なんの、なんの!いざ尋常に勝負です~っ!|
|???|『お待ちなさい……!』。|
|ミオ|な、なんだとぅ……!?空から謎の光と……それにっ!|
|アカネ|かぐわしき、カレーの匂いが……!はっ!あ、あなたは……!?|
|???|私はカレーなる天使……タカモリエル。人の子らよ……無益な争いは、どうかやめてください……。|
|アカモリエル|さぁ、このシーフードカレーを食べ……そして偉大なる神・ルーの恵みに、優劣など無いことを知るのです……。|
|タカモリエル|さぁ、このシーフードカレーを食べ……そして偉大なる神・ルーの恵みに、優劣など無いことを知るのです……。|
|ミオ|しかし、しかし天使様!私には心に誓ったチキンカレーが……あぁっ!?|
|アカネ|このニオイ……!カツカレーじゃないのに、あらがえませ~んっ!ぱくっ!|
|ミオ|おぉ……。|
|アカネ|おおお……っ!|
|ミオ・アカネ|おいしい~ッッ!!!!!|
|ミオ&br;アカネ|おいしい~ッッ!!!!!|
|タカモリエル|カレーに貴賤無きこと……わかって、いただけましたか。互いを尊び、それぞれの味わいを大切にしてゆきましょう……。……毎日同じ味だと、飽きてしまいますしね♪|
|アカネ|は、はい!私たち、目からナベ蓋が取れましたっ!|
|ミオ|ありがとうございます!カレーなる天使、タカモリエル様~!|
|タカモリエル|ふふふ……♪平和な世界に、なったみたいですね♪|
|>|事務所|
|>|ポジティブパッション主演の映画が公開されてから、一週間ほど経った……|
|茜|トラーーーイッ!日野茜、今日も全力疾走で事務所に到着です!あっ未央ちゃんにプロデューサー!おはようございまーすっ!|
|選択肢|<おはよう!>|
|未央|あかねちん、おっはよー♪いやぁ~っ!私たちポジパ主演の映画、ついに公開されちゃったねっ☆|
|茜|『大激突!カレー百年戦争! ~ ゆるふわ天使はカレーの夢を見るか ~』!公開されてしまいましたねーっ!|
|未央|評判、イイ感じみたいだし、今日はその祝勝会って感じなのかなっ、プロデューサー?あーちゃんはまだみたいだけど……。|
|茜|まぁ、私たちが早く来すぎてしまっただけなのですが!……おっと!向こうから歩いてくるのは、まさしくっ!|
|藍子|おはようございます♪未央ちゃん、茜ちゃん、それに、プロデューサーさん♪|
|未央|あぁ~っ!あなたはまさしく、タカモリエル様~っ!|
|茜|カレーなる天使な藍子ちゃんが、事務所に降臨ですーっ!|
|藍子|もっ、もぅ~っ!ふたりとも、やめてってばぁ~!映画の撮影のあとから、時々こんな感じになるんだからぁ……!|
|選択肢|&color(pink){<おはよう>}; &color(cyan){<タカモリエル様~っ!>};|
|>|BGCOLOR(pink):<おはよう>|
|BGCOLOR(pink):藍子|BGCOLOR(pink):あぁ、良かったっ。プロデューサーさんは、私の味方ですよね。未央ちゃんも茜ちゃんも、いじわるなんだから……。|
|>|BGCOLOR(cyan):<タカモリエル様~っ!>|
|BGCOLOR(cyan):藍子|BGCOLOR(cyan):ええっ、プロデューサーさんまで!?や、やめてくださいよ~っ。|
|未央|あーちゃん、ごめんごめんっ!それじゃあみんな揃ったことだし、映画の祝勝会行っちゃおっか、プロデューサー?|
|茜|行きましょうっ!今日もみなさんと、おいしくカレーが食べたいです!|
|選択肢|<その前に>|
|藍子|前に?|
|P|その、カレーの映画が……。|
|茜|私たちの映画が?|
|選択肢|<本当に、大好評なんだ!>|
|未央|へへっ、良かったぁ~♪|
|P|だから……。|
|選択肢|<次の企画が動きだしたんだ!>|
|茜|えええ~っ!本当ですか!|
|未央|やったぁーっ♪また3人で、たっくさんお仕事できるね!|
|藍子|ふふっ♪楽しみだね、未央ちゃん茜ちゃん!|
|茜|よーしっ!それじゃあ景気付けに、掛け声いきますかっ!せーのっ、ポジティブー☆|
|藍子・未央|パッショーン!|
|藍子&br;未央|パッショーン!|
|茜|バッチリです!この3人なら、次も成功間違いなしですよーっ!|
|未央|そうだよね♪なんてったって私たちには……カレーなる天使様がついてるからね☆|
|藍子|も、もぅ~っ!天使じゃないですよぉ~っ!!|

#endregion

**第1話:おかわりご用意☆cumin [#secce396]
登場アイドル:本田未央、高森藍子、日野茜

***あらすじ [#bb11782d]
ついにポジパの新しい企画が動き始めた。その名も…『プロジェクト・カレー救世主』!
カレーのCM、カレーのドラマ、カレー作り、そしてカレーの美味しさを伝える新曲でLIVEも開催!
まさにカレー尽くしの企画だ!ところが茜の様子がなんだかおかしく…?どうなる、ポジパ新企画!?

***コミュ [#o9ccc3b5]
#region(コミュ詳細(クリックで展開))
|50||c
#endregion

**第2話:がっつり特訓☆turmeric [#r5c7c0c8]
登場アイドル:本田未央、高森藍子、日野茜、大和亜季、乙倉悠貴

***あらすじ [#n72504b9]
カレー作りの練習のため、寮へ来たポジパの3人。
そこで待っていたのは、亜季軍曹!カレー作りと、トレーニングと呼ぶには過酷すぎる特訓が始まる!
ぐつぐつと煮込まれるカレー!流れる汗!悲鳴をあげる筋肉!そして残ったのは、焦げたカレーと床に突っ伏す未央と藍子の姿だった…!?

***コミュ [#dde6ae22]
#region(コミュ詳細(クリックで展開))
|50||c
|>|女子寮|
|茜|とうっ! 寮に到着でーすっ!|
|未央|おっじゃましまーすっ♪|
|藍子|材料も揃えてきましたし……さっそくキッチン、お借りしますね♪|
|亜季|よく来たでありますな! ポジパ分隊の諸君っ!|
|未央|おおっ、軍曹!? どうして寮のキッチンに?|
|亜季|プロデューサー殿から、ご依頼をいただいたのでありますよ! 貴君らポジパ分隊の、コーチングをするように!|
|藍子|キッチンで、コーチング……って、もしかして、カレーの調理を教えてくれるんですか?|
|未央|へーっ♪ 軍曹、カレー作れるの?|
|亜季|ふっふっふ、当然であります! 軍隊に、サバイバルに、カレー料理は切っても切れないものですので!|
|藍子|サバイバルで、カレーっていうと……キャンプの、飯ごう炊飯みたいな感じですか?|
|亜季|いえいえ!たとえば密林での作戦行動ですと、捕獲した野生動物を食す必要がありますからな。肉の獣臭さを消すのに、カレー粉が必須なのですよ!|
|未央|な、なんだか本格的だー!?|
|茜|ふむふむなるほどっ! つまり、カレーは偉大ってことですね!|
|亜季|さすが茜殿、よくお分かりで! 実に多様な食材を鍋の中でまとめあげ、美味な料理とする……それこそがカレーの良きところでありますな!|
|茜|その通りですねっ! カツカレー!チキンカレー!シーフードカレー!野菜カレー! そして全部乗せカレー!私はなんでも大好きですよっ!!|
|亜季|素晴らしい!好き嫌いがないことは、サバイバルを生き抜く必須条件でありますからな! とはいえ……。|
|亜季|本日作るのは、ごく普通の海軍式カレー。つまり現在広く食されている、小麦粉入りカレーでありますが! ではポジパ分隊の諸君、さっそく調理にかかりますぞ!|
|藍子&br;茜&br;未央|よろしくお願いしますっ!|
|||
|亜季|よーし! 野菜と肉は切り終わり、玉ねぎも飴色に炒められましたな。あとはこれを、ルーと共に煮込むだけであります。|
|亜季|具材のバランス、スパイスの調合などを追求するのでしたら、非常に深い研究が必要となりますが……基本的な調理であれば、これで十分でありますよ!|
|藍子|そうですね♪ たったこれだけで、美味しいカレーができちゃうなんて……すっごく嬉しいですね♪|
|未央|あっ、ねぇねぇ、ところでさ……あかねちんはさ、カレーが上手に作れないって言ってたけど。どのへんで引っかかってるの?|
|茜|あ、あー……。そっ、それはですね……。|
|亜季|火加減も、よーし! さて、茜殿!カレーが煮込み終わるまで、およそ1時間弱……この時間で、トレーニング勝負などいかがですかな!|
|茜|あぁーっ! い、いいですねーっ! 望むところですよ亜季さんっ!|
|亜季|いつぞやの準備運動の際には不覚を取りましたが……あの時と同じようにはいきませんぞ! まずは軽く手始めに、腕立て百回から参りましょう!|
|茜|リターンマッチでも、負けませんよーっ! 未央ちゃんも藍子ちゃんも、早く位置についてください!|
|藍子|えぇっ、私たちも!?|
|亜季|未央殿、藍子殿! 何をぼさっとしているのでありますか! 分隊はいわば家族、共に汗を流すのは当然でありますぞっ!|
|未央|ひぃ! 鬼軍曹だぁ~っ!?|
|||
|>|30分後……|
|茜|せいッ!せいッ! まだまだ序の口ですよ、亜季さんっ! 次は腹筋二百回です~ッ!|
|亜季|フンッ!フンッ! もちろん、この程度! ようやく身体があたたまってきたところでありまーすっ!|
|||
|>|1時間後……|
|未央|う、うぐっ……普段のレッスンよりも、密度が濃すぎて……さすがの未央ちゃんも、もはやこれまで……ぱたり。|
|藍子|……はひゅ……、ぜ~~……、ぜ~~……、はぁ~~~…………。|
|||
|>|3時間後……|
|悠貴|こんにちはーっ! プロデューサーさんに言われて、カレーの試食をさせてもらいに来たんですけどっ……。|
|茜|せいッ!せいッ!せーいッ!|
|亜季|フンッ!フンッ!フーンッ!|
|悠貴|あ、茜さんと亜季さんっ、どうして汗だくで筋トレをっ!? しかも床には、藍子さんと未央さんが倒れててっ……!!|
|悠貴|さらにコンロのほうからは、うっすり煙がーっ! これは一体、どうしちゃったんですか~っ!?|
|茜|あぁぁ……カレー、焦げちゃいました……。|
|悠貴|だっ、大丈夫ですよ茜さんっ! 底のほうがちょっと、黒くなっちゃっただけですからっ! 鍋の上のほうは、ぜんぜん無事ですからっ!|
|亜季|申し訳ありません! 自分が茜殿との勝負に夢中になってしまったあまり……! 教官失格であります……!|
|未央|私たちも、床で気絶しちゃって……ごめんね、あかねちん。|
|茜|あ、いえいえ! ……さっきも言いかけたんですが……私やっぱり、カレーが上手く作れなくて。|
|茜|いつもいつも煮えるのを待ちきれず、途中で止めてしまったり。待っている間に走り込みなどして、焦がしてしまうんですよ。今回みたいに……。|
|藍子|……ふぅ、ふぅ……。そ、それじゃ……茜ちゃん、上手に作れるように……私たちと……。|
|未央|うんっ。もっともっと、練習しようねっ!|
|茜|はっ、はいっ! ありがとうございますっ!|
|藍子|で、でも……今日は、私、もう……立てないので……お休みさせて……。……はぅぅ……。|
|悠貴|藍子さんっ!? しっかりしてください、藍子さーんっ!|
|亜季|メ、衛生兵!メディーックッ!|
#endregion

**第3話:じっくり熟成☆red chili [#b0062d70]
登場アイドル:本田未央、高森藍子、日野茜

***あらすじ [#baf9862b]
新企画のレッスンは順調そのもの。ある日の帰り道、未央と藍子はどうしてそんなにカレーが好きなのかと茜に尋ねる。
カレーが嫌いな人はいないし、初めて会った人とも一緒にカレーを食べれば友達になれると熱く語る茜。
その情熱はふたりにも伝わり、さらに美味しいカレーを作ろうと3人は意気込むのだった。

***コミュ [#y956daf2]
#region(コミュ詳細(クリックで展開))
|50||c
#endregion

**第4話:特盛☆curry TV special(前) [#uf691c59]
登場アイドル:本田未央、高森藍子、日野茜、乙倉悠貴

***あらすじ [#w84b3b0d]
時は大カレー時代…アカネ船長率いる海賊船ポジパ号は、スパイスの楽園・カレー諸島を探し求めていた!
なんとかカレー諸島に辿り着くも、島民・ユウキから島にカレーは残されていないと知らされる。
なんと島は、スパイスの化身に支配されてしまったという!いけいけポジパ号!カレーと島の危機を救うんだ!

***コミュ [#e7b5699d]
#region(コミュ詳細(クリックで展開))
|80||c
|>|TVドラマ『Goin!カレー救世主!』~ 伝説の秘島に謎の怪人を見た ~|
|ナレーション|『時は、大航海時代。……そしてっ、大カレー時代!』。|
|ナレーション|『アカネ船長と海賊船ポジパ号の仲間たちは、最高級の香辛料が咲き乱れるというスパイスの楽園・カレー諸島を探し、長い航海を続けていました!』。|
|アカネ|青い海っ! 白い雲っ! そして今日も、カレーが美味しいですーっ!|
|ミオ|アカネちーん、そんなところにいたらまた船酔いしちゃうぞー!|
|アイコ|アカネちゃーん♪ 見張りは休憩して、こっちで一緒に食べましょう?|
|アカネ|はーいっ……ってあああーーーーーーっ! 野郎どもー! 島が見えましたよぉーーーっ!|
|アカネ|山盛りご飯のごとき島影! 潮風に混じるスパイスの香りっ! あれこそ伝説の『カレー諸島』に違いありませんっ!|
|アイコ|わぁ~っ! 無限の香辛料が眠るっていう、スパイスの楽園……! 私たち、ついに見つけられたんだね!|
|ミオ|それじゃあさっそく、面舵いっぱーい! さぁ漕ぎ出そう、輝くあの島へーっ!|
|アイコ|……ああっ!? 待って、ミオちゃん~! あっちの方角から、黒い雲が、どんどんこっちに~っ!|
|アカネ|あれは……あっ、嵐ですかっ!? それも、すっごいおっきいですよっ!|
|||
|ミオ&br;アイコ&br;アカネ|わぁあああーーーっ!&br;きゃあああーーーっ!&br;ひゃあああーーーっ!|
||……&br;……&br;……|
|アカネ|う、うぅっ……。ここは……?|
|アイコ|は、浜辺……かな? ……ミオちゃん、アカネちゃん、大丈夫?|
|ミオ|うん、アーちゃん……。……たしか私たち、すごい嵐に巻き込まれて……。|
|アカネ|荒れた海に、投げ出されたんですよね……。うぅっ、みなさんよくご無事で……。|
|アイコ|……あれ? 砂浜に、私たちを引きずったような跡があるけど……ひょっとして、誰かが助けてくれたのかな?|
|???|あっ! みなさん、目が覚めましたかっ?|
|ミオ|あなたは……この島のひとっ!? もしかして、私たちを助けてくれたの?|
|ユウキ|はいっ。みなさん、ご無事でよかったですっ。私、ユウキっていいますっ。ここは、カレー諸島の中央島ですよっ。|
|アイコ|本当ですか! やった♪ 私たち、ついに辿り着いたんですね!|
|アカネ|ユウキさん、助けてもらったのにすみませんが……早速カレーを食べさせてくださーい! 私たち、食事中に遭難してしまったので!|
|ユウキ|ご……ごめんなさいっ……! もう、この島には、カレーは残っていないんです……。|
|アカネ|えええーっ! そ、そんなぁ~っ……!|
|ミオ|た、確かに……! カレー島名物だっていう、カレー火山からのカレー溶岩も、止まっちゃってるみたいだね……。|
|ユウキ|はい……。畑や森に生い茂っていたスパイスも、カレーの木になっていたカレーパンの実もっ、みんななくなってしまってっ……。|
|アカネ|なんてことですか!カレー諸島にあるという、蛇口をひねればいくらでも出てくるというカレー……それを一日中飲み続けるのが、私の夢だったのですがっ!|
|アイコ|えっと……ユウキちゃん。もしかしてこの島に、何か異変があったんですか?|
|ユウキ|じ、実は……このカレー諸島は、支配されてしまったんですっ。スパイスの化身……スパイシーマンにっ!|
|ミオ&br;アイコ&br;アカネ|スパイシーマンっ!?|
|||
|>|カレー島・町の中|
|スパイシーマン|カレッ。カレッ。|
|ミオ|あっ、あれが、スパイシーマン……!? ユウキちゃんは、スパイスの化身って言ってたけど……。|
|ユウキ|は、はいっ。この島に満ちていたルーやスパイス……彼らはそれを、すべて自分たちのものにしてしまったんです。|
|ユウキ|ああっ、どうすればっ! このままではカレーを作ることが出来ず……私たち島民は、お野菜を生で食べることになっちゃいます~っ!|
|アカネ|むむむっ! カレーを愛する者として、島のみなさんの危機を見過ごせません!|
|ミオ|そうだね! スパイシーマンを止めよう、私たちで!|
|アイコ|それじゃあ……アカネちゃん、ミオちゃん。ここはまず落ち着いて、一旦作戦を……。|
|アカネ|うおおおおトラーーーーーイ!|
|スパイシーマン|カレッ!? カレーーーーッ!!|
|ミオ&br;アイコ|アカネちーーーーーんっ!?&br;アカネちゃーーーーんっ!?|
|スパイシーマン|カレーーーーー!!|
|>|数分後|
|アカネ|う、ぅぅ……あれ? 少しだけ、気を失っていたようなのですが……どうして私たち、水風呂に入れられているのでしょう?|
|アイコ|ううんっ! 水風呂じゃなくて、おっきいお鍋だよっ!|
|ミオ|私たちスパイシーマンに捕まって、グツグツ煮られようとしてるんだよアカネちん!|
|アカネ|えええっ! そ、そういえば下のほうが、なんだか熱いですねっ……!?|
|スパイシーマン|カレッ! カレ~カレ~!|
|ユウキ|し、しかも……上のほうは重くて大きなガラスのフタがしてあって、持ち上がりませ~んっ!|
|アカネ|えええっ、出られないんですか!? お湯も熱くなってきて、これじゃ茹っちゃいますよっ…………あぅぅ……。|
|アイコ|あ、アカネちゃん、しっかりっ……!|
|???|わーっはっはっは! 正義の海軍の誇りにかけて、海賊はカレーの具の刑でありますぞーっ!|
|アカネ|この声はっ!? いったい何者ですかーっ!|
|ナレーション|『カレーの島の、カレーのお鍋に捕まってしまった私たち! これから一体どうなってしまうんでしょうか……!?』。|
|ナレーション|『驚きの後半戦は……CMのあとーっ!』。|
#endregion

**第5話:特盛☆curry TV special(後) [#p42dd961]
登場アイドル:本田未央、高森藍子、日野茜、大和亜季、乙倉悠貴

***あらすじ [#mb032e8a]
カレーの具の刑でピンチを迎えたポジパ海賊団!
しかし、アカネ船長とのトレーニングで普段から鍛えているミオとアイコの「ボンバー!」により、見事巨大鍋から脱出!
そしてアカネはアキ提督との一騎打ちに挑む!辛く激しい戦いの後、一同は共にカレーを食べる事で、新たな友情を結ぶのだった。

***コミュ [#k88ffae7]
#region(コミュ詳細(クリックで展開))
|80||c
|>|- CM -|
|スローライフ&br;藍子|『みんな~。ビーフカレーが出来ましたよ~♪』。|
|カレーの妖精&br;アカネ|『いい匂いですーっ! さすがカレーの妖精使い・スローライフ・ファンタジー藍子ちゃんですね!』。|
|カレーの妖精&br;ミオ|『でもでも~っ? こうしたら、もっと素敵じゃないかなっ? 必殺、ポジパスパーイス♪』。|
|カレーの妖精&br;アカネ|『ガラムマサラ・ボンバー!』。|
|スローライフ&br;藍子|『わぁ~♪ 魔法のスパイスの効果で、ビーフカレーがもっとおいしくなっちゃいました♪ ありがとう、妖精さんたち♪』。|
|カレーの妖精&br;ミオ|『スパイスをアナタに!』。|
|カレーの妖精&br;アカネ|『ポジティブをアナタに!』。|
|スローライフ&br;藍子|『ポジパカレー、大好評発売中です♪』。|
|||
|ナレーション|『スパイスの楽園、カレー諸島にたどり着いたポジパ海賊団。ですが島のスパイスを支配せんとする怪人によって、私たちは巨大なカレー鍋の中に囚われてしまっていました!』。|
|???|わーっはっはっはっは! 正義の海軍の誇りにかけて、海賊はカレーの具の刑でありますぞーっ!』。|
|アイコ|あ、あなたっ!? どなたですかっ……!?|
|アキ|自分は海軍将校アキ提督! この島のスパイシーマンたちと同盟を組んでいるのであります!|
|ミオ|そ、そんなぁっ! 海軍っていったら、私たち海賊の宿敵じゃん! それがこの島の、スパイスの化身と手を組むなんて!?|
|アキ|うっはっはっはっは! アナタたち海賊も、このカレー諸島のスパイスを狙ってきたのでありましょうか! 鍋に閉じ込められた状態では、まさしく手も足も出ませんな!|
|スパイシーマン|カレッ!&br;カレッ!|
|ユウキ|……スパイシーマンさんっ! あなたたちはもともと、この島のスパイスだったはずですっ! それがどうして、スパイスを独占するようなことをっ!?|
|スパイシーマン|カレカレッ…………ワレ………………ワレワレ…………!|
|スパイシーマン|ワレワレは……コの島では満足デキない……ソレだけダ……!|
|ミオ|ええぇーっ! あなたたち、喋れたのっ!?|
|スパイシーマン|コの島のソトには、ひろい世界がアリ……ソコにはワレワレの知らぬ食材が、スパイスがアルという! アキ提督からソウ聞かされタ……!|
|スパイシーマン|スパイスは、ソノ組み合わせでムゲンの可能性を持つモノ! ならば……ワレワレは行かなくてハ! ソシテ、さらなるカレーの高みをメザすのダ……!|
|アキ|そのために、このアキ提督率いる艦隊ヤマトが力を貸すのであります!その代わり、カレらが持つ周囲のスパイスを支配する能力を借りるのであります!|
|ユウキ|そ、そんなぁっ!|
|アキ|問答はここまで! 巨大カレー鍋、火力アーップ! 型崩れするまで煮込みまくってやるであります!はーっはっは!|
|アカネ|……くぅっ……このガラスの鍋蓋さえ外せれば…………あぅぅぅ~……あついですぅ~……。|
|ミオ|アカネちん、しっかり! ……アーちゃんっ!|
|アイコ|う、うんっ、ミオちゃん……! よい、しょっ……!|
|アキ|ぬ!その巨大鍋を内側からひっくり返そうと? はっはっは、無駄な抵抗はやめるのであります! たったふたりの力でそんなこと、出来るわけがありません!|
|ミオ|無駄がどうかなんて、そんなこと……やってみてから考えるっ!|
|アイコ|うん!こう見えて、私たち……結構、力がついてるんですよ。だって、いつもアカネちゃんと一緒にトレーニングをしているんですから!……せーのっ!|
|アイコ&br;ミオ|ボンバーーーーーっ!|
|アキ|バ、バカな! あの超重量の巨大鍋を本当にひっくり返し、脱出するですと……!|
|ミオ|はぁ、はぁ……。アカネちん、あとは……お願いっ……!|
|アカネ|ありがとうございます、ミオちゃんアイコちゃん! たとえ湯あたりしていても、私はふたりの気持ちに報います! 勝負ですアキ提督ーっ!|
|アキ|海賊風情が……返り討ちであります! フンフンフーンっ!|
|アカネ|せいっ!せいっ!せぇぇいっ!|
|アキ|ぐぬっ、小癪な! アナタたち海賊も、スパイシーマンの力を利用し世界中のスパイスを独占することが目的でしょうに!|
|アカネ|えっ!? ……きゃあぁっ!|
|アキ|この大航海時代、加熱した食材をいっぺんに調理できるカレーはもはや欠かせません!つまりカレーを、スパイスを制する者は世界を制するのであります!|
|スパイシーマン|ナニッ!?ハ、話が違ウぞ! ワレワレはただ、カレーのさらなる美味シさヲ追求シたいダケで……!|
|アキ|存分にすればいいでしょう! だが、そのカレーを味わえる者は……このアキ提督が決めるというだけのことでありますよ!はーっはっはっはっは!|
|アカネ|そんなことは……この私がさせませんっ! ターメリック・ファイヤータックルー!|
|アキ|むっ……むむむっ!? なんだというのですか、この熱さは……! アナタのどこにこんな熱と、力が残って……!?|
|アカネ|アキ提督! 私は、難しいことはわかりませんが……あなたがひとつだけ、誤解していることはわかりますっ!|
|アカネ|私たちはただ、美味しいカレーを食べるためにこの島に来たんです! そんなカレーへの情熱が……私たちの力なんですよーっ!|
|アキ|う……うわあーーーっ!!|
|アイコ|やった、アカネちゃん!|
|アキ|ううぅ……。私の、負けのようでありますな。とどめを、刺すであります……。|
|アカネ|その必要はありません! それよりもアキ提督……今から私たちと一緒に、カレーを食べましょう!|
|アキ|な、なんですとっ……! 海賊と海軍は、敵同士だというのに……!|
|アカネ|確かに、そうかもしれません。けどっ!はじめて会った人でも、敵同士だった人でも、一緒にカレーを食べればもう、カレー友だちですから!|
|アキ|……ああ……。そうでありました……。多様な食材を鍋の中でまとめあげ、美味な料理とする……それこそがカレーの良きところ……でしたな……。|
|ミオ|あっ、みんな見てっ! 島中にスパイスの花が咲いていくよっ! それに……!|
|アカネ|ああっ!向こうの火山から、すごい勢いでカレーが噴き出して来ますっ! 飲みごたえが!食べごたえがありそうです~っ♪|
|ユウキ|島に、カレーとスパイスが戻っていきますっ! これって、もしかして……スパイシーマンっ……!|
|スパイシーマン|アリがとウ……ポジパ号のミンナ。オカゲでワレワレも、目が覚メタようなキモチだ……。|
|スパイシーマン|キミたちにゼヒ、コノ島のカレーを食べてモライたい。ソシテどうか、キミたちの船で、コノ島のスパイスを海の向コウに広めてモライたい……頼めるダろうカ?|
|アイコ|もちろんです♪ 宇宙の海の彼方にだって、みなさんのカレーを届けますから♪|
|ユウキ|本当にありがとうございましたっ、アカネさん、ミオさん、アイコさんっ! あなたたちこそカレー島の救い手……『カレー救世主』ですっ!|
|ミオ|ううん、ユウキちゃん! 私たちは、救世主なんかじゃないよ!|
|アカネ|そうです! 私たちはただの……みなさんの友だちですよっ! さぁ!一緒にカレーを食べて、一緒に踊りましょう!|
|一同|おー!|
#endregion

**エピローグ:満腹満足☆spice & paradise[#e10cb00a]
登場アイドル:本田未央、高森藍子、日野茜、大和亜季、乙倉悠貴

***あらすじ [#s5082f7c]
料理番組でポジパが協力して作ったカレーは審査員に好評で三ツ星の評価をもらった。
今回のプロジェクトにより、3人の仲はひと晩寝かせたカレーのように、より深いものとなった。
そして、プロジェクトのラストはLIVE!ポジティブにパッションに、そしてスパイシーに最後まで駆け抜けるんだ!

***コミュ [#d79a3906]
#region(コミュ詳細(クリックで展開))
|50||c
|>|料理番組中|
|藍子|うんっ♪ お野菜もお肉もスパイスも、これでばっちりです♪|
|茜|それでは、鍋をコンロに移動して! 着火しますっ! ファイヤァーーー!!|
|未央|おっけー! それじゃあとは待つだけだねっ。|
|茜|そわそわ、そわそわっ! も、もう煮えましたかねっ!?|
|未央|って早っ!? あかねちんっ! ステイ、ステイ!|
|||
|茜|まだですかね、まだですかねっ……!|
|藍子&br;未央|どうどう、どうどうっ!|
|茜|もういいですよねっ! もういいですよねーっ!?|
|藍子|うん、もういいよ茜ちゃん! よく我慢できたねっ!|
|茜|はいっ! それじゃあ、火を…………止めますっ!|
|未央|お皿とスプーン、付け合せのサラダも用意して!|
|藍子|炊きたてのご飯に、とろとろのカレーを、たっぷりかけちゃいます!|
|茜|最後にトッピングとして、チーズとっ!|
|未央|ザックザクのカラアゲとーっ♪|
|藍子|あま~いコーンを足して♪|
|茜|出来ましたーっ! 私たちの友情カレー、真・ポジパカレーがっ!|
|亜季&br;悠貴|おぉーっ!&br;わーっ♪|
|||
|司会|それでは試食していただいたゲストのアイドルさんと審査員のみなさん、判定をお願いします!|
|亜季|うむっ!よくできたであります! ポジパ分隊の諸君、大変成長いたしましたな! 勲章モノの美味しさでありましたぞ!|
|悠貴|お野菜も、とってもいい感じに煮えててすっごくすっごくおいしいですっ! これなら、いくらでも食べられちゃいますよっ♪|
|司会|ゲストのアイドルおふたり、さらに審査員たちからも三ツ星の評価、いただきましたー! おめでとうございます!|
|藍子&br;茜&br;未央|やったー!|
|||
|>|事務所|
|茜|おっ疲れさまでーすっ!|
|選択肢|お疲れさま!|
|未央|あっ、プロデューサー♪ 私たちのカレー、食べてくれた?|
|藍子|あの、お味のほうは……いかがでしたか?|
|選択肢|美味しかったよ!|
|藍子|本当ですか? 良かったぁ♪|
|未央|いえーい☆ やったねっ!|
|茜|プロデューサー、ありがとうございますっ! みなさんのおかげで私、以前より上手にカレーが作れるようになったと思いますっ!|
|茜|それに……今回のプロジェクトを通じて、私たちポジティブパッションの仲も、より深いものになったと思います! そうっ……!|
|未央|ひと晩寝かせたカレーみたいに?|
|茜|ああぁぁぁ~っ!? 未央ちゃんっ、その台詞は私の~っ!|
|未央|てへ、ごめんごめんっ♪ だってあかねちんってば、なんだか締めの挨拶ーみたいな雰囲気だすからさー。|
|藍子|ふふっ、そうですね。今回のプロジェクト、まだ終わってないですよ♪|
|茜|そっ、そうでしたー! 本当にプロデューサーに満足していただくのは、これからでしたねっ!|
|茜|未央ちゃん、藍子ちゃんっ! 『プロジェクト・カレー救世主』、最後の仕上げといきましょう!|
|藍子&br;未央|はいっ♪&br;おーっ!|
|||
|未央|これからも私たちは、ポジティブに!|
|藍子|そして、パッションにっ☆|
|茜|友情パワーと、カレーの力を加え! ぜんぶぐるぐるにかき混ぜて、全速力で駆け抜けますっ!|
|未央|それじゃ、いっくよーっ?|
|藍子|聴いて下さい♪|
|茜&br;未央&br;藍子|スパイスパラダイス!|
#endregion