O-Ku-Ri-Mo-No Sunday! の変更点

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • O-Ku-Ri-Mo-No Sunday! へ行く。
*O-Ku-Ri-Mo-No Sunday!(2019/04/02~2019/04/09) [#yd0a6e53]
LIVE Parade形式のイベント。
イベント限定SRは久川凪、久川颯。

*イベント予告 [#mcf2e712]
**予告1(久川凪) [#c20d2a87]
どうも、久川凪です。
#br
なんと、はーちゃんとは双子です。双子でユニットです。
わーお。驚きましたね。
あとは何を話せばいいんでしたっけ。忘れました。
どうせ必要なことははーちゃんが全部喋っています。
そんなかんじで。やっていきましょう。
お楽しみに。

**予告2(久川颯) [#c8491fa0]
こんにちは!久川颯ですっ!
#br
凪と一緒に、ユニット『miroir』として、
アイドルデビューすることになったんだっ!
よろしくね!
#br
デビュー曲は『O-Ku-Ri-Mo-No Sunday!』
#br
ポップでキャッチーでかわいくて、とにかくすごいよ!
はーとなーのふたりもいきなり大人気になって、大変なことになっちゃうかもっ!
お楽しみにっ!

*ストーリー [#rf68f19f]

**オープニング:双子☆where to go [#l26ba1d9]
登場アイドル:久川凪、久川颯、小日向美穂

***あらすじ [#e1cbf94e]
ふたりの少女が、事務所の建物を見上げていた。
快活で人当たりのいい久川颯と、どこか不思議な空気感を持った久川凪。
アイドル見学ツアーへと出発したふたりが初めて出会った先輩アイドルは、小日向美穂だった。
目に映るすべてに対照的な反応を見せるチグハグな双子に、Pはひとつの道を示す。

***コミュ [#x0e12ddc]
#region(コミュ詳細(クリックで展開))
|50||c
#endregion

**第1話:上京☆joke you [#v1826d3c]
登場アイドル:久川凪、久川颯

***あらすじ [#r0137ffc]
地元、徳島。ふたりは、娘たちのアイドルデビューに難色を示す母親に、春休みの間に結果を出すという約束を取り付ける。
徳島にしばしの別れを告げ、東京へとたどり着くと、入り組んだ通路と人の多さに翻弄されながら、力を合わせて事務所を目指す。

***コミュ [#i395b623]
#region(コミュ詳細(クリックで展開))
|50||c
#endregion

**第2話:アイドル☆I do all [#mf6d4ead]
登場アイドル:久川凪、久川颯、宮本フレデリカ

***あらすじ [#e5130997]
Pの居ない事務所で途方に暮れる凪と颯。
偶然現れた宮本フレデリカに連れられ、再び事務所を探検することに。
フレデリカの撮影現場を見学し、彼女の厚意で撮影を体験する中で、アイドルというものをより深く知っていくふたり。
アイドルになる未来が、現実味を帯びていく――。

***コミュ [#m38dd445]
#region(コミュ詳細(クリックで展開))
|50||c
#endregion

**第3話:始動☆she do [#h1ee8058]
登場アイドル:久川凪、久川颯、乙倉悠貴

***あらすじ [#w55b2c52]
凪と颯のユニットデビューに向けて大きく動き始めたふたりの世界。
楽曲に衣装にと、着々と進む準備のなかで、特別講師の乙倉悠貴からレッスンを受け、夕食の場ではアイドルらしい振る舞いを目撃する。
食事を終え、Pがふたりを宿泊先へ送ろうとするも、凪はそれを断って……。

***コミュ [#n5f74c6b]
#region(コミュ詳細(クリックで展開))
|50||c
|>|事務所|
|P|さて。いよいよ、本格的にやっていくよ。|
|凪&br;颯|おー。&br;おーっ!|
|||
|>|収録スタジオ|
|作曲家|ふたりが、今回の新人アイドル?|
|颯|はいっ!久川颯です、よろしくお願いします!|
|凪|久川凪です。|
|作曲家|双子ちゃんか。よろしくね。ふたりは、曲に何か希望はありますか?|
|颯|可愛くて、カッコイイのがいいです! それで超売れるヤツ! キャッチーで、ポップで、アイドルしてる曲!|
|凪|んー、なんでも。べつにいいんじゃないですかね。だって。|
|作曲家|だって?|
|凪|面白い人が歌えば、なんでも面白い。そういうものです。|
|作曲家|はっはっは!なるほど、面白いね! 双子だけど、性格はバラバラなわけだ! うん、キミたちの曲を創ろう!|
|P|よろしくお願いします。|
|||
|>|衣装部屋|
|スタッフ|アイドルは衣装を着ないとね。今日は衣装を作るための採寸をします。では、ひとつずつ測っていきますね。|
|P|外で待っているよ。|
|スタッフ|じゃあ、まずは颯ちゃんから……。|
|颯|ちゃんと測ってね! はーたちは双子だけど、スタイルは違うから! はーのほうがスタイル良いし!|
|スタッフ|はーい。腕の長さ測るので、伸ばしてくださいね。次はこっち。そう、伸ばしてね。……はい、おっけーです。次は凪ちゃん。どうぞ。|
|凪|のびー……。|
|スタッフ|……たしかに、少しずつ数字が違いますね。衣装はきちんと合わせますので、ご心配なく。|
|凪|入れ替わりトリックが難しくなってしまいましたね。|
|スタッフ|ふふっ、そうですね。おふたりとも随分とオシャレだけど、ファッションにこだわりはありますか?|
|凪|凪はゆーこちゃん譲りのオリジナリティハイセンスですが、ときにははーちゃんの着せ替え人形です。はーちゃんの気まぐれメニュー。注文の多いシェフです。|
|颯|はーはこだわり派だよ! 可愛いのがいーけど、甘すぎて媚びになるのは違うし! 今日はガーリーだけど、似合うのはなんでも着るし!|
|スタッフ|なるほど。じゃあ、着てみたい衣装とかもあります?|
|颯|そうだなー。ちょっと肌出すのとかいいよね!地元だとチョーシ乗ってるかんじになっちゃうけど、せっかく東京で、アイドルなんだしっ!|
|颯|あ、でも、なーと一緒なら可愛いほうがいーかなー?|
|凪|あまり露出が激しいと、ゆーこちゃんに怒られますよ。JCに許される服でやっていきましょう。|
|颯|そーだね! あとはー的には、小物もこだわりたいんだよねー。たとえばさー……。|
|||
|>|レッスンルーム|
|悠貴|おはようございますっ! 特別講師の乙倉悠貴ですっ! 颯さん、凪さん、よろしくお願いします!|
|颯|乙倉悠貴ちゃんだーっ! うっわぁ、背ぇ高っ!細っ!顔ちっちゃ!|
|選択肢|先輩アイドルだよ|
|颯|あっ、そっか……! 失礼でした……ごめんなさい。悠貴ちゃん。|
|悠貴|い、いえいえっ!そんなっ!大丈夫です! 普段はトレーナーさんがレッスンしてくださるんですけど、今日は私から、いろいろと教えさせてもらいますねっ!|
|凪|先輩アイドルとの異文化交流、始まります。|
|||
|悠貴|っと……基礎のステップはこんな感じです! ってことで、早速やってみましょう!|
|颯|すっご、悠貴ちゃんって、たしかはーより年下だよね……よーし、はーも負けてらんないっ! やるぞーっ!|
|凪|腕がこうで、腰が……わかりませんねこれは。|
|悠貴|ちょっと難しかったですか? はい、ドリンクありますよっ! 水分補給、きちんとしてくださいねっ!|
|颯|はーはこんなへとへとなのに……悠貴ちゃん、全然元気じゃん……すっごぉ……。|
|悠貴|余分な動きが減ると、体力を使わなくなりますよっ。それに、もうだいぶできるようになったじゃないですか! すごいですよっ!|
|凪|はぁ……ふぅ……もう一回……。|
|||
|>|レッスン終了後|
|颯|ああー……ジュースが沁みるぅ~~。|
|P|レッスンも終わりだし、そろそろ夕食にしようか。|
|颯|はいはい!はー、お肉が食べたいっ! それか、中華もいいなっ! デザートも食べたい!|
|凪|ファミレス一択ですね。ご一緒に、どうぞ。|
|悠貴|わ、私もいいんですかっ! ありがとうございますっ♪|
||みんなで夕食にいくことになった……|
|||
|>|ファミレス|
|颯|悠貴ちゃんに聞きたいんだけどっ、どんな気持ちでアイドルやってるの?|
|悠貴|私を応援してくれる人に、楽しんでもらいたいって気持ちですっ。そして、自分もムリせず楽しむことっ! あと大事なのは、ちょっとのミスではへこまないこと!|
|悠貴|なーんて。私もまだまだ、偉そうに言えるほどじゃないんですけどっ! もっともっと、キラキラ可愛いアイドルになりたいですっ。|
|凪|楽しむ。楽しませる。|
|颯|へこまないのなら、はーも得意!|
|悠貴|あんまり心配しなくても、大丈夫だよ! 努力を続ける心があれば、あとはプロデューサーさんが、助けてくれますからっ♪|
|???|あのー、すみません……。乙倉悠貴さん、ですよね……?|
|悠貴|はいっ?|
|ファン|やっぱり!ホンモノだっ!わぁ……! あの、あの、ファンでっ!サインいただけませんかっ!|
|悠貴|あっ、ありがとうございますっ。えーっと、じゃあ、サインだけっ。これでっ、どうぞ♪|
|ファン|わぁ、わぁっ……やったぁ♪ ありがとうございますっ!家宝にしますっ!|
|悠貴|こちらこそ、ありがとうございますっ。これからも、応援よろしくお願いしますねっ♪|
|ファン|はいっ!お邪魔しましたっ!|
|颯|はぁー……アイドルー……。|
|凪|アイドル……。|
|悠貴|へ?どうかしましたか? さぁ、冷めないうちに食べましょうっ!|
|||
|悠貴|では、私はこれで失礼しますねっ! ふたりとも、また事務所で♪|
|P|さて……|
|P|ふたりをご親族の家へ送るよ。|
|凪|…………。|
|颯|ん……? なー?どうしたの?|
|凪|いえ、帰りません。決めました。凪は、女子寮に住みます。|
|P|……え?|
|颯|ええーーーーっ!?|
#endregion

**第4話:ひとり☆who tell it [#r9b94366]
登場アイドル:久川凪、久川颯、小日向美穂

***あらすじ [#x05397ba]
突如、寮に住むと宣言した凪。凪と離れて寝起きすることに違和感を覚える颯だったが、それもアイドルには必要なことだと美穂に諭される。
別々に一夜を明かし、互いの存在を再認識したふたり。翌朝、そんなふたりの様子を見たPは、予定を変更し、ふたりを街に連れ出すのだった。

***コミュ [#nba2c558]
#region(コミュ詳細(クリックで展開))
|50||c
#endregion

**第5話:デビュー☆debut [#m5986e36]
登場アイドル:久川凪、久川颯、小日向美穂

***あらすじ [#y7095621]
寮での生活もすっかり慣れた凪と颯。レコーディングにMV撮影にと、気持ちは浮き立ちながらも、ふたりはいつの間にかアイドルになっていた。
そうしてやってきた、デビューイベント。緊張がピークに達したとき、凪と颯は手を取り笑い合う。
ふたりなら大丈夫。なぜなら、颯と凪は――。

***コミュ [#yf869451]
#region(コミュ詳細(クリックで展開))
|50||c
#endregion

**エピローグ:春風☆how look are they [#oa8af1d4]
登場アイドル:久川凪、久川颯、小日向美穂、宮本フレデリカ、乙倉悠貴

***あらすじ [#w95af960]
デビューした凪と颯へ、もう後輩ではなく仲間でライバルだと歓迎するアイドルたち。
ふたりの道は同じ道ではない。それでも歩いていく。互いの姿を、自分を映す鏡として…。
アイドルになる前、少女たちが見ていた東京の景色は一変し、頭上には桜の花びらが舞っていた。

***コミュ [#o269980b]
#region(コミュ詳細(クリックで展開))
|50||c
|60||c
|>|デビューから数日後|
|凪&br;颯|おはようございます。&br;おはようございまーす!|
|フレデリカ|おー、その声は! 颯ちゃんに凪ちゃん!おはおは~!|
|悠貴|デビューストアLIVE、おめでとうございますっ♪ どうでしたかっ?|
|颯|なんか、ドキドキして、わーってしてたら、終わっちゃってた。でも、すっごい楽しかった!|
|凪|あれが、アイドルとして見る景色なのですね。音楽のテストとは、違いました。|
|フレデリカ|んふふ~、よかったね~♪ 楽しくって♪|
|悠貴|これからもきっと、もっと楽しいことがいっぱいですよ!|
|凪|……楽しみです。アイドル。|
|フレデリカ|しかーし!! ひとたびデビューしてステージに立った以上、もうフレちゃんも容赦はせぬぞ!!|
|悠貴|ですねっ。もうふたりとも、この事務所の大切な仲間で、ライバルですから。|
|颯|もちろん! はーたち、負けないから!|
|フレデリカ|その意気じゃ~~♪|
|選択肢|おはよう|
|美穂|おはようございまーす。|
|颯|Pちゃん、それに、美穂ちゃん! おはようっ!|
|凪|おはようございます。|
|颯|ね、ね、今日のお仕事は?|
|P|今日は取材が一件と、イベントの話が来ているから、その打ち合わせにいくよ。|
|美穂|ふふ。順調ですね♪|
|凪|ビッグウェーブ、来てしまいましたか。凪なのに。|
|美穂|あ、そういえば……。もうすぐ春休みも終わりますけど、ふたり、女子寮はどうします?|
|美穂|正式に入寮するなら、いろいろ手続きを始めないと。|
|選択肢|ふたりはどうしたい?|
|凪|凪はこのまま、寮に住みます。アイドルをやって、自分の城に住む。そのためにアイドルになりました。|
|颯|そー言うと思った! しょーがないから、はーも一緒にいてあげる。なーをほっとけないからね♪|
|凪|そういうことにしておきましょう。|
|美穂|なら、今度から寮仲間だね。ちなみに、親御さんは大丈夫?|
|颯|ゆーこちゃんはいいよって言ってくれたし、大丈夫!|
|P|じゃあ、そうしよう。連絡はしておくよ。|
|颯|ま、なーがいればいつだって実家みたいなもんだし? ひとりで寝るのも、べつにたいしたことないし!|
|凪|強がってるはーちゃんは可愛いですね。じつに。|
|||
|>|街中|
|颯|なんかさー、都会とか、都会にいる人って、スゴイと思ってたんだよね。でも、全然そんなこと関係なかった!|
|凪|こっちに来たばかりのはーちゃんも、都会に住むことになった今のはーちゃんも、同じ人ですね。|
|颯|アイドルもそうなんだよね。アイドルの人って、みんな可愛いし、カッコいいし、スゴイと思ってた!|
|凪|アイドルになる前の凪も、アイドルになった今の凪も、同じ人です。……たぶん。|
|颯|ユニットになる前と、なった後のはーとなーも、同じかな?|
|凪|うーん、違うんじゃないですかね|
|選択肢|どうして?|
|凪|同じ部屋で寝ていませんし。それに、朝食はパン派の凪に合わせずに、はーちゃんは和食を選ぶようになりました。|
|颯|そこぉ!?|
|凪|いままでは、どれもこれもいっしょでした。でも、今はだんだん違いがでていますね。これからも、きっと、朝ご飯は別でしょう。|
|颯|……たしかにそうかもね。アイドルにならなかったら、ずっと一緒だったかも。|
|凪|ずっと一緒だったら……はーちゃんはきっと、楽しくありませんでしたね。|
|颯|……そんなことは、なかったと思うけどな。|
|凪|凪は、アイドルの……今のはーちゃんが本物のはーちゃんだと思います。|
|颯|自分らしい、とかってやつ?|
|凪|その通りです。|
|P|凪も、アイドルの方が凪らしいよ。|
|颯|そーそー! なーみたいな変な子は、目立って面白がられるべきなんだから!|
|凪|……じゃあ、目立ちまくっちゃって売れまくっちゃいます。はーちゃんより。|
|颯|べつにユニットなんだから、全然いいけど!|
|凪|ソロとか、別のユニットとか、あるかもしれません。世界が凪という才能に気付いてしまいましたからね。|
|颯|ふたりでユニットデビューして何日も経ってないのに、そういうこと言う!?|
|颯|いーもん、そうなったらはーだってめっちゃ売れるし。|
|P|互いに売れまくったら、また一緒に活動して、もっと売れるということで、ひとつ。|
|颯|帰ってくる場所みたいな?|
|凪|ふたりが実家とは、よく言ったものですね。|
|||
|颯|すっかり桜の季節だよねー。|
|凪|凪たちがここに来たころは、まだ咲いていませんでしたね。|
|選択肢|新しい季節だ。|
|颯|どんなことが、待ってるのかな?|
|凪|ふたりでなら、なんでも。どこまででも。|
|選択肢|楽しんでいこう|
|凪&br;颯|はい♪&br;うんっ♪|
#endregion